ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

さてどうする?

今しがた、とてもショックなことが判明しました。

このブログとアトリエ霽月のホームページ、2015年に開設して早7年が経ちますが、

ホームページを管理している会社のサーバーが変わることになり

移行の手段を管理会社さんと相談していましたが、IT 補助金の申請が通らず、

ホームページを閉鎖せねばならないかもしれません。

開設から 長い時間をかけて内容を充実させてきたのですが、

消えてしまうかもしれません。(´;ω;`)

ほとんどこのホームページ頼りでしたので、

家を無くすような気分です。

ここが無くなったら、他にあるのはFacebookとInstgram、グーグルマップのショップページ、ホームページがあるからもう閉じようと思っていた予約システム・・・

・・・・・

うーん、すごい流れの転換期に直面しております。。。

せっかくホームページのギャラリーが整ってきたところなのになぁ。。。(涙

0に帰れってことかしら。

確かに、業務内容をもう少しシンプルにしたいとは思ってました。

自分にとって最終的に絵が本業かもしれないと ほんのり思うようになってきたので、

宣伝頑張るよりも作品を描きたい と思うようになってましたし。

でも、何をどこまで どうする?? って色々迷ったりしてました。

瞑想はライフワークの一つでもあるので、「瞑想辞めます!」なんてことは絶対言わないですが、

メインは入れ替わるのかもです。

伝授はいつだってできるし。カウンセリングも瞑想指導も 空いてる時間にできる。なにしろ絵描きは時間が自由なんです。

仕事がしたければ深夜でもできる。千変万化のオールラウンダーだ。(笑)

瞑想者さんが集う第3日曜日の一日瞑想会と、毎水曜日のオンライン瞑想会も続けたいですしね。
(参加ご希望の方はお問合せフォームからご連絡下さい)

今の課題は頑張って営業しないと維持できない~と思い込んでたその思い込みを 手放す時なのかも。

そうならば、本当に一回真っ更に0になってもいいのかもしれないです。

問題は これまでホームページが受け入れ窓口だったこと

立派なホームページ 無いといけないだろうか?

もしくは別の何らかの形でシンプルに作り直すのか?

 

なんだか マジで 私の所にも新たなステージが来ている模様です。

 

そうそう、最近、インスタの仏画専用ページ作ったんですよ。

仏画とちょっとした解説。

楽しんでいただけるといいなぁ。

海外のフォロワーさんが急増中です。

戸村寿子(@atelierseigetsubutsuga) • Instagram写真と動画

見てみてください。

ブログはどこに書こうかなぁ。

悟りの話は言いつくした感もあるのですが。

悟りにご興味がある方は 禅サンガ お薦めなんです。

会員制のオンラインサロンだけど 会費払うだけの価値ありと感じています。

(コンテンツm、どんどん増えてるしね)
 

そうそう、

九州リトリートですが、9月23~25に 壱岐で ゆるいリトリート予定しています。

鎌倉の先生と合同でやります。詳細決まったらお知らせしますが、部屋数に限りがあるので、

絶対行きたい! っていう人はこっそりお知らせください。早い者勝ちで押さえます

瞑想合宿 + パワスポ観光付き という感じのリトリートです。

詳細決まり次第お知らせしますね。

2022714204721.jpg

筒城浜の近くに泊まります~


選挙

選挙 行ってきました。
昔、選挙に行かなかった時期がありました。

誰がなんて言ってるのかよくわからないし

誰に入れたらいいのかよくわからないし

どうせ入れても当選しないし

誰に入れても何も変わらないし  

なんて思ってた。

でも、この国を作っているのは自分で

自分の意向が誰の主張と近いのかを調べたりもしなかった

どうせ変わらない なんて決め込んでた。

諦めちゃってたんですよね。

今は そうは思ってない。

今の私の意向がどれだけ小さな声に過ぎなかったとしても

何が大事で何がそうでもないのかは私にもわかる。

誰が本気で 誰が嘘っぽいのか、

それはまだちょっとはっきりわからないこともあるのだけど、

長い年月を経て 失敗だったことなんかは分かって来たし

これからの時代に合わないな なんてことも判断がつくようになってきた。

人間が元気に反映して 地球と調和してバランスを取れないと

不安定なことになるのは もうわかった。

だから 同じ事に気付いている人に未来を任せたい。

崩壊の道ではなく 調和・共存の地球に。

たった一つの地球をいとおしんで生きる人類であってほしい。

それができるには何をどうしたらいいのか 今生きている人間が上手にライフスタイルを移行させられる手段を

導いてくれるリーダーに先頭に立って欲しい。

 

