ホーム>スタッフブログ>ダルマ>宇宙の法則

宇宙の法則

世界観

私たちのこれまでの基本は自我の意識とマインドでした。

それは肉体の意識。

この肉体としての『私』を意識し、この肉体の私を守るシステムがマインドです。

その自我の意識が世界を支配したいと考え、頑張っていたのがこれまでの旧時代を作ってきました。

最初はとても原始的な方法で、腕力にものを言わせて腹を満たし、生きながらえて

権力を得て、欲を満たしました。

それがだんだん智恵がついてきて、腕力に勝ついろんな方法を考え出しながら

武器が進化し、更に

社会のシステムなどが出来上がってきました。

ルールを駆使していろんなものを得たり維持したりしようとしたのです。

時代が経つにつれ、

人殺しなどの野蛮な方法から進化して民主主義というものもできてきました。

意識は個人からコミュニティの単位へ徐々に大きく拡がって、より多くの者が豊かさを享受できるように拡がって行きます。

周りが富んでいる方がより多くの豊かさをえられることに気付いていくのです。

社会のルールもいろんな要素を取り込み進化します。

今の日本や欧米諸国は資本主義で、それに対する社会主義の国家という

2つの勢力があります。

この2つは何度も大きな戦争をしてきて、今も戦争という殺し合いをしている地域があります。

どちらも自分たちにとっては正義をかけて戦っているようですが (誰の正義なのかは微妙ですが)実際はかなりの欲に左右されていたり、カルマが絡まっています。

それを見て無益だと感じる人々も多くいますが、まだ誰もその喧嘩を完全に止めることができません。

みんな武器を手に緊張感がはりつめています。そういう国際情勢の今。

世界を動かしているのが損得や欲なので そのために多くの犠牲を出しています。

巻き込まれる罪のない人々が沢山います。

人の過ぎたる欲というものは恐ろしく無益です。

そんな愚かさを次世代の人間は気付いていきます。

ただ、今やっていることがバカだと批判することが最善策でないことにも気付いて行きます。

それが意識の次元上昇でもあります

この世界(宇宙)はとても広大ですので、視点が変わると解釈も変わりますし、

視点によって何が正しく見えるかも変わってきます。
(立体を多方向から見るだけでも形が変わるように)

視点によって見える世界は違うのです

もし普遍的に言えることがあるとしたら それは どんな事象にも本来

良いも悪いも無い ということでしょう。

それはただ出来事が起きているだけ そこに解釈を与えているのはそれぞれの意識ですから。

似たものがあったとしても、あなたの正義は他者の正義と完全一致はしないのです。

もし合致するものがあるとしたら、それは 正義 というものではなく

全てを包み込む「愛」でしょうか。

 

Love on the earth

世界というか宇宙

ご無沙汰してしまいました。6日ぶりの投稿です

先日 悟りの認識と、今までの認識のすり合わせをどうしたらいいのか戸惑ってしまう というご質問を頂きました。

ノンデュアリティでは 「私はいない」といわれていたり

「全てが幻想」と言われたりするけど 今見ている現実は何なのか?

どうとらえたらいいのか戸惑います とのこと。

そうですね、たしかに

スピリチュアルでも いろんな話やいろんな法則やいろんな世界観があります。

引き寄せの法則を何かを得るために使おうとしたり、

幻想だ と言われるけど、この悲しみは何なんだ とか

いろんな矛盾したものを感じることがあると思います。

全然違うことを言ってるとか正反対のことを法則として言われている とか思うことがあるかもしれません。

これを説明するのに最初に思い浮かんだのは

多重の層をなした空間でした。

ゴルフボールや地球の内部のような構造 とでも言いましょうか、

芯(核)があってその周りに何層もの違う質の層がかさなって出来ている構造。

次元という言葉がありますが、

1次元は点、2次元は線、3次元は高さが加わり

4次元はそれに時間軸が加わる と私は理解していますが、

5次元はそれに更に別の軸が発生して次元が上がる毎に軸が加わる

でも、これを目で見えるように表現するのは難しいですね。

私はこれを球体に置き換えて、理解しました。

地球の内部構造

点である自我、(自我が自分と思っているもの、肉体に閉じ込められた狭い世界が点だとしたら)

