ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

リンチェン・ウォンディ

202011704639.jpg 20201170477.jpg

福岡アジア美術館のレジデンス事業で

半年に2~3名ずつのアジアの若手アーティストが招待され福岡でアート活動していました

2006年の招待作家として来ていたリンチェン・ウォンディも、いろんなワークショップや教育プログラムを企画しましたが、その中でチベットタンカを描くワークショップがありました。

地域の広報紙に募集が出ていて、私は急いで申し込みました。

1週間のワークショップでしたが、内容がかなり本格的なもので とても1週間では完成できないボリュームで

参加者の私たち20名はリンチェンが滞在する残りの期間1ヵ月、アジア美術館に通って制作することを許されます。

1ヶ月アジア美術館のスタジオで一緒に絵を描きながら

みんなリンチェンのことを大好きになっていました。

本当に心のキレイな青年だったのです。

それから 私はチベット式の仏画も描くようになりました。

チベット式仏画の描き方とその意味をリンチェンに教えてもらったからです。

アジ美ワークショップにて

当時の完成作品です

全員で撮った写真もあったはずなのですが、それは残念ながら見つかりませんでした (^_^;)

リンチェンが帰ってからも タンカを描く会を続けようということになり、絵仏師の私がサークルを開きました。

それが 今のアトリエ霽月仏画の会に繋がっています。

リンチェンはその後、母国ブータンで美術スタジオを開き、政府関連の美術制作にも携わり

数々の素晴らしい絵を残します

ブータン国王の絵

私たちもブータンにも行きました。

ブータンにて

Facebookでやり取りして
離れた所に居るけれど まるで家族のような気がしていました。

リンチェンとブータンにて

いつかまた来るからね!と言って別れ

本当に行くつもりでいたのですが

今月5日、リンチェンは帰らぬ人となってしまいました。

享年41歳 脳腫瘍だったそうです。
病名がわかってわずか3週間ほど

あまりにも若すぎる旅立ちでした。

リンチェン・ウォンディ

まだまだ生きてて、沢山の絵を残して欲しかった。
あなたのような素晴らしい心を持つ優れた画家を失ったことはこの世界にとっては大変惜しいことです。多くの人があなたに癒されていました。日本人だけではないと思います。

リンチェンは 多くの人の心の中に生き続けるでしょう。

毎年1月1日のあなたの誕生日は あなたのことを思い出すことと思います。

世界が平和になり人々が幸せであることを心から願っていた その意思を

私も引き継ぎたいと思います。

誰より家族や友の幸せを願っていたあなたのために

私たちは慈しみ合い、愛を持って 互いの幸せを願いながら幸せに生きることを選んでいきます。

安心して安らかに休んでください。見守っていて下さるかしら。

私たちがそちらに行くまで 待っていてくださいね。

その時は沢山の思い出話をしましょう。

 

裁きと愛

なんでそんなバカなことするのかしらね?(意味が分からない) 私は絶対しないわ

 
という言葉を聞いたとき、
なぜかとても複雑な感情が湧きます
 
それは、当事者にしか分からないことがあるということではないでしょうか。
 
もし、その愚かな人と同じ境遇で同じ運命で同じ体験だったら、あなたももしかしたらそうしたかもしれません

今のあなたならしなくても ・・・ あなたがその人だったら もしかしたら、やはりそうなっていたかもしれません。

あなたがあなたでも同じように追い込まれたら 同じ気持ちになったかもしれない ということです。
愚かさは能力の差ではないのです。
 
かかった圧と、持っているエネルギーと、些細なタイミングによって
流れは方向付いていきます。
 
ましてや、思いだけが行動を決定付けるのではありません。
 
衝動やほんの小さな助け、あるいは後押しがあるかないかで、運命は二股に別れるほど変わってしまう。
 
愚かな過ちを責めるほどの正義とは、いったい何の権限なのでしょうか。
 
カルマの行動は、あなたのすべてではありません。
それは悲しい宿命で、あなたはそれを越える学びを引き受けて生まれています。
 
人が人を裁く権利など、自然界にはないもので、
自然はただ、因果応報が 昔も今も変わらず世界中どこでも同じ圧で働いています。
神や仏に嘘をついたりごまかしたりはできません。
それらは、あなたの目の奥から、あなたの内面までを全て見ているからです。
 