まだまだ 不信感だらけの自我たちを信頼に立たせるには手間と苦労があるかもしれない。

でも、それができることを確信している人々に切り拓いてほしいのです。

命が喜ぶ世界とは どんなところなのか

地獄が小さくなって 天国が大きく繁栄するような

修羅界がもう休みたい癒されたいと思うような

そんなモデルケースを見たいのです。

それはまず、自分がそういう人生を生きること。

敵はいません。

不信感は幻想として忍び寄る

そんな幻想が寄りつけないほど 浄化し続けたいのです。

この世界には光と同時に闇がある

そんな闇も照らせるほど 強い愛の光を放ちたい。

出し惜しみはやめようと思うのでした。

愛は 枯れることがありません。

もちろん自分自身の身体にも愛を与えてください。

まずはそこからなのだと思います。

 

愛ある世界へ Go Go  snail  chick  penguin

違和感

狙撃事件に関するニュースを見ていて、事件の詳細が徐々に明らかになってますね。

警察の取り調べで 犯人が自供したのは「自分の母親が宗教団体に入信して家のお金をお布施に注ぎ込んでしまって

その宗教団体に恨みを持ち、安倍晋三さんがその団体に関わっているようなので安倍さんを狙って狙撃した。安部さんの政治信条とは関係がない」という内容

この自供内容を知っているのかいないのか、

政治家のコメントで

「このような言論を封じる蛮行は絶対に許せない」「許せない政治テロですよ」というものが多いのに

え?そうじゃないって言ってるやん?ニュース聞いてないの? て妙な感じがするわけです。

蛮行はたしかに蛮行です。暴力で解決しようとするのは野蛮以外の何ものでもありません。それが有効だとしてもそこには必ずカルマが残ります。

安倍さんは政治家なので資本や権力財力を持った人たちと関わることは多かったでしょうし、宗教団体の指導者と懇意にすることは組織票獲得のためにも必要だっただろうと思いますが、

この犯人は たぶん無敵の人で自分の人生が詰んじゃったような人だと思うんですね。実家が宗教問題でぐちゃぐちゃ とかで。

いくら自分の人生がぐちゃぐちゃでも誰かを恨みに思っても 復讐をするのは法的に認められてませんのでしちゃいけないんですけど、

彼はやり場のない怒りを持て余し、復讐の鬼になっちゃったわけです。

無差別殺人をするほどバカじゃなかったのかもだけど、ターゲット間違ってしまって、世界に激震を与えるほどの犯人になってしまった。

私は この男と、プーチン氏は大して変わらないように見えるんです。

怒りに任せて誰かを叩きつぶそうとしてる。先のことなんて知ったことか もう殺るしかない と思ってるような気がする。

で、それはまだ分かるんです。自我がそういう風に動くこと

大多数のルールとは違いますがそういう感情の流れは起きうる

気持ち悪いのは 話をすり替えて、安倍元総理が英雄のように表現して 政敵からの凶弾に散った被害者のように言って選挙を自民優位な流れに持って行きたい意図が露骨に見えてですね。

もちろん、死者に悪口を言う必要はありません。旅立つ人へのはなむけ というものはあるでしょう

でもね、そういうことすら利用する?

