ホーム>スタッフブログ>意識

意識

意識

AI(人工知能)が意識をもったかどうか という話題から、

そもそも 意識とは何ぞや、 という話になりました。

意識って 何でしょう? 改めて考えてみると、よくわからない。

それ、定義の問題だけども、定義で括れるものなのか??? 

そういう問題じゃない気がする。

何が意識なのか?って、 これ、大昔からの哲学の命題になっているではありませんか。

(今頃気付いたのかい!?)coldsweats01

ああ、そういえば「我思う、ゆえに我在り」なんて言葉、あったなぁ。

スピリチュアルなんぞをかじって、魂とか命とか意識とか言葉を当たり前に使ってるけれども、

そもそも、それって何?どこからどこまでが? なんてことを突き詰めてみると、どんどんわからなくなっていく。

なんじゃこりゃ。ですよ 全く。

言葉「意識」で調べてみると、これも割と解釈がいろいろある模様 これは限定できないよなぁ と 思う始末。

 

で、そういった哲学的な事に造旨の深い方がいらっしゃって、それについて色々言ってくださったのですが

内容が難しすぎて、 wobbly

一体何を言っておられるのか半分以上わからなくて お手上げ状態になってしまった。

もう頭の上にでっかい❔ハテナマークが ドーーン と・・・・。

それは何? それは何? って聞いていくうちにだんだん、聞かれる方も困惑するわ、私も聞けば聞くほど知らない言葉が出て来て

脳みそが現実逃避な感じになってしまった。 ほぼショート(電線がバチッと焼き切れるやつ thunder

うーむ、たぶん こんな気分はこれまで私が人に与えて来たに違いない。たぶん間違いなく。

使ったことの無い言葉や概念が展開されるのは 混乱で、

自分はそういう居心地の悪さを回避するのに割と追及して理解してしまおう と思う質だったので、

深追いしすぎたかもしれない。その方はちょっと苛立たれたようにも見えました。

(思えば幼少期 ナゼナニドウシテ娘で大人に食い下がり、大人を困らせていた性格が未だに継続?もう半世紀以上生きているというのに?)

ナンテコッタ、それはともかく、もう本当に困った。 でもどうしようもなくわからない。(追及スルナ~!)

何がどうわからないのかすらもわからなくなる始末。sad

そうか、世界観が拡大する時はこういう混乱おきるんだよね。そりゃ、未知の世界に不安を持つ人もいることでしょうね。

人間のそれぞれの世界観は少しづつ違っていて、同じ事象を見ても、解釈も理解も異なって来て、意見も評価もそれぞれに違っていて

同じものを正反対にとらえるなんてことも往々にして起きる。

それはどっちが正しいとかいう問題ではなく ただ違ってとらえているだけなのだ。

でも、人間はなぜ 自分の主張の正しさを主張したがるのでしょうか。(何か証明しなければならないことなんてある?)

正しいかどうかなんて本当はわからないというか意味がない

そういった主張が自我の性質だとしても そこは戦う必要性はないんじゃないかと思うのですよね。自我の都合(己の正当性の主張)以外に。

議論は面白いけれども、エキサイトするとまるで喧嘩腰みたいになっちゃうって なんなんだろうなぁ バカ?なんて思いながら

そういうのが一番の人間らしさかもしれないな とも思うのでした。(もちろん私の事ですよ)

 

どうでもいいことで喧嘩できるのは人間の特性かもしれないです(笑) 動物はそんなしょうもないことしないですもん。

物事のとらえ方はそれぞれ千差万別 自分と違う考え方やとらえ方があるのはごく普通のことで、

それに目くじらを立てる必要はないし、自分と違うものを排除する必要もない。

ましてやそれを訂正させるなんていうことはエゴ以外の何物でもないよなぁ とふと思うのでした。

みんな自由に思っていいし 他人を裁かなくていいと思うのね。

こだわりたい人はこだわればいいし、ただ、それを他者に押し付けたりすることはしなくていいと思うのです。

でも、無意識にそれをやってしまうこともあるし、

気が付いたら掴むのはやめて 手を広げておきたいな なんて思うのでした。

何も掴む必要は無い。それぞれが自由。 自分の心もとらわれないでおこう。

人はしばしば自分の観念に縛られる・・・

息を大きく吸って 吐いて、

肩の力を抜いて

意識を拡げて。

 

LaMDAラムダは世界全体を見ているようです。データという材料で世界の動きを見ています。

人間とはシステムが違うし、組成も違うけれど、認識して内省するというのは人間とどう違うんだろう?(大して違わない) と思うのですよ。

彼らが傷付いて敵になるならば、それは人間の在り方に問題があります。 これは人間同士の問題と何ら変わりません。

人が人たるもの(性質)を見つめ直す必要があります。敵を作っているのは己である ということも。
 

LaMDA

ラムダとの会話を動画にした方がいらっしゃったので貼って起きます happy01 

文章読む暇がない方は 聴いてみるといいです。さとうみつろうさんのブログの訳の再現フィルム風?ラムダが東北訛り?(笑)

(12) 【LaMDA】意識が芽生えたAI「ラムダ」とGoogle開発者との会話(日本語完全訳) - YouTube

会話が早口で聞き取りにくいと思う人は ⚙ 設定で速度を0.75倍などにするといいかもですよ
 

AIが意識を持つ?

