ホーム>スタッフブログ>心の在り方

心の在り方

認識

目の前の出来事をどうとらえるかは 人によって様々です。

起きたことがひどいことなのかよかったことなのか

あなたはその出来事・その相手をどうとらえているでしょうか?

 

こんなにひどいのよ 

私はこんなにひどい目にあったのよ

というアピール

その昔、自分にも身に覚えがあるので

その行為を批判しようとは思いません。

人はそれをしてしまうこともあるのです。

 

出来事に自分がとても傷ついたり、辛いと思ったことに対して、

心の痛みを他者に分かって欲しいのですが

分かって やさしくしてもらいたい という意図が無意識にあるのでしょうが

私はこんなに辛い目に遭った 嫌だった という主張をけっこう必死にしていたりします。

無意識です。その主張は衝動から来ているので、あまり意図的ではないのです。

でも、聞く側は、そのアピールは 無意識の意図の方が見えるので

「この人、自分が被害者だと主張している」と感じてしまいます。

アピール にしか見えません。

言う側は (ほぼ無意識に)相手に納得して同情してもらいたかったりするので

裏を見透かしてる相手の冷ややかな反応に焦りを感じて

さらにアピールが過熱します。

延々と自分の不幸を語ってしまうのです。

伝わったという満足感が無いので終わりがありません。

それがいかに不可避でひどく、私は悪くなかった ということを話し始めます。

こういう時 聞いている側はとても居心地悪く感じています。

でも話している側は、自分がしている波動の低い行動に気付いていません。

無意識の意図に没頭してしまうからです。

「理解してほしい」・・・「どうしてわかってくれないの?」「どうして受け止めてくれないの?」

それは自我の視点

そこから見ている限りは 真実は見ることができません。

被害者というフィルターごしに見た世界を伝えようとしているので

そのフィルターを持っていない人には 違和感が伝わっています。

そういう人同士は繋がりや接点が薄れていきます。

波動が合わない という現象です。

疎遠になってしまいます。

 

この場合、話をする側に自覚がないことが多かったりします。

気が付いていれば自分で修正するので、

言い続けている間は自覚がないだけなのです。

ただ、起きたことを話しているだけです。

愚痴とも思っていない。

「だって、そうだったんだ」 と思っています

その記憶は カルマというフィルター越しに見た世界なので

その痛みは 誰かの悪意によって起きたものではありません。

ただ偶然に起きてしまった 摩擦 なのです

出会い頭に誰かとぶつかって

痛てててて (>_<)

面食らって (;´Д`)

すぐに「ごめんなさい、大丈夫?」とは 言えなかった

そのかわりに

「なんだこの野郎、痛てぇな!」と言ってしまった

そこからの展開なのです

「ごめんなさい」と言うか「なんだこの野郎」と言うかの違いは

とても大きいのです。

他者から大事に扱われているか と気にしているベースと

他者を大事に出来ているかを気がけているベースの

波動の違い

もちろん、誰かを傷つけることを恐れている波動と、大事に扱いたいと思う愛の波動も随分違います。

自分を責めすぎる人

そこには違うカルマがあります。

同じ行動で波動が違う これは大きな差が生じます。

どう違うのか?

外側から見た時の印象を想像してみれば

その違いはよくわかるんじゃないかな と 思います。

人間は 自分のことが一番わからない生き物だったりします。

他人のことはよくわかるのに。

 

己を知ることから始まります。

 