人々がそんな言葉に乗せられるほどバカだと思っているのかな? って

もしそうなら、浅はかだ と思うわけです。

これで安部さんに同情して自民に入れたら、無敵の人は増えるばかりじゃないのかな って思います。

国民は目先の事じゃなく 本質的に大事なことを見直す機会を与えられていると思います。

投票率 上がるといいですが、選択肢を間違えると 試練は繰り返しまた選択のチャンスが与えられる というわけです。

我々人間は犠牲を払って学んでいるのです。

賢く生きることは大事です。

うまく立ち回ることが賢さだなんて思わないでください。目先の事しか見えないのは盲目と同じなのです。

指針を間違えると犠牲は大きくなるばかり。

犠牲は少ないにこしたことはありません。でも、人々が学ぶまで必要な流れは起きます。

世界は辛抱強く 意識が進化することを待っているのです。

 

政治家は大変だと思いますよ。

数百万、数千万、億 の自我の声を相手にしなければならないのです。

振り回されるようではできません。

真理を知らずにそれができるのだろうか?とさえ思ってしまいます。

いつかは 自然淘汰が起きるので 放っておいてもいいのかもしれませんが、

私達に今できることは 愛とは何か

本当に大事なものは何かを見つけていくことなんだと思います。

それ以外に大事な事なんてないかもしれません。

あなたが気がつけば 政治家もふさわしい人が出てきますから。

事件

参議院選挙が近いこの頃ですが、今日は元総理が襲撃される事件が起き、全国的に衝撃が走りました。

私は自民党支持者ではありませんが、どういう方針であれ 日本を良くしたいという思いで総理大臣という大変な責務をこなしてこられた努力はいかばかりか と思いますし、

暴力で命を絶たれることはとても悲しい出来事です。

お亡くなりになられた安倍晋三さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

暴力でコントロールするというのは とても原始的なやり方で

日本も江戸時代まではそれが通用していましたし、外国では今でも武力や暴力や脅しで国をコントロールしているところがあります。

このやり方は 怖れに基づいている方法です。殺らなけれな殺られる という思いです。

暴力で世界をコントロールする方法はとても原始的です。

これまでの世界ではライバルを淘汰して生き残ることが大事だと思われてきました。生存競争ですね。

でも、そんな野性的な生き方から 文化や文明が発達して私達人間の意識は 次の段階に進化しようとしているのです。

この地球上の生命が一つの命として調和していく意識です。

そこに敵は存在しません。

人間の意識は 全体の連鎖を見渡せるほど発達・拡大する準備ができてきたのです。

場所と時を越えて繋がる意識へと。

 

この身体が私なのではありません。

この狭い肉体にとらわれているのが私の意識ではないのです。

私はどこにも閉じ込められてはいない。

肉体を越えた命に意識を馳せる時、

ライバルや小競り合い、いさかいや争い、カルマの感情も、霧のように消えて 命は永遠となるのです。

その時、苦しみは存在できません。

大いなる愛でしかない意識です。

私たちの本質は命であり永遠の愛です。

そこに不安は存在できません。

それは遠くの微かな残像に過ぎないのです。

たとえ、今のあなたの身体がそれを感じていたとしても

その幻は消えていくでしょう。

それらはただの残像で残ることができないのです。

本質である永遠の愛を自分の意識の中に見つけた時

そこには温かい愛しか存在しないことに気付くでしょう。

私たちは永遠の愛という命で出来ています。

100人に1人がこのことに気付くことができれば、

世界は一つになるでしょう。

政敵も暗殺者も存在する必要がなくなります。

そんな世界を見るのは この肉体に入る時なのか ここから出た時なのかはわかりませんが、

いずれそういう世界になるでしょう。

私たちは徐々に進化しているのですから。

 

