ホーム>スタッフブログ>日々徒然>日々徒然
日々徒然

日々徒然

先日、大阪の父のところに行ってきました。

先月末、父は転倒して額を7針縫う怪我をしていました。

すぐに行きたかったのですが、都合がつかなかったので

19日の病院の診察日に合わせて日程をとっていました。

父は85歳ですがまだお店に出て働いています。怪我をした時は3日ほど店を休んだようですが、

完全に治らなくてもすぐに出勤していました。どうしても店に行きたいみたいです。

父はバーを経営しているのですが、コロナの影響で大変でした。

経営的には、まだまだ客数も回復せず、給付金も出なくなってきたので

もう限界かなぁ と 思うのですが、

60年続けてきた仕事が生き甲斐の人なので 辞めさせるのは忍びない。

せめて体力的に持つ間は 本人が希望するなら 少しでも長く店に行かせたてやりたいと思うのです。

近くに住んでいるならもうちょっとサポートのしようもあるかもですが、今は大阪と福岡・・・

それで、何か手立てはないかと思い、大阪に行って ケアマネージャーさんとも相談してきました。

今、父の所に次男の弟がいて 弟が思ってた以上に父のサポートをしてくれていたので

助かりました。彼は地方の仕事が入ると長期出てしまうので、ずっとは任せられませんが、今は頼りにできそう。

「僕がいる間は出来ることはするよ」と言ってくれました。

弟は以前から父とはあまり反りが合わなかった人なので、そんなことを言ってくれるなんて

ちょっと、かなり感激でした。

父の怪我の状態は順調な回復で 傷跡もほとんど目立たずホッとしました

ただ、足腰の弱りが目に付きます。歳だから仕方ないかなぁと思っていましたが、

脳神経外科の診察で、進行性核上性麻痺 という診断でした。

今はまだごく軽度。

進行性と言っても かなりゆっくり進むのだそう。

だんだん筋力が衰える ということでした。

パーキンソン病と似た症状だそうです。

父の姉がパーキンソンだったので、そうあるかもかなぁ と 思ったりしていました。

亡くなった母はまた別の病気でしたが、症状がほとんど同じな気がします。

そうか、そういう進み方をするのかもなぁ と思いました。

もう85歳なので弱っても当然 という気がします。

これは自分の将来の可能性でもあるのだな と感じていました。

本人は 症状的には大したことはないので 自分が病気だとは思っていません。

こちらもあまり病人扱せずに 進行しにくい生活習慣を促そうと思いました。

病院の帰り、一緒に歩きやすい仕事靴を買いに行きました。

途中、お腹が空いたというので 梅田三番街のフードコートで定食1人前を2人で分けて食べ(笑)(2人とも少食)

歳をとった父娘の時間はちょっと楽しくてハッピーでした。

父と一緒にいる間ずっと 何度も何度も 妹の病状はどうか? と聞いてくるので、

何度も何度も「だいぶ良くなってきたよ。心配ないよ。」と答えました。

父は妹のことをとても可愛がっていたので 心配なのでしょう。

ちょっと物忘れが多くなってる父はなんだか可愛いです(笑)

いろんなことを忘れていくのかもしれませんが、

幸せな記憶が沢山残るといいな と思うばかりです。

まだしばらく残されている親孝行できる時間を 大切にしたいと思います

2022721193646.jpg


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelierseigetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1404

ページ上部へ