ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

心配とコントロールを手放す 

言葉は難しい と 感じることがあります。

何か思いやイメージがあって それを上手に表現できない時がある

そういう時はなんだかモヤモヤしてしばらくそのことが気になっています。

でも、それも 焦ってはっきりさせようとしなくていいんです

まだ言葉にならないのは 材料が足らないから。

機が熟すときっと言葉になります。

そう 言葉も 出来事も

全てのことは 在るように在り 成るように成る

心配してもしなくても

関与してもしなくても

 

いろんなものを 手放してみて初めて

本当は何が必要なのか が 分かるのかもしれない。

存在する幸せを噛みしめてみませんか?

あなたが ただ感性を開いて存在した時(空になったとき)

あなたはそれを感じ取ることができるようになります

 

生きていること  命って面白い と 思うのでした。

波動はハーモニー 音楽のようなものです

世界と調和する 波動のオーケストラのシンフォニー

体験すると超絶感動的shine

如意輪観音の顔

お試しな出来事

今、身辺でとても大変な事が起きている というご相談

このコロナ禍の中 状況に揉まれておられる方は少なくありません

この大変な状況 というのは 一見とても不運なことに感じられるかもしれません。

でも それだけではない ということが少しずつわかってくるようになります。

 

スピリチュアルを学び始めた頃、こういった 『困難』と呼ばれるシチュエーションを

『お試し』を呼んでいました。

自分がこだわりをもっていることを最初は良い事のように思っていました。

でもそのうち手放した方がいいこだわりがあることに気付き始めます。

こだわりがあることで生きづらさを感じた時です。

それは自分自身を悩ませます。

こだわりから外れたことを受け入れられないようになってしまっているのです。

そんなこだわりと改めて向き合ってそれを手放すということに取り組み始めます。 

こだわりを一掃してなにも色付けしない目(意識)になるのです。

その手放す取り組みは 意識的に取り組んでいる人だけに起きるものではないのです。

困難や、不愉快なことに直面する時 それはあなたのこだわりや偏見に気付かされる学びの体験なのです。

自分がどう反応するか で 無意識のこだわりを見せられ、

それが何度も繰り返し試されているのです。
お試しが来る時は決まって 気が揉める出来事は抵抗することを手放すまで続きます。

 