感覚のアンテナを拡げた状態で認知できるエリアを少し外の世界(オーラが及ぶ世界)

霊体などをキャッチするエリアの層、

もっと波動の高いものをキャッチする層、

神を感じる層、などなど

感覚をより開いて行って更に外のエリアを認識できるようになる世界観の拡がりを球体の多重構造のように理解しました。(本当に球体かどうかは別として)

外側に行くほど大きなエリア(多次元) を認識することができて世界観が拡がる という感じ

で、自分の認識した層の内側は、知っている と感じます。

外側はまだ見ぬ世界観 なのでわからない。

世界を狭めている思い込みが崩れると、壁が壊れて一つ外の世界が見える(認識できる)ようになります。

平面しかなかった世界のトランプが 1枚だけ立ち上がって他のトランプの柄を見る

という一瞥体験は一瞬だけ上の次元を体験すること

外側に行けば行くほど、この世界はいろんな層が存在している ということがわかる

で、それぞれの層では常識が違う ってこともわかります。

今、時代の転換期で起きているのは意識の次元上昇ですから、

これまでの意識外の認識が入ってきた時は混乱します。

説明がつかないわけですから。

でも、外の世界はあるんです。

目に見えるものだけしか信じない世界から、目に見えないものが存在していることに気付いて行く とか、

それが霊界のもの だったり、神のエリアだったり、

宇宙や銀河の存在だったり

はたまた、原子や分子や、素粒子レベルの世界、

いろんなレベルでの世界観があるんですが、

いずれにせよ、それは全部あって

同時に感知することは難しい。

でもやっぱり全部あって繋がっていて同時に在るんです。

面白いですよね。

なので、それらはやはり一つの言葉では括れないのだと思います。

言えるとしたら 

全てが一つで切り離せない ということかもしれません。

 

今日はここまで。

続きは明日にいたします。

ではまた。

ごほうび

スピリチュアルの世界は、最初は不思議な事しかなかったですけど、

最近は、宇宙の法則も引き寄せの法則もかなり認知度が上がってきました。

『意識が現象化するので意識を整える』なんてことは、知ってみると普通のことなんだなぁ って思います。

でも、未だに不思議に思うことも色々あって(未知の領域はいつだって不思議)

その中でも 学びがうまく行くと「ごほうび」が来る っていう現象があるんですが

これはまだなぜそうなるのかを知らないので不思議です。

このところ、この「ご褒美が来る」って法則のことを忘れてましたが 

最近、スピリチュアルYoutuber の方が話しておられたので思い出しました。

そうそう、本当にご褒美があるんです。

これはまず最初に 試練があります。
困ったこととか悩ましいこと、トラブルなんかですね、

それは何か突破しないといけない壁を 自分が意識の中に作ってしまっていて

それが摩擦の原因になっているのですが

その壁を崩すべく 試練が来るんです。

それが原因になって摩擦(感情の抵抗)が起きる

怒りや苦悩 不安だったり苦しかったり、 という摩擦の感情

これは出来事によって そのカルマの感情が炙り出されています。

例えば、事故や病気などの出来事もそう。

「なんで私がこんな目に遇わなきゃいけないのよ」なんていう思いもそうだし、

イライラして周りに当たり散らす自分を見せられたりします。

そこで、散々その感情を味わうと、

そういうことをしている自分が客観的に見えてきたりします。

一度そういう感情を体験して、

更に その後、同じ事をしている人を見たり、

逆側の立場を体験すると 

かつての自分が何をしたのかがよく分かったりします。

で、

本当はどうすればよかったのか が分かった時、

意識のシフトアップが起きて、シフトアップした自分に相応しい喜ばしい出来事が起きます。

エゴを手放せた時、

愛に気付いた時

愛を選んだ時

あなたはシフトアップするのです。✨

 

