ホーム>スタッフブログ>宇宙の法則

宇宙の法則

浄化とは

福岡はお正月に雪が舞い、積もりはしませんでしたが寒い日が続いています

今日は朝から晴れて気持ちの良い空が拡がっています。

先日 ある方からご相談があって、スピリチュアル仲間さんの反応に対して戸惑っているとのことでしたので その話をしてみます。

スピリチュアルに傾倒されていらっしゃる方の中に不浄を忌み嫌う方がいらっしゃいます。

これはエネルギーにとても敏感な方で外側の波動に大きく影響を受けて居心地が悪くなってしまったり、気分が悪くなったりされるんですが これは波動を遮断したