ホーム>スタッフブログ>ダルマ>ご参加ありがとうございました
ダルマ

ご参加ありがとうございました

8月12日のオンライン瞑想会 集まってくださってみなさま、ありがとうございました。

ずっと苦手分野だったwebでしたが、出来るようになってみると楽しいもので 次が待ち遠しかったりします。

今日は東京の科奈子先生と zoomミーティングでの音楽配信を実験いたしまして、無事 CD瞑想が出来ることを確認しました!

次は 1日瞑想会の共有で 有料となりますが、サロンの方にもいらっしゃる瞑想者のみなさんと一緒に

深い瞑想を楽しまれてください。

ELM瞑想は 人数が集まるほど 瞑想のクオリティが高まります。

人数の足した数ではなくて二乗になるそうで、

4人だと、4の二乗の16倍 ということになります。10人だと100倍 100人だと10000倍です 

すごいですよね。

実際、オンライン越しでも瞑想が深くなるのがわかるので、これはもうちょくちょく開催したい感じです。lovely

16日以降はちょっと予定がございまして、1週空けますが、次の週からオンラインでのセッションやイベント 増やして参ります。

有料のものは事前の手続きが色々いると思うので9月の予定を早めに立てたいと思います

無料瞑想会は、基本的に同じミーティングIDとパスワードです 

 

今日は 瞑想後の質問コーナーで

「部下に言いたいことを言っていいのか 言わない方がいいのか、それがエゴなのかそうでないのかどう判断したらいいでしょうか?」

というご質問をいただきました。

これ、スピリチュアルを学び始めて 必ず通るところです。

したらいけないことを、指摘していいのか、それすらも手放すのか?

これ、実は答えが一つではありません。

いろんなレベルの視点で答えが変わるんです。

 

でも、現実を生きる人間として生活している者として、バランスよい状態を作る という観点でお答えさせて頂きました。

「怒りがあるうちは伝えない。」

なぜかと言いますと、必要な事は 仕事 という観点では 伝えることが必要なのですが、

怒りがあると、カルマのエネルギーと共に相手に伝わってしまうからです。

カルマのエネルギーのあるものは あまり受け取りたくありませんので、

『反発』『ストレス』を創り出してしまうからです。

カルマは愛ではないし、欲しくないものは大事にされません。

大事なことが伝わらなくなってしまいます。

怒りは、自分のもの、自分の中のカルマです。

伝えるのはそのカルマを手放してからでも遅くありません

仕事に必要な事を伝え 本人に何が大事かを考えさせてください。

 

別の観点から 同じことを見てみます。

コントロールしません。

自分が持っている価値観は本当に絶対的なものなのか?

それが正しいのか わからないからです。

もしかしたら、突拍子もない 信じられない行動をしているあの人の方が 

真理に近いところにいるかもしれないからです。

正しさを押し付けたくなる時、

それは悟りから遠いポジションです。

裁きません。あるがままが起きているだけだからです。

混乱は起きるかもしれません。

価値観の摩擦が起きるからです。

正しいと思い込んでいる時はそれ以外が間違いのように感じるでしょう。

でも、本当にそうなのでしょうか?

本当のことは 誰にも分りません。

結果が答えを出すからです。

なので、放置していても答えは出ますし、

成り行きは流れに任せます。

 

もし、あなたが 自分の経験値で 仕事を部下に教えている時、

あなたは自分の経験を部下に伝えてください。

私の時はこうだった。私はこう思う

だけど、それが絶対だとは言い切れませんので、

部下の見解にも耳を傾けてください。

あなたが伝える時、部下のエネルギーや波動を感じることが

とても役にたちます。

 

仕事のマニュアルがあるならば、それに従う必要はあるかもしれません。

でもそのマニュアルにしがみついていては 判断を誤るケースも出てくるのです。

冷静に 柔軟になってください。

あなたの柔らかい感性は 判断を誤りません。

基準を 愛に換えてください

生まれてくるものが 愛だけになります。

 

答えは形ではありません。

答えは あなたの持つ波動です。

表面的なものの下に隠れている本質がこの世界の現われを作ります。

あなたの波動が 現実化し、あなたがそうあるように全てを愛に変ていきます。

 

愛に迷った時は わからないよ と言っていいんです。

完璧である必要は全くありません。

ユニバースは応えて来ますよ。

瞑想教師にも お気軽に質問してくださいね。

ひまわり

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelierseigetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1016

ページ上部へ