愛は あるがままにさせて 温かい目で見る

求められれば差出し 押し付けたり腹立てたりしないんです。

必要なものを そっとそこに置き、

相手がそれを拾わなくても怒りません。

必要ならば拾うでしょう。

何の見返りも求めず、評価も求めず、感謝も求めません。

愛が循環すれば 出した愛は出しただけ巡ってくるのですから。

 

本当に 出したものしか 返って来ません。

しかも別の方向から来るのです。

だから循環。

 

学びのご褒美は、

世界が喜んでいる証拠 のように思います。

そういう時に、キラキラした光が降って来るのを見たことがあります。

正確に言うと 感じた。

それは可視光線ではなく エネルギーでした。

そんな不思議体験 人間に起きるのだなぁ って思います。

 

経験が無い人は その循環をまだ体験していないのかもです。

感性を全開にして 愛そのものになって 欲や都合を手放しきっている時

起きたように思います。

そういうことは可能です。

世界から自分を守る立場ではなく、

世界に活かされて与えられている立場に感動した時

起きるように思います。

ゴールドライト

世界観の変化

世界観が変わる って話を何度も繰り返しておりますが、

それが一番つかみどころのない話なんですよね。(笑)

でも、ちょっとチャレンジしてみようと思います。

世界観 というのは この世界がどんなものであるか という認識なんですが、

これまでの時代の一般的な世界観は 「私」というものがいて、それを中心に環境があって

その中で自分自身の価値とか位置 というものがとても重要に感じられていた 自我の世界観

私がどう扱われているか とか 私の意味とか 持っているものとか 

いかに 持っていて

いかに豊かで

いかに評価されていて

いかに満足しているか 

などなど。

それに意味付けなども加わると 自分が存在する意味とか 「証」なんかも欲しくなってきます。

それは自我にとって重要なもので

それを達成するための世界 を見ていて そこで一喜一憂していてもっと満足したいための

世界(人や環境や国)が私のために何をしてくれるのか? という課題が一番重要だったりします。

そういう意味での世界(環境)


自我が求めているのは、欲しいものは手に入ったり、苦しんだりすることない

安心できて満足な世界 だったりしませんか?

悟りって今の心配な不安な現象が消えること? と思ったり、

いじわるで大嫌いなあの人がいなくなること?  だったらいいのにな。

お金に困らないほど収入が上がったり するのかな? もうちょっと楽な暮らしがしたいわ なんて思ったりするわけですが、 

そうではありません。

まぁ、引き寄せの法則で良いものが来たり豊かになったりはしますけども、

自分がしただけのことが結果に繋がりますし、してないことや思ってないことはなりませんし、

縁のないものにもつながりませんし手に入ることもありません。

 

coldsweats02 (え?・・・というあなた・・・)

 

で、

悟り という体験、その世界観がどう変わるのか ですが、

あなたの願い、望み、あなた自身

 

そんなことよりも、、、なんです。

そんな自我が何を望んでいるかなんてことはどうでもいい。というか関係ない。

私たちが何でできていて どういう存在なのか ということについてわかった というのが悟り。

私たちが見ている物 や 形、人々、登場人物、出来事、ストーリー、時間も空間も

全てが ただの現象 なんです。

そしてそれらは流動的で固定できない

はい。固形物もです。硬い物質ですら 早かれ遅かれです。 変化していくのです。

更に

見えない部分の空間にもそこを埋め尽くしている存在(分子原子素粒子)が飛び交っており、

どこも切り取ることも分離することもできないこの世界そのものが一つの存在です。

私達人間というのは この肉体に宿った1滴の魂。

大いなる命の一部でしかない のです。

同じ存在が あたかも分離された気になって

孤独を感じてみたり繋がりを感じてみたり、 別の一部から奪ってみたり、与え合ってみたりしているわけです。

まぁ、どっちでもやってみたい方を気が済むまでやるのが 神という命の根源からの実験みたいなもので

その中から何がいいのかを何千年何万年もかけて繰り返し学んでるんでしょうね

 