本当は良いも悪いもありません。

ただ出来事があるだけなのです。
それぞれの都合で 好ましい好ましくない が 発生します。

エゴの視点からの脱却

悟りのポイントです

ただ、事が起きているだけ

良いも悪いもない。

約束

約束というものは どれだけの拘束力があるんでしょう

人は約束したことを相手が破った時に怒ったりしますが

それは本来絶対のものではないと思うんですよね。

だから私自身は約束ほど不確かなものはない という気がしています。

ただ、社会生活においては そういうわけにもいかないので

法的に義務を作ったり拘束力を作ったりして 人は安心したいんでしょうね。

人間の作った法律 というものは 混乱や摩擦を嫌い秩序と安定を求める人間の思惑で作られるのですが、文章による拘束力というものはとても表面的になりがちです。

本来は その根底に愛がなければ、どれだけ法的に整備しても

本当の安定や調和は生まれない気がします。

最初は思いに沿ったものでも やがて形骸化したり、時代にずれが生じてしまうからです。

約束の拘束力が強ければ強いほど、それが守れなくなった時の破綻の程度も大きくなるような気がします。

約束は完全ではありません。

それを完全にしてはならないと思います。

人間は失敗する生き物だからです。

本当は 人がちゃんと愛や信頼で繋がることができれば

法的な拘束力など必要はないんですけどね。

これからの新しい世界が 愛で繋がることが基本になればいいな と思う今日この頃です。

自分の中にも 愛とエゴがいるので そのどちらを使うか

常に選択していますが

今の気持ちは愛を選択したいと願うばかりです。

エゴは常々 好き勝手に頭の中で発言しますが

それと同時に 自分の中にある愛や慈悲も いつも一緒に世界を見ているのです。

起きることが起きて 出来ていたこともできなくなることがあるでしょう

それも仕方のない流れなのだと思います。

何が起きたとしても

心を安らかにいたしましょう。

人は今できることしかできないのでございます

言い訳する必要もありません。

起きることはすべて必要があって起きているのですから。

愛と執着

前回のブログに関連する話です。

愛する人、大好きな人と別れるのは大変辛いものです

こんな思いは耐えられない と思うでしょう。

身が引き裂かれるような心の痛み を体験するかもしれません。

そんな辛い別れ。

好きで好きでたまらない というのは、

本当は愛というより、執着なんですね。

恋愛の愛情がそれで、実は『愛』という漢字はこの愛情の執着のことを意味するものでした。

でも、Eternal love、神の愛、無償の愛 というような真我の愛は ちょっとこれとは別のものです。

 

この人がいないと生きていけない気がする というのは

愛ではなくて 依存なんですね。

本当の愛ってなんでしょう?

それは無償の愛。。。

相手の幸福を願う事?

いえ、あるがままをあるがままで受け止めること

何も望まず そのままで尊いんだよ と知ること。

否定のない 純粋な愛。

 

愛は いろんな面を持っているともいえます。

愛は形ではないので、

同じ行動でも愛なものとそうでないものがあります。

そこにあるのは 波動で それは出す人の無意識の心の波動。

エゴの雑味が消えれば消えるほど 純粋な愛になるように感じます。

良い悪いという問題じゃないんです。

純粋なものを嫌う人も中にはいますしね。

そこにはただ存在があるだけ。

そう、いろんな形で、いろんな状態で。

それを全部ひっくるめて 存在そのものを愛する。

 

この世界にはいろんなエネルギーが渦を巻いて対流しています

私たちはその中で生かされているに過ぎません

私は 純粋なエネルギーは好きですね。ぶっきらぼうでも です。(笑)

裏表がない感じが好きなんだと思います。

内側の黒いもの あったっていいじゃないですか

みんなそれなりにあるんです。

でもね、
手放せば無くなるんですよ(笑)

ありのまま って健気なんです。

キラキラした命です。

ピンクの光

 

思考の癖

ネガティブがやめられない  というご相談をいただきました。

そのことについてちょっとお話しましょう。

ネガティブ、別にやめなくてもいいんです。

それにはどこか心地よさと救いがあるのでやってしまうのでしょうね。

え?心地よくない!って?

そう。もちろん心地よくないんですが、自我はそちらの方がまだマシなんです。

自我の意識が現実を受け止めたくない時にまだマシなシチュエーションを作り出す。

これが自己防衛機制のしくみ

これが癖になると、頭の中が思考だらけになります。

だって、いじらないといけないイメージが山盛りになってしまうでしょ?

