ホーム>スタッフブログ>意識>悟りを模索していた頃
意識

悟りを模索していた頃

まだこの瞑想と出会う前、

私は『悟り』というものに憧れていました。

心の中の葛藤や苦しみから解放されるという 悟り を体験してみたいものだ と。

先に心が軽くなった友人から「手放せばいいのよ」と言われるものの

「どうやって手放したらいいのかわからない~~ crying

という状態が長く続いて、悶々としていました。

色々、執着とか 依存 があったんですね。

依存は 苦しみを紛らわせる気休め みたいなものです。

苦しみや葛藤が大きいと辛いので、依存対象に気持ちが向いてる時は 苦しみのことを忘れられているので

心が苦しみで壊れるのを避けるために 起きる心の仕組みです。

これは無意識の領域で体が心をまもるために起こす現象です。

苦しみは 理想と現実のギャップで起きます。

こうしなければならないのにそうではない自分を許せない と言う時、

大きな葛藤が生じます。

こうしなければならない という事柄がどういうわけがガッツリ心に刻まれてしまった時

その考えを外すことができなくなります。

それは その事柄を守れないととても 大事なものを失う とか

自分の存在を認めてもらえない とか

愛されない とかいうペナルティがある と信じ込まされることで起きます。

そう、ある種のマインドコントロール。集団幻想の仕組みです。

エゴが作った社会で 集団的にその考えを採用してしまっています。

お金が無いと生きていけない  だから稼がないといけない

老後に2千万ないといけない だから 何が何でも貯めなきゃいけない

大学を出ていないと、底辺の生活しかできない。

だから何が何でも大学へ行かせておかなければならない。

そのためにお金を貯め込まなきゃいけない。

 

それは本当に真実でしょうか?

大学を出たけど やっぱり幸せでない人は?

高卒だけど、職人になって 才能豊かな人生を送ることもあれば、

農業に従事して会社勤めしない人もいれば、

敏感な感性をを活かして 占い師やヒーラーになる人もいれば、

個人事業主になって お金持ちになる人もあれば、

山奥で自給自足の生活をしてお金は稼がないけど幸せに暮らしている人もいる。

上記の人々でうまくやっている人達は 不安を選択しません。

可能性があること できることを一つづつ地道に形にしていくということを続ける人です。

そんなことでうまく行くわけない なんてやる前に思ったりせず、ちゃんとチャレンジする人たちです。

でも、しない人はなぜ、できっこないなんて思ったのでしょうか?

それはチャレンジするのが億劫だからです。

行動を起こすのはエネルギーが入るので面倒くさいです。

それに初めてのことはドキドキしますし、失敗を恐れていると腰がひけてしまいます。

失敗、そんなのやってみないとわからないことです。

1度の失敗で諦めるつもりなんでしょうか?

失敗は うまく行かないやり方がはっきり見える体験です。

そう、問題点をちゃんと体験できる機会。

経験しないとわからないことだらけですから。

その点では、本格的に取り組む前に その事柄のシュミレーションを沢山しておく方が効率がいいですね。

闇雲にチャレンジするのではなく、エクササイズ、プラクティス、そう、練習です。

事前に体験してそのことをより理解しておく ということが大事です。

もちろん、誰もやったことが無い初めてのことは、自分が初チャレンジなんですが、

軌道にのるまでの試行錯誤を惜しまない人がそれをちゃんと確率していくというわけですね。

それはもし、「これは本当にダメだ」 と潔く思えば手を引きますし、

可能性があるなら何度でも調整して再チャレンジしてみます。

この時に、カルマの感情(不安、怖れ、怒り、悲しみ)などに飲まれていては行動できません。

だからカルマの感情は常にお掃除・浄化する必要があるのです。

大きく成功している方で瞑想をしている経営者さんもいらっしゃいますね。

それは 狼狽える心を落ち着け、冷静な判断や洞察に 瞑想が有効だからです。

何より、心の中の苦しさが瞑想によって浄化されどんどん軽減されていくのです。

そして ついには 

なぜそのような自分を苦しめる思い込みに縛られていたのか という根本的な問題に気付きます。

 

そうか、思い込みに支配される必要はなかったんだ!

自分を苦しめ続けてきたのは他でもない自分自身だったじゃないか!

それって、独り相撲みたいなものかも!? え~~~ ((´∀`;))

そう思えたらあなたはもう自由です

あなたがどう思うかはあなたが決められるのですから。

思い込みを外す・・・初めてのチャレンジ でしたら ぜひ勇気をもって前進してくださいね。

あなたが行く道は前にしかありません。

過去は過ぎ去って頭の中にしかない ただの幻想なのです。忘れ去っても問題はありません。

できるならば、その記憶に感謝して 解き放ってください。

今から私は自由な選択ができます。

幸せなものを選択します。

私が今 幸せであることを選択します。

喜怒哀楽は日々移り変わるお天気のようなものです。

温かい日の光で 沢山の命に花を咲かせてください。

雨と泥を養分にして。ただあるがままの命を咲けばいいのです。

スイレン

お花は 笑顔 ってことですかね。

生きてるよ~ という証。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelierseigetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1427

ページ上部へ