ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

年末

本日12月30日の福岡、雪が舞っています。いや、暴風雪になりました wobbly

かなりの冷え込みです。天気予報通り。いや、以上。

風が冷たいです。

午後 買い物に出るのにエスキモーみたいに着込んで出かけました。

建物内では暑い  という・・・sweat01

用心した甲斐あって 冷えませんでした(笑)

防寒は大事ですね~ 寒がりなので必須です。

見た目より防寒!

でも さすがに行きかう人々も同じでした! delicious

今年は 何と言いますか、 すごい年でしたね。coldsweats01

先が読めない時にどれだけ流れを信頼できるか!?というお試しを受けているようでした。

私がありがたかったのは持続化給付金

焼け石に水 という業者さんもいらっしゃる中

わたしのところはこの給付金でどれだけ気持ちに余裕ができたことか!

そう、気持ち、大事です。日本政府ありがとう。

お金 というよりきっかけ。少しの安心。

実際お金は動くので出るところには出ていくのですが、

気持ちに余裕があると、入って来るものが断然違ってくるんです。

無い無い って思っていると どんどんきつくなり、

大丈夫 どうにかなる って思うと どうにかなってきます。

気分を下げないでいると 運気は上がります

「え~」なんて思う方がいるかもしれませんが、

私の場合は本当に不思議なほどそうで

気持に余裕を持つか持たないかで 仕事の依頼数に即座に反映します。マジで。

昨年コロナがやって来て以降、

心配するより なんとかなる大丈夫 という気持ちを持ち続けたのが良かったのか

もらい損ねる寸前だった給付金も、友人の勧めでもらえることになったり、

いろんなことが安堵の結果に落ち着いていく という。。

たぶん、昔の私、目の前の現実に深刻だった頃の自分にはあり得ないような奇跡的なことが

今では当たり前に起こっている という。。。

本当に どれだけ本気で世界を信頼できるかどうか です。

 

これには少しカラクリがあって

基本的に不安や理想への執着があると ここまで行く末を丸投げできないんだろうと思いますが、

私たちの大丈夫 というのは

全ての何があっても大丈夫のスタンス(悟りの極意)なので

揺るぎようがない大丈夫ですから

そこにはも「もしかしてダメかもしれない」は 存在しようがないのです。

なので、この現状は (コロナの影響があったとしても)どこからどう見ても上出来でしかありえない。

 

また来年は、どう大丈夫なのか という話を

じっくりしてみたい と思う今日この頃です。

 

何はともあれ、気分よくお正月をお迎えくださいね。

戦争のない日本は素敵です。

もっと良くなっていくことでしょうcherryblossom

春になったら自然を見に行きましょうheart04

 

威張る

威張る=マウンティング という行為、

より偉い人がやりそうなイメージですが、

そうではありません。

威張るという行為は 自己承認が出来ていない人がします。

自分自身が自分の価値を認められていない時に

他者の承認を必要とするため、わざわざ自分が他者より優れているというアピールを外側に対してするのです。

なので

「俺様を誰だと思っているんだ!?」という心の声には

実に小物感を感じてしまいますね。 coldsweats01

そう オコチャマなのですよ、精神的に。

本物の立派な方はそんなことしないですね。

成熟した大人ほど謙虚なんです

だって、自分がどんな者かを知っているから。

自分自身を他者の評価に頼らなくても知っているので

誇大評価も過小評価も 単なる表面的な見え方に過ぎない ということを知っています。

外側の評価は 必ずしも過小とは限りません。

逆に過大に評価される場合は 本人はけっこう苦しんだりします。

そう プレッシャー です

そんな力はあるかどうかわからないのだけれど、世論が

「優勝しろ」「金メダル!」と言う場合

オリンピックの選手とかスポーツ選手などに求められるソレです

自分の失敗が多くの人々を落胆させると分かっている時

なかなか大きな怖れを体験するでしょう。

応援している人はそれを理解して応援しているとは限りませんので

失敗してしまった時に落胆と怒りに任せてひどい罵声をあびせたり

なんてことが起こったりしますが、

本当にその罵声に残念な気がしますね。

日本ではまだ思いやりのある人の割合が多いようですが、日本以外では大変な話をたまに聞きます。

これは精神的、魂的に成長が未熟であることなのでしょう。

 

威張る という行動

エゴの意識がやります。

誰でも持っている自我です。

それは子供の意識 みたいなものです。

大人になってからもあります。

悟っていても エゴはいます。

悟っている人はそれがエゴだとわかるので外には出しません。

人間の身体の意識なので共存しているだけです。

自我の意識も 自分が承認してあげれば

わざわざ外に主張したがることはしません。

言ったとしても 微笑ましいものです。

あなたは あなたのそのままを愛してください

それ以上でもそれ以下でもないし

そのままで十分尊い存在です。

他者に評価させなくても

あなたの存在はいつも輝いています。

命がある ということが輝きなのです。

ハナカマキリ

taisetuna

大切な波動

良い事があったり、そう思えないことがあったり、

気分が上がったり下がったり、

嫌なことが続いて不満が一杯 になったりしていませんか?