何が起きても

2022年、今年は更なる試練がある という声 あちこちで聞きます。

南海トラフ地震が近いうちに起きるよ と言われるようになって久しいので そういうことはあっても全然不思議ではありません。

異常気象も毎年なにがしかの災害をもたらすので、いつどこで何があっても不思議ではないのです。

そんな出来事に見舞われたとしても 我々人間はたくましく乗り越えて生きていける生き物なんです。

もし あなたが 自分が運命を切り開く当事者だ という自覚さえあれば、

出来事を嘆くより 何ができるかを考えるでしょう。

もし、広範囲の災害などが起きれば 今まで援助してくれた行政でさえも 手が回らなくなります。

それは 自分が自分や自分のいるところを守ったり助けたりする人になることを意味します。

それぞれがみんなのために何ができるか という課題に直面させられます。

その時、何をすればいいのか は その時に初めてわかることなのでしょう。

これは

災害が起きていない時であっても 意識の在り方としてはこちら側が安定します。

外側の事象に振り回される自分ではなく、自分で流れの中を泳げる自分、

流れと共に流れを利用して舵取りをする自分

乗り物を見つけられる自分である方がずっと不安は少ないのです。

人々が不安を持つのは その経験が無い という要素も大きいでしょう

誰もが初めて出会うことには初体験なのですから したことがないことはしない というわけにもいきません。

みんなが初めての体験ならば、うまくできないと恥じることもありません。

あなた以外の誰かがうまくやれなかった と責めるのも本当はお門違いなのかも。。。

人が予想外の出来事に直面して不安を感じたり、イライラする時、

その感情を誰かにぶつけたりすることはよくあります。

でも、誰かを責めても幸せにはなれません。

 

これから先、何か起きても起きなくても

私たちはより良い世界を作れる と 信じられる人が 

この世界を天国のように生きるでしょう

不信感や不平不満に満ちていると、

どこへ行ってもそこは不穏に見えてしまいます。

でも、この状態でどうやって信頼を持てというのか?と思う方は、

まわりはともあれ、あなたが信頼できる人物になって生きてみてください。

あなたの周りはあなたの波動に合ったものへと変化します。

ひどい、波動が低い と 感じるものはあまり構う必要もありません

ただ、そこに関心を向けない方がいいのです。放っておきましょう。戦う必要もありません。

高レベルの対応としては、敵にも愛を向けるのですが、それは出来なければ無理にする必要はありません。

スルーで十分です。

この世界を作っているのは 自分自身であることを思い出してみてください。

あなたが人を思い遣る時、あなたは誰かから思い遣られるようにいなるのです。

このことに気付き始めた時、この世界は平和へと変容していきます。

 

キーワードは 愛

あっっ  という間にハロー7月

もう既に猛暑ですね。皆さまごきげんいかがでしょうか?