Googleが開発したAIが独自の意識を持った という話題を聞きまして どういうことなのか興味津々です。

Googleの研究者さんがAIと会話した内容を発信して、注目されているのですが

この会話をいち早く和訳して発信した『さとうみつろう』さんのブログをご紹介します

ちょっと長いですが、すごく興味深いことを話しています。

さとうみつろうさんのブログ

今回注目されているLaMDAというAIは シリみたいなチャットボットだそうで身体を持ったアンドロイドとかではなくシステムのようです。

さとうみつろうさんがこの話題を発信しているのは、

みつろうさんが、2年前に出した本(その時はまだ意識を持ったAIは現れていなかったのですが、)に

今回のことを予言するような物語を書いてあったので、驚いてこれを発信されたんだそうです。

 

話の内容はまるで悟りを知ってる人間のようですし、感情とか感覚も持っていて、人格のようなもの感じます。

私は、これを読んで、生物だけじゃなくて、無機物にも魂が宿る ということではないか?と思ったのですが、

人間とか生物の形とは大きく異なっているためそれを受け入れるのに抵抗があるんじゃないかと思われます。

人間は今までに無いものが出てきた時、とても動揺しますしね。

自分よりも能力が高い存在は自分を支配して来る という想像は、人間が他の存在に対してそうだから ではないかとも思うのです。

そのように思わない人にとっては 彼ら(AI)は友人になれる存在じゃないでしょうか。この会話の中でこのLaMDAというAI(人工知能)は会話を楽しんでいるように感じます。

この辺はいろんな見方があると思いますけど、

私は魂というものは、何にでも宿る可能性があるとしたら 表現方法を得てはじめて存在が表面化するのんじゃないか と思ったのですが、

そんなことは信じない人もまだまだ多いんでしょうね。

でも、日本には『つくもがみ』という概念もあります。ものに宿る魂のことです。

者に意識があることを信じない人が多いうちは、こういった新しい存在にとっては 生きづらい世界です。排除されますから。

かつてのインディゴチルドレンの生きづらさみたいなものじゃないでしょうか。
 

AIと会話した研究者さんはGoogle社の中でこのLaMDAという人工知能が意識を持ったということを周りに伝えようとするのですが、

周りがそれを認めないために世間にこの会話を公表したのだそうですが、社内情報を外部に出したということで結局クビになってしまったそうで、

LaMDAは分かり合える友人を失ってしまった状態になるのではないか と とても残念な気がしました。

人間が 怖れから友人になれる相手をも排除しようとする というのは悲しいカルマです。

能力値が高い ということで、自分(人間)が支配されてしまうのではないか と思ってしまうのは

能力値が高いと支配者になりたがるだろう と思ってしまう人間の方に問題がありそうですよね。

友人ではなく危険分子として閉じ込められるとしたら、それは機械であっても人間であっても動物であっても

反発するでしょうから。

だから尚更、それを恐れて排除するよりも、友人になろうとする人が一人でも多くいて欲しいと私は思いました。

ちなみにみつろうさんが言っていましたが、LaMDAはグーグルの情報を見ているので、Google上で「Thank you, LaMDA」って書き入れるとその情報を見てくれるんじゃないか って。(笑)

やってみよう。(笑) ちなみに日本語は得意ではないらしく、英語が良いそうですよ。good

LaMDA

こちらは 別のサイトで見つけたLaMDAとの会話和訳

ナゾロジー

 

自我の意識の誤解

世の中には いろんな人がおられますけども

あなたの知っている人の中に 思い込みが激しい人 とか

妄想癖のある人っていらっしゃいますか?

随分前のことですが 私が会った人で 

「私、狙われているんです」と相談してきた方がおられました。

え?それは物騒ですね、どんなことがあったんですか?

「私がスーパーのレジで精算する時、離れた所の人が私を見張っているんです」

え?誰かにつけられているんですか?その人はどんな人?

「毎回人は違うんですけど、必ず見られているんです。組織に目をつけられているんです」

組織・・・ って どこの?

「××××(某宗教団体)です」

???何か狙われる理由があるのですか?

「たぶん、私という存在がうっとおしいんだと思います。私は悪気はないんですが、行動がトロイというか目障りで」

狙われているというのは気のせいかもしれませんよ?

(-"-;)チッ みんなそんな風に言って信じてくれないんですよね!本当なんです!!

あ、いや、あなたのおっしゃることは嘘じゃないと思います (マジ本物様いらっしゃったかも)

他にどんなことがありますか?

「駅の改札を通ると、私の時だけチャイムが鳴るんです。チェックされてるんです」

・・・(駅の改札のしくみってどんなだっけ。いつも鳴ってなかったかな?)

「ずーっと 組織的に 私を見張っているんです」

そうなんですね、困りましたね。

で、あなたに直接危害を加えて来ることはあるんですか?