罪を見るよりも、内なる愛を育ててください。
愛は罪や傷を癒していきます。
 
罰ではなく、愛を
愛をあたえてください。
愛するあなた自身が その愛によって癒されます。
 
愛するということはどういうことなのかを理解する必要もあります
愛は闇を照らす光です
あなたが灯します。

サボテンの花

 

 

 

 

 

今この瞬間のバランス 

私たちのリアルは 今この瞬間です

意識が 今のこの瞬間にあると 今のいろんなことがわかります。

今 見えているもの 

今 聞こえているもの

今 感じること

今 味わっていること

匂い

暑さ 寒さ

感触

天からのメッセージ

私たちは五感をフルに使って この世界の高次元の意識を読み取ることもできます。

高次元の意識はこの世界の意識です。そう全体の。

世界に起きる微細なエネルギーの流れや変化を使って 私たちにいつも語り掛けているのです。

それをしっかりと感じている時、私たちは世界と共に在ります。

私たちが世界そのものであることも感じることができます。

 

一方、頭の中のイメージだけで世界をとらえようとしている時

それは煩雑な思考と共にあります。

ああでもないこうでもない という思考は

世界を自分の既存の価値観にはめ込んでとらえようとします。

そして 理屈に合わないことは 排除してしまいます

世界を切り刻んで自分の小さなお弁当箱に詰めようとする時、

入りきらないものに腹を立てたり、自分に不要なものを 世界の不要物として

断罪しています。そんな無駄なものは要らない と。

世界の何も見えていない ということに気付かず

世界を裁きます。

これまで見てきた物、見聞きしたものは表面的なごく一部分でしかないのですが。

そして 自分が経験した記憶のイメージだけで世界をとらえようとする時、

偏見が生まれますね

もし、自分が何かを裁きたくなったら

自分が何も知らない ということを思い出してください

裁くことはできません。

この世界は 大きなバランスによって 常に均衡を保っている世界です

世界にとって無駄なものは何一つ無いのです。

 

もし人間にとって とても不都合な事が起きているとしたら

人間は自分たちの都合を守ることだけ をしていても 世界は思うように動きません。

全体のバランスが偏っているとしたら バランスがとれない間は何も変わらないからです。

世界を平和にしたいと思ったら

世界が調和するように働きかけてください。

調和 平和 安心 のことです。

奪い合っても平和は来ません

癒しが世界を安定に向かわせ そして 救います。

 

世界の真実を見る 『啓発』 すなわち『悟り』は

人々がとらわれを手放した時 見ることができます。

全ての人がそれを知る可能性をもっています。

エゴの意識を緩め、カルマに支配されなくなった時

それは誰にでも起きるのです。

 

瞑想リトリートはあなたの浄化を劇的に進めます

とらわれからの解放とニュートラルな意識へ。

11月20~23日 雲仙リトリートでお待ちしています

詳細情報はこちらです。⇓


イベントを終えて

怒涛の一週間が過ぎました。

仏画ライブ

十夜一夜出演アーティスト

盧舎那仏

 

日曜日のライブペインティングが無事終わりまして、

とり憑かれたように 倉庫の掃除をしております (笑)

解放のエネルギーを掃除で消費

倉庫(クローゼット)に詰め込まれた資材を全部出してしまったので、1日では片付きませんでした。

まだ 片付け中。

新しい制作をする前の儀式みたいなものですね。

これ、意識的に ではなく衝動的に始まるので

自分のことながら不思議です。

 

今日からブログ再スタート。

 

11月は 20日から雲仙リトリートです。

連休をりようしての 11月20日~23日の3泊4日の瞑想リトリート

瞑想リトリートは 行く前は 費用が、時間が、 と色々躊躇するのですが、

いざ参加してみると 凄い浄化が起きるので また来たい!と思ってしまいます。

何ヶ月か瞑想を実践しつづけたのと同じくらい浄化が進むそうで、

本当に意識が開きますものね。

瞑想経験の浅い方でも十分効果があります 

一気に瞑想と啓発の真髄に近づくチャンスです

どうぞご参加ください。

https:/bobfickes-retreat.jimdofree.com

失せもの

ご無沙汰してしまいました。

制作に入り出すと あっという間に時間が過ぎていきます。

もうすぐ圓應寺の法要イベントで 準備に手を取られています。

今回は、更に大きな絵を描こうとしていて、絵と紙と格闘状態です (^_^;)

