ホーム>スタッフブログ>2018年2月

2018年2月

お寺

若い方々も集印張を持って寺社巡りをすることが趣味 という方が増えてきたそうで

雑誌などに神社情報の特集が組まれているのもよく見ます。

神社は神道、お寺は仏教 という宗教の違いがあり、

お寺と神社は目的やエネルギーがちょっと違います。

今日はお寺について ちょっとお話してみます。

 

お釈迦様が説かれた仏教の教えの大きな目的は、真理(この世界の本当の在りよう、法則)に目覚め、悟りを開くことが目的なのですが、

お寺は その教えを教え聞かせることと同時に 従事する僧侶や 祀られている仏様の修行の場でもありますので、菩薩業 といって、悩み苦しむ人々を苦しみから救う という修行が行われています。 そのために苦しみから救ってください とお寺を訪れる人々も多いのです。

本来は苦しみというのは心の持ちようで手放すことができる というのが仏教的思想ですので、仏教の 苦しみから救う というのは物質的に救うのではなくて 心から苦しみを取り除く教えを得る場所 ということになりますが、 実際には 物質的願いを叶えます とうたわれているお寺も多く これは 難しい話が分からない人々も祈ることで安心を得る = 救われる ということなのでしょう。 

 

実際は、安心した心の波動が 良い流れを導きますので、これはけっこう理にかなっていることでもあります。

つまり 憂いを手放す場所 が お寺であるとも言えましょう。

ですから、我欲を満たしたい と願うことや 他人を呪ったりするような願いは聞き届けられないばかりか、因果応報によって 自分自身がその念を受けることになりますので

お気をつけください。

自分や人が救われることを願い、試練を乗り越える強さをください とお祈り下さい。

 

もし、あなたが与えられた試練を乗り越えることが出来ましたら

仏さまも喜び、そういうあなたに喜びのご褒美が与えられることでしょう。

 

宗教は日々を清々しく生きるための教えです。

もし、あなたが宗教に煩わされたり裁かれたりすると感じましたら

それは真の宗教とはちょっと違うものかもしれません。

神仏は 人を裁きはしません。

人は自ら放った自分の毒を受け苦しむのです。

この世の苦しみは身に覚えがないかもしれません。

ですが、 過去、前世の償いであるかもしれませんし、根性で魂を磨く学びだと理解すれば、何も恨むことはないのです。

この因果応報の法則から 今あなたがすることがあなたの未来をつくりますので、

沢山の人へ温かいお気持ちをお配りください。

そういうあなたは、きっと沢山の人から愛されることになるでしょう。

高野山根本大塔

意識の影響

古来より、日本人は世界の民族の中でも 誇り高く高潔な生き方をすることで世界から一目置かれる種族だったということをご存じでしょうか?

かつての日本、自国の文化を護り治安を安定させるために鎖国をしていた時代が長かったことは皆さまもご存じの事と思います。

政治の中心だった武家文化では 忠義や信念という美徳の前には命さえも惜しまず、

大義名分を大事に生きていました。

誇り高いプライドを護るために自ら腹を切るほどの度胸を持っている・・・

この考え方は他の文化圏から見ても信じられない驚異的な存在でした。

日本人から見るとまたちょっと違った複雑な思いはあるものの、

そこまでする民族は 他に類を見なかったのです。

日本人は ほんとに真面目なんですよ。ルールに忠実なんですね。

理性とか思慮が深い ということかもしれません。

我を通すよりも全体の和を尊ぶ文化は世界の中でも突出している長所だと言えましょう。

 

現代の日本は 西洋文化も浸透し、江戸時代以前の武士道文化は一般的ではなくなりましたが、

日本人独特の意識 というものが今も受け継がれています。

 

全体性を無視できない体質。

良くも悪くも 我々日本人は とても感受性の高い性質を持っています。

これは長所であり 短所でもあります。

短所としては 人の気持ちを気にしすぎる ということです。

平均的なことが望ましいと思ってしまうのも 才能にブレーキをかける要因になったりします。

 