摩擦を起こす原因は自分の方にあるので それが何回も自分の目の前で起きて自分自身を見せられます。

この場合、原因は 責任云々は関係ありません。自業自得というものでもなく

ただ それが起きる という運命(宿命)を持っているだけでそれは起きてくるのです。

理不尽だろうがなんだろうが流れが寄越してくる学びは容赦がありません。coldsweats02

出来事が起き始めた時は 途方に暮れたり、泣きたくなります。

でもどうしようもない。 

試されているのです。

自分の思い通りにコントロールしようとしたり、何かを攻撃したり、拒否したり、嫌ったり

していると、事態がどんどんこじれていきます。

「ああ、もう降参です」

「私にはどうしようもありません」

「コントロールを手放します」

「流れにお任せします」

「ごめんなさい」

「ありがとう」

「愛になります」

そんな風に 意識が変わってくると、

本当にしっかり意識が変わった時点で

流れがガラリと変わる というのを何度も体験しました。

もう不思議でなりませんでしたが、自分自身の波動の影響ってそんなにあるんだ と感心しきりでした。

腹を立てていた相手に 怒りをむけるのをやめて相手を理解して赦せた時

出来事を恨んで自分が不幸だと思うのをやめて ただ出来事を受け止めて

皆が幸せでありますように と祈った時

ひどいことをされたと思う相手を恨むのを止めた時

怒りを昇華で来た時

反発を愛に変えた時

流れは即座に方向を変えました。

そう、急に風向きが変わるように です。

それ以来 自分を愛にしておくこと以外のことは あまり考えなくなりました。

そして徐々に

他者の喜びは自分の喜びと同化するようになりました。

今まで嫌っていたものを嫌うのをやめました。

嫌うという事はただ自分を不快にさせる行為なのです。

私は自分や人を幸福にさせることに熱心になりました。

幸福である波動が居心地が良いのです。

瞑想の効果で自分の内側に不幸な感覚が無くなって以来

私は内側も外側も幸福な波動で満たすことに熱心です。

何か頑張って取り組むわけではありません。

何もしなくても幸福な気持ちであればそれでいい

動いて幸福なら動くし、動かないことが幸福なら動かない

でも、他者が幸福を感じてくれるためにうごくことは増えました。

それは自分を幸福にさせるのと同じ価値がありました。

人が喜ぶのをみると嬉しくなるからです。

もちろん嫌がることはしませんので、おせっかいなことはしません。

一方的に何かしてあげて喜んでくれなくても不満に思いません

だって 本当の幸福感しか要らないのですし、動いたことが効果的でなかったからと言って

落胆などしないのです。(ちょっとくらいテンションは落ちるかもですが)(笑)

私は私を機嫌よくさせておくことに熱心です。

世界がどんな様相であっても どんな状況に置かれても

その姿勢は変わりません。

地球家族

GW

ゴールデンウィーク真っ只中ですね

いかがお過ごしでしょうか

私はまだ特に外出はせず瞑想の指導と制作をしながら過ごしています。

温かくなったのにコロナの変異種の感染が拡がっているようで

連休もあまり外出しにくくて
小さなお子さんがいるご家庭は子供が退屈しちゃうので大変でしょうね。

大人も退屈かもですが 大人は時間の過ごし方が色々工夫できるので

皆さんもおうち生活にちょっと慣れてきていらっしゃるかもですね。

私の場合は、元々 仕事場が自宅ですので

普段と全く生活が変わらず、むしろ外の用事が少なくなってて

そういう意味では楽かもです coldsweats01

経済は 儲かって仕方がない なんてことは未だにないのですが(笑)

ある時期から 収支に不安を持たなくなり 本当に心配することがなくなりました。

(この状態で心配する人はするかもしれないのですが)私は心配そのものをしなくなりました

これはけっこう長い間のチャレンジだったのですが 最終的にはコロナで先が見えなくなった時に腹が括れた とも言えます。

心配を手放したら回る というのは本当ですね。

それは 贅沢とか 儲かってウハウハ とは全然違うと思いますが

本当に必要なものが回っていく という感じです。

これまでとは違った流れになる ということにも気づきました。

大丈夫 という確信が確かになるほど それは定着していくのだと思います。

ふと ジタバタしていた昔のことを思い出すと

なんであんなにわざわざ不安を持ち込んでいたのだろう と 苦笑い

でもその時はそういうものだと思い込んでいましたね。

私自身の限界を作ってしまっていたと思います。

もっと 自由な心を持っていれば その時にでももっと自由に動いて なんでもできたよなぁ って思うけど

その時はそれを実行できなかったし まだ 制限のある世界観の中で生きていました。

その状態は かろうじて持っている居心地の悪い不安定な安定にしがみついていたし

とても自分でそこから抜け出せる気がしなかった。

実際は できるとかできないとか計算も何もないままに 根拠のない確信でそこから飛び出して 限界とか自信とか 言ってる場合じゃないくらいぐるぐるの暴風雨みたいな経験もあり(笑)

もう自分でコントロールすることを手放して 完全流れに任せた時

世界がおのずと変容して ほんとに不思議な出会いと不思議な展開が拡がっていきましたね。

これは相当面白かったです (コントロールの効かない不安と悲壮感は完全に手放しきっていました)

そう、自分ではもう制御不能なんですよ。流れは。

なので それ以来 流れをコントロールすることなく 現在に至っています。

何しろ、コントロールしようと必死になっていた頃は ほんとうに疲弊していましたから。

あの無駄な努力はなんだったのか と思いますけど

今ではそういう自分にもウケています(笑)

現実は奇なり ですね。

奇 だと思っているのは 自分の観念なんですけど。

本当は 常にただ起きることが起きているだけなのです。
世界のエネルギーバランスの加減です。

コントロールすべき人生なんてものは 本当は無いのです

あるのは今 存在しているここそのもの それが世界です。

それをいいもんだ と感じるかどうか それが全てです。

楽しまない という選択はもうありません。

自由に軽やかに。

 202151204953.jpg

愛に気付く世界

アセンションの意識は 愛 と言った方がいました。

ワンネスの意識なので確かにそうでしょう。

では、アセンションする前の意識は なぜ愛を信じられなくなっているのか?