できるのか? お楽しみに とも言えない微妙な緊張感と共にいます。

もう いまここにしか居れない状態 

 

そういう時によく起きることなのですが、

物品の神隠し・・・

神様の手先で 物を隠しているのはたぶん自分自身なのでしょうが

もう本当に探しても探しても見つからない

謎~~~っ!!!

大半は 忘れた頃に出てくるので 諦めて放置するのですが

今回はそう暢気な事も言ってられない 

忽然と消えた?のが 生徒さんの作品。

パネルに張った制作途中の作品で

どうやってなくなったのかがわからない。

かさばる物ですから 紛れている なんてことは起こりにくく

何かの手違いで どこかに移動してしまったのか

本当にありかがわからない。神隠しのようです

自分の物なら即効諦めますが、

もう本当になぜそんなものがなくなるのか 腑に落ちないこと極まりないのでした。

私は生徒さんが持って帰ったものとばかり思っていて

当の生徒さんは持って帰ってない とのこと。

お互いに家を探し回りましたが どこにもないのです。

誰かが間違えて持って帰ってしまった とかならいつか出てくるでしょうが

まだ、誰からも何のアクションもないのです

しばらく 気がかりな日が続きそうです。

 

でも、こういうことって、スピリチュアル的には心配を手放すのですが、

自分が無くしたかもしれないとなると、気にしない というのはあんまりだ と思うので

まだ当分は 探してみます。

これを機に 雑然とした収納スペースの中を片付けろ ということかもしれません。

やはりほとんど使わないものなんかは 断捨離していこう。

年内の課題かな と思います。

今年は12月に入ったら お掃除始めよう。

スッキリしたアトリエで 制作できるようにしよう。

絵画材料と作品 も 溜め込まないようにしたいものです。

欲しい作品があれば 交渉してくださいね。

まだまだお待たせしている注文品もいくつか保留にしたままだし

身辺をちゃんと整えたい欲求がどんどん大きくなってます

 

片づける時間と絵を描く時間を増やしたいなぁ と思う今日この頃です。

ほんっとに 断捨離したい。

頑張ります。

断捨離達人いらっしゃったら指導してくださーい(笑)

果たしてアトリエは片付くのか それが今年の課題かも

落ち着いたころに 探し物は出てくるでしょうね。

仏画の取り組み

ご無沙汰してしまいました。

週末、張り切り過ぎました。

昼間 通常の業務、夜中に制作と表装をしていて 睡眠時間がなくなってしましましたが、

日曜日は1日瞑想会の集中瞑想で だいぶ復活しましたが

調子に乗って次の日も徹夜っぽくなったら

さすがにくたびれました。(×_×)

欲張りすぎ注意ですね (^_^;)

歳を考えろ って感じです。(苦笑)

来月1日にライブペインティングがあるので

準備に追われています。

秋の念佛まつり -陰翳礼讃- 十夜一夜(Tenya Wanya)2020

  チケット購入はこちら

 

ライブペインティングも回数を重ねていくごとに

徐々に欲が出てバージョンアップせねば という妙な義務感にとらわれ

簡単にすませられなくなっていますね。

単にシンプルなものを丁寧にやればいいんじゃないの?と思いつつも

テーマやコンセプトなどお聞きしてお寺さんのご希望を重視すると

なんだか適当には済ませられないという気がします。

大変だけど頑張ろう

他にも何枚かの仏画のノルマあり、

しなければならないことと したいことと

多すぎて全部こなせないでいますが

することが待っている というのは ありがたいことだと思います。

あれこれ 考えてる暇もない(笑)元々好きな事です やるっきゃない!