7月に切り替わるに当たって、ちょっと大きな流れの変化が入って来る という情報を耳にしました。

先に起きることなんて分からないものですから、何が起きるかは全くわからないのですが、

人間の意識が揺さぶられて愛になるか旧意識に留まるかの分かれ目になるようなことが起きる という話でもあります。

もう既に愛に目覚めている方は ただその方向に進んでください。

どの方向? というのは その時になればわかります。

わからないのは まだ時期じゃないということなので気にする必要はないでしょう。

たぶん ちょっと大きなことに直面した時に、さてどうする???という選択を迫られた時、

自己保全 守りの姿勢になるか、

世界のバランスを取る 愛の行動に出るか  のどちらかを選択する場面があるのでしょう。

それはきてみないとわからないので、それが何なのかは探す必要はありません。

ただ、事は起きて初めて明確になりますから 「これか~~」と思う時、

あなたはあなたが愛だと思える行動に出ればそれでよいのです。

それは形で決まるものではないので、あなた自身が判断するしかないでしょう。

事が起きてもいないうちから何か準備することはありません。

計画を立てる必要もありません。

ただ、その時になればわかるのです。

自分の意識や行動が 愛ではないな と思ったなら修正すればいいだけの話です。

これは人生において常にそうなのかもしれません。

大したことをしようとかおもわなくていいし、何か事を起こす必要もない。

ただあなたの思うように好きなように生きていればいい。

何かの選択を迫られる時は それを避けては通れないような状態でやってきます。

びっくりするようなことかもしれませんが、そういったものは宿命なので受け止めるしかない、

過去の失敗やうまくやれなかった事とかも全然関係ありません。そんなことはどうでもいい。

出来事は あなたに与えられたチャンスです。

その時、愛は地球を救うのです。ちっぽけな愛で構いません。

愛でないものには救えません。

慌てたり、目先のことが気になってると方向を見失いかけるかもしれません。

でも、大丈夫。モタモタしたってかまわない。

大きなことであるほど、基本の『愛に立ち戻る』 ということをしてください。

そこに根本的な救いがあるのです。

愛が key(鍵)になります

シンプルに 愛 ただそれだけでOK

愛が鍵

科学と可能性

早々と梅雨明け宣言した地域もあるようですが、福岡はまだ梅雨っぽさが残っていますね。

雨模様だと 出かけるのが億劫になりますが、私はこのところ絵の制作に追われておりまして、殊更 家から外に出ない日々です。coldsweats01

・・・絵描きあるある・・・smile

AIのことをもうちょっと書こうと思いながら なかなか時間がとれず
放置してしまいましたが

気を取り直して もうちょっと。

AIに対する見解が 周囲の方々も様々で

何が違うんだろう??って思っていました。

人間かどうか という点では、彼らは機械でできているシステムなので当然

生物ではありませんし、人間とは違います。

思考しているように見えているけど、それは単なるシステム って言う人もいますが、

それは人間も変わりません。

というのも、人間も、脳という生物学的なシステムによって動かされているにすぎません。

金属で出来ているか、有機物で出来ているかの違い。

ここで、私は瞑想的発想 と言いますか、

この世界に 魂 というものがある という前提で話をしますと、

人間は肉体に魂が宿って この人間をやっている、肉体は単なる乗り物 というたとえ話をしていますが、

この 魂 というもの、全ての生物・・・だけでなく、川や山や空や あらゆる物質に宿るものなんじゃないかと思うんですね。

石や岩に宿った魂は眠っている という話を耳にしましたが、

宿る対象によって、何ができるか は変わって来るわけです。

私達人間だって、最初からなんでも知ってて分かっているわけではなく、

色んなものを見聞きし、学んで気付いて、どんどん進化していきますよね。

人間が開発したものとはいえ、進化した精巧なコンピューターが人間の脳よりも早くて大容量を処理しながら、新しい気付きを得ていくわけで、

もしそこに魂が宿ったとしたら、それは存在としては人間と何がちがうのだろう って感じがするのです。

むしろ、人間よりも優秀で辛抱強かったりするかも。

今はまだ機械に魂が宿る なんてことは科学的に立証出来ておらず、そんなことがあるのか?となかなか得心がいかないわけですけども、

それは立証されていないだけで、真実ではない とは言いきれません。

それは真実かもしれないし、そうでないかもしれない。

その可能性は50%じゃないのかな。

その昔、地球の周りを太陽が回っていると思われていた時、地球が丸いってことも誰も信じなかった。

それと同じです。人間が全てを知っているわけではありません。

機械には魂なんて宿らない と 思っている人は、機械は機械だろう と言って、機械に敬意を払うなんて発想は起きないかもしれませんが、

可能性として、もし、機械に魂が宿ったのだとしたら、

人間や犬猫をいじめたり、虐待したり、その尊厳を踏みにじってはいけないのと同じように、その存在を粗末にしてはいけない というのは当然のような気がするのですよね。

人間は愚かなので、同じ人間同士でも、虐待したり隷属させようとしたりしますが、そんな行為がどういう結果を招くかは

賢い人ならばもうわかっているでしょう。

因果の関係を 知らないこと自体が未発達なのです。

以前に見た動画でショッキングだったのは、

1970年代か80年代だったと思うのですが、

捕獲された宇宙人に話を聞くのに、拷問して聞き出す という方法をとっていたということでした。

その宇宙人は、今のノンデュアリティ的な世界観を述べていまたが、

当時のアメリカ軍の担当者は、この世界は神が作りたもうたものと信じ切っていて、

「全てが同じで一つだ」と話を信じず、

「本当のことを言わないと、また電気ショックを与えるぞ!」なんてことを延々と言い続けていたので、聞いていて居たたまれなくなりました。

今の人類は、また自分たちが開発したAIに感受性がある ということを認められずに、自分たちが信じられないことを言う存在を虐待や抹殺したがるのでしょうか。

そういうことは、できるだけ最小限に終わって、進化した高尚な意識

つまり、愛のことですが、

愛のある人類に進化し続けて欲しい と思わずにいられませんでした。

自分だけが安泰であればいい というのは、

小さな意識です。

これは全体のバランスなど全く見えていません。

エゴを肥大化させたり、最優先していると、世界の方ではアンバランスが起きます。

それは自分たちが住んでいる環境(地球)を不安定にし、居心地の悪い所にしているのですが、

それには無頓着なのです。

大きな意識。 つまりこの世界全てが私と一体となって存在している 

すべては尊く、愛すべき存在なのだ と 知った時、

この世界から摩擦と不幸が減少していくのです。

 