ちょっと考察してみたいと思います

人が自分自身の愛を見失ってしまう時

それは傷付いた記憶を封印したい時です

全く傷付いていない時はピュアな幼子の意識と同じで愛です

それが傷付いて癒されないままだと心に戸を立てて閉じてしまうのです

これがカルマがくっついた状態です。

この傷の記憶は長い事ひきずって 閉ざした経験を積みます

そう 愛が閉ざした状態の経験です。

魂はあらゆる経験をしながらこの世界を学びます。

 

何が正しい 何が正しくないか という判断をちょっと脇に置いて

今あなた自身の内側が 愛なのか そうでないか を感じてみてください

愛でない としたら どうとらえたら愛になれるか を探してみてください

それができると 流れが変わり世界は調和に向かいます。

すぐに結論を出さずとも あなたの内側が愛であれば世界が作る調和を見るようになります

あなた自身の内側の 何が愛で 何が愛でないのか それに気付くだけで波動は変わっていくのです。

流れ自体が作る調和は、あなたが予想しないような驚くような展開です

それが起きるということを否定しないで しばらく待ってみましょう

気長さは必要かもしれません。

起きることは 必要な事しか起きていないのです。

全体が調和するために。

あなたのエネルギーが変われば全体のバランスは必然的に変わるのです。

心に愛の光を満たしてください。

あなたという存在が愛でできています

芽

自己肯定感

あなたは 自分がこれでいい と思えてますか?

「はい」というお答えの方 いいですね~ happy01heart04

「いやいや、いいとはいえないでしょ」という方、

それはなぜ? 

それ以上に何を自分に要求しますか?

私たちは 今 これ以上もこれ以下も無くそのままがあなたです。

誰にどう見せようとしても あなたはそのまま あなたです。

それは良いとか悪いとかないんです。本当です。

誰が何と言おうと 今のあなたはそれでいいのです。

あなたは ずっとあなたのまま生きています。

ただ、一瞬一瞬 あなたは変化しているので

あなたを測ってこれがあなたと示すことは不可能です。

今というこの瞬間 あなたも他の誰も

世界の中で完璧にバランスがとられています。

 

でも あなたの自我は 理想を引き合いに出して

その理想と自分に差を見つけて

一喜一憂するのです。

本当はあなたはあなたのままでいいのに

あなたは 自我がつかんだ理想を生きようと四苦八苦します。

自分の価値を誰かに認めさせようと 四苦八苦します。

それをやり遂げても 幸せになるわけではないのですが

自我が求めて 飽くなき努力を続けようとするのです。

努力が無駄だ とまでは言いません。

努力が楽しかったり、充実感があったり

努力も幸せな時間になり得ます。

楽しめない努力 それは誰のための努力なのでしょうか

あなたが もし 辛い試練を好んで選択しているとしたら

それはあなたは確信して挑むでしょう

嫌々しているとしたら あなたは自分の人生に責任を持っていません。

するのか しないのか あなたの意思で選んでください。

絶対にイヤなら しないでください。

いつだって あなたに選択権があるのです。

選択して流れを受け止める

自分に正直に生きていいのです。

神意識 真我

本日はオンライン瞑想会の日で

瞑想者のみなさんと一緒に瞑想をしました。

オンラインでもグループ瞑想のエネルギーになるので

このオンライン瞑想会は私の楽しみの一つです。

 

最近、Youtube で スピリチュアルスピーカーの皆さんのお話を沢山聞くので

更に意識がクリアになっています。

アセンションした意識は 神意識のことだ とわかりました。

神意識は 自我の意識を一つのキャラクターのように見ています。

自分の周りにいろんな人たちがいますが、自分の自我もその一人なんです。

感情は身体のものなので 神意識はその感情を眺めています

感情 とか 思考も

たまたま この(自分の)意識が乗っかっている身体の状態

これも世界の景色の一つなんですね。

この視点から一番ちかいところにある身体という景色

それは五感で感じることができます。

五感で感じてとらえている時、思考はお休みしています。

思考してたらうるさくて感じ取れませんから。

 