私にしかできないこと 頑張ろう happy02

仏画資料を改めて見返してみますと 

敦煌莫高窟や雲崗の石窟仏像の美しさにハマっています lovely

いつか実物を見てみたいものです。

Youtube動画が幸せな今日この頃です

雲崗石窟雲崗(中国語)

 

敦煌壁画敦煌莫高窟(日本語)

【敦煌観光】敦煌莫高窟 美的全貌

趣味の話

雲仙リトリートのことを考えていたら

温泉のことが気になってきました。(笑)それは業務じゃなーいw

しかし、 雲仙行くのに 温泉に入らないわけがないのです! (゚Д゚)

というわけでFacebookには雲仙温泉情報をアップしました

お風呂の写真をクリックしますとFacebookページに飛びます

10月16日投稿記事をご覧ください

雲仙福田屋露天風呂
そう言えば
近年?いつごろからか、温泉ソムリエなる資格があるようですが、
なれる気がします~w
九州限定ですけど、温泉情報詳しすぎ~w
しかし、資格に興味が薄い・・・ という。。。
で、気になって
資格認定情報見てみたら、資格取得に27000円かかるそうな・・・
高い!(笑)
1日の勉強でソムリエになれるらしいです。
そんなでいいのかー(笑)
九州のリアル温泉マニアさんたちは
すごいですよ。w
自分たちで野天風呂管理してたり、
特に別府エリアのマニアさん面々、人生が温泉ですw
私はそこまでしてませんが
そういう方々にお会いしたことがあります(笑)
人生の楽しみ方って ほんとに沢山あるなぁ って思います♪
 
 

誰のせいでもない2

何か失敗したりすると、焦ったりパニくったり

凄い罪悪感と嫌だという気持ちが渦巻き

これは本当に私が悪いのか?

いや私だけが悪いんじゃない!あの人だって その人だって関係あるじゃん、

私がやらかしてしまったのは、周りの人だって悪いじゃん・・・なーんて

やり場のない怒りを誰かに向けたくなるのは

すごく 人間っぽいです(笑)

とても大勢の人が そんな心当たりがあるかもしれない。

 

誰かのせいにしておきたいのは

自分の責任と思いたくない思い です。

責任かかると責める、責められる と 思い込んでしまってます。

現代社会は責め合う関係が主流だからね

でもね、ほんとは誰の責任でもない。

たまたま その位置にいて

その体験をしてしまっただけ、

誰かが代わりにしたかもしれないその体験を

たまたま あなたが した。

もしかしたら、別の瞬間は

「ああ、私じゃなくてよかった」なんて胸を撫でおろしているかも。。

 

こういう時 私はこう思うようになりました。

ああ、これが私でよかった。

他の人だったらその辛さに耐えられないかもしれない

私は意外と平気。

だって 試練は乗り越えていくものだから。

 

どんな出来事を体験するか『宿命』が初めから用意されていた とも言われますよね。

聞いたことがありますか?

宿命なら避けられない。 いつかどこかで遭う運命。

だから起きるなら仕方ない。

そういうことが起こりうる可能性の環境の中に生きていて

たまたま それが自分の目の前で起きた ということ。

 

自分が当事者だったり、被害者だったり、加害者だったり、

色んな立場になります。因果の流転

それらはたまたま、流れとカルマの条件が揃った時にハマります。

どんなに回避したくても 起きてしまう時は起きてしまうし、
どんなに願っても 起きないものは起きない。

計り知れない広大な 世界全体のエネルギーが

大きくも微細にも流動し続けている中で

人間はそれを100%コントロールしきれるものではないのです。

 

予想外のことは 常に起こります。

関知しない微細な動きや 及ばない大きな流れを

全部把握することなど 不可能です。

だれでも、当事者になりえます。

起こさない努力をしたとしても、

キツく監視すればするほど、キツく取り締まれば取り締まるほど

100%の回避は不可能

締め付けた息苦しさの中ででは

ある水準を越えた時に

過失は起こりやすくなるのです。

オーバーフロー のように。

 

それ(罪)を責め合って責任の所在を押し付け合うことは

世界にとっては無意味です

それを有効に感じているのはそれぞれの自我だけ。

私は悪くない ということにできれば、真実などどうでもいい と思っているかのように。

問題解決よりも 責任の所在だけを気にする って。

 

え?修正処理を負わされる

そんなもの他の誰かがやればいい?