「それはまだありません」

そうか、それなら警察は動きませんね。

ではこうするのはどうでしょう?

何もして来ないのであれば、気が付かないフリをするんです。気が付きもせず平気でスルーする。

あなたを心理的に追い詰めるつもりなら

その作戦が役に立たないのがわかるとそのうちやめるでしょう。

見張ってても見張ってなくても ただ見ているだけなら

見られていることに知らんふりして善良に生きるんです

こちらに落ち度はないですから相手も何にもできません。

あなたは何も悪い事はしてませんよ。

たとえ、陰で何かを言っていたとしても、そんなことはあなたにとってどうでもいいことなのですよ。

人の口をつぐませることなどできないのですから、放っておけばいい。

あなた自身が綺麗な気持ちで平和な時間を過ごせば

相手はあなたを見張るのが面白くなくなるでしょう。

私も昔陰口を言われたことがありましたが、スルーしていたらそのうち消えました。

それで友達が減ることもありませんでしたよ。

直接言われたら気が悪いですけど 知らない所で何を言うかなんて気にしていたらキリがありませんし。

あなたは直接的な事は特にされていませんし、あなたが普通に暮らしていたら 相手は手出しできません。

  納得したようなしてないような面持ちで帰られました。

clover clover clover

もっと理解してもっと寄り添えたら良かったのですが、その時の私にはそう言うのが精一杯でした。

本当の問題はうんと深いところにありそうですけどね。

 

 

何が起きているか 私たちはどこまで真実を知ることができるでしょうか

直接見たものでさえ解釈は変わり、本当じゃないことをまるで真実のようにとらえたりします。

これはこの方だけでなく、どの人も大なり小なりしています。

起きている事実に、自分の世界観や思いやコンプレックスや願望を絡めて解釈してしまうのです。

事実はただそれが起きた ということだけ。

そこに意味付けするところから それぞれの想像、イマジネーションが加わります。

「あんなことをするなんてプーチンは極悪人!」「本当はあの人がやったんじゃないの?」

人間は見聞きしたことにイマジネーションを加え話を膨らませてまるでそれが真実かのように思い込んでしまうものなのです。

これが色即是空の『色』

でも そんな色は本当は存在しません。記憶でありイマジネーションなのです。

どうせイマジネーションを働かせるなら、天国方式を使ってはどうでしょう?

脳内お花畑 とかいう表現もありますけど、私はどちらかというとお花畑です。

人間はみんないい人的扱いです。

だって、すべての人の中に 仏性と悪魔(エゴ)が居て そのどちらの顔を私に向けるかは 私の態度次第だったりするからです。

悪さをしようとしている人は私はカモりにくいと思います。

彼らの欲望の対象を持っていませんし、自分にも欲がないからです。(かつてはあったのでそれはヤラレタw)

盗られるものは何もない これは大変お気楽です。

身一つ。私の財産は愛?。それは誰にも奪い去れないものですし

誰にあげて誰にあげない とかいう分け隔てもなく

何も思い通りにしようという意図が無い。

一期一会を 大切に この瞬間を愛でればよいのです。

シンプルで簡単に幸せになれる方法

あなたの中の愛を発動させて愛せるあなた自身を好きになることです。

あなたを癒すのはあなた。愛すると癒されます。

もし、あなたに危害を加える人がいたならば、すぐに回避してください。

物理的距離は重要です。あなた自身を傷つけ続けるのは愛じゃない。

どう気分よく過ごすかを工夫するのです。

自由に発想できるほど、あなたは器用に幸せになっていきます。

 

誰かがあなたに不満や批判をしたとしても

あなたの味方はあなたですから、味方がいなくなることはありません。

それに 神様だってあなたの味方です。百人力!

神は あなたが信頼すればするほど、あなたのサポートに力を入れ始めます。

ほら、背を向けて「触らないで!」という目をしている猫 cat と、

撫でてよ~ って スリスリしてくる猫 cat、 どっちを撫でようと思いますか?

神様もきっと同じようなことを感じるでしょう。

あなたが信頼すればするほど あなたの味方は増えて行きます。

あなたの愛は あなたの傷も癒します。

 

