ホーム>スタッフブログ>ダルマ>誰のせいでもない1
ダルマ

誰のせいでもない1

この世界で起きていること

私達人間は 人間目線の都合だけで世界を見てきましたが、

それだけでは済まない時代に入ってきました。

人間が増えすぎて 人間の都合でエネルギーを消費していると

足らなくなることももうすでに多くの人々に認識されています。

そんなエネルギー問題だけでなく、

私たちの日常で私たちが発する微細なエネルギーや波動に関しても

認識されるようになってきました。

私たちが 波動でできている ということも

少しづつ理解する人が増えています。

原子を構成する陽子や中性子を作るクォークという超微細な微粒子が回転運動をしていてその振動体の集積で出来ているのが物質界なのです

物質とエネルギー

地球上のあらゆる命が発生して それぞれの性質を生きていると

相互にぶつかり、混じり合い、関係性とエネルギーバランスで

全体を形作っていく

その形状や構成の加減は 偶然の集積によります。

自然の造形美 というわれるものです。

雪の結晶

私たちはその法則性にたびたび感動します。

その偶然を神の意思 とも呼びますね。

樹氷

人間たちは自分たちがまるで神であるかのように思っていたりしますが、

そうではありません。

人間の思考や動きもその一つ(自然の造形)に他なりません。

 

人間を生きていると、

いろんなエネルギーバランスの中で心の内にいろんな感情が湧き起こり

色んなはずみでいろんな決断をしつつ、

その瞬間瞬間が出来上がっていく

それが経験です。

そして それもやはり偶然の集積であるのです。

しかしそこに性質という法則性が存在しますから

それは偶然であって 必然なのです。

誰が当事者になるかは なってみないとわかりませんが。

 

悟り の 真我の意識で見ている時、

見ている私は世界そのもので、

この体はその一部でしかありません。

たとえこの体をうしなったとしても、意識は世界を見続けるのです。

その時はエゴからも解放され

ただただ観察していることでしょう。

肉体の苦は存在できません。

20201015191759.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelierseigetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1066

ページ上部へ