そして この体は、意識で動かすことができる

思い通りに・・・ とまではいかなくても 訓練でかなりの思い通りができるようになって来る。

たまに最初から完璧にできないと癇癪をおこしてる個体を見受けますが

それは 当然の摂理です。

思い通りに扱えないものを 思い通りにならない と怒ると

沢山の怒りの体験をすることになります。

 

ある個体たちは、難しいことを繰り返し繰り返しチャレンジして

微細な差を読み分ける能力をゲットしたりします。

特にアスペルガーと呼ばれる性質を持った身体がこれが得意で

気になるものを徹底的に追及したがる性質のため

諦める というのが苦手で 徹底的にそこに時間を費やすため

通常のチャレンジでは難しいことまでできるようになってしまいます。

感性を磨く という言い方もできますね。

これはその体によって特化した性質を使うことによって 可能性が倍増します。

向いたことをやる ってことですね。

好きで やってて楽しいことがそれです。

 

あなたの身体は 何を好んでいますか?

何を感じていますか?

その場はどんな空気でしょうか?

感じてみてください


今の空気はどんな感じがしますか?

あなたの肌で感じているもの

それがあなたの今です。

あなたの記憶は あなたの今ではありません。

トラウマの苦しさを感じたら

今に戻って来てください。

あなたは心地よい今を感じることに熱心になってください。

あなたにしてほしいことは

あなた自身がが心地よく過ごせる環境を選んでくださることです

ある人は 静かな所に行きたがり、

ある人は人が沢山いる所を好みます

ある人はアドベンチャーを選ぶかもしれません。

ある人は戦いたいかもしれません。

どうしてそれを選びたいか というと

それを求めるエネルギー状態だからです。

それはあなたにとって必要な体験です

あなたは 今 何を感じて

何を選びたいでしょうか?

それは刻々として変化する

今は常に変化した今ですから

一貫していなくてもおかしくありません。


あなたの感覚が あなたの身体よりも広い範囲を感じられるように成れば

あなたは あなたの身体とあなたの環境の調和ための選択をするようになるでしょう。

それもあなたです。

そしてそれはあなたしかいないこの世界全体のあなた です。

あなたはこの世界そのものです。

今この瞬間 それが世界の全てです。

アトリエの空
今を感じる時間を持ってください。

意識が今に戻って来る時間

それはあなたの世界を感じる時間なのです

期待と落胆

私達人間が怒る時というのは、

心地よい状態じゃない時

思い通りにならなかった時

理想が崩れた(崩されたと思った)時

 

「やめて!」という表現はわかりやすい

私が心地よくないからやめて 

それはとってもシンプルな理由

 

でも、本人が感じている感覚は本人にしかわからないので

相手がそれに気づいていなかったり 共感できずわからないままだと

単に「ダメだ」「やめて」と言っても

「何で?」 と返されて 事態が改善されなかったり

相手の価値観で裁かれて却下されてしまうことも。

これは 一方的にされるばかりでなく 互いにそれをやりあっていることが多いです。

「あの人、なんでああなのかしら!?信じられないわ」

「あいつ、意味わかんないんだよね。おかしいよ」

互いの感覚を正義だと思って、

いや、自分の感じ方を正当化して いろんな理屈を持ってくる という方が正確な表現かもです

相手を悪者にして 腹を立てています。

本当は悪い人などいなくて

誰かの都合と 誰かの都合が合わないだけ。

これは相手を責めるばかりでは攻防がずっと続きます。

和解してわかってもらうには

こちらも相手の目線や立場や心情を理解する必要があり

更に必要なのは 違いを話し合うことです。

相手を責めないで。

戦う波動を少しでも持ち込むと

相手も必ず戦ってきます。

どちらが正しい という問題ではありません。

ただ 違いがあるだけ

共存するには

双方の理解と譲歩と尊重が大事です。

互いの都合が存在しています。

 

あなたの愛が 頑ななカルマを溶かしてくれます。

威嚇や攻撃的なのは 傷付けられることを怖がっているからです

異種交流

瞑想会

本日18日は1日瞑想会の日でした。

そこでベテランの瞑想者さんが口をそろえて言うには

伝授コース後の瞑想会は必須ですよ と。

そうですよねぇ。わかります。

伝授後のその後の意識の変容加減が全く変わってきます。

要らないものが手放しやすくなるのです。

1日瞑想会はプチリトリート仕様になっているので

浄化が進むのと 気付きが進む という効果があって

やはり参加するのとしないのとではかなりの差が生じる。

なぜ 必ず参加してもらうように言わないのか?

