ホーム>スタッフブログ>意識

意識

ウイルス

世間はコロナウイルスのことで大騒ぎですね。
最初はどんな恐ろしい伝染病なのか? と皆さん不安がよぎったことと思います。

かかったら死んでしまう みたいな・・・。

でも、それほどではないようです。
インフルエンザよりも症状は軽いくらい?

致死率もインフルエンザよりも低いみたいです。

でも、身体が弱っている人にとっては 命取りにもなりかねないので

私たちがまずすることは、

自分の健康状態を整えることと

身体の弱い人に移さないように防御する ということです。

小さい子供さんや お年寄りの方に気を付けてあげること

健康な人間はそれを持ち運ばないように行動に慎重になる ということです。

でもこれは、インフルエンザも結核も その他の伝染性の病気はすべて同じことが言えます。

かかったらどうしよう?? と 不安になっている方

あなたは治りますので大丈夫です。

2,3日熱にうなされてぶっ倒れていればそのうち治ります。

かからないためには

寝不足や過労にならない ということです。

そして マスクを買い占めて、必要な方が買えなくなるということにならないように配慮する。

 

小さな子供さんは病院に連れていくのが遅くなると危険ですから

熱が高くなったら躊躇せずに病院に連れて行きましょう。

 

私たちはみんなで協力すれば危機を回避することができます。

 

このガタガタの日本経済も

国民が意識を高めれば 奪い合いなどすることなく

みんなで安全にくらすことができるのです。

 