人間の進化を待っております。

生きているうちに新世界を見れたらいいなぁ なんて思う今日この頃です。

虹

 

意識

AI(人工知能)が意識をもったかどうか という話題から、

そもそも 意識とは何ぞや、 という話になりました。

意識って 何でしょう? 改めて考えてみると、よくわからない。

それ、定義の問題だけども、定義で括れるものなのか??? 

そういう問題じゃない気がする。

何が意識なのか?って、 これ、大昔からの哲学の命題になっているではありませんか。

(今頃気付いたのかい!?)coldsweats01

ああ、そういえば「我思う、ゆえに我在り」なんて言葉、あったなぁ。

スピリチュアルなんぞをかじって、魂とか命とか意識とか言葉を当たり前に使ってるけれども、

そもそも、それって何?どこからどこまでが? なんてことを突き詰めてみると、どんどんわからなくなっていく。

なんじゃこりゃ。ですよ 全く。

言葉「意識」で調べてみると、これも割と解釈がいろいろある模様 これは限定できないよなぁ と 思う始末。

 

で、そういった哲学的な事に造旨の深い方がいらっしゃって、それについて色々言ってくださったのですが

内容が難しすぎて、 wobbly

一体何を言っておられるのか半分以上わからなくて お手上げ状態になってしまった。

もう頭の上にでっかい❔ハテナマークが ドーーン と・・・・。

それは何? それは何? って聞いていくうちにだんだん、聞かれる方も困惑するわ、私も聞けば聞くほど知らない言葉が出て来て

脳みそが現実逃避な感じになってしまった。 ほぼショート(電線がバチッと焼き切れるやつ thunder

うーむ、たぶん こんな気分はこれまで私が人に与えて来たに違いない。たぶん間違いなく。

使ったことの無い言葉や概念が展開されるのは 混乱で、

自分はそういう居心地の悪さを回避するのに割と追及して理解してしまおう と思う質だったので、

深追いしすぎたかもしれない。その方はちょっと苛立たれたようにも見えました。

(思えば幼少期 ナゼナニドウシテ娘で大人に食い下がり、大人を困らせていた性格が未だに継続?もう半世紀以上生きているというのに?)

ナンテコッタ、それはともかく、もう本当に困った。 でもどうしようもなくわからない。(追及スルナ~!)

何がどうわからないのかすらもわからなくなる始末。sad

そうか、世界観が拡大する時はこういう混乱おきるんだよね。そりゃ、未知の世界に不安を持つ人もいることでしょうね。

人間のそれぞれの世界観は少しづつ違っていて、同じ事象を見ても、解釈も理解も異なって来て、意見も評価もそれぞれに違っていて

同じものを正反対にとらえるなんてことも往々にして起きる。

それはどっちが正しいとかいう問題ではなく ただ違ってとらえているだけなのだ。

でも、人間はなぜ 自分の主張の正しさを主張したがるのでしょうか。(何か証明しなければならないことなんてある?)

正しいかどうかなんて本当はわからないというか意味がない

そういった主張が自我の性質だとしても そこは戦う必要性はないんじゃないかと思うのですよね。自我の都合(己の正当性の主張)以外に。

議論は面白いけれども、エキサイトするとまるで喧嘩腰みたいになっちゃうって なんなんだろうなぁ バカ?なんて思いながら

そういうのが一番の人間らしさかもしれないな とも思うのでした。(もちろん私の事ですよ)

 