ああ、大丈夫。悟りの世界観とか新ルールについていけなくても あなただけじゃないから。

2世代くらいでずいぶんと変わりますから。

わたしたちは、全て 分離できない一つなので

今、嫌が応にも悟りが進化中 だそうですよ。

 

今日、耳にした朗報は、

コンピューターの世界の認識は、この世界の構造と似ているらしく、

コンピューターのプログラミングを勉強した若者たちが続々悟りだしているのだそう。

どう似ているのか聞いたけど、アナログ育ちの私はあまり上手に解説できないんですが、

コンピューターのプログラムは0と1でできていて、それが素粒子で成り立つこの世界の構造と似ていて、

分かっちゃうんですって。(すみません、うまく説明できない)

 

書きすぎると混乱しちゃうので 素粒子の話は 明日にします。

世代が変わることで世界観が変わるんですね。

年寄世代が悟らなくても大丈夫。 世界はどんどん変わっていきます。(笑)

いいぞ!若者 happy01 年長者は足を引っ張らないようにしようね note 

新人類に 任せたぞ! (笑)
双葉

 

意識が現実化するお話

引き寄せの法則で もうメジャーになりつつありますが、

意識が現実化する というお話。

私がこの話を最初に聞いたのはもう20年近く前のことで、当時はすごく怪しい話として扱われてたんですが、

もう今の時代はこれが物理学的に証明されているんだそうな。。。

(39) 【ベストセラー】「「量子力学的」願望実現の教科書 潜在意識を書き換えて思考を現実化する11の法則」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】 - YouTube

本要約チャンネルで解説されていたので聞いてみたら、ああ、そうそう。それそれ。

すごいなぁ。スピリチュアルとか波動の話はもう物理学で解明されているのか と感心しきりです。

波動は超能力じゃなくて、私たちが持っている生命エネルギーの電気的周波数 

どんな人も、生き物も生き物い以外の物質も物質化していない原子分子、全てが波動を持っていて、

そもそも この世界は波動で出来ているので波動無しにはこの世界は語れない って話。

で、この動画を聴きながら、

意識やイメージや潜在意識にあるものが現象化する っていうことを知っても

なかなか自分にマイナスなイメージを手放さなかったり、しつこくネガティブイメージを追いかける私達人間って

しょうがないよね~~~ wwwww

って思います。

意識も無意識のカラクリで動いているので 選んでいるようで全然選べてないw

あ、でも、 意識的に変える ってことはできますね。

癖づけ、習慣化ですから 習慣を変える という意図でやればいいんです。

「私には無理だなぁ」っていうのも意識なので、

そう思うよりは「私もできる」って思う方がいいですね。

なんで無理 ってことにしたいか というと、

面倒くさかったり、変えるエネルギーと労力を惜しんでるわけで、

それは深層心理が、変えたくないってことなんですね。

なぜ変えたくないのか 自我とちゃんと腹を割って相談した方がいいですね。

そう、変えたいこともあれば、変えたくないこともある。

変わる っていうのはメリットだけじゃないんですから。

 

真実を見る っていうのは、メリットデメリット、両方知る、両方受け止める ってことなんです。

で、あなたは どっちを選んでもいいんですよ。w

メリットしか見てなかったら、そりゃ 身体は嫌がるかもでです。

また逆に、心配ばかりして まだ起きてもないことをイメージして起こしてしまったり。

動画の中ではネガティブイメージは過去の体験の刷り込み や あなたをコントロールしようとした人の都合のため って言ってましたが

ホントにそうなんですよね。

あなたにはあなたの都合を優先してほしいです。

ますはそこから。あなたがハッピーheart04 基本がハッピーtulip

邪魔なカルマ(ネガティブ感情)は瞑想で浄化してしまいましょう✨

なにはともあれハッピーを選んでください。heart01 happy01

キーワードは 愛

あっっ  という間にハロー7月

もう既に猛暑ですね。皆さまごきげんいかがでしょうか?