でも、ちょっと目線を変えると 全然違う世界が見えます。

不満は 自分の願望が叶えられていない状況で起きますが、

人間の自我のマインドはそれに注目してしまいます。

嫌な事、嫌だったことで頭がいっぱいになってしまうのです。

そう、無理に我慢したり、言いたいことを言えなかった時に起きます。

後に引きずるくらいなら言葉にしましょう。

あなたはどう感じたのでしょうか

苦しくなっているのなら 叫びましょう。

本当の気持ちを。

感情が外に出てしまうと、本当の素直な気持ちが現れます。

それは癒しなんですね。

あなた自身があなたを癒す。

正直な気持ちを封じ込めるのは自分を閉じ込めてしまうことです。

あなた自身は あなたの本当の気持ちを受け止めて許してください。

そして そのあなたが、外側にどんな波動を向けるか 選ぶようになるのです。

これは無理に良い人でいようとすると苦しい事ですが

あなたが癒された後なら あなたは心から愛でいることができます。

あなたを癒すのはあなた自身、そしてあなたの瞑想があなたを浄化します

あなた自身があなたを癒します

ELM瞑想はそんなあなたを強力にサポートします。

あなたの愛はあなたの周りを癒して平和にします。

あなたの愛は世界を癒します。

波動を愛にすることで あなたがいる場所を愛でいっぱいにします。

それはあなた自身にしかできないことです。

20201225145656.jpg

本当に必要な事

私たちが日々携わっていることは たぶん生きていくために必要な事 なのでしょう。

そう信じているから嫌でもそれをしているわけです。

でも、それは今後も必要でありつづけるかどうかわかりません。

人間が作った社会システムは盤石ではない ということが わかり始めた昨今

これからの人間がどう生きるのか?を 問われています

これまで 納得がいかなくてもそういうもんだと思って従ってきた社会の常識

これは見事に打ち砕かれていきます。無駄なものは朽ち、必要なものだけが残る世界へ

移行する始まりの時代です。

もしあなたが 今やっていることに疑問を持っているとしたら、それはもう終わりの兆しなのかもしれません。

私が今後変わると思っているのは、

お金の仕組み・価値

一般常識・価値観

人々の習慣・ライフスタイル

仕事のしかた 

です。

人との関わり方も変わるでしょう。

程よい距離感と 違いを認めて共存できる世界へ移行します。

なぜそうなるのか と言いますと、あなたがそうし始めるからです。

それができる人の周りには そういうコミュニティが形成されるのです。

こういう集まりがどんどん多発的に増えて

今までよりもずっと気持ちよく共存できる社会が実現していきます。

これまではどれだけ無駄な習慣や思い込みで 互いを縛り合ってきたことでしょうか?

エゴの主張と 仕事の方針をごちゃ混ぜにして

無駄な引っ張り合いや奪い合いをしている団体は衰退していきます。

奪ったその瞬間は多く持っていても、奪ったものはやがて失う運命をたどります。

もう奪い合う生き方では生き残れないのです。

多くの人々が 与え合う生き方を学び始め、

必要の物は与えられる社会へじわじわと変化していきます。

足りるとか足りないとかよりも

分け合うことをします。

足りないものは 他から与えられ、

それだけに欲張る人はいなくなります。

欲張ればもらえなくなってしまうからです。

自然のバランスは実に合理的です。

 

自然のルールでバランスを取って生きる生き方

神や世界と一体になって 世界を動かすのは あなた自身です。

チェンマイの日輪

clover耳より情報

新しい世界の考え方をわかりやすくお話しされる長谷川浩二さんのFacebookライブ

ご興味のある方はぜひお聴きください。目からウロコが落ちますよ

FacebookライブKojikin2020年最後のお話会

自然治癒力

今の世の中のマスメディアによる情報や ウェブでの情報、

本当にどれが真実なのかわからない ということが起きています。

何を信じるのかは個人個人 本人の責任や選択によるのかもしれませんが、私個人の見方を書きます。

今 多くの人々が新型ウイルスを恐れていますが、

本当に問題なのは 新型ウイルスではなく 恐れること と ストレス です。

怖れによって 冷静な判断が出来なくなったり、疑心暗鬼で他者を攻撃したり

経済が膠着するだけでなく、戦争まで起こしそうな勢いです。

戦う相手を間違える原因が 『怖れ』です

この怖れは 自分を守るどころか 自滅へと向かわせます。

怖れのストレスで体調を崩すなんて あまりにもバカバカしいと思いませんか?