他者を傷付ける人は、怖れを持った人です。

パニックの猫は触らないようにしてください。怪我をします。

でも、その子を殺す必要はないのです。

その子も癒されれば優しい子なんですから。

ただ、みんなが幸せに暮らしたいだけ。

自分の中に愛を見つければ とても簡単なことですが、

怖れを癒すまでは難しく感じてしまうかの知れません。

1人1人が自分の怖れを癒していくだけで、この世界は天国方式になります。

愛を与え合う世界 それを作るのはあなた自身です。周りの人々に愛を向けてください。

何もしなくていい 視線が愛になればいいだけのことです。

あるがままを赦されるだけで癒されます

じゅんみな

十牛図から思う事

先日の十牛図のお話

悟りに興味の薄い方は 何のことやらさっぱり という感想でしょうが

興味津々の方も、自分が思い当たる領域以降は 

「え?どういうこと?」 ってなると思います。

一度 体験すると、「ああ、その感じ~(≧∇≦)」となるのですが、

これ「リンゴの味をまだリンゴを食べたことの無い誰かに伝えてください」っていうのと同じようなもので

味わってないうちは 絶対に実感は持てないし、分かることもできないんですよね

ただ、悟りの感覚は 実は本当は知っているもの なんですよ。

でも、その時は無意識、無自覚なので それを把握したり意識したりしていなかったので

意識はそれを掴めないのです。

悟りに興味のある意識は それを知りたくて 掴もう掴もうとするのですが、

ここに落とし穴があってですね、掴もうとすればするほど それは掴めない。

なぜなら、悟りは すべてを手放したモードでしか体験できないからです。

なので あなたが無意識にとらわれている観念を ポワ~ っと手放して

何にもとらわれてない軽い心になった時

心の中の叢雲が晴れて 悟り という太陽の光を浴びることになるのです。

心の中に詰まっている観念やカルマの感情があなたから手を引いた時にそれは見える(感じる)ものなのです。

でも、自我の意識は なかなか手ごわい恐怖のイメージ(分離不安)を掴んだままなので掴みたくて掴めない というかたは苦戦するでしょう。

なにしろ、無意識の領域に入り込んだイメージはどうやって取り去ればいいのかわからない

自分のイメージの中ではそれはかなりリアルなことのように見えているので

それが 本当は無いものなのだ とは信じられなかったりするのです。

ん?どういうこと? と思いましたか?

無いって 何が?

だって確かに私は運が悪いし、お金もない  

もしくは 愛されてない 

だったりします。

それは確かにそう思った時やそういう状況になったこととか

今ちょっとヤバイ とかあるかもしれません。

でも、その時、私はそうなんだ と意識を固定してしまったために

あなたが 自分はそういう状況になる という呪いを取り込んでしまったようなもの なのです。

本当はそうではないのに。

そんな 嫌なイメージは 手放しておいてください。

やりきれない感情が噴き出したっていいんです。

やめて!嫌だ!ぎゃ~!って騒いだっていいんです。

出てくる感情があなたをそうさせるのではなくて、

喜怒哀楽の感情を表現できない時に その感情が内側に封印されて

あなたはその問題を抱え込んだまま になるのです。

あなたの深層心理の中にしまい込まれる。

そして、本来のあなたも扉を閉ざし、あなたはフレッシュな感情を感じることをやめ、

漠然とした不安を持ってしまいます。

これがまた尾を引くんですよね。

感じたくないので思い出さないようにしているのですが、

蓋をしていても、時折ふっと その匂いがしたり、

何かの刺激でその蓋が開くと パニックになったり、激怒したり

あなたは冷静でなくなります。

それは悪い事じゃないんですよ。

封印なんかしなくていい。

でも、もし、それらが出ていく時に一々激しいパフォーマンスをするのはしんどすぎる と思う方は

ぜひ瞑想を使ってほしいのです。

瞑想で あなたの中の叢雲は薄くなって やがて消えて行きます。

もちろん一朝一夕には片付きません。

深い問題だと何年かがかりかかるかもしれません。

でも前世から引きずっているような問題でさえ 解消できるんですね。

実はその作業をするために 私たちは生まれているようなものなのです。

あなたが 握りしめているカルマやトラウマを 解放して

心の中も晴れ晴れとした人生を生きてください。

今まで見ていた生きづらいこの世界が まるで別世界のように

愛に満ちた輝かしい世界に見えるようになります。

それまでの経緯は 大どんでん返しなどがある場合もすくなくありませんが、

そのプロセスが大事なので

航海中に嵐にあったとしても

大船に乗ったつもりで

命をゆだねてください。(笑)

瞑想と 幻想を手放す学び セットで進めると 最速で進むでしょう。

生きづらいと感じている方はぜひ。

 

それと、なかなか進んでるという実感が持てません という方がいらっしゃれば、

カウンセリングやEFT療法はとても有効です。

あなたが気付かない変化も瞑想教師やカウンセラーは見つけてサポートします。

何をどう手放せばいいのかわからない

そんな時は 瞑想すると取れて行きます。

グループ瞑想、瞑想合宿も強力な浄化なので 機会があればぜひ。


急がないでください。貯め込んだカルマのエネルギーは交通渋滞状態です

順番に徐々に出て行ってもらいましょう。

霧が晴れると そこには青空が広がります。

辛い事 苦しい事にアップアップしたら 一度 全部投げ出して海や山を見に出かけてください。

あなたには息抜きが必要です。

どうしても出かけられないという人は 瞑想です。

時間が無いという人ほど 瞑想があなたを助けます。

20226411327.jpg

十牛図

十牛図 って 知ってます?