7月に切り替わるに当たって、ちょっと大きな流れの変化が入って来る という情報を耳にしました。

先に起きることなんて分からないものですから、何が起きるかは全くわからないのですが、

人間の意識が揺さぶられて愛になるか旧意識に留まるかの分かれ目になるようなことが起きる という話でもあります。

もう既に愛に目覚めている方は ただその方向に進んでください。

どの方向? というのは その時になればわかります。

わからないのは まだ時期じゃないということなので気にする必要はないでしょう。

たぶん ちょっと大きなことに直面した時に、さてどうする???という選択を迫られた時、

自己保全 守りの姿勢になるか、

世界のバランスを取る 愛の行動に出るか  のどちらかを選択する場面があるのでしょう。

それはきてみないとわからないので、それが何なのかは探す必要はありません。

ただ、事は起きて初めて明確になりますから 「これか~~」と思う時、

あなたはあなたが愛だと思える行動に出ればそれでよいのです。

それは形で決まるものではないので、あなた自身が判断するしかないでしょう。

事が起きてもいないうちから何か準備することはありません。

計画を立てる必要もありません。

ただ、その時になればわかるのです。

自分の意識や行動が 愛ではないな と思ったなら修正すればいいだけの話です。

これは人生において常にそうなのかもしれません。

大したことをしようとかおもわなくていいし、何か事を起こす必要もない。

ただあなたの思うように好きなように生きていればいい。

何かの選択を迫られる時は それを避けては通れないような状態でやってきます。

びっくりするようなことかもしれませんが、そういったものは宿命なので受け止めるしかない、

過去の失敗やうまくやれなかった事とかも全然関係ありません。そんなことはどうでもいい。

出来事は あなたに与えられたチャンスです。

その時、愛は地球を救うのです。ちっぽけな愛で構いません。

愛でないものには救えません。

慌てたり、目先のことが気になってると方向を見失いかけるかもしれません。

でも、大丈夫。モタモタしたってかまわない。

大きなことであるほど、基本の『愛に立ち戻る』 ということをしてください。

そこに根本的な救いがあるのです。

愛が key(鍵)になります

シンプルに 愛 ただそれだけでOK

愛が鍵

いつのまにか・・・

それぞれの人がそれぞれの世界観で生きています。

どんな世界観を作ったのか 自覚はあったり 無かったり。。。

自覚があったとしても それは後付け というか そうなったことの経緯や理由付けをしているだけだったりして

最初からそれを目指していた と言う人は本当に稀有かもしれません。

そうなった背景は 選んでいたわけではなく、

気が付くともうそこにあった

つまり自分の生まれた場所とか関わる人々とか

それらは 意図せず ただ与えられたもの であるからです。

自分を取りまくすべての要素は 与えられたもので 

それが与えられるご縁は 自分の無意識の行動や意識から繋がって行ったりします。

このあたりのこの世界の仕組みは なかなか教えてもらえる機会は少なかったんです。

そう、これまでの時代は特に。

でも 最近の流れは どんどんそれを解き明かす方向に向かっています。

と言っても、 解明するのとはちょっと違いますよね。

突き詰めてイメージを具体化していくこれまでの解明の手段では見つからない答えなんです。

それは フォーカスして具体化したイメージの呪縛から 解放されることで見つかります。

それは 今まで現実だと信じていた世界観の崩壊 のような感じがすると思います。

なので自我はそれを嫌がることが多いのです。

自我の意識はこれまでのルールに頼って生きて来たので

自分を護るためのルールや理屈を手放したがりません。

自我の意識は得ることが大好きなので 手放すことに抵抗があります。

不安や怖れを抱くんですよね。

でも、怖がることなどありません。

だって、実際 何にもしないんですもの。

手放す というのは なにかを捨てる という行為 ではなく

ただ、意識でそれにこだわったり執着するのをやめる だけのことなのです。

それ以外は普段と何も変わりません。