自分を不安に陥れる情報なら 見ない方がマシなんです。

感染者をバイキン扱いする必要もありません。

感染者は速やかに隔離すればいいだけなんです。自分が感染したらしばらく籠りましょう2

治って、ウイルスが居なくなれば自由に行動できます。

感染したらおうちタイムもしくは入院です。もうそれは仕方ない

殆どの人は死にません。インフルエンザより軽症なようです。

ただ、感染力が強い 身体の弱い人に移せません。

 

瞑想で自己治癒力が上がりますので

瞑想者の方々の多くは怖れを持っておられません。

心も安定します。(解放中の方はこれから安定していきます)

解放の終わりの清々しさったらありません。

日に2回の瞑想を面倒がらないでください。

睡眠よりも深い休息の時間です。

瞑想があなたを健康にします。

具合の悪い時間や 休まなければならない日々を思えば

瞑想時間なんて容易いものです。

健康に緩やかな毎日を過ごしましょう。

心にストレスを抱えている人は荷下ろしします。

1人でやるのではありません。

瞑想教師がサポートします。

ご相談をお聴きするのも瞑想教師の仕事です。

心安らかに健康的な生活にしていきませんか?

おうちタイム

おうちを居心地よく片付けてみましょう。

お買い物配達サービス調べておきたいものですね。

瞑想で健康維持

9月から始めた瞑想者のためのオンライン瞑想会

毎週ご参加して下さるみなさま ありがとうございます。

アトリエ霽月では伝授を受けた皆様のフォローアップの一環として

毎週木曜日の夜にオンラインで瞑想会にご参加いただけます。

その時にご質問やお悩み相談など受付ますので

これまでに伝授を受けたことのある方で、入り方がわからない方はzoomアプリを登録してご連絡ください。伝授の時期は問いません。

ミーティングナンバーをお伝えいたします。

他の先生に伝授を受けた方でミーティングに参加してみたい方はお問合せフォームにご連絡先と伝授を受けた先生のお名前をご明記の上 ご相談くださいませ。

 

さて、このところのコロナ第3波で再度警戒態勢に入っている日本ですが

コロナ感染者が増えて対策の失敗か という報道なども見受けます。

これは失敗というよりは必然ですね。

なぜかと言うと、春になって暖かくなり発症者が激減したのが

寒くなって免疫力が落ちやすくなっているため発症して検査を受ける人が増えた ということです。

もとから冬になったらぶり返す ということは予想されていました。

予想通りです。

でも、警戒しないといけないのは高齢者の方や持病をお持ちの方なので

一般の体力のある方はそういう方に移さないように気を付けて行動されればいいのです。

外を歩きますと不特定多数の方とすれ違うこともあるので

マスク着用とか、体調の悪い方はバスや電車や店舗に入らないようにする必要があります。

先日、知人の一人が感染発覚したのですが、さほど重症化しているわではないのに自宅に閉じこもらなければならなくなり

「こんなことなら検査しなければよかった」と言ったらしいのですが、

それはちょっと間違った認識ですね。

自分がかかったなら、絶対的に人には移してはならない と 私は思います。

2週間閉じこもるのは当然でしょう。

仕事がしにくい とか働けないとか いろいろ思いはあるでしょうが、

その辺りは、なにか公的助成金とか見舞金とかあるといいだろうになぁ と思いました。

そうすれば自主的に閉じこもってくれやすくなるのではないか と。

政治をされる方は本当に大変な時勢ですが、頑張って日本を支えて欲しいものです。

政治家さんが集まって会合してて非難轟々 って話も耳に入りますが

健康な身体だったら そのくらいねぇ って思うのは一般人も政治家も同じなんでしょうかね。(笑)