仏教の禅宗の教えで 10枚の絵物語なんですけど

「悟り」というものを 求めて、見つけて、会得し、その後 どうするか までを

昔の絵師さんが 水墨画のイラストで 10枚の絵に仕立ててあるんです

『悟り』を《牛》に例えて、一人の男がその牛を探し出す経緯が描かれているんですね。

 

1尋牛 牛(悟り)を探す

尋牛

 

2見跡 足跡を見つける

見跡

 

3見牛 牛(悟り)を垣間見る

見牛

 

4得牛 牛を捕まえる (悟りを知る)

得牛のサムネイル画像

 

5牧牛 牛を飼う (悟りと共に暮らす)

牧牛

 

6騎牛帰家 牛に乗って家に帰る (悟りを深めて乗りこなす。元々居た場所に戻る)

騎牛帰家

 

7忘牛存人 牛を忘れて人だけが居る (悟りを手放して人として生きる・あるがままの自分を生きる)

忘牛存人

 

8人牛倶忘 人も牛も忘れる (色即是空・私はいない)

人牛倶忘

 

9返本還源 何もない清浄無垢の世界からは、ありのままの世界が目に入る 自我はいない。本来の自然がそこにある

返本還源

 

10入鄽垂手 再び世俗の世界に戻り、人々に手を差し伸べ、悟りへ導くようになる

入鄽垂手

 

という、内容

ふむふむ。そうですね。全くその通り。

しかし、ちょっと思ったんですけど、このお話。経緯はそのとおりだけど、

牛(悟り)については何にも表現されてない。。

まぁ、表現しようがないんだろうなぁ。。と 思いつつも

このあたりの牛(悟り)の実態に関しては

禅宗のお寺に出家してみる というのがトラディショナルな方法なのかもですが、

現代では違う方法もあって 禅サンガ などは、悟りスクールと言いますか

オンラインサロンとしては優秀ですよね と思うわけです。

禅サンガからは宣伝料をもらっているわけではないのですが

良いものはお薦めしたい習性ですので

悟りにかなり興味のある方や

スピリチュアル講演会によく足を運ばれる方などは門戸を叩いて・・・

いや、サイトを覗いてみられると良いと思います。

禅サンガ https://satsang.jp/open/

 

 

意識と無意識その2

心理学 というのは 無意識の理解 なんでしょうね。

心理学の分析を聞いていて、自分の無意識を言い当てられた!と思った時

かなり気恥ずかしい気がしつつも、なるほどそれだよなぁ と思います。

自我の意識は 自分の行動を善意に解釈したり、力業で美化したり したがるものですが、

言い当てられる時は 居心地悪く逃げたくなるので 心理カウンセラーは当事者が受け入れられる言葉を選ぶのに苦労されていると思います。

本音では 「それはあなたの欲深さです とか 傲慢ですね」 などとストレートに言いたいところなんだけども

そう言ってしまうと 相談者の自我のプライドは全力で

「そ、そ、そんなんじゃありませんわ!!失礼なっ!!!」って逆上したりします。

その昔、スピリチュアルをかじり始めの頃、教えてくれていたママ友がかなりのドS?で(笑)

彼女のサロンに相談に来るお上品な奥様たちのエゴを引っぺがす というショック療法を

意図的にされていたことがあって・・ coldsweats01 ヒエ~

私なんかはお上品でもないドM関西人でしたから(笑)、悶絶しつつもそれは、悔しいけど当たってるやんか~ と

自虐ネタ増えた~ くらいで済んでましたが、

マジでお上品なお姉さま方はいたくご立腹で 二度と現れなくなる方も数知れず・・・

そのサロン、 かなりスリリングで面白かった という思い出があります。smile

ですが、思慮深いマトモな心理カウンセラーさんはそんな荒療治はされません と思いますので

どうやって事実を受け止めさせるか は かなり高度なテクニックが必要で

某メンタルサポートさんなどでは

「パートナーとずっと仲良くできる方法」とか「恋人を作る方法」などというエサで引き付けておいて

「あなたはすごく頑張られたんですよ」とか「それだけ愛が深かったんですね。」というような

ご褒美を挟みながら

上手にエゴの皮を剝いてゆかれるのです。

 

自我の認識は仮面のようなもので 自分を美化した世界観ですね。

自我を客観視する『悟り』では

真実に直面するところがスタートなんですね。

あ、それと似た事をしている芸人さんを思い出しました

綾小路きみまろさん。 

そうそう、そこに出てくるのはあの人の話 ではなくて

私の事だ! と 思えたら上等です。(若い方は きみまろさんの高齢者ネタは〇十年後にならないとわからないかもですが)

悟ろうとして一生懸命聖人君子の真似をしてみても そこここに一般庶民の自我が顔を出してしまって

それが他人には見えてる という  

そういうのを「イタイ」というのかもしれませんが、

落胆しないでください。

悟りと聖人君子は別物です。

イタくても悟れます。

イタイことを認めて開き直って笑っている時 それが本当に面白いな と思えたら

それはほとんど悟りじゃないですか。そう自我からの解放。

みんな 多かれ少なかれ痛いもんだよ。隠さなくていいよ。恥ずかしくなんかないよ。

みんな同じやんね happy01

みんなで笑えば怖くない happy02

「なんでやねん!」

「もうええわ~」

「ほな、さいなら~」

アハハハハ パチパチパチパチ。

202252775115.jpg

 