ただ、思いつめることをやめて、起きるままのことをジャッジせずに淡々と観察するだけ

特に執拗に観察する必要もありません。

見てても見ていなくても構わない、

ただ起きることの先のことを見てやろう というような気持ちで

そこに意図や予想やジャッジメントを差し挟まないだけ のことです。

私たち人間は 観察した事柄を判断して善悪に分け 今後起きる出来事を色分けするのに夢中でした

そしてそれらのことをコントロール下に置きたかったんです。

でも、幸か不幸か この世界はコントロールできないんですよ。

ほんの一時くらいは コントロールは効くかもしれません。

ほんの何十年かくらい コントロールの利くこともあるかもしれません。

でも 永遠はありません。

物質にしろ意識にしろ、エネルギーは蓄積された挙句オーバーフローを起こします。

我慢にも限界がある とか ダムが決壊する という現象が起きてしまうんです。

そう言う事すら予見して更にコントロールしようと人間の頭脳はフル回転するかもしれません。

でも、人間が把握しきるほど、この宇宙は小さなものではない ということがわかります。

私たちが見ている対象の後ろに広大な宇宙がある

いえ、見ている自分自身も その宇宙の一部でしかない流動体なのだ ということを認識して

現れそのものの観察を始めると 人間という生き物は実に滑稽に見えてまいります。

そしてまた 愚かでもあり、健気でもある 愛おしい生き物なんでしょう

きっと 神様がいるとしたら そのように見えるかもしれません。

全ての人間が 幸せでいたい と願いながら

それぞれにあっちゃこっちゃの見当違いの方向に突き進んで 試行錯誤を繰り返して

徐々に  本当に微かにずつ 世代を超えて 本当の幸せを見つけようとしています。

だけど、実際は その答えは 遠い彼方ではなく

本当に目の前にあるんです。

それを色眼鏡をかけていると見つからない。

そんなものではない と 教えられてきたり、

あるいは すぐに手に入らなかったことに拗ねてしまって

意地でもそれを手にしない など 

人間って 案外 バカなのかもしれないな って 神様は思っているかもしれませんね。

このことに気付くのは今の大人の愚かさを見て気付く 次の世代なので

人類は ほんの少しづつ 賢くなっているかもしれません。

今はまだ そう見えなかったとしても そうなんだと思います。

ただ、次世代が生き延びられる環境を 今の大人が汚したり貪り尽くしたりするのは

ぜひとも避けたいことなので

やはりこれからはサステナブル、持続可能な生き方へと修正していくことは必須でしょう。

そして なかなか腰の重い人間たちを この世界が どっこらしょ とひっくり返して

意識の転換を図る 近年の様子は かなり興味深い現象なんですよね。

問題は外側でなく自分自身の中にある それらを そっと手放してみてください。

そうすると 本当に自然な流れと この世界(宇宙)を 体験できることでしょう。

私たちは 本当は何にも所有することはできません。

それらは 常に ただの借り物でしかない

そして この身体も 期間限定の借り物ですので

その間は沢山 楽しい事をしましょう。

楽しさを増やすためには

善い事を沢山すればいいだけ です。

撒いた種はやがて 実を結びますから。

純粋な種は 純粋な実になり

邪(よこしま)な種は邪な実が生ります

タイムラグはあるにしろ、

本当にこの世界はわかりやすいんですよ。

条件で測ろうとするのはやめましょう。

一番幸せを感じることをしてください。

現れ

昨夜のブログを読んでLINEを下さった方がおられたので続けて投稿したくなりました。
 
 
解放が起きている方も多いようですね。
そういう時期のようです。
こういうことはシンクロして同時多発的に起きるのが常です。
解放は、
ただただ 手放して下さい。
 
表面的に慌てていても内側の中心に静けさがあれば大丈夫なんです
表面は何かと慌ただしいもので、その変化があるからこそ
生きている  という実感があるんでしょうね。
魂は積極的に味わい、イベントを楽しみます。
どんなドラマを見ていますか?
脚本家になれそう? happy01
そう、人生の脚本を書いているのはあなた。
あなたの身の回りにある材料を使い、想像力を働かせて味付け。
 