私自身はなったら自己責任、移すことには最大の注意を って思いますけど

要は 免疫力が最重要ですので ストレスをためすぎないことも大事です

心配しすぎない 適度な気晴らし でもできる予防は習慣づけて と言うところでしょうか。

私もマスク嫌いなので 人に近づかない時はしませんが、

うっかりマスクしないまま外に飛び出したししてしまうので

できるだけ予備を携帯するようにしています。

これだけ寒くなってくると マスクは防寒になるので

最近はマスク嫌い返上です。

体が冷えないようにしっかり厚着してますね。

これからも毎日瞑想で体調を整えて冬を乗り切りましょう

ちなみに瞑想時はしばらくじっとしていますので、温かくしてしてください。

毛布被ってしてもいいですよ。wink

アセンション

新型ウイルスの影響で旧時代の世界は大混乱です。

これまでの消費社会に依存してきたシステムは崩壊寸前

旧時代を復興させようともがく動きもありますが、

それは無駄に時間と労力を奪うばかりです。

できるだけ速やかに新しい時代に適応していくことが

摩擦を最小限に抑える鍵となります。

これまでの社会では 消費と蓄財に明け暮れる人々で溢れていました。

それが幸せの鍵を握っている と信じられてきたからです。

多くの人間たちが自分たちが住む地球と自然を消費し貪ってお金に換え続けました

そうしないと生きていけない人々も確かにいたでしょう。

一部の人間が富を独り占めして分配しないために偏りが生じ極度の貧困も作り出します。

不安や恐怖に追い立てられた人々は自分の事しか考えられません。

食べられないことや失うことを恐れて 奪う事が正当な事だと思えてしまう事

それは悲しい事です。

力を持った人間の心が貧しいと 社会に歪みを作りだしてしまいます。

心が貧しい人間が力を持つと、エゴを増大させてしまいます。

危機に晒された時と 権力を持った時

人間は本性を隠せなくなります。

愛になるか エゴになるか

その人の心のベースが現れます。

自分を守ろうとするエゴが当然だと思いますか?

エゴから見るとそれは当然のように見えます

でも、一旦 神の目線を体験すると

エゴが自分の首を絞めている様子が見えてしまいます。

エゴは 自分を守るどころが 窮地へ追いやってしまいます。

自分が助けの手を伸ばさない ということは

自分も助けの手を切る ということになります。

芥川龍之介の 蜘蛛の糸 という小説の

カンダタという主人公が 自分だけ助かろうと

他の亡者を蹴落とそうとした時

自分の所から糸が切れてしまうように

あなたの愛の糸は 切れてしまうのです。

あなたが切ることで あなたを繋ぐ糸が切れてしまうのです。

不思議な事です

これが因果応報の理でもあります。

あなたが他人にしたことを あなたがされる番がやってきます。

今されたことは かつてしたことなのでしょう。

だから 今されたことを許してください。

そうすると あなたも許されます。

古い意識の方は何を言っているのか 理屈がわからないかもしれません。

でも、中途半端に古いとそうかもですが、もっと古代になると

そこには真理があります。

仏教は そのことを説いていますが、

近代の仏教は真理の本質が空洞化するので

専門科ですら 真理を正しく理解しない人も増えました。

でも、その揺り戻しは今やってきています。

再び 真理は明らかになっています。

 

それはどんな? と 聞きたいでしょうか?

それは本当は難しくありません。

 

愛を選んでください。

他者に ではなく 神に恥じない選択をしてください

そして自分が嫌いにならない選択をしてください。

他者を嫌わないでください。

愛を持ってこうどうしてください。

欲を手放してください

あるがままにさせてください。

裁かないでください。

手放してください

今 愛でいてください

それはあるがままにさせておく ということです。

他の人がどうであっても あなたは愛でいてください。

それだけでいいのです。

 

本当に出来たら あなたを取り巻く世界が変わります。

あなたのいる次元が変わるのです。

関わる人間が変わります。

 

あなたの周りの平和や喧騒を作っているのはあなたです。

もし違うと思ったら、間違った場所に留まる必要はありません。

あなたのハートの求めるように生きてみませんか。

古いものを手放すと 新しい世界が始まります。

 

抽象的な話と思うかもしれませんが、

これは新時代の常識になります。

知っている者は 頷きます。

あなたの意識が あなたの世界を作り上げているのです。

だから 何も掴む必要がないのです。

何にも執着する必要はありません。

未来を先に見ることはできません

だから今を生きます。

いまここ

多くの人々は未来を心配して不安をなくすためにいろんな対策に明け暮れてきましたが、

災害や新型ウイルスが起きて頻繁に混乱しているこの時代になって 

出来事はもはやものすごく予想外

そもそも予測自体が無理なんじゃないだろうか?とさえ思える日々ですね。

で、益々不安になっちゃってる方々、ちょっと私の話を聞いて下さい。

心配してもしなくても 起きることは起きるし

それは起きる前には予測がつかないのですから 起きてから対処した方が簡単です。

どうしたらいいかわからないのは、まだ情報が足らないってことです。

ちょっと待って観察してくださいね。まだ結論は早いのです。

カルマの解放期に要らないものを容赦なく手放さざるを得ない体験をして

開き直ったみなさんは(笑)ニヤリとされたことと思いますが、

今 失うことを恐れて 鬱になったり大騒ぎしているものを手放しても

死にません。

お荷物を抱えていること自体が苦しみです。

荷下ろししませんか?