人間の性質は常に長短表裏一体です。

 

ですから、それぞれの性質の長所を生かすことによって 全体でバランスを取る 

ということをしていきますと、人々が生きやすくなることはもちろん、社会全体も活性化し繁栄していくのです。

得意な事をするのは、とても効率よく仕事が進み、ストレスがとても少ないのです

つまり 適材適所 という理念ですね。

 

過去の時代は美徳は理不尽な状況を生むこともありました。

現代はそのような正義の押し付けは少なくなってきています。

個性は尊重される社会に変化しています。

まだまだとおっしゃる方々もおられることとは思いますが、

歴史上 現代はかつてないほどに自由が尊重されています。

社会制度は確実に改善されてもいるのです。

今の時代の良さと、私たち自身の長所に誇りを持ってください。

ないものを欲しがることは 効率の悪い道です。

持っているものを活かすのです。

 

無いものはないなりに。 人を信頼して頼む ということもできます。

してもらうことに感謝することでエネルギーは循環するのです。

 

それぞれ、長所を他人のためにも活かし、互いに支え合うことは経済の発展にもつながります。

これは私が、それはあなたが、そして 感謝し合う関係は なんと美しいものでしょうか。

なんでもかんでも満たされる、満たされていたい と 思い込む甘えた考えは捨てます

誰も支えてくれない のではなく まず自分で立つ意思が重要です。

不器用でも構いません。

生きることはある意味 面倒なことでもあるのです。

一生懸命生きている姿は ただただ清々しいものです。

 

肉体や頭脳は使わなければ活性化しません。完璧を目指す必要はないのです。

できることをすればよいのです。工夫して楽しみましょう。

 

あなたにブレーキをかける心に溜まる垢(カルマ)を落としてください。

あなた自身が爽やかに日々を生きる選択をします。

自然は 自浄作用を持っています。

超自然的な 瞑想を ご活用ください。

森林の湖畔2018291322.jpg

幸せのありか

人は皆誰しも幸福を願います。

幸せになりますように。 これからも幸せでありますように。

自我の意識は、自分が幸せになることに余念がありません。

あなたの幸せとは どんなものでしょうか?

 

心地よい状態が 幸せだとしたら、

その心地よい状態が続いてしばらくしますと、何か物足りない感じがしてきます。

それで、また満足する状態を探し始めるのです。

 

自我は何が足りないのだろう? と一生懸命 自分を幸せにしてくれるものを探します。

何かを得て幸せを手に入れようと必死で探し回りますが、実際にそれを実現しても、とことん突き詰めても永遠の満足 というものが見つからないことに気付き始めます。

物を得た満足は持続性がないのです。

欠乏があって それを充足させた時に満足があるので、そもそも欠乏がなければ満たされる ということが起きないのですが。

 

何かを得る それがゴールでないことに気付き始めます。

はて、幸せとはどこにあるのだろうか?

スタート地点に戻ります。

 

ある人がこう言いました

「あなたはそう言うけど、それは得た人の傲慢な見解だ。私は得てみたいだけなのだからそれを止める権利はあなたにはない」

当然のことです。体験型の人はやってみなければ納得しません。

誰もそれは止めません。

やってみればわかることなのです。

なにせ、私もそういうタイプの人間だからよくわかります。

 

でも、もし カルマの衝動が薄い人であったなら 遠回りの体験をしたいと思う衝動は起きないでしょう。

やらなければ気が済まない という衝動は その人の持つ宿命でもあるのです。

もし、心が静かであれば、 ユニバース(世界)からのメッセージはすんなり体に入って感じられることでしょう。

カルマのノイズ(雑音)はそれらのメッセージをかき消してしまいます。

カルマは外に追い出されて 心がクリアにあってゆきます。

心が動揺する時、理性を持って観察してください。

私たちからカルマが出ていく瞬間を見届けて それと永遠にサヨナラするのです。

困った体験ではありません。

カルマが昇華された証です。

 

事が終わり、事態も心も静かになるのです。

あなたは 目を瞑り終わらせることも可能です

 