なるほど。

みんながそう思っていると ひとしきり押し付け合いの乱闘?が始まっちゃいますね。

暴力的な世界だなぁ。

「そうだよ、油断ならない世界なんだ」

そう思っているあなたが その世界を創り出しているとも知らず。

 

そんなエネルギーがあるなら もっと効率の良い方法がありますよ。

今一番 何が大切で どんな課題をクリアしたらいいか

気付いて取り組む

改善できることを見つけることの方が

ずっとこの世界を居心地のよいものにするのですけどね。

自我は自我のためのことしか見つけ出せません。

どっちが上か下か

目先の損得

それしか見えていないようなら

その未来は暗いです。

その流れは豊かさから離れてしまっているからです。

あなたの心、あなたのいる環境や 周囲の人々の心を豊かにすること

それはあなたが豊かになる ということです。

博多湾から

美しい自然は 常に一緒にあります

自然の流れと共に。

誰のせいでもない1

この世界で起きていること

私達人間は 人間目線の都合だけで世界を見てきましたが、

それだけでは済まない時代に入ってきました。

人間が増えすぎて 人間の都合でエネルギーを消費していると

足らなくなることももうすでに多くの人々に認識されています。

そんなエネルギー問題だけでなく、

私たちの日常で私たちが発する微細なエネルギーや波動に関しても

認識されるようになってきました。

私たちが 波動でできている ということも

少しづつ理解する人が増えています。

原子を構成する陽子や中性子を作るクォークという超微細な微粒子が回転運動をしていてその振動体の集積で出来ているのが物質界なのです

物質とエネルギー

地球上のあらゆる命が発生して それぞれの性質を生きていると

相互にぶつかり、混じり合い、関係性とエネルギーバランスで

全体を形作っていく

その形状や構成の加減は 偶然の集積によります。

自然の造形美 というわれるものです。

雪の結晶

私たちはその法則性にたびたび感動します。

その偶然を神の意思 とも呼びますね。

樹氷

人間たちは自分たちがまるで神であるかのように思っていたりしますが、

そうではありません。

人間の思考や動きもその一つ(自然の造形)に他なりません。

 

人間を生きていると、

いろんなエネルギーバランスの中で心の内にいろんな感情が湧き起こり

色んなはずみでいろんな決断をしつつ、

その瞬間瞬間が出来上がっていく

それが経験です。

そして それもやはり偶然の集積であるのです。

しかしそこに性質という法則性が存在しますから

それは偶然であって 必然なのです。

誰が当事者になるかは なってみないとわかりませんが。

 

悟り の 真我の意識で見ている時、

見ている私は世界そのもので、

この体はその一部でしかありません。

たとえこの体をうしなったとしても、意識は世界を見続けるのです。

その時はエゴからも解放され

ただただ観察していることでしょう。

肉体の苦は存在できません。

20201015191759.jpg

点描曼荼羅展

今日はFacebook繋がりの友人 松石恭子さんの点描曼荼羅の個展に伺いました。

松石展チラシ

松石さんの作品、Facebookで拝見している時から、

その抜群のセンスに注目していたんですが、

実物がすごかった。

もう宝石ですよね。とにかくオシャレでハイセンスです。

点描曼荼羅の作家さんの作品はちょくちょく拝見しますが 

松石さんのはデザインに個性があって、点だけでなく線や面なども活用していて特徴があるんです。

メヘンディみたいでもあり、オリエンタルな雰囲気

それで実物を見てみたかったんですよね。

お話を聞いてみると、ゼンタングルも制作経験アリとのことで納得。

バリエーションが幅広い。

 

この方、これからもっとメジャーになりそうな予感です。

大きな作品作らないかな?

現代美術作家にもなれそう。(美大出ならきっとなってる)

写真では写しきれない美しさなので 近隣の方は見に行かれるといいと思います。

今日はワークショップもされていました。art

松石恭子さん

松石さんと

松石さん長身でカッコイイ美女

点描曼荼羅

個人的に青い作品が好みです(笑)lovely

アトリエ霽月に来て下さるとのこと、楽しみにお待ちしてますheart02

 

 

ページ上部へ