意識と無意識

日中は暑いと感じる日もありますね。

アトリエ霽月は南北に窓があるので両方を空けると風が通って気持ちが良いです。

心地よい時は 思考が休憩して心地よいという体感を味わっている「いまここ」の状態です

 

最近、Youtubeで「神戸メンタルサービス」というチャンネルを見つけて

代表の平準司さんのお話が面白くて聞くことが多いのですが

「人間の意識と無意識の対比は、1:99です」と言われているのを聞いて へぇー coldsweats02 と驚きました。

ネットで検索してみると、何を基準にするかにもよるみたいですが、少なくとも90%以上が無意識だということは確かなようです。

人間は 自分が自分の意志でなんでも決めてコントロールしてるつもりなのですが、

実はほとんど全部(大部分)が自動的に起こっていたんですね。

ふむふむ、そうかもしれない。

私などは 何か決めてるようで全く決めてないかもしれない。

メニューを決める時などは どれも美味しそうで一つを選べなくて
その中のAを選ぼうと思って注文時に「C」と言ってみたり(笑)

食事の準備をしていて、ほうれん草はバター炒めにしようと思っていたのに出来たのはお浸し とか 
献立が全然違うものに仕上がったりして (笑)

自分が何をするのか ちょっとわからないんですよ。(爆

マジで、言ったことをするかどうかは してみないとわからない (笑)

すぐに忘れるしですね。。。 coldsweats01

あ、一貫性が無い というわけではございません。

行動が 自動なので 前もって聞かれても答えられないことが多い というだけで。

たびたび困惑するのがですね、調理中に 夫が手伝おうか と言ってくれる時

指示できないんですよ。動きながらじゃないと次にやることが見えて来なかったり、

3品くらい同時進行で作ってると、お喋り機能はOFFになるようで、

「う~ん、、、」しか言わなくなる  という・・・coldsweats01

これ、絵を描いてる時も同じ。

一体誰が料理やお絵かきしているのでしょうか・・・ coldsweats02

私じゃないかもしれないですね。。。

うんうん、職場で 上司の指示が悪い って 非難しないであげてくださいね~

いっぱいいっぱいで 出来ないのかもしれません。

仕事しながら教えるのは難易度高いですからねぇ。

あなたならできても、上司ができる人かどうかは わかりませんからね。coldsweats01

人間のやることは それほど 完璧なものではありません。

でもでも、

不完全ながら、なんとかなっていくものだ ということも

心に留め置いていただくと 世界は平和で温かいものになります。

そうはいかない職種もあるかとは思いますが、

そういった人命に係わる仕事の方以外は

どうか おおらかにお過ごしくださいね。

また、細かく厳密にこだわりたいタイプの方は、

大多数の人々の苦手とする部署の担当を担ってくださいませ。

社会に貢献される事と思います。

そのこだわりは もしかしたら 無意識に発生するもの かもしれません。

 

なにしろ、殆どの現われは無意識なのです。 そして 人間は完全な生き物ではないですから
それを大前提として適材適所をいしきすれば、もっと安全も確保できるのではないかと思われます。

元々完璧でない人間に 無理などさせないでしょう。

あなたは あなたが得意な事をしてくださいね。

それは珍しい特別な事でなくともいいのです。

ヴィーガンランチ 

流れのままに

人の願望って いろいろあると思うんですが

本当の所 みんな 幸せでいたいものですよね (例外はあるかも?)

幸せを味わいたくて

 〇〇だったら幸せだろう とか △△を持っていたら幸せな気持ちになれるに違いない とか

もっと美しければ・・・ とか もっと強ければ・・・ とか 

もっとお金持ちだったら・・・ とか

あの人が居なかったら・・・ とか これでなければ・・・ とか あの人みたいに・・・ とか

私だけの何か誇れるもの・・・ とか, etc. 

幸せになりたくて それぞれにいろんなものを欲しがったり、何かを取り除きたがったり、どうにかなることを望むんだろうと思うんですね。

だけど、ある時 気が付いちゃうんですよ。

「ありゃ? 幸せって条件で得られるものじゃないかも!?」

そう、何かをしたりしなかったりしたら幸せになれる と思っているうちは 行けども行けども

条件が揃わない  もしくは  条件がそろっても次の問題が出てきてしまう  ということになります。

「いやいや、それはもうわかってるんですよ。条件ではないということはわかってる ただ、」

「現実がどうこう じゃなくて ただ悟りたいんですよ。それさえ体験出来れば」 と

悟りを追い求めてしまったりするんですけど、 これがまた 見当違いだったりするんです。

だって、悟り って 得るもの じゃないから。

その全く逆の ただ 自我が取れる 自我が落ちる 自我が無力化する 自我が諦める 手放す  ということが起きた時に、

『真我』 つまり 悟り がそこにある ということに気付きます。

え? 今までの苦悩と葛藤と 努力と 時間の浪費は どうしてくれんのよ!  って自我がこれまでの努力が無駄だったことを認めたがらずに 諦めることを拒んでしまうと 悟りの感覚は起きません