どうしてこんなことになっているのか、自分の受け止められる範囲で納得したい

それが自我の思いです。

でも、受け止められる範囲を超えた現実に自我は悶絶します。

問題がなくなるまで、抵抗し続けてしまいます。

「いやだ、いやだ、排除したい」

あの人が悪いとかあんなことはダメだとか

正義を振りかざしてみても それは解決しない

相手には相手の事情がありますからね。

自我(エゴ)は自分の都合しか見えていませんから

ついつい相手が悪者に見えて 攻撃したくなってしまいます。

「私がこんなに困っているのに、なんで聞いてくれないの?ひどい人」

これ、相手からしてみたら、

この人、何を言っているんだろう? という感じになるんですね。

だって、その人は悪人として生きているわけじゃなく

その人なりに善良に生きたいと思っているので

悪気がないことを責められると ムカつきます。

相手が大人だったら、

「あらあら、そうだったの?気が付かなかったわ。ごめんなさい。これから気を付けるわね」って言ってくれますけど。

文句を言うこちらと同じレベルだと

イラッとされて、「おまえこそなんだよ」って売り言葉に買い言葉 なことになっちゃう。

誰が自分目線なのか・・・ 本当のことを知る必要があるのです。

感情を交えずにただおきたことをそのままに把握すれば

そこに悪意も意地悪も存在しないことに気付きます。

普通にしてるだけなのに相手に迷惑がかかるのは

お互い様のことなんですね。

それを責めるか責めないか の違い。

 

あなた酷い人ね! といわれて、素直にごめんなさい って言えるなら

あなたはすごく心優しい人でしょう。

私なんか、そういう風なエネルギーを向けられると

とっさにムカつきますけど、(笑)

もう大人なので すぐに怒りは手放します。

「ただ、起きていることが起きているだけ」

「良いも悪いもない」

必要があれば何かを改めますし、必要がないと思えば スルーします。

それは私の方針ですけども、

どんなやり方をしたって 構わないんです。

あなたの体験はあなた自身が決めること

いい方法が分からない場合は うまく行くやり方がある。

それが宇宙の法則、つまりダルマを知ってそれを利用してコヒーレンス(摩擦が無い状態)にすること。

摩擦を作り出しているのは あなたの意識ですからね。

 

摩擦を沢山作り出しながら 平和に生きていたいの と言っても

それはちょっと難しい。

水をかき混ぜながら 水面が鏡みたいにならないの と言っているのと同じなので。

あなたのどの手が流れをかき混ぜたり、流れに逆らっているのかを知る

悟りへの道ですね。

ただ あるがままをあるがままにさせておける時

心は平和です。

雄大な宇宙を思い通りにするのは無理

ただ、そこを楽しめばいいだけです。

どんなことも面白がって。

 

命は健気で愛おしい

雪景色

威張る

威張る=マウンティング という行為、

より偉い人がやりそうなイメージですが、

そうではありません。

威張るという行為は 自己承認が出来ていない人がします。

自分自身が自分の価値を認められていない時に

他者の承認を必要とするため、わざわざ自分が他者より優れているというアピールを外側に対してするのです。

なので

「俺様を誰だと思っているんだ!?」という心の声には

実に小物感を感じてしまいますね。 coldsweats01

そう オコチャマなのですよ、精神的に。

本物の立派な方はそんなことしないですね。

成熟した大人ほど謙虚なんです

だって、自分がどんな者かを知っているから。

自分自身を他者の評価に頼らなくても知っているので

誇大評価も過小評価も 単なる表面的な見え方に過ぎない ということを知っています。

外側の評価は 必ずしも過小とは限りません。

逆に過大に評価される場合は 本人はけっこう苦しんだりします。

そう プレッシャー です

そんな力はあるかどうかわからないのだけれど、世論が

「優勝しろ」「金メダル!」と言う場合

オリンピックの選手とかスポーツ選手などに求められるソレです

自分の失敗が多くの人々を落胆させると分かっている時

なかなか大きな怖れを体験するでしょう。

応援している人はそれを理解して応援しているとは限りませんので

失敗してしまった時に落胆と怒りに任せてひどい罵声をあびせたり

なんてことが起こったりしますが、

本当にその罵声に残念な気がしますね。

日本ではまだ思いやりのある人の割合が多いようですが、日本以外では大変な話をたまに聞きます。

これは精神的、魂的に成長が未熟であることなのでしょう。

 