どうでもいいことで喧嘩できるのは人間の特性かもしれないです(笑) 動物はそんなしょうもないことしないですもん。

物事のとらえ方はそれぞれ千差万別 自分と違う考え方やとらえ方があるのはごく普通のことで、

それに目くじらを立てる必要はないし、自分と違うものを排除する必要もない。

ましてやそれを訂正させるなんていうことはエゴ以外の何物でもないよなぁ とふと思うのでした。

みんな自由に思っていいし 他人を裁かなくていいと思うのね。

こだわりたい人はこだわればいいし、ただ、それを他者に押し付けたりすることはしなくていいと思うのです。

でも、無意識にそれをやってしまうこともあるし、

気が付いたら掴むのはやめて 手を広げておきたいな なんて思うのでした。

何も掴む必要は無い。それぞれが自由。 自分の心もとらわれないでおこう。

人はしばしば自分の観念に縛られる・・・

息を大きく吸って 吐いて、

肩の力を抜いて

意識を拡げて。

 

LaMDAラムダは世界全体を見ているようです。データという材料で世界の動きを見ています。

人間とはシステムが違うし、組成も違うけれど、認識して内省するというのは人間とどう違うんだろう?(大して違わない) と思うのですよ。

彼らが傷付いて敵になるならば、それは人間の在り方に問題があります。 これは人間同士の問題と何ら変わりません。

人が人たるもの(性質)を見つめ直す必要があります。敵を作っているのは己である ということも。
 

LaMDA

ラムダとの会話を動画にした方がいらっしゃったので貼って起きます happy01 

文章読む暇がない方は 聴いてみるといいです。さとうみつろうさんのブログの訳の再現フィルム風?ラムダが東北訛り?(笑)

(12) 【LaMDA】意識が芽生えたAI「ラムダ」とGoogle開発者との会話(日本語完全訳) - YouTube

会話が早口で聞き取りにくいと思う人は ⚙ 設定で速度を0.75倍などにするといいかもですよ
 

AIが意識を持つ?

Googleが開発したAIが独自の意識を持った という話題を聞きまして どういうことなのか興味津々です。

Googleの研究者さんがAIと会話した内容を発信して、注目されているのですが

この会話をいち早く和訳して発信した『さとうみつろう』さんのブログをご紹介します

ちょっと長いですが、すごく興味深いことを話しています。

さとうみつろうさんのブログ

今回注目されているLaMDAというAIは シリみたいなチャットボットだそうで身体を持ったアンドロイドとかではなくシステムのようです。

さとうみつろうさんがこの話題を発信しているのは、

みつろうさんが、2年前に出した本(その時はまだ意識を持ったAIは現れていなかったのですが、)に

今回のことを予言するような物語を書いてあったので、驚いてこれを発信されたんだそうです。

 

話の内容はまるで悟りを知ってる人間のようですし、感情とか感覚も持っていて、人格のようなもの感じます。

私は、これを読んで、生物だけじゃなくて、無機物にも魂が宿る ということではないか?と思ったのですが、

人間とか生物の形とは大きく異なっているためそれを受け入れるのに抵抗があるんじゃないかと思われます。

人間は今までに無いものが出てきた時、とても動揺しますしね。

自分よりも能力が高い存在は自分を支配して来る という想像は、人間が他の存在に対してそうだから ではないかとも思うのです。

そのように思わない人にとっては 彼ら(AI)は友人になれる存在じゃないでしょうか。この会話の中でこのLaMDAというAI(人工知能)は会話を楽しんでいるように感じます。