無ければ無いで なんとかなります。

ええ、たぶん 命を失うことにすら さほど不安にならずに

ドンと構えていたりします。

だって、いつか来るその時は

この小さな肉体に閉じ込められることからの解放なんですから。

あちらは 地獄でもなんでもありません。

地獄は私達肉体を持つ者が見ているイメージや摩擦です。

魂には痛みを伴う肉体がありません。病苦に苦しむこともないのです。

怖れは未知のものにたいして、失うことに対しての恐怖です。

失ったら困る と 思っているから恐れます。

所有という観念があって 自分の物という認識があって

失うという怖れを持ちますが、

そもそも、私達は 何も永遠に自分のものにはできないのです。

この肉体の束の間の人生で

常に変化し続ける世界で

何かを留めておこう と 思うこと自体 無理があるのです。

変化や流れを楽しむスタンスに変更しませんか?

何かが過ぎ去れば 次の流れがやってきます。

別れあれば出会いあり

常に一期一会の日々なのです。

今日という日を最大に感じてみませんか?

自分を閉じ込めて何も見ない人生はつまらないものです。

うつむいた顔を上げて、視線を上げて 空を見て 感じてください。

空一面にある空間とエネルギー

それを感じているあなた

肉体に起きる呼吸 循環 エネルギー

あなたの生命を感じてください

その生命エネルギーを身体から外に出してみませんか

あなたの心の窓を開けて そとを見て深呼吸するのです。

私はここにいる

今という瞬間を 身体を 心を 命を

感じてみてください。

この感覚に馴染んで来ますと

あなたはもっと命を楽しむことができます。

世俗の喧騒を離れて あなたの中の自然を感じてみてください。

葉

一緒に瞑想しましょう。

アトリエ霽月で お待ちしています。

とらわれを手放すアセンション

いろんなとらわれを手放せないでいる時は 苦しいですね。

いろんな怖れを持っている時も 苦しみです。

このようなお悩みの方は、

その悩みは取れないもので しかもそれがある限り自分は幸せを味わない

と 思っておられますが、

実際 悩みにしがみついているのは ご本人だということに気付いておられません。

「私にはそれが手放せないの。仕方がないのよ。」

私もかつてはそう思っていたのでお気持ちはわかります。

違います。手放し方がわからないだけ。

こういう場合 悩むことがその人にとってはメリットがある

ということが陰に隠れています。

その人は悩みを手放した時の自分を怖がっています。

手放すことの不安が、今苦しんでいる事よりも大きいので

手放せないんです。

それは、孤独を受け入れないといけないことだったり、

依存を手放すことを受け入れないといけないことだったり、

勇気を持って過去に別れを告げ 新しい自分を生きていかなければならない ということです。

プライドが高かったりしますと 特にそうなりやすいです。

私はそういうんじゃないの と 思ってる。

見たくない自分を認めなければならない

素直に現状を受け止める ということを プライドが邪魔するのです。

プライド・・・ 無くても全然幸せになれます。

むしろ、エゴのプライドは 自分に届かないようなハードルを課している場合も多いので自分の人生を生きにくいものにしています。

より高級な自分に見せておきたい・・・

そんなの、周りにはとっくに本当のあなたが見えていますよ。

あなたはプライドが高いんだな って。

だって、あなたもそういう人を見たら、わかるじゃないですか。

ああ、この人プライド高いな。って。

この人には言葉に気をつけよう・・・なんて思う。気分を害さないように。

あなたは今のあなたのままで 充分愛されている存在だということがわかれば

そんなプライドは意味を成しません。

だって、その条件を満たさないと愛されないと 無意識に思っているだけだからです。

それはたぶん、あなた自身が その条件を満たさない自分は愛したくない ということなのでしょう。

自分に条件付けするのは やめてもいいんです。

得意な事は必ず(いくらでも)ありますし、人はあなたが見ているものとは違うところを見ています。

あなたは もっと あなたらしく生きてください。

これまであなたを縛ってきた価値観や世界観は もう時代遅れです。

恐れていたものは幻想です。

新しい時代へ あなたもアセンションできます。

朝陽

余分なものは持たず与える世界

循環の世界へ。

あなたが与えるもの それは愛です。

ページ上部へ