威張る という行動

エゴの意識がやります。

誰でも持っている自我です。

それは子供の意識 みたいなものです。

大人になってからもあります。

悟っていても エゴはいます。

悟っている人はそれがエゴだとわかるので外には出しません。

人間の身体の意識なので共存しているだけです。

自我の意識も 自分が承認してあげれば

わざわざ外に主張したがることはしません。

言ったとしても 微笑ましいものです。

あなたは あなたのそのままを愛してください

それ以上でもそれ以下でもないし

そのままで十分尊い存在です。

他者に評価させなくても

あなたの存在はいつも輝いています。

命がある ということが輝きなのです。

ハナカマキリ

とらわれを手放すアセンション

いろんなとらわれを手放せないでいる時は 苦しいですね。

いろんな怖れを持っている時も 苦しみです。

このようなお悩みの方は、

その悩みは取れないもので しかもそれがある限り自分は幸せを味わない

と 思っておられますが、

実際 悩みにしがみついているのは ご本人だということに気付いておられません。

「私にはそれが手放せないの。仕方がないのよ。」

私もかつてはそう思っていたのでお気持ちはわかります。

違います。手放し方がわからないだけ。

こういう場合 悩むことがその人にとってはメリットがある

ということが陰に隠れています。

その人は悩みを手放した時の自分を怖がっています。

手放すことの不安が、今苦しんでいる事よりも大きいので

手放せないんです。

それは、孤独を受け入れないといけないことだったり、

依存を手放すことを受け入れないといけないことだったり、

勇気を持って過去に別れを告げ 新しい自分を生きていかなければならない ということです。

プライドが高かったりしますと 特にそうなりやすいです。

私はそういうんじゃないの と 思ってる。

見たくない自分を認めなければならない

素直に現状を受け止める ということを プライドが邪魔するのです。

プライド・・・ 無くても全然幸せになれます。

むしろ、エゴのプライドは 自分に届かないようなハードルを課している場合も多いので自分の人生を生きにくいものにしています。

より高級な自分に見せておきたい・・・

そんなの、周りにはとっくに本当のあなたが見えていますよ。

あなたはプライドが高いんだな って。

だって、あなたもそういう人を見たら、わかるじゃないですか。

ああ、この人プライド高いな。って。

この人には言葉に気をつけよう・・・なんて思う。気分を害さないように。

あなたは今のあなたのままで 充分愛されている存在だということがわかれば

そんなプライドは意味を成しません。

だって、その条件を満たさないと愛されないと 無意識に思っているだけだからです。

それはたぶん、あなた自身が その条件を満たさない自分は愛したくない ということなのでしょう。

自分に条件付けするのは やめてもいいんです。

得意な事は必ず(いくらでも)ありますし、人はあなたが見ているものとは違うところを見ています。

あなたは もっと あなたらしく生きてください。

これまであなたを縛ってきた価値観や世界観は もう時代遅れです。

恐れていたものは幻想です。

新しい時代へ あなたもアセンションできます。

朝陽

余分なものは持たず与える世界

循環の世界へ。

あなたが与えるもの それは愛です。

その昔

合宿明けの週末、瞑想会や仏画教室が続いています。
意外と忙しい日々
日頃の活動の話もしたいのですが、
今日は書き溜めていた話題を出したいと思います。

 clover clover clover

その昔、

私が30代の初め頃、まだ長女が赤ちゃんだった頃、

当時の私はワンオペ子育てに音を上げていました。

そして、ある場所で悩み相談をしてこう言われました

「あなたは感謝がない」

その時、なぜかすごく腹が立って

「あんたに何が分かる」と思った という 記憶があります

今は その人が言いたかったことがすごくよくわかるのですが、

当時30歳ちょうどくらいの私は

その一言を受け止めて 言ってもらえてありがたい と思うほど大人じゃなかったです。coldsweats01

そして その時の私は その場所へ二度と行かなかった。

 

その私が、今はそういう言葉を口に出す機会がありました。

かつてそう言われたことがあったので その言葉をあまり使いたくないのですが

でも そう口から出てしまうこともあるのだな と 思いました。

ホントはね、そう言い切ってしまうより、気持ちに寄り添ってあげることも必要だと思うのですが

愚痴のオンパレードになると たぶん そう言ってしまうのでしょう。

まるで不満しか持っていないかのように 見えてしまう。

これ、本人にとってとても損なことなんです。

幸せを遠ざけている行為です。

 

30歳の私も 気持に余裕がなく、自分が可哀相だと思っていたと思います

内側には不満しかなくて。

寝不足と完壁にできないことだらけの苛立ちで くたびれていました。

自分ばかり 仕事(家事と子育て)をさせられてる気がしていました。

不満しかない私に嬉しい事が起きるわけがありません。

喜びを見つけて感謝すればするほど嬉しい事が起きるよ

と 言ってくれた人はいませんでした。

「感謝が足りない」「自分が悪い」という否定は

有効じゃないですよね

否定では 癒しは起きないんです。

今あらためて 「受け止める あるがままを受け止める」

そう意識するのでした。

喜び事は あなたが喜べば喜ぶほど起きるんです。

あなたが見逃してるいいことを見つけ出してみませんか?

