ホーム>スタッフブログ>生き方>人との関り
生き方

人との関り

日常生活では特に気に留めませんが、 

意識についてのことを書いてみます。

 

価値観といいますか、世界観 

これはその人がどんなエリアに世界観を見ているか で 変わります。

 

人と」価値観が違う時など 相手の言ってることの意味が分からず

 

「は?」  ってなっちゃいますけど、(笑)

相手の世界観の中ではそれがとても正当なことだったりします。

 

ありえない、 意味がわからない、 頭おかしい、 なんて憤ったりなんかしますと

相手を理解することを拒否していまします。

 

特に家族など、近い関係で深くかかわらなければならない相手ほど、その感情が強く出てしまいます。

関係ない他人は まったく、関心など持たず、スルーすればいいだけなのですが。

家族は意見や見解の違うそのことで摩擦が起きてしまうのです。

 

何? と  びっくりしたときは 

「信じられないわ!」 と言ってしまうのをやめて

この世界には いろんな価値観があるのだな と 傍観してみましょう。

 

「へぇ、そんな見方もあるのか」 

「この人は何にこだわっているのだろうなぁ」

「なぜ そう思うのだろう?」

 

背景や 深層心理がわかると、 意外と とっても理解できたりします。

そういうことがあったなら そう思ってもしょうがないよな  って。

 

それと、

物事をとらえる意識の位置で ものの見方はとても変化します。

こちらがどこからものを見てるか です。

 

個人のエゴのエリアは見解が狭いです。

「何それ、しんじられない」のエリアです。

 

実はこの言葉、母の口癖でした(笑)

なんで信じられないんだよ  と よく心の中で突っ込んでました。(苦笑

見解が狭い (笑)

自分の価値観しか信じないとそういうことになります。

 

他の人とは 過去の体験が違うのです。

感じ方や 好みも違います。

性格も違います。

 

「何それ、信じられない」  って言われると、 言われた方は その後は言葉につまってしまいます。

しつこく説明するか、 もういい って こちらから切っちゃうか ・・・

 

私は しつこく説明するタイプですが、

元夫は 切っちゃう派でした。

 

当時は 歩み寄る余地 なかったなぁ。。(^_^;)  とても無力感を感じてました。

そのうち 自分からも何も言わなくなった。 

これ、断絶ですね

 

言っても理解してもらえないだろう って思っちゃうんですよね。

言い方とか情熱にもよるのだと思うのですが、

一度傷ついちゃうと諦めがちですよね。

 

でも、もしかしたら 相手もそう思ってたのかもです。

本当のところは 違っていても共存は可能なんだと思います。 

 

相手のやり方は尊重して 敬意をもってそれぞれが共存する というスタンスだと 関係は壊れることがありません。

例え、離れたり、家族を解消することになったとしても

それぞれが尊重されるところに 摩擦はないのです。

 

摩擦は エゴが思い通りにしようと 周囲を支配しだしたとき、ひどい摩擦になります。

 

あるがままを 尊重する  は  とても 自然な調和です。

 

あるがままを 尊重できれば、すべてが収まるところへとスムーズに収まっていくのです。

間違った場所にしがみつかなくjても 縛り付けなくても よいのです。

未来を心配しないでください。 ダルマ・流れ という大いなる意識を信頼してみましょう。

日々を懸命に生きればよいだけです。

日々を輝く人には 必要なものがやってきます。

これは本当に不思議かもしれませんが、世界の意識は 我々をっ見守っています。

この意識を 神 と呼んでいます。

Godafoss falls

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelierseigetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/152

ページ上部へ