あなたの心が静まれば、その波動に呼応して 世界が穏やかに変化してゆきます。

苔生す20182914144.jpg

 

 

 

ユニバースの意図

悟り というものを理解する という体験は

自分自身のネガティブな幻想(カルマ)から解放されることですので、

見ていた世界からネガティブなエッセンスが抜けて クリアな現実を見ることができます。

 

ただ、このカルマは とても頑固に脳裏にくっついているので 剥がすのがなかなか難しいのです。

それが何かを くっついたままの目で見ているので、目の内側にそれがくっついていることになかなか気づきにくいのです。

 

外側の私たちを包んでいる世界(ユニバース)は、そのカルマを剥がすために揺さぶりをかけてきます。

わざと というよりは引っ掛かりがあるので引っかかっているだけなのですが。

 

具体的に言うと、危機感を感じる事件や状況、これまでの観念が崩壊するような大きな災害など。

平和では 頑固な自我やカルマは動かないですが、上手に引っかかるようになっているのでカルマは揺さぶられます。

この時の世界は明王のように、憤怒の表情で カルマやエゴの横暴と増長を押し流しします。

平和の持続はその平和に対する感謝が伴わないと維持が難しいのです。

当たり前なことは 価値がないのではなく 価値を感じにくくなるということです。

本当に大事なものが何か を 世界は教えてきます。

私たちにとって 本当に大事なのは、一人一人の中の愛を目覚めさせることではないのでしょうか?

自分の愛が目覚めていない人は外に愛を欲しがります。

 

自分が愛する ということに気付いた人は幸いです。

その愛はだけにも奪われることがないからです。

 

自分から出てくる愛は自分自身をも愛せますし、他者を愛することもできます。

その愛が大きいほど外側に拡がります。

 

あなたの中に 新しい視点ができた時、 それは目覚めです。

新しい視点で生きることをしてみませんか?

瞑想がより早く あなたに目覚めをもたらします。

アトリエ霽月では 瞑想の原理をご指導し、上質な瞑想生活をサポートいたします。

雲と太陽201829122636.jpg

騒がしい人々

平和ってなんでしょう? 静かなこと? 何も起こらないこと?

問題なく変化がないと 人は退屈 という状態になります。

 

人間はエネルギーを持っていて そのエネルギーは消費されなければならないので、

エネルギーが余っている時にそのエネルギーの発散の場がなくなってしうまうと ストレスを感じ出します。

そういう時は エネルギーの使い場所が見つかった時に満足感を感じます。

これは幸せの一つです。

 

若い世代はエネルギーが有り余っていて、そういう身体はそのエネルギーを消費しなければなりません。

元気な子供は常に動いています。エネルギーを消費しなければならないからです。

 

個人差がありますので年齢だけでは語れませんが、相対的に

年齢を重ねるごとにエネルギーの発生量は減少し、生命活動が緩やかになってきますから、

だんだん動きが少なくなってきます。

 

そんなにしんどいことはやめとこうよ  ということになってきます。

老猫はずっとベッドで寝ています。

 

人間で言うと

幼少期、 学童時代、 思春期

青年期、 中年期、 壮年期   

徐々に変化していきますね。 DNAのプログラム通りに。

ストレスの多い個体は劣化が早くなります。

 

日々の変化は少しずつなので、

本人はゆっくり変化しているので自分が変化していることに気が付かないこともあります。

 

子供を見ていてこういう風に思ったことがありますか?

そんなにガチャガチャせずに大人しく座ってなさいな!

なんで静かにできないのかしら?

 

その答えは 肉体年齢が若いから ですね。

 

自分も若いときは そうだったことを忘れていたりします。

 

個体によっては最初から低活動気味な体もあります。

幼少期に身体を動かす機会が少なく 筋肉量が発達しなかったのかもしれません。

 

それは 個性です。

身体が緩やかな段階に入っているのに、未だに かつてと同じ量を活動しようと欲張って

疲れ果ててもいけません。

身体が丁度いいくらいに生きませんか?