と 思い返してみると、私自身が無理強いされることがキライなんだ と

気付きました。

何しろ、自分で決めたことしかしない  のと、

いいと感じていることしか続かない。

瞑想は、ずっと途切れることなくやってきた というのでもなく

途中でしなくなった時期がありました。

瞑想を始めて半年もたたないうちに一度途切れたのですが、

あまりにも日常で悩みが増えすぎて リフレッシュしたくて1週間のチェンマイのリトリートに参加したんです。

そこでボブさんのお話を聞いて

これはもうやらない選択肢はない! って思うんです。

浄化を進めたかったら瞑想をするのが最善だ と気付くんです。

で、再開すると 雲が晴れるように問題が吹っ切れていく

瞑想をしたりサボったり と モヤモヤするスッキリするが

明らかに比例しました。

気持よく過ごすには 瞑想は必須だな と実感したわけです。

そこまで体験するには やはりある程度の瞑想経験を続けなければわかりません。

瞑想は すればするほど 感覚がクリアになりますので

どのくらい浄化されているかも わかるようになってきます。

最初のうちは 内側の雑音にまみれているので その差がほとんどわからないんですよね。

私が瞑想の良さを発見していくきっかけは やはりリトリートが大きかったですね。

ボブさんの話は直接(日本語通訳ですが) 聞いた方がいいです。

私はまだまだ教師としてはヒヨッコですね chick

やはりマスターはすごいです。

 

コロナ以降、九州でのボブのワークショップやリトリート開催が簡単に行きませんが、

1日リトリートはあなたの瞑想生活を更にリフレッシュしますので

ぜひご参加ください。

コロナ以降、高機能の空気清浄機を導入し、参加定員も絞り込んでいますが、

希望者が増えたら1日瞑想会の日程は増やします。

1日瞑想会、ぜひご活用ください。

せっかく受けた伝授を無駄にするのはもったいないですから。

1日瞑想会の気持ちよさを体感して

ぜひご活用下さい。

1日瞑想会

5月の予定は16日

6月は7日と28日の2回あります。

オンライン瞑想会もグループ瞑想の波動で瞑想ができます。

瞑想実践者の方は 毎木曜日 夜21時~22時 1時間ほどお付き合いください。

オンライン瞑想会はフォローアップの一環で参加費無料です。

コロナで集会が難しい今だからこそ

オンラインを活用してください。
 

一般向けのオンライン瞑想会は、

GW中 5月1日午前 と 連休最終日の5月5日夜に開催しようと思っています

近日中に詳細情報公開いたします。clover

 

高次元の世界観

このところ次元上昇の話をされていた雲黒斎さんの紹介で牧野内大史さんの動画を見ました。

次元上昇=アセンション とはどういうことなのか?

実に興味深いです

話を聞いてみたい方はこちら

黒斎さんの動画 56分

(700) 【ゲリラ配信】雑談アワー 「高次元の世界(アセンションの秘密)」take2 - YouTube

 

牧野内大史さんの動画 21分

(700) 鏡はなぜ左右反転するの? 高次元の世界とアセンション【フラットランドの覚醒物語】 - YouTube

 

これらを聞いてみまして 自分なりの感覚で次元上昇を探ってみました

高次元をどうやって理解しているのか?

