ホーム>スタッフブログ>2018年5月

2018年5月

降参

悟りのキーワードが 降参 だということをご存じでしょうか

エゴはあれもこれも思い通りにさせたがります。

思い通りにならないことに イライラしたり

思い通りにならないことに 腹を立てたり

思い通りにならないことに 悲しくなったりします。

エゴは支配とコントロールが大好きなのです。

でも、エゴに対して この世界は大きすぎます。

エゴが認識している領域は この宇宙の何億分の1にすぎないことでしょうか

人間の知能が発達しているため 長い時間をかけて 科学という分野で

この世界の法則を解析してだいぶ賢くなってきた人類も

まだ 幸せに至る道を大半の人々は理解していません。

理解している意識の認識はどんなものでしょうか

 この世界はあまりにも大きく 思い通りにならないものだ

ということです。

 

もちろん 世界とは 人間の権力者のことを言うのではありません。

大自然のことです。身に見えない空気やエネルギーも含めた この地球上の物質やエネルギーそのもの

 

これらはただ循環してます 

生命という神秘の力で 誕生 維持(循環) 終焉 再生  を繰り返しています。

その物質界の肉体に乗っている 私たち意識は 神の一部であり 永遠な存在です。

 

これを理解しますと、そこには同胞しかおらず 全ては 調和に流れている ということを理解するのです。

 

調和を邪魔するのは 肉体に残っているカルマの感情(痛みの記憶) です。

肉体という物質は守る必要があるので そういう仕組みが組み込まれていますが、

それは死後の世界に無理解であるところからやってくる恐怖でもあるのです。

心配しなくてもどの肉体も最期は死にます。

そして また 新たな肉体に再生するのです。

新しい意識となって。。。

 

今 こだわっているものは何でしょうか?

今 執着しているものは 何でしょうか?

 

ただ生きていけるだけでは満足ではないのでしょうか?

 

熊本地震の時、被災したある友人が言ったことが印象に残ります。

「家がめちゃめちゃになって 家族で外に逃げ出した時、大事な持ち物が全部ダメになったけど、本当にただ生きているだけで良かった と心の底から思ったんです。今までなんであんな些細などうでもいいことにこだわっていたんだろう?って思ったんですよ」

 

今 この肉体を生きている奇跡を 楽しんでください。

エゴの執着や不安を手放せは、ただ 生きるということを楽しめるようになります。

あなたが生きる事を楽しめば 周りの人間も幸福なのです。

福岡市の夕日

日々徒然

良いお天気が続いておりますゴールデンウィークも後半に入りましたね。

ここ博多ではどんたく祭りが賑わっているようです。

実は今日の昼間に一度 本日のブログを書き上げていたのですが、

パソコンの不具合で書き上げたばかりの文章が飛んでしまいました。shock

こういう時は同じ文章を再度書くのもなかなかモチベーションが上がりませんねcrying

私はゴールデンウィーク前に引いてしまった風邪でしばらく自宅謹慎中だったのですが、

今日夕方に久々に所用で天神に出てきました。

天神はどんたくのゴール地点です。さすがかなりの人出でしたが 人の波に揉まれないよう用事を済ませて、夕飯を食べて帰ってまいりました。

博多の街は美味しいものがいっぱいですw

 

さて、気を取り直して今日の話題に再チャレンジ

 

瞑想をすると風邪を引きにくくなる というのが自慢の私ですが、

今回不覚にも風邪を引いてしまいまして、ちょっと昨年末の肺MAC症以来の しんどさでした。

でも瞑想のおかげか けっこう回復は早いのだと思います。重症化を免れております。

病気は 瞑想をすると無駄に病気をしなくなりますが、

身体のメッセージとしては 無理をしすぎていたり、なにかを阻止するために病気になったりします。

在り方を見直せ という意味だったり、抱え込んでいた何かを手放さなければならない時に病気という形で立ち止まらされるのです。

みなさまも 身体の声に耳を傾けるようにしてくださいね。

 

また、人生で体験する大きなイベントとしての病気 というものがあります。

これは宿命と呼ばれますが、今生に持ってきたカルマを解消するために用意されたものなので この宿命のイベントは避けることができません。

重大な病気治りにくい病気になってしまった時は 落ち込みますが、

いまある条件でどのように輝いて生きるか を探すゲームのようなものだったりします。

病気だから いままでできていたことができなくなった と嘆く時間はカルマの解放の時間です。その時は感情を味わいます。

苦しかったり、辛かったり、悲しかったり、腹立たしかったりします。

でも、味わいきったら腹をくくります。

現実を受け入れるのです。

そして、今 できることを探していくのです。

たとえ病気で体が動かなかったとしても 問題ではありません。

自分をとりまく人々に どれだけ愛を向けられるかが大事なのです。

これは 自分が被害者の立場をとっては 決してできません。

罪悪感を持っていてもできないのです。

与えられた試練は誰のせいでもありません。

自分と自分をとりまく人々の人生の学びのためにあります。

どれだけ優しさで生きる事ができるか?

犠牲になることが美しいのではありません。

ただ懸命に与えられた今を生きること

他者への思いやりを持つ事

それを学ぶために 与えられた体験なのです。

 

笑顔でいることは あなた自身のためだけでなく

あなたのまわりの人も幸せにします。

誰かがあなたを幸せにしてくれるのではなく

あなたの笑顔が人を幸せにするのです。

その喜びを知った時、人は生きる喜びを得るでしょう。

どんな命も 命ある限り輝き続けるのですshine

今という一瞬 を 大切に生きてください。

灯

瞑想があなたをクリアにし 命の純粋な光を取り戻していきます。

心の輝かせ方を忘れてしまったという方は ぜひELM瞑想をお薦めします。

瞑想のある生活が あなたを豊かにします。

ページ上部へ