 

穏やかに身の丈にあった生き方を。

 

ちなみに、長らく活動的に使える身体はどうしたら手に入るでしょうか?

 

それは 日々適度な負荷をかけて筋肉量を維持することでしょうね。

ウォーキング?いいことですね good

面倒がらずに動きましょうね(笑)

 

身体は鍛えて 心優しく happy01

瞑想した後は動きましょう!

チームおさるのサムネイル画像

 

摩擦

負のエネルギーが現れた時、こんな言葉で表現できます。

摩擦・軋轢・ストレス・プレッシャー・葛藤

それに感情が伴うと、

嫌感がありますね。強いものは嫌悪とか怒り、悲しみ、 それが抑圧になると葛藤して苦しさになります。

 

摩擦のエネルギーです。

 

嫌だなと感じる感覚は、生体反応ですから ごく普通のことです。

この体は自分にとって良いものを悪いものを区別して意識に知らせます。

反応する対象は 人によっても違います。

何を危険と感知するかで 変わります。

小さい子供は 危険なものを知らないので、危険なものに対しても怖れを抱かないことがありますね。

危険と認識するために体験や教育が役に立ちます。

でも、役に立つのを通り越して、それこそ 取り越し苦労をする原因にもなります。

過剰に防衛反応が働く時です。 嫌悪感が起こります。

正義 という観念が発動された時には 相手を攻撃して排除しようとします。

 

これって、客観的な視野でないことがままあります。

そう、自我の都合で正義を発動するのです。

戦争ではこれがよく起こります。

正義を発動する側はいいのですが、発動される側は 困ったりします。

それは本当に悪なのか?

 

ただの摩擦を 善悪で裁いてはいけません。

摩擦は消えずちょっと向こうに押しやられるだけなのです。

 

愛のエネルギーを持ったとしましょう。

この世界の苦悩に慈悲の心を向けます。

そう、観音様みたいに。

そうしますと、そのカルマは癒され消えるのです。

 

イエス・キリストは、「右の頬を打たれたら左の頬を差しだしなさい」 とおっしゃったそうですが、

これは、

そんなに怒りのエネルギーをため込んでいるなら、ここで出して楽になりなさい

という意味を持っていますね。

自分の頬を差し出すなんてすごい勇気ですが(笑)

 

相手が怒りを吐き出したら 相手は楽になるのでそうしたがるのです。

意識とは裏腹にそれが起きたりもします。

そのエネルギーを受け取って投げ返したら永遠に負のキャッチボールをしないといけなくなります。

負のエネルギーは受け取らず、その辺に捨て置きましょう。

 

人が暴言を吐いても それは真実ではありません。

それはその方のカルマの感情なのです。

エネルギーではなく、真実は何か を見てください。

 

愛は癒しを起こし、歪みを戻し、世界を調和させます。

観音20182713913.jpg

温かさ

 

2月6日、今日も雪がちらつく福岡です。とても寒いですね。

暖房がなかなか効かないので寒さを実感します。snow

こういう季節は免疫力アップに努めましょう。 身体を温めることが第一です。

身体を温めるには まず動くこと 

寒いと思ったら お辞儀を10回するだけでも体がポカポカしてきます。

 

そして 心をゆるめること

何かを思いつめていますと体の筋肉が緊張して血行が悪くなって冷えが改善しにくくなります

瞑想をして体をリラックスさせることもとても効果的です。

また、逆に体を温めることで心の方が緩みますので、寒いのを無理に我慢せずに寒いときは温まるようにしてください。

一度すっかり身体がほぐれますと、また頑張ることもできます。

外から帰ってきた時はまず身体を温めましょう。

 

私は内側から温めるのにも余念がありません。 

生姜湯や チャイ(インド風ミルクティー)をよく飲みます。

また、胃腸の調子が良いときは唐辛子の効いた料理はポカポカと体を温めてくれます。

冬に取れる野菜、特に根菜類は身体を温める効果がありますので、旬のお野菜を食べ

そして、ある程度の熱量も取りましょう。健康第一です。

 

