ホーム>スタッフブログ>身体>ひらめく時間
身体

ひらめく時間

何か、急にいいアイデアを思いついたり、問題の解決策が見えたり、

そういう閃きがやって来る時 って どんなことをしている時でしょうか?

 

瞑想している時も たしかに いろんなイメージが湧いてきて 忘れていたことを思い出したり

いい考えが思い浮かぶなんてこともありますが

ひらめく時って 必ずしも瞑想の時ってわけじゃないんです。

 

一体 どんな時でしょうか

 

 お風呂でのんびりしている時  なんて声もよく聞きます

 

ある人は お弁当を作っている時 って言ってました (笑)

 

 

私が一番 ブログネタを思いつくのは なぜか洗面所 (笑)

洗面所で歯を磨いたり、髪を乾かしている時に なぜか とてもスピリチュアルネタ?が 降りてきます

ワンネスのこと とか 宇宙の法則とか それにまつわる 現象界の事例

最初は 現実の問題とか 誰かのトラブルなど きっかけになるものがあって、

それに関する気づきが展開していくんです。

ああ、そうか 。 そういうことか。 こう説明すればいいのか なんてことが次々に出てくる。。

これ、カルマが多いとネガティブ展開の妄想になるんですが、

カルマが無いとそれ以外の波動を読みます。

 

あまりにも次から次に出てくるので 洗面所から出てくるころには 最初出ていたイメージは忘れてしまいそうなくらいです。coldsweats01

そう、そこで見ていたイメージは あまり長くはとどまりません。

なので 気付くとすぐにメモでもしていないと 時間と共に消えてしまいます。

 

ブログに書く時は その時に出てきたイメージを再び言葉に置き換えていくのですが、

言葉を綴ると、イメージだけの時と違う方向に流れがちです。

たぶん 使っている回路が違うので 傾向が変わるのでしょうね。

 

閃きが起きる脳の状態というのは、

通常の思考のみならず、感覚を司っている脳が多岐にわたって活性化している時に起きるんです。

これは思考が活発になっている前頭葉が活動している時には起きにくい。

リラックスして 感覚や体を使って軽い作業をしていたり、 ゆったりと緩んで何かを味わっている感じ取っている状態に 脳の感覚を感じるいろんな分野が同時に活性化している時に 

感じているものと 理解の分野がつながった時に体感的理解は起き、閃きが発生します。

 

これを邪魔しているのが 思考とカルマのエネルギーです。

 

思考は感じることを休止させてしまいがちです。

考えるという行為にとても多くのエネルギーを消費するので 感じる器官を閉じて考えに集中してしまうためです。

妄想などもこちら側の作業です。

 

カルマの摩擦の波動の方が 自然の精妙な波動よりも荒くて強いために

内側にカルマがあると 全部持っていかれてしまいます。

気になることで頭がいっぱいになっってしまう状態です。

 

ということは、強く惹きつけられる という状態も ある種のカルマかもです(笑)

恋は人生の修行の相手の選別をしてくれるんですね。

やりたいことは、あなたに必要な学びをもたらします。

ポジティブに試練に向かえますのですごくいいことなんです。

 

私達は 内側からいろんなメッセージをもらっています。

 

どんどんワクワクして

どんどん体験をしてください。

辛い事でも大丈夫 あなたは それを越えていけます。

 

本当に体験を味わい尽くした時、

あなたは あなたの人生を発見します。

最期は本物しか残れないからです。

要らないものを落とし、 必要なものだけが残ります。

 

そう、自我が必要とするもの ではなく、

真我が必要とする 本当に大切なものが何か を 知る

その過程の壮大な旅と景色を 楽しんでくださいね!

 

自分自身に正直に生きた人ほど 核心を掴むのでしょうね。

試練が多い 祝福された魂は 素敵です。

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelierseigetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/548

ページ上部へ