ホーム>スタッフブログ>生きる>愛と平和
生きる

愛と平和

昨日、投稿しようとしていた文章を すぐにアップせずに何度も見直しているうちに

消えてしまいました。(つど保存してない人が悪い)

相変わらずやらかしています sweat01

いろんな用事を一つずつこなすのがいいだろうなぁ と何度も思うのですが、

無計画にあれこれ同時並行してやろうとする癖があるので

ちょっと混乱気味。

落ち着け、落ち着け。

昔出来ていた同時並行処理も、年齢と共にキャパが減少してるのでは?と思う今日この頃です。

自我の意識は欲張りで なんでも沢山やりたがるものですが、

物だけでなくいろんなものを断捨離していくのは必要だなぁ と思います。

時々、何が絶対必要なのか? と 自分に問いかけてみる時、

絶対 というものはほとんど無いな という返答。

たぶん 執着しているものが ほとんどなくなっているんでしょうね。

こういう意識は以前は違いました。もっと何か手放せないものがあって、怖れもあった。

でも、今は無いんです。なぜか。

瞑想のおかげか、解放がほとんど終わっちゃったからか。

エゴとカルマの無限ループは無限ではない。

自分の所で終わり というものがある。

 

目の前のことは、

ただ、あるものがあって、無いものは無い。

来るもの去るもの 選びようのないものもある大きな流れの中にある という認識です。

ただ、目の前のことに関して 衝動というか 動かなきゃ と思うのは

傷ついた人がいれば、助けなきゃ とか 護らなきゃ という感情が湧いてきます。

自分が指を切ったら、傷を手当するのと同じ。怪我があったら病院に連れて行ったり手当する。

世界では 災害があると 他国のことであってもみんなが被災者を支援ようとするのに

ヨーロッパでひどい兄弟喧嘩が始まってしまった。

歴史の中では日本でも権力を争って親子兄弟親戚同士で殺し合った時代もあり、

人間はベースに肥大するエゴがあるのだな ということはわかるのですが、

このエゴはどこまでいっても 満足する ということはせず、

エゴは肥大するばかりなのでこのような愚かな侵攻をしてしまう・・・

と 私たち人間は自覚せねばなりません。

利己的なエゴ というのはとても愚かです。

周りとの調和を無視して利を貪ります。

人間の自我は悟りを知ると大いなる流れと調和することを望みますが、

孤立した自我は 怖れから 世界に牙をむきます。

そうした興奮して凶暴化したエゴを力で抑え込もうとすると 追いつめられて自暴自棄になったりするので

世界は慎重に冷静になる必要があります。

怖れからの行動は良い結果を招きません。

かといって、まるでそのトラブルが無い事のように思うのも違う気がします。

私たちは 何かできることがあればすればいいのだと思います。

何ができるのか わからないうちは、まだ様子をみているだけでいいと思います。

もし、できることがあれば動きましょう。

心臓や頭から離れた足の小指の怪我でも 手当はするものだと思います。

為す術がない時は ただ 愛を持って祈りましょう。

人々が平和に生きられる世界になりますように。

そのために私は自分の人間関係を平和にします。

この前、ちょっと友人に愚痴っちゃった過去のトラブル、過ぎ去ったことに愚痴とか誰かを悪者みたいに言うのはもうするまい 

って思うのでした。 罪は ただの愚かさです。

人間は愚かさを併せ持つ生き物。支え合って生きましょう。

パワーではなく 愛で。

あなたとあなたの周りに愛を満たしてください。

愛は見返りを求めません。ただ流していくだけです。

心配することはありません。

流れは巡りますよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelierseigetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1354

ページ上部へ