ホーム>スタッフブログ>心の在り方>変化する感性
心の在り方

変化する感性

カルマを終わらせることは私たちの宿命です。
これを避けて通ることができません。
ただ先延ばしすることができるので
カルマを見ないようにしたり、受け止めることを拒否していると一生の間におわらないことがままあります。
 
その場合は、来世に持ち越すようです。
再チャレンジ。
 
この宿命はそれぞれの魂が 魂の成長のために設定してきた設計図でもあり、
それらのカルマプログラムは私たち人間の身体の中に設定されています
 
それらは DNAの中に情報としてインプットされていて、
ある時期になると発動し始めます。
 
自分のDNAだけではなく
自分を取り巻く人たちのDNAにもそれが入っていて
お互いにプログラムを発揮しあって、互いに影響を与え合います。
これが宿命です。
 
人間関係そのものがDNA情報によって動かされている とも言えます。
 
それは偶然のようでもあり、
宿命なのかもしれません。
タイミング的に 偶然 とも言えますし
確率的に 必然 とも言えます
 
ただ、自分の前に展開される世界は ただ一つしかありません。
いまここ です。
 
それは常に変化し続け、
一瞬たりとて同じ状態はありませんが
 
あなたの動き次第で 流れに変化を与えることもしているので
あなたそのものが宿命の創造者であり実行者である と言えるでしょう。
 
行動は意図的であっても
流れそのものは自分だけでは作れません
あなたはやがて流れと同じ方向に流されます。
 
 
あなたの自我は 流れに逆らってみるかもしれません。
これは人間に与えられた特別な能力 と言ってもいいでしょう
流れに逆らったり、流れを利用する なんてことも可能です。
 
そのことであなたという一人の人間はどんな体験ができるでしょう。
 
流れに思いっきり逆らう・・・
そういうゲームも面白いかもしれません。
 
特に若い頃は 自分のエネルギーを発散消費したいですから
数々のチャレンジをして楽しみます。
生きている充実感を味わいたいんですね。
手ごたえ という摩擦を欲しがります。
 
年齢共に 発散するエネルギーは落ち着いて参ります
すると、「安定」や変化の無い「維持」がラクチン と感じるようになります。
 
自分がそう感じるからと言って、
子供、若い世代にそれが一番だと押し付けるのは間違いです。
 
彼ら若い世代は 発散するように出来ていますから
取り組む課題を取り上げてはならないのです。
 
また、若い時の感覚に執着して捨てきれないエゴを持っている
年長者も 困り物です。
24時間戦えますか!?と ドリンク剤片手にギラギラした目力で
アドレナリン全開 を最高の状態 だと思わないでください。
それはほんの一瞬のお愉しみでよかったのです。
青春の1ページ。
 
過ぎ去った過去の高揚は 懐かしく幸せを感じることで十分です。
それも良かった
 
そして今は 今を生きます。
幼くても、若くても 年老いても、
それぞれの今を それぞれにしたいように行動します
 
ですから 
自分以外の人に自分の価値基準を当てて
裁くことは無駄なんです。
 
自分にも人にも したいことをさせてあげましょう。
 
 
但し、あなたは 社会のリーダーを選ぶ時は慎重になってください。
全体のことを考えられる人を社会のリーダーに選ばなければ
社会は無茶苦茶になってしまいます。
 
あなたは 自分が何を選ぶか 自分に正直に
真摯に向き合う必要があります。
 
どんな人生を生きたいのか
一人一人が一番生きたい人生を選んでください。
 
今 その辺がとてもいい加減になっていたと皆が気付き始めていますね。
これから起きる大きな変化が見えてきました。
とても楽しみです♪ fuji
日本の夜明け
 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelierseigetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/818

ページ上部へ