因果の因は無意識にも紡がれております。

だけど、
何が起きたとしても
全ては調和していきます。
あなたの思いは抵抗するかもしれませんけど。
ただ事象は置き続け、そして淘汰されます。
 
そういう世界なんです。
 
流れに何かを投じ、起きる現象を見ています。
何かを投じても 投じなくても
流れは流れの方向に流れています。
 
流れの速い時、遅い時 があります。
場所によっては急流、停滞も起きる。
地形の影響とかありますからね。
障害物が存在すれば 流れは変則的に。
それは物理現象です。
エネルギーも同じ。
 
因果も全てが完璧に調和する世界です。
増えも減りもしません。
地球上の成分(五元素・ファイブエレメント)は、姿を変えたとしても。ずっと同じ量なのです。
地球上にある要素としてはね。
 
世界は常に対流していますので
 たらい に張った水を ぐるりと回しているのと同じですね
向こう側に行った水は戻ってきますよ
 
そんなこんな。
もう静かに眺めているモードになりますね(笑)
 
流れの波立ち、喧騒を眺めるもよし
スルーするもよし
喧騒に参加するもよし
 
何でもアリなんです。
 
あなたの好きなように。起きるままに。
 
カルマン渦

 

Bless you

Youtube動画をみることはありますか?

神様が見える子供たち というチャンネルがあって 以前よく見ていたのですが、

印象に残ったメッセージがありました。

(その)動画を探そうとしたのですが、数が増えていてどの動画で言っていたのか わからずじまい・・・

それは意地悪をしてきた人に対して何を言えばいいのか?という問いかけに対する 神様の答えでした。

神様の言う事がわかるという男の子が言います。

「意地悪をしてきた子にはこう言えばいいんだよ」

『幸せになれ!』

大人は一瞬あっけにとられます。「え?」

「『幸せになれ!』って言ってやるんだ。」

幸せじゃないから意地悪をするんだよ。

そんな人には「幸せになれ!」って言うんだ。

 

あーね、なるほど。「Bless you だ」

あなたに祝福を。

あなたに幸せが舞い降りますように

 

敵は恐れから自分を護る最善の方法が攻撃だと思い込んでいる。

いやいやいや、あなたの幸せを願う人が 敵なわけないじゃないですか。

「何をしてるんですか?」「やめなさい」

「怖がらなくてもいいんだよ」

威嚇する人は怯えがあるんです。

余裕のある人は威嚇しません。

どうぞ そんな魂に安心と幸福が下りてきますように。

牙をむき出さなくても 本当は愛されると

全ての人が信じることができますように。

そんなに偉くならなくても 人から重宝されるような技術や才能をもっていなくても

何か特に役に立つことを持っていなくても

生きているだけで愛される命を持っているのです。

そんな神の愛を為すのは 他ならぬあなたです。

あなたの隣人に愛ある視線を送ってください。

あなたが欲しい愛ある視線は あなたが世界に向けるものなのです。

あなたが出す波動があなたに戻ってきます。

世界を平和にするのはあなたです

Bless youshine

日輪

この日輪はチェンマイで起きた 天からの祝福
 

メッセージ

昨日書いたような チャネリングみたいなことは

何か特別な能力のように思われたりしがちですが、

全く特別な能力ではありません

すごく普通にみんなが持っている能力だと思います。

私は霊は見えたことがありませんし

神の声も聞こえてこない

そりゃそうなんです。

一体どんな答えの受け取り方を期待していたのか?(笑

それを知らないんですから。

 