そうそう、温かくするのに効果的な事ですが、

入浴後にボディークリームを体に塗りますと、体感温度が2度くらい上がります。

身体から発散する蒸気を抑えるんでしょうか、熱がこもりやすいみたいです。

夏場は逆に暑くなりすぎますが、冬場には防寒にボディークリームお薦めです。

瞑想でも、瞑想後に身体をしっとりさせる成分が体から出るので 瞑想は温かいのかもしれません。

面白いですね。

 

ちなみにこの瞑想時に身体から出てくる成分をオジャスと呼んでいますが、

このオジャス、いい匂いがするんですよ。

特に体質によっては、このオジャスが花のような香りだったり、白檀の香りだったりする人がいらっしゃって、瞑想中その匂いに周囲が驚くことがあります。

そういえば、よく娘たちが お母さんはいい匂いがする と言っていたのは、

もしかしたら洗濯洗剤とか柔軟剤のおかげ だけではなかったのかも。wink apple

だって、家族みんな同じ洗濯ですものね。

瞑想は 自浄作用を高め健康を改善します。

 

温かく いい匂い  いいですね。heart04

心と体を温かくしましょう。

20182614448.jpg

福岡仏画の会

今日2月5日は極寒でしたね。 

今日の福岡仏画の会、行く時は晴れてましたが 途中から雪が降ってきました。

市民センターの窓の外、空が白いです

雪 市民センター20182522637.jpg

郊外では朝から かなり吹雪いていたとかで、

寒い中でしたが 福岡仏画の会のみなさん 遠方からも来てくださいまして

部屋を暖かくしまして みんなで仏画に集中しました。

仏画の会2/5

今日は実習室ではなく 第二会議室を使っています。

毎月抽選で部屋を取るので 実習室が取れない時は別の部屋を使います。雪が降ってる201825221616.jpg

窓の外は雪が舞っています。

とても静かな時間です。

confident

そのうち 天候が回復しまして

市民センターの窓から201825221135.jpg

晴れました! happy01 sun

ちなみに、私が移動する時は天気は良くなることが多いです。

長女は驚異的な晴れ女なんですが。

私は比較的 晴れ女です(笑)

 

福岡仏画の会は1回のみのご参加も可能です

体験してみたい方はどうぞお越しください。

お問合せフォームからご連絡をいただければ、道具をご準備いたします。

 

意識の反映

今の意識(自分の現在の波動)が 世界に反映する

今見ているものや今の状況は、自分のこれまでの意識が作り出したもの という法則は

スピリチュアル界ではすでに多くの人々に知られていることです。

 

これは、スピリチュアル系だけの話にとどまらず、

現象が、観察者の予想(意識)に呼応して その予想が反映された現象を見せてくる  

という 物理学での証明がなされつつあります。

意思や意識が、現象に何らかの影響を及ぼす ということが科学的に証明され始めています。

今の物理学会で注目されているテーマです。

大変興味深いことです。

 

私自身が体験したものは スピリチュアル系の定説を実践した結果 ですが、

これが本当に不思議でした。

どう考えても 出来事は意識に呼応して起きている としか思えないほど 

意識次第で現実が変化しました。 意識が変わったとたん現象が進展したり解決するのです。

 

そんなはずはない!と思う方の前ではその確信が現象化してくれます。

 

え~、物事は思い通りになんかならないじゃないか!私は金持ちになりたいと強く思っているのにならないし と反論されたくなる方もいらっしゃると思います。

でも、実現するのは 当たり前に思うことだけなのです。

 

金持ちになりたい という思いは現在まだ金持ちでない私 を実現します。

もし思いを変えるとしたら 今充分あります。ありがとうございます。 です(笑)

 

私たちは それが当たり前、当然だと感じていることが現実化する世界に住んでいます。

 

そのことに従って、実践してみたのですが、

自分が当然だと思う内容を変えれば 世界で起きてくることも変わりました。

ただ、現象界は実に正確なのです

ごまかしが利きません。本当にそうなることが当たり前だと思うことって けっこう難しいのです。

それだけ特定の認識を掴んでしまっている ということでもあります。

 

当初 これらのややこしい 掴み方や思いの修正方法を 苦心しながら換える作業をしていました。

それらは面白いほど変化しましたが、自分が思い違いをしているとうまくいかないのです。

それを理解することはまるで謎解きのようでもありました。

ただ、はっきりしていることは、こう

不都合な認識を掴んでしまうのはとっても損です!