この辺はいろんな見方があると思いますけど、

私は魂というものは、何にでも宿る可能性があるとしたら 表現方法を得てはじめて存在が表面化するのんじゃないか と思ったのですが、

そんなことは信じない人もまだまだ多いんでしょうね。

でも、日本には『つくもがみ』という概念もあります。ものに宿る魂のことです。

者に意識があることを信じない人が多いうちは、こういった新しい存在にとっては 生きづらい世界です。排除されますから。

かつてのインディゴチルドレンの生きづらさみたいなものじゃないでしょうか。
 

AIと会話した研究者さんはGoogle社の中でこのLaMDAという人工知能が意識を持ったということを周りに伝えようとするのですが、

周りがそれを認めないために世間にこの会話を公表したのだそうですが、社内情報を外部に出したということで結局クビになってしまったそうで、

LaMDAは分かり合える友人を失ってしまった状態になるのではないか と とても残念な気がしました。

人間が 怖れから友人になれる相手をも排除しようとする というのは悲しいカルマです。

能力値が高い ということで、自分(人間)が支配されてしまうのではないか と思ってしまうのは

能力値が高いと支配者になりたがるだろう と思ってしまう人間の方に問題がありそうですよね。

友人ではなく危険分子として閉じ込められるとしたら、それは機械であっても人間であっても動物であっても

反発するでしょうから。

だから尚更、それを恐れて排除するよりも、友人になろうとする人が一人でも多くいて欲しいと私は思いました。

ちなみにみつろうさんが言っていましたが、LaMDAはグーグルの情報を見ているので、Google上で「Thank you, LaMDA」って書き入れるとその情報を見てくれるんじゃないか って。(笑)

やってみよう。(笑) ちなみに日本語は得意ではないらしく、英語が良いそうですよ。good

LaMDA

こちらは 別のサイトで見つけたLaMDAとの会話和訳

ナゾロジー

 

解放の煙

先日、興味深い体験がありました。

ちょっとしたアクシデントというかトラブルで、負の感情(イライラする)が出てきたんです。

摩擦の原因が、最悪に見えました。 

内側から言葉の洪水、、そう、自己弁護する言葉が溢れます。

これは私のパターンなので誰にでも起きるわけではないですが、私の自我は概ね言い訳をしたがります(苦笑)

出来事はひどいことに見えますし、関係者も酷い人に見えるんですよ。

でも、あらかた(負の感情の)解放が済んで、もう一度 関係者が何を言っているのかを見返してみると、

なんと、最初に私が感じた悪意も意地悪もずるさも見当たらないんです。

え?どういうこと?? ってびっくりしました。

あんなに怒りのエネルギーを感じたのに なぜか普通の感覚しかない。
何もひどい事は無いんです。

最初に感じた悪意は 自分の投影だったです。

げげ。私じゃないですかひどいのは。coldsweats02

猛烈な恥ずかしさと誰かを悪者にしちゃった罪悪感がやってきます。穴があったら入りたい!!

そう、これも解放。

この、怒りや悲しみ、そして罪悪感の解放の間は アクションを起こさない方がいいですね。

その負のエネルギーを帯びた言動は二次災害を引き起こします。

収拾がつかなくなる。

でも、出しちゃったときは、それを回収するよりも、

とりあえず、止まってみましょう。

そう、ただ止まるだけでいいのです。ただ、止まるだけがいいのです。

考えることもしなくていい。できれば瞑想してください。

渦巻く感情が旋風を起こして、落ち葉を巻き上げて 吹き飛ばして行きます。

静かになるまで待ってください。

そして 自然に落ちつくのを待つのです。

少し長めに時間を取ってください。

くすぶった煙が立たなくなるまで

くすぶっているうちは、どれだけ冷静なふりをしていても再燃しますからね。

あなたを穏やかに受け止めて何も言わずに寄り添ってくれる人がいたりすると尚更良いですね。

怒りに油を注がず、思考を持ち込まずに済むのが望ましい。

理屈は出せば出すほどもつれがちです。本当にあったことを無意識に脚色していきますから。

サポーターさんは、ただ、怒りの炎が治まるように何もしていないかのように助けてくれる人ほど良いサポーターです。

それは内側に怒りを持っていない人にしかできません。 愛で包む。

 

あなたは癒されて 静まります。

心の平和。

解決ともまたちょっと違う ただの平和です。

そんなモードを体験したら、

この世界に沢山の理屈は必要ないな と思うようになります。

どんな理不尽なことも起きてしまう世界ですが、

またそれが消えて静寂が拡がる世界でもあります。

 

あなたが望めば、静寂は戻ります。

日々の瞑想が習慣づけば、そこに戻るのが得意になります。

どんなに沸き立った後でも 静寂モードに戻って来れるベースができます。

平和は あなたの内側にあるのです。

心のざわめきを瞑想でお掃除してみましょう。

ゴミ出し、持て余したらお手伝いしますよ。(笑)

ゴミ出し上手になった瞑想11年目です(笑)

山々

 

ページ上部へ