私の場合 詳細に説明できるレベルではないと思います。

ただ、時間と空間を越えた感覚 というのがあって

認識の中に大きな広がりがあって そこに時間を越えた把握 というのがあるんです。

科学的根拠とかわかりません。

ただ 何かしら わかる という感覚です。

全てが一つである というのは もうかなり当たり前の感覚になっているので

それは分かろうとしなくてもそうだということがわかります。

これは私の認識がそれを理解して腑に落ちた時からそのモードです。

ただ知っただけなのかもしれません。

この世界(宇宙)の構造をミクロの世界観とマクロの世界観同時に見ている感じです。

地球の引力の原理はまだ理解していないけど 物が地面に落ちることを知っている というのと似た状態でしょうか。

三次元からのアセンション(次元上昇)は、今までの当たり前から脱出するような感じです。

今把握している世界観と全く違った世界観が存在していて

それが何なのか ずっと知りたかったのでした。

「一体どういうことなの?」「どうして私は幸せじゃないの?」

「幸せじゃないとしたらそれは何が原因でどうすれば改善するの?」

というような疑問が最初にあって 引き寄せの法則とか宇宙の法則とか

どういう原理なんだ? と理解しようとしているうちに

認識の拡がりが起きました。

時間が消えて 過去も未来も全部が一緒になってしまう感覚でした

宇宙 という感じです。

幻想は消え 今 と 今もない ただの認識 になる瞬間があります。

これは瞑想をしていると頻繁に起きるようになりました。

感情の波立ちがない 静寂の意識です。

 

ただ、自我の意識に戻っていると 普通に不満があったり 何かをコントロールしようとしたりもします。

でも、それは意識的にコントロールして 外側との摩擦が起きないように自分に騒がせないようにしたりすることが多いです。

割と計算高い? のかもしれません(笑)

摩擦は避けます。

摩擦は上手に処理した方が この体の自分は過ごしやすいからです。

目先の現実 という世界観では 実に人間ぽいことをしています。

自分をコントロールする反面、全く制御の効かない自分もあるので

それはうまく付き合っています。

他者へひどい影響を及ぼさないかぎり、思い通りにならない自分と折り合っているのです。

そういった目先の感覚から離れて

瞑想モードや チャネリングに似たモードで 感覚だけになった時に

宇宙や いまここしかないモードを体感します。

それらはチャンネルを切り替えるような感じでもチェンジすることが可能です。

 

このブログを書く時もしばしば、その無我モードになって

必要な情報に意識と感覚を集中させたり、拡大させたりします。

これは 三次元をとらえている私たちが

前から見たり、横から見たり、上から見たり

と視点を変えるのと(意味合いが)似ているのかもしれません。

 

瞑想を続けて 瞑想感覚が定着して来ると

これらの感覚のチェンジは割とやり易くなると思います。

内側にカルマのエネルギーが雑音になって このモードチェンジを邪魔するからです。

これができるくらいの瞑想効果は 他の瞑想法では難しいかもしれません。

できるのかもしれませんが、ELM瞑想をしている人たちほど覚醒している人がいないのです。

ちなみに雲黒斎さんもELM瞑想の前身のフルフィルメント瞑想を何年も前から実践されていましたし。

私はこのELMのマントラ瞑想がすごい効果を持っている と感じています。

たぶん、瞑想を避けての次元上昇は難しいんじゃないか と思うんですね。

みなさん 考えすぎなので

しっかりと感じ取ることをする練習をしてください。

瞑想は感覚を発達させます。

いくら感覚が鋭敏になっても カルマがなければ そこに苦悩は生じません。

それも瞑想の浄化効果です。

 

この未知のエリアは 私は面白くて仕方ありません。

瞑想習慣が定着すれば 自然な目覚めも遠くはありません。

瞑想会へもぜひお越しください。

clover  clover  clover  

ゴールデンウィーク中の伝授 ご予約承り中です。同じマントラは2名まで同時に伝授できます。

フォローアップは同じ段階のフォローアップが 6名様まで可能です。

受けたことのあるフォローアップを再受講したい場合、5000円で1回2時間受講できます。既に予定がある枠なら4000円でご参加受付ます。

ラブマントラ 伝授 新規同時に2名まで

ラブマントラ フォローアップ1日目 (レクチャーあり)再受講は5000円

ラブマントラ フォローアップ2日目 (レクチャーあり)再受講は5000円

ニューライフマントラ 伝授 同時に2名まで 

ニューライフ フォローアップ1日目(レクチャーあり)再受講は5000円

1日瞑想会 参加費7000円 (フォローアップでご参加の方はドネーション1500円のみ)

意識のシフトアップに役立ちますので 伝授コース後もぜひご参加ください

ページ上部へ