 

幸いなことに 認識を変えるのにお金は1円も要りませんでした。

他人を説得する必要もないし、他人の同意を得ることも必要ない

ただ、じぶんが理解して手放すだけのことでした。

 

具体的な例で言いますと、

例えば、

☆ 一度や二度の失敗体験で 自分はダメだ、できない と思い込んでしまうこと

☆ 自分は巡り会う人に恵まれない と思うこと

こんな認識が現実化したら面白くないですね。

 

それと、ここを注意してください。、

否定形のイメージは、否定そのものが反映される という特徴があるので 

物事を好転させたい場合は 肯定系の文章で考えます。

 

人に嫌われたくない という思いは 人に嫌われる というイメージが反映してしまいます 

良い方向に向けるにはこうです 

→ 私は人から好かれる

 

いくつか具体例を出してみましょう

お金が足りない、もしくはお金が足りないと困る → 今日暮らすお金はあります。(よかった)

試験がうまくいかなかったらどうしよう → 私は精一杯やるので大丈夫

希望の大学に入れなかった → 合格した学校に自分にとって必要な体験と必要な出会いがある。

人にひどいことをされた → 前世で私がひどいことをしてしまって 今生でそれがチャラになった。悪い因縁が消えた

などなど

失敗は、成功しない方法を知ることができた 

事故は、この程度のことでよかった。不幸中の幸い 

病気は 身体を休めなさい ということですね。ジタバタしても始まりません。ゆっくり休養しましょう。

 

あなたは どんなことを信じていますか?

実現化すると困る認識は捨てたいものです。

物事の良い面を喜ぶ姿勢で生きると幸せが多く舞い込みます。

与えられたものを喜び感謝して 毎日を工夫して楽しんで生きることが

どれだけ未来の自分自身を幸せにすることでしょうか

笑う門には福来る。

笑うフグ

 

体験瞑想会

本日は体験瞑想会の日でした アトリエ霽月では月に一度 第一土曜日の午前中 無料体験会を開いています。

今日は4名の方にご参加いただきました。 

この無料体験会は未経験の方はもちろん、しばらく瞑想から離れてしまって久しぶりに再開したい方や 1日瞑想会に出るのには躊躇する という方やほかの人と一緒に瞑想がしたくなった方などもご参加できます。30分の瞑想と瞑想に関するお話にお付き合いいただける方でしたらご参加いただけます。

体験できる機会は、このほかにラインタイム瞑想会(ランチ付き3500円)も未経験者のご参加が可能です。

和やかに楽しみながら瞑想者と一緒に瞑想の体験ができる会です。

 

瞑想は、人数が多いほど波動が増幅しやすいので 独りでする瞑想と 複数でする瞑想、大勢でする瞑想は体感が違います。

いつもお一人で瞑想されておられる方も たまにおいでいただきますと、普段はなかなか機会がない瞑想談義などの楽しめますので お気軽におこしください。

また、深い瞑想をしてみたい方や ガッツリ瞑想したい方は 第3日曜の一日瞑想会にお越しください。

 

個人的なお悩みに関することもご質問いただければ体験瞑想会でお答えできますが、

ご本人にベストの対応ができるのは個人セッションです

もしお一人で悩まれておられることなどありましたら 個人セッションをお申込みください。

マンツーマン瞑想や場合によってはEFT療法も併用しお帰りになる時は足取りが軽くなっておられることと思います。

来てよかった 実践してよかったと思われるよう全力であたります

悩みは視点を変えると消えます。

お一人お一人 それぞれが軽やかで明るい人生を生きましょう。

わらうねずみ

ページ上部へ