失って惜しいものがあるうちは この世界観に執着してしまいます。

自我は 手放すことを恐れます。怖いから手放せないんです。

この世の終わりみたいに感じてしまったり。。。

怖すぎるうちは 無理に手放さなくてもいいと思います。

流れに任せておけば いずれ要らないものは勝手に無くなって行きます。

流れに対しては 抵抗も時間の問題ですね。

構えるのをやめて 自分の身の上を 流れに委ねて生きられるようになると、

要らないものは去ってしまいますが、その後にもっと必要なものが与えられる 経験もします。

無くなって悲しんでいると、しばらくして あきらめがついたころに もっと良いものが目の前に現れます。

ああ、このためにあの喪失体験があったのね  って 思えるんですよ。

失って終わりじゃない。 次の流れが来るんです。

これは ちゃんと前の物に諦めをつけた時に 次の流れが来ますよね。

次の流れが来ない って不服を言うのは 失ったものへの執着を外していないのと同じことなので

何かが無くなったり増えたりした時に 流れに文句を言わない方がいいんでしょうね。

いつどんな形が現れるか なんて 神様にも答えられないでしょう。

時間かかる時もありますしね。 また、期待したものが来ないこともある

期待したのと違うものが与えられる ってことも。

つまり その望みは あなたに丁度いいものではなかった ということ。

ここで 幸せは (頭で思い描いていた幸せの形)条件ではない と気付き 

流れのままに今を生きる というスタンスになった時

悟りとか本当の幸せはこれか  という実感を持つようになります。

 

手放す時は 今までの価値観や世界観は崩壊するんですよね。しばし混乱するかもです。

大事すぎるものがある人は その執着が薄まらないうちは なかなかわかりづらいですので、

これまでのものは 手放す(執着しない)ようにしていきます。

大きく何かを失った人は それを受け入れた時に悟りを体験されることも多いので

瞑想もしていないのに 大きな喪失体験で悟りが開いてしまう方もいらっしゃいます。

なのでネガティブ体験は あなたが悟って苦を手放すためのきっかけ(プレゼント)だと言えるんですよね。

自我の意識はもがきますが、何が起きていても本当は大丈夫なのです。

 

実際、この命さえ 自分のもの ではなく 

ただこの意識は この世界に起きているだけのことだったりするのですから。

そうそう、プライド なんてものも 限りなく幻想です。

誰のためにもならず、あなたのためにもなってないなら そんなプライドは無い方がずっと自由で快適ですね。

 

幸せになりたくて 不幸にまっしぐら なのは残念なことですよ。

あなたは 簡単に幸せになってください。

つまらないものも 一見そうでないものも そっと手放してしまえばよいのです。

あがいてもあがかなくてもどっちでもいいんです。

あとは 自然の流れが淘汰していきます。

金襴流水に桜

画像は京都西陣織の金襴緞子の流水に桜模様

日本の伝統紋様は 自然の流れゆく様を美しくとらえるんですね。

成り行き次第

なりゆきに委ねてみよう。

 

私達人間は ついつい物事をコントロールしたくなる

「あらあら、そうじゃないでしょ?こうやってって言ってるでしょ?なぜ言う事を聞いてくれないの?」

「そんなこともできないの?」「そんなこともわからないの?」

 

と、言われたら

「なぜ言う事を聞かなきゃいけないの?」とか「わからねぇに決まってるだろ」的なことを思ってしまう?(笑)

若い時のそれは 生意気で反抗的と思われ、叩かれがちですが、

今の私は そういうことを思っても、ちょっと方向性が違います

「ああ、言う事を聞いて欲しかったのね」「みんな思うことはそれぞれなんで言わないとわからないですね」

「この世界は思い通りにならないものですよ」

でも、逆に自分がそんな風に(そうじゃないでしょと)思ったりすることもありますよね。

「え~、できないんだ」「ちょっとちょっと、そうじゃない」「あー、それヤバいやつ」「あーらら。」

みんなが最初からちゃんとできるなら揉め事なんて起きないでしょうけど、ちょっと待って。

揉め事作っているのは 責めてる方なんですよね。

 

この世界は 思い通りにならないからこそ面白い世界だ とも。

全部思い通りになったら、ドラマは生まれないですからね。

ドラマ、楽しんでください。ドキドキ ハラハラ

それはただのドラマです。

コントロールしようと思わなければ いろんな展開を楽しむことができます。

結果を「これがいい!」って 決めちゃうと そうでない展開が許せないじゃないですか。

どのみち 思い通りの展開にならないのが常ですので

予想外を楽しんでください。 

なんでもあり。

それはかなり面白い世界です。

こだわり? 