ただ、内側から 出てくるものは なぜかそれを知っていたり、口がそう言うのですよ。不思議なことに。。。

面白いのは 自分の口が言う事に驚いたり感心したりすることもあることでした。

誰かに何かを伝えていて 話しながらそう言ってる自分がいる

自分の言う事に「へぇ~そうなんだ」とか

「オマエはどうなんだ!?(自分に対して)」とか思ってる

特にしばしば困ったのは、怒って誰かを非難し始めた時には

言ってる言葉がまるで踵を返してこちらに向かってくることがあって

自分のしたことと重なって 

頭の中で「人のこと言えんやん!」って言うんですよ

で、もうそれ以上言えなくなって 急に口をつぐんだり、モゴモゴムニャムニャ・・・。

(すみません、私もです)ってなります。 catfacesweat01

このダブルイメージ なんでしょうね(笑)

でもね、

他人が言ってる時はもっと早くにわかりますよね。(笑)

皆さんも経験あるんじゃないですか?

誰かの文句を言ってる人に対して 内心

「あんたもなー」ってツッコミ。 これ、よくありませんか?

そう、人のこと言えんのですよ。

誰かに怒っている時、自分のことは棚に上げてますから。

また、

まだ自分がしたことのない失敗を他人がした時、

思いっきり非難したり、馬鹿にしたりすることが若い頃ならしてしまうことがあると思いますが

それ、いずれ自分が言われる側を体験するんですよね。

その時に思うんです(私もか・・・)って

すっごい キマリ悪さ。(苦笑)

この時に、自分と、自分が咎めた誰かと、同じことをしてしまった人全てを『赦す!』 ができれば、

心のキャパが拡がって一回り大きな魂へと成長できるんですよ

逆に

私はいいけどあんたはダメ とか 

自分の場合は正当な理由があるけど、あの人はそうじゃなくてバカだから とか

自分を上げて他者を下げる みたいなことや、

逆の 自分だけ下げる とかすると

意識の成長はないので、 その学びはクリアできてないですから

再チャレンジさせられます。

神(ユニバース)は心が広いですよ~。何度でも何百回でも再チャレンジしてくれます。しかもだんだんわかりやすく答えが見えやすいようなパターンへバージョンアップ。

そう、何度もその問題を経験する ということ

なので、同じ課題が繰り返す人は

あなたのとらえ方を再確認して修正してくださいね。

自分で学びを体験しなくても

他者が代わりにしてくれて それを学びとしてクリアすればもっと楽ちん。

 

「本当は誰も悪くない」

 

失敗は誰の下にも起こりうる のです。

大事なことは

失敗をしない ということではなく

失敗したらみんなでフォローし合う ということです。

責任を押し付け合ってどうするんですか。時間と労力の無駄。

失敗を正当化することじゃなく

失敗で生じたダメージやトラブルを修復する その助け合い。

傷付いたら手当てする みたいなこと。

 

左手の小指が怪我した時に

右手が、「あ、それ俺の責任じゃないから手当とか左手が自分でやれよ」

って、言っちゃうようなもので 自分のことしかしない 興味ない

って 違うんですよね。

でも、もちろん出来ないこともあるので

そんな悔しさすら 受け止めて認める。

 

もしあなたができることを 喜んで 他者も助ける協力ができたなら

あなたの周りは癒された人で溢れます。

つまりカルマが消える。

(あくまでも喜んでできないならしない方がいいですが)

これは豊かさの種まきです

あなたは誰かのカルマと自分のカルマを同時に消すことができるのです。

他者を通して。

仏教なんかではこれを『徳を積む』っていう言い方するんですけど、

これ、豊かさの貯金なんですよ。

そうそう、宇宙銀行とか言ってる人もいますね。

あなたは豊かさを増やすことをしていますか?

循環させないで独り占めというのは豊かさではなく

干ばつで農地を枯らしているようなもの

田んぼに水を流してくださいね。

良いお金、良いエネルギーの使い方をする ということです。

ページ上部へ