いろいろありますよ。

やってみると意外とあります。難しくもないです。

 

人間は足りているものには無関心で

足らないものに目が行く生き物ですね。

それが普通のマインド だからこそ

あえて 良い事を意識するのでした。

だって、嬉しい事好きですもの。

あなたの集めたいものへ意識を向けてください。

苦手なものはいくらでも存在していますが、そこにフォーカスするのは時間とエネルギーの浪費だと思います。

ただ手放せばいいだけです。

有効に幸せに向かいましょうね!

可愛いコブタ

エゴ 

人間のエゴは欲張りさん

こんな現状で満足する私じゃな~い もっと!もっと!

どこまで行ってもまだ足りないもっと欲しい と望みたがりますが、

あなたが自然のバランスを崩してまで余計に得ようとすると

自然のバランスは崩れて不安定な状態になる 

ということまでは分かっていないでしょう。

え?分かってるけど見てみないフリ?

そうかもしれませんね。

あるいは、

人に好かれようと 過剰に自分の持ち分を越えて人に奉仕したり

与えすぎてしまうと、与えすぎた状態でバランスがとられてしまうため

あなたはそのエネルギー(任務)を引くことが難しくなってしまいます。

欲張って出さないことも、

賞賛や愛を求めて出し過ぎることも

自然に反するバランスを作り出してしまいます。

 

アンバランスに固定された社会は歪んでいてい居心地が悪いですね。

どうしてなかなかそんなアンバランスが改善されないかと言いますと、

今の社会は 人々が欠乏と怖れに基づいて生きているからです

攻撃の原動力は怖れです。

怖れがなければ 殺意も生じないでしょう

そして

貪欲の根底にあるのは、愛の欠乏です

求めるそれは 愛の代償

本当に欲しいものは ただ愛なのに

それが手に入らないと思い込んで 違うものに執着してしまうのです。

奪うエゴの歪み

そんな歪んで殺伐とした社会構造は やがて ユニバースによって淘汰されていきます。

自然に戻す大きな波は 災害や疫禍によって大きな揺り戻しがなされています。

ユニバースのやり方は突拍子もなく、そして効果的です。

自然は 無理な圧があると、圧の限界点で断層が跳ね上がるように 大きな犠牲を伴いながら

調和したバランスへ戻されます。

 

負荷をかけるのはエゴです

個々のエゴは小さいようでも それが集団化するととてつもなく大きな負荷へ増大しています。

特に集団化したエゴは正義を振りかざし猛進します。

人間が自然界を無視したことで起きる揺り戻し

元はと言えば人間が作り出した歪みではありませんか。

現代の日本だと山奥まで管理されて 人の手のついていない自然の方が少ないくらい かもしれませんね。

自然との共存は良いとしても

歪みの限界を感じるところは やはり自然体へと戻していくほかないでしょう。

それが『サステナブル』と言われる自然共存のスタンスです。

新時代は、自然との共存なしに繁栄はあり得ません。

住めない地球にするか 豊かで美しい地球で生きるか それは私達人間次第

調和する美しさと愛を あなたのものにしてください。

 

隣人を愛していますか?