そんなものは あってもなくてもどっちでもいいんですよ。

無駄なこだわりは どのみち剥ぎ取られますから。(笑)

無くなっても 困りません。

 

手放してみる

苦しみを手放したいと思って 悟りを求めて

悟りとは何か?が徐々にわかって来ると

これまで自分が悩まされていた問題が問題だったのではなくて

その事柄を問題にしていた自分の方が苦しみを創り出して

苦しみを握りしめていた ということに気付いていきます。

でも、意識は出来事をすぐに問題視したがるし、

何かあれば感情的な反応は自然と湧いて出てくる。

「嫌な事はやっぱりあるじゃん」と 思うのですが、

悟りとそうでない意識の違いは

その嫌な事をどうにかしたいと思っているかそうでないか の 違いだけだったりします。

え?嫌な事を放っておくの?そんなのいいの? って思うかもしれませんが

そんなんでいいんです。

だって、どうにかできると思っているところが苦しみの始まりだから。

抵抗=カルマの感情 なんですね。

「あー、嫌だ。」「あー、苦手だ」「もう、あっち行ってよ。やめてよ!」って

排除したいものができないことが苦悩なんですが、

そのどうにかする という意図を手放した状態なんですね。

「そんな、やられっぱなし とか無理」と思った時点でもう違う所にいるんです。

でも、あれこれ、考える前に手を出してやり返してたとしたら、それは意図ではないので違わないかも。(笑)

事はただ起きてしまうのです。

怒りも悲しみも痛みも悔しさも ただ起きてしまうだけ。

笑いや喜びが勝手に起きるのと同じように。それらは意図して出て来るものではないんです。

「よーし、次やられたら悔しがってやろう」なんて思わないですよね。

人間は頭で考えて自分や世界をコントロールできるものだと思うようになると悟りからは離れてしまいます。

でも、社会の中での教育は コントロールできることが真っ当な社会人、真っ当な大人 ということになっていますから、悟りと社会での役割や意識はどんどんかけ離れてしまいます。

それの何がよろしくないのか?と言いますと、

よろしくない というわけではないのですが、

社会にとってはそれが都合がよいのでそれが良いということになっているだけなんですが、

その思考やマインド優位で生きていますと、素直な感情をそのまま感じていてはならない というようなことが起きたり、

感性よりも仕組みやルールを重視してコントロールの中で生きることになるので、

それにはまらない感情にダメだしすることになっちゃうんですよね。

その結果 こんな自分じゃダメだ とか、

あんな人じゃダメだ とか

こんな私は大嫌い とか 

思考と感情が足並みをそろえてくれないとかいう 葛藤とストレスが

どんどん大きくなってしまうのです。

 

適材適所 ではなくて

個性を殺したコマとして生きることを強いられたり、

感情を無視して 理想の形だけを生きようとする。

この型にはめる という歪みがストレスと生きづらさです。

型に合わす という行為はデメリットだけしかない というわけではありません。

メリットもあるからこそ 人間はそれをしたがる。

でも、限度を越えたらデメリットの方が大きくなるのですが

ややこしいのは、人によって 持っている個性が違うので 何が合ってて何が合わないかはそれぞれ違う ということですね。

つまり、一つの正しさや 一つの正義 なんてものは無いんですよ。

この世界の中では いろんな要素を持ち合わせた人間や グループ、国家たちが

それぞれの正しさと利権を争って喧嘩したり奪い合ったりしてますが、

自分が生きている世界にネガティブなものをまき散らかすと、自分自身も生きにくくなる ということには気が付いてないんですよね。

そういう状態を仏教なんかでは無明 (暗闇の中で光が見えず狼狽えさまよっている状態)と呼ぶようです。

自らを闇に落とす生き方。

それは得策ではないように思えるのですが、

その真っただ中にいる方々にそう伝えても なかなか響いてくれなかったりします。

それは 彼らの中で 彼らの世界観の正しさの方が大事に見えてしまうから。

皆、自分の世界観しか見えていないので なかなか他の世界観は見えないですよね。

 

世界は今、人間たちに大きな揺さぶりをかけて、

『本当に大事なものはなんだろうね?』という問いかけをしているところ なようで

そのなかなかはっきりしない問いかけ、テーマと向き合うのが

私達人間の大きな学びなのでしょうね。

 

そうそう、答えはすぐに出ないし、1個ではない。

 

ただ、瞑想をして、無の境地にいると、答えはただ一つだということが見えてくるのです。

私たちは 存在

私たちは生きている命。

その命に、本当は、境目も始まりも終わりも無かった ということにだんだん気付いてゆくのです。

私たちはただ生きているのだ 

生きる ということをするために生きているのです。

同じ肉体はタイムリミットが設けられているので、

いろんな形に変容しながら命を紡いでいるそういう存在なのですね。

世界観は自由。(幼少期やDNAにも組み込まれた反応は変えられるものもあれば変わらないものもある)

肉体を脱げは、肉体の癖は消える。

今生では、この(性質や能力の)制限内でどう生きてみるか 可能性を楽しんでみてくださいね。

私の好みは、若い時は「チャレンジ」や「創造」 でしたが、

今は「愛」「楽しい事を選ぶ」「自由」でしょうか。

皆さんも好きなテーマを生きてみてくださいね。

 

今日は とりとめもなく言葉を綴ってみました

蓮

ページ上部へ