このような問題や試練、災害は 

私たちに大切なことを示します

それに気付ける大人でありたいと願う日々です。

幸福のありか

愛されると幸せですね。

人は無意識のうちに愛されることを求めています

でも、愛されすぎたり、望んでいない愛 というものは

好ましく感じません。

それは 愛のように見える執着だからです。

本物の愛 というのは 存在をあるがままで受け止める ということです。

自分の好みに変えようというのは、愛ではありません。

また、自分の価値観に当てはめようとすることもまた 愛ではありません。

護りすぎて 相手の体験を奪うことも

相手の試練を肩代わりしてしまうことも

愛のように見えて 愛とは違うものになっている場合もあります。

人は試練によって魂が磨かれていきます。

これまで周りの人々に沢山護られて沢山甘やかされてきた人はそれからの苦労が多いです。

だって 試練を自分の力で乗り越える経験が無いのですから

いろんなことを恐れ、いろんな人に依存しなければならなくなってしまいます。

成功することや 何かを多く得ることが幸福なのではありません。

あなたという人間を生かしていく自信が自分にあるかどうか

あなた自身に愛を向けている実感が自分にあるのかどうか

あなたがあなたを好きでいるかどうか がとても大事です。

神はあなたの中にあり、あなたの真我が神の意識です。

真我を見失ってしまうのは 神の愛を見失っているということなので

あなたは 真我と出会うことで あなたが愛されているということを確信できるようになります。

瞑想は隠れた真我を輝かせるツールです。

あなたは 存在しているだけで尊いのです。

今以上に何者かにならなくても あなたは充分素晴らしい存在。

そのことに気付くことが 真の幸福なのです。

ですから、自分が正しいかどうか 

ちゃんとしてるかどうか

基準に達しているかどうか

確かめようとしなくても大丈夫だし、

他者の足らないところを突っ込んで 矯正しようとしなくていいのです。

人はそれぞれに自分に丁度いい生き方をするものです。

お互いに自分らしい生き方を尊重し合いましょう。

それができるようになると

本当に 私は幸せだな と実感するようになります。

202031155411.jpg

自分らしく生きる

試練も踏み越えて。

心のゴミ

ある方のメッセージで心のゴミについて書かれていました。

最近、周りでいくつかの旋風が起きていました。それらがちょっと気になったりしていたものですから

とてもタイムリーなメッセージとなりました。

 clover clover clover clover clover

ゴミ屋敷に住んでいたら
家の汚れは気になりません。

しかし綺麗に掃除された家では
ちょっとしたゴミも
気になるものです。

人を批判するこころ。

人を嫉妬するこころ。

人を軽蔑するこころ。

不満を口にするこころ。

愚痴を口にするこころ。

怒りを口にするこころ。

これらはこころの汚れです。

こころのゴミです。

ほっておくと
こころはゴミで汚され
輝きを無くします。

自然界は調和し
美しく存在しています。

しかし人間社会は
ゴミ屋敷のようなものです。

エゴというゴミが溢れて
汚れています。

それは地上世界が
魂を磨く道場だからです。

こころのゴミを処分する。

こころを掃除する。

こころに雑巾をかける。

こころを磨き綺麗にする。

これが人間としての
人生の意義なのです。

あなたのこころの中に
ゴミがあるのは当然です。

それを綺麗にするのが
人生なのです。

こころが綺麗でないと
幸せを感じません。

共にこころを掃除して
魂を輝かせましょう。

そして幸せに生きましょう。

 clover clover clover clover clover 

愛の人、アダム徳永さんのメルマガ・モーニングメッセージより

いつもとてもスピリチュアルなメッセージをありがとうございます。

コミュニケーション

人との関わりの中で 嫌な思いをしたことがありますか?

 

お互いの気持ちが反発して 嫌な思いをする時、それは感情の摩擦 カルマの発動です。

内側にある怒りや悲しみの感情が噴き出します。

 

でも、その感情に飲まれないで下さい。

 

愛ある対応ができない人は 愛が枯渇しています。

それができないことで その人の人格を否定するのはちょっと待ちましょう。

愛が足らない人は人に愛を向けることができません。

それは欠陥ではありません。ただの枯渇です。

 

先日、ヒーラーのハビエルさんが言っていました。

愛を与えられない人には、愛を与えてください。

あなたから愛をあげれば その人は癒されます。

愛は内側から湧いてくるものですから あなたは足らない人に愛を分けてあげればいいのです。

 

これは私も同じ考えで、

もう一つ付け加えますと、愛は無いから出ないのではなく、蓋をして塞いでいるので出ないだけなんですね。

出ないから無いと思ってる。 これは神と分断されている状態です。

内側の神(高次元とか仏も同じところ)と繋がっているパイプが詰まると愛が流れてこなくなり枯渇します。

内側のそのパイプが通ると、神(真我)からいつでも愛が流れ込んでくるので枯渇しようがないのです。

そのパイプを詰まらせるのは『思考』ということも聴いたことがあります。

 

愛はフィーリングですから 言葉でパッケージにすることはできませんからね。

でも、パッケージできなくても、言葉に愛をのせることはできます。

 

それの最たるものは マインドフルネスの創始者、ティク・ナット・ハン禅師の言葉です。

ティクナットハン書.jpg

I am here for you

怒り


怒り というテーマがこのところ浮上してました。
カルマが おおかた掃除されたベテラン瞑想者の皆さんは
あまり怒りが起きません。
それでも 人ですから少しは起きるのですが
外に感情を放出するほど激しい怒りは起きません。
 
ちょっと眉をひそめる程度に
内側に摩擦の感情を感じる
 
でも、それは大概 観察で終わってしまいます。
 
このところ 怒りについてのご相談が多かったので
怒りについてお話してみます。
 
親子喧嘩の渦中にあるお母さんからのご相談
 
娘が逆らいます。自分が悪い癖に。叱ったら態度が反抗的
苦労して学費を出してやる気が失せる
学校やめさせようかな・・・
 
子供には子供の感性と体験があります。
それは親にもコントロールできないものです。
彼らは 体験して味わって この世界を学んでいるところです。
 
このお母さんは、ご自分を犠牲にしているのではないでしょうか。
子供のために。
それはなぜですか?
 
もし子供ためだとしたら、学校を辞めさせるという体験は彼にとってベストなのかどうかを考えてから判断してください。
 
一時の感情で大喧嘩に・・・
悪いのはあいつ、  なぜ反省しないのだ?
 
もし、あなたが 何かを失敗して、上司から頭ごなしに怒鳴りつけられ、人格を否定されるようなことを言われたとしたら
あなたは素直に反省できるでしょうか?
あなたはどんな叱られ方をしたいですか?
 
一度だけじゃないのよ、何度言っても同じ失敗をして、
おかげで親の私まで叱られた。
人に迷惑かけるなんて許せない。(怒り心頭)
 
人に迷惑をかけたことが無い人間は いません。
ただ、それに無頓着だと信用を失います。
ただそれだけの話です。
何を教えるのか は 失敗しないこと、怒られないこと ではなく
失敗した時どうするか です。
誠実である幸福を教えていただきたいのです。
 
とばっちりで怒られたことの恨みとか
怒ってきた相手の度量の小ささとか
うかつすぎる子供に
腹を立てて 怒り心頭のお母様
 
今、自分の内側の怒りを抱きしめてください。
嫌だったね。
怒りの感情は苦手だったね。
ヨシヨシ、、、なでなで、、、(´;ω;`)ヾ(・ω・`)
 
パニックを起こしてるインナーチャイルドに語り掛けてくださいね。
「大丈夫。大人の私があなたを守ってあげる。。。」
内側で恐れている小さな私、もう恐れなくていいんだよ。

犬と子猫

ワンネスは愛

ワンネス 地球って一つの命

 

個々の生命は 身体を構成する細胞のようなもの

全体があって 個は生かされます

その細胞は中身が新陳代謝で常に入れ替わりながら

細胞という形を維持して、役目を終えて次世代へと入れ替わる。

 

身体の細胞も 地球上の生命体も 原理は同じです

 

私たちの意識 は 身体の意識 エゴ(自我) と

魂の意識 真我でできています

それは同居人のようなもので

最初は自分と同居人を同一化して思い通りに動かそう とするけど

実は同じではない ということに気付き始めます

 

別とはいえ、互いに認め合って尊重し合って

仲良くすれば それは仲良し家族のようにハッピー

相手のニーズも汲むからこそ、お互いに思い遣り合うことができます。

ちっとも言うことを聞いてくれない と思っている時、

その意識は相手の思いを汲むことを忘れています。

 

仲良くする というのは

いうことを聞いてもらう ということではなく、

相手の言うことに耳を傾けて 理解してあげて初めて成り立つのです。

一方的に言うことを聞かそうとするのは エゴイスティック と言います。

 

自分一人の意識のなかでもそれが起きています。

身体の意識と ハートの意識(真我) いないことにしてはいけません。

一緒に居ようね と 声をかけることろから。

 

あなたが愛になる時です。

あなた自身も 正直でいてください。

感じることそのものが 本当のあなた です。

とらわれない

昨日の続き と思いましたが、ちょっと惹かれることがあったので、そちらを。

 

今日、ある言葉を目にしました

 

「ちゃんとしっかりとやる」にとらわれている人は

「丁寧にやる」に言葉を変えたらいい

 

これこれ、そうそう。 

限られた時間でいくつものことを全部ちゃんとしっかりできなかったので自分を責めている方

沢山いらっしゃるんです。

無理は短時間しか持ちません。

常にちゃんとしっかりやりたくて、できなくてイライラして

家族に当たり散らしたり 絶対しないでくださいね お母さん。

 

「いや、全部完璧なんて望んでない、せめて最小限によ!」と言いたいかもしれません

でも、それを望んでいるのは あなただけ かもです

あなたの願望を強いられる周囲の人間はちょっと困ってしまいます。

 

家族というものは 自分と同化して考えてしまうことも多く、

「なんで私の思いや立場を分かってくれないの?」と思ってしまいがちですが、

それぞれ個性や、それぞれの思い、それぞれの注目点は違っていて

その違い同士が共存できることが バランスのいい調和 なのです

 

これは自分自身だけのことでも言えます

考え(マインド)は自分の決めたルールを行使したがります。

これは外したくない! ということを外してしまうと、「イヤだ!」 と反応してしまいます

自分がマインドに取り込んだルールが厳しければ厳しいほど、

自分の身体や心に無理を強いてしまいます。

 

ルールより あなたの幸せを優先してください。


まずは そこからです。

現代人の忘れているもの

今 日本はストレス社会と言われています。

仕事がきつくて疲れ切っている人や、

給料が充分でない、職が安定していない、仕事が無い 

など 困っている人が大勢います。

生活レベルを保てるほどの十分な収入があって、更に休日や余暇を取れる余裕のある生活をしている人が全部 というわけではなく、

かなりの割合で生活が苦しい 人々もおられます。

また、

物質的にはとても豊かなはずなのに生きづらい と感じている方も多数おられますね。

日本は豊かだけど、自分は貧しい 

あるいは、物はあるけど満たされない。

 

なぜ満たされないのか? 

 

どうしたらいいか わからなくなってしまいますね。

 

生き方を見失う状態です。

 

それで、 生き方探しを始めたりするのですが、

あちこち訪ねても なっかなか見つからないのです。

 

目の前は相変わらず不満な事だらけ。。
 

何がどうなっているのか?

 

その理由は、いくら外を探しても見つからないのです。

 

それは、自分自身の内側に 大きな原因が入り込んでしまっているから

 

そう、世界観そのものが生きづらい生き方へチャンネルを合わせてしまっている

んです。

 

それから抜け出すにはどうすればいいか が 課題です

あなたを疲れさせるのは周囲にいる人間や外側の状況なのではありません。

 

疲れた時は休んでください。

休めない ということが異常なのです。

健康や命を犠牲にするほどの責任や欲望って あなたはどう思いますか?

その異常な考え方や社会を 当たり前などと思わないでください。

 

そうしなければ生きていけない と言う思い込みは毒のようなものです。

 

すごい頑張ることだけが素晴らしい事じゃありません。

頑張りたい時は頑張って、休みたい時は休める自分でいてください。

 

これを邪魔するのは真面目過ぎること。

過剰な責任感は 自分自身を犠牲にしてしまいます。

 

あなたは あなた自身を健全に生かす責任があります。

誰もあなたの健康状態を実感することはできないので

あなたは自分の身体の声をもっと大事にしないといけません。

 

ここで、あなたの邪魔をするのは 自己評価の低さです。

 

頑張らないとダメな自分 なんてものは 本当はないんです。

頑張りたい時は横んで頑張り、疲れたり辛い時は休んでもいい。

逃げられない時は 持ちこたえる時もありましょうが

それを日常にしなくていいんです。

 

これしかない なんて思わないで。

今、生きにくい社会は 私たちの代で変えていきましょう。

生きづらい常識は捨てよう。

そんなものは大事にしなくていい。

 

その言葉には抵抗があるなら

言い直します

常識は知っていてもとらわれる必要はないのです。

必要な事は ルールではなく、その時に一番調和解する決策です。

悩むこと

こんにちは。

年末はなぜ気ぜわしいのか?

相変わらずの師走な12月です(笑)

 

昨日 電話相談の事例を拝聴しておりまして思ったこと。

悩みというものは 本当に沢山あるようですねぇ。

 

私は、普段あまり昔のことは考えないのですが、

いろんな方のお悩みを聞くと、

そう言えば自分も昔は色々悩んでいたなぁ と思い起こされます。

 

悩みは 思い通りの理想ではないということに抵抗する気持ち です

 

若い頃は理想を求めていました。

それがカッコイイ生き方だと思っていたのかもしれません。

 

今はそもそも、理想や思い通りにしよう という頭がありません。

そう、あるがままを受け止めています。

それでは足らないと 不満を持たない ということです。

つまり欲張らない。

 

好みとか苦手なもの というのはあります。

それは目の前にあるなら このんで選んだり、近づかなかったりします。

危険にたいしても警戒します。でも、恐れてはいません。

 

目の前にないことをどれだけ恐れてもどうしようもないからです。

予防ということはできますでしょうが、

出来事は起きる時は起きるし、起きない時は起きないですし

起きてはならないこと と決めたところで、起きるものは起きてしまうのですから

それは仕方ありません。

むしろ 原発など、事故が起きる要因を持ちながら事故は起きてはならない などと言ってる方が奇妙に見えます。

 

要因があれば それは種です。

 

ですから、人間の煩悩とか 欲に関しても

あるのが普通なので あってはならない なんてことは考えず、

あるものだから どう付き合おうか という風に考えます。

 

誤解とか 思い込みとか 過失とか 忘却とか 不義理とか

あるものだから それが起きても 平和に仲良くするにはどうしたらいいか

を工夫します。

 

人は 一人一人は不完全なものですが

皆で助け合うことによって 満たされる社会が実現します。

 

社会に蹴落とされないよう気を付ける ということは

零れ落ちる人を助けようと思っていない ということですし

 

人から批判されないよう気を付ける ということは

あなたが人を批判するという大前提がそこにあります。

 

私がしないことは この世界から一つその要素が減る ということであり、

する人を責める ということは

あなたもまた何かで責められている ということで

 

あなたがしていることが この社会を作っている と言っても過言ではないのです。

 

実際、自分が見ている世界は あなたの波動が届いていますので

あなたの生き方そのものが反映されてしまうのです。

 

あなたが 愛に満ちた人を生きれば

世界もまた 愛を反映してきます

 

あなた自身が世界や人を愛せているか

あなた自身が自分を愛せているか が あなたの世界の重要なポイントです。

 

これは、実感するまでは 絵空事のように聞こえますが、

実際実践してみると 万有引力と同じくらいの影響力です。

 

あなたは世界にどんな波動を投げかけているでしょうか?

あなたの思い 一つ一つが あなたが見る世界を創り出しています。

 

愛し方がわからない という方は

ぜひアトリエ霽月にお越しください。

最期の壁

どうしても 何らかの壁が取れないような感じで

100%スッキリしないんだけど? というあなたにお話しします。

 

しばらく瞑想を続けているんだけども

なんだかわからないけど、何かが取れていない感じ がしている人

スッキリしないですよねぇ。

内側に潜んでいるものを出したいけど出ない

あるいは出すのが怖い のかも・・・

見たいようで見たくない  などなど

様々な思いを味わっておられるかもしれません。

 

これ、心配しなくていいです。

もやっとしたものがあっても むりにそれを潰そうとしないでください。

それは時期が来れば全部出て行きます。

 

なかなか出て行かないのは まだ出て行く条件が揃っていない

ということも大きいのです。

急ぐことなどありません。

 

ただ、日々直面する事に真摯に向き合ってください。

自分に与えられる運命を生きればいいのです。

出来ても出来なくても

どちらでもいいのです。

あなたが あなたの思うように生きた時、

出て行くものは出て行き、

時期を待つものは まだあります。

 

どうぞ自然体で今の自分を楽しんで生きてください。

勇気があってもなくても

どちらでもいいのです。

思うように生きてください。

 

そして どうしてもチャレンジしたくなった時、

あるいは、逃れられないほど直面した時、

覚悟を決めて前に進めばよいのです。

 

出来るか出来ないか が 問題なのではありません。

今のあなたを そのままで好きでいられるかそうでないか が問題です。

今のあなたを好きでいてください。

そして

もっと好きになるように動いてください。

精一杯ジタバタしたり

つまらないことで悩むような

人間らしさも 愛してください。

泣いたり笑ったり

感情が大きく動くと あなたのカルマは大きく解放されて

もっとスッキリします。

 

カッコ悪くていいんです。

そういうところも

愛される要素です。

 

命はみんな 愛おしいものです。

あなた自身のありのままを愛してください。

ナマケモノ

外側で何が起ころうと ただ一心に生きる。

それが美しいのです

壁はただのイメージ です。あなたが作り出したもの。

実体はありません。

ページ上部へ