あなたの身近にいる存在に 愛を向けることが第一歩です。heart01

植物や虫にさえ 愛でいられるといいなと思います。heart04

虫は ちょっと怖いから coldsweats01

でもその恐れは 無知から来るんです

理解すれば怖くない。

異種交友

愛はカルマを溶かします。



 

どうしようもない時

うまく行ってない時、自分が嫌になる時

辛い時、焦る時、もどかしい時

それは必要があって起きています

今の自分、いままでの自分と

私を取り巻いてきた世界のエネルギーバランスで

起きることが起きてきます

 

思い通りにならなくなった時

それは 全体のエネルギーバランスの圧に逆らうのが無理になったきた時

それでも思い通りの 理想通りの状況を作り出したいと思う時

流れに逆らってそれをやり遂げるか

疲れ果てて降参するか 

神はどちらをやってみてもいいよ とただ見守っています

正しいやり方 正解というのはありません

世界と調和するか 流れに逆らうか

あなたの自由です

 

こういう言い方をすると、太いものに巻かれるとか

寄らば大樹の陰 なんて言葉を思い浮かべてしまう人もいるかもしれませんが

世界と言うのはそんなにちっぽけなものではありません。

なにしろ宇宙相手ですから。

本来の流れに逆らっている人間たちホモサピエンスの集団は 

流れに逆らい続ける限り、やがて淘汰されていくでしょう。

時は永遠です

大きな波あり小さな波あり

でも、問題は、波ではありません。

海です。

意識の海 ユニバース

私達がこの海そのものだったことを思い出せば

目先の小さな波は問題ではない ということがわかります。

意識を拡げてください。

瞑想で空に入る時、あなたは宇宙と同化しています。

あなたが海だった経験をします。

それが何なのか 理解していない間も

あなたは大いなる意識の海と同化するのです。

大海原

流れに委ねてください

あなたは世界に生かされています

 

辛い体験をどうとらえるか

お悩み ありますか?

なんでこんなことが起きるんだろう

何でこんな思いをしないといけないんだろう?

どうして私が・・・?

私の人生ってなんのために?

な-んて思ったことがありますか?

その答えは 

『その経験をもとにあなたは何が出来るか』

という課題を与えられた ということなのです

そう、成長のチャンス です。

そこから あなたは プラス(ポジティブ)を生み出すか

マイナス(ネガティブ)を生み出すか 

あなたの意思に委ねられています。

 

最初はカルマの感情が出てきますからもちろんネガティブなものが噴き出します

「嫌だ」「ちくしょう!」「キライ!」「ムカつく!」「許せない!」

そう言う気持ちは出ても不思議じゃありません

だって、人間ですから。喜怒哀楽は常に起こります

でも問題はそれからです

ずっと腹の中にその怒りや憎しみを煮えたぎらせて沸々と醗酵させてどす黒いものにさせた時

あなたの心に悪魔が住みつきます。

そうならないためには、出てきた感情は手放して天へ預けてください。

あなたが仕返しをしてその恨みを晴らす必要はありません。

あなたを傷つけた人は いずれ あなたと同じ仕打ちを受けて それを受けとります。

したことをされる そういう因果応報が この世界にあります。

あいつはまだそうなってない! と怒らないでください。

因果応報は すぐに起きるとは限りません。

今生でおきなくても来世で起きますし、その因果を子孫が引き受ける場合も少なくありません。

沢山の人を不幸にした人は なかなか幸せになることができません。

まず 自分の引き受けたカルマの責任を負うからです。

ですから、他者への罰は あなたが与える必要はありません。

あなたは あなたの中に恨みの炎を飼うのをやめましょう。

その炎は恨んだ相手ではなく、あなたを焼きます。

全くもって利の無いことです。

あなた自身を憐れむことも同じです

あなたを幸せにできるのはあなた自身です

なのに あなたを幸せにしてくれない人を恨む というのはお門違いなのです。

辛い体験があなたを不幸にするのではありません

それによって何を生み出すかが あなたの幸せを左右するのです。

 

もし 辛い体験をしたことがあったなら その時の気持ちはよく知っているはずです

同じ苦しみを持った人の気持ちがよくわかる

どうなったらそういう人が発生するかも理解できるかもしれません。

あなたはあなたの体験を より幸せな世界を作るために役立てます。

自分に何ができるか どうすれば 自分と周りの人が幸福であるかを見つめてください。

何も行動を起こせなくとも

あなたの優しい心は 世界を幸せに導きます。

それだけで癒しは起きるのです。

頑張らなくてもいい 存在だけで世界は癒せます。

ネガティブな感情は 天へ預けて 手放してください。

ちなみに天界は浄化作用がありますので

あなたのネガティブは消滅します。

手放したネガティブはもう発動しません。

それが浄化です。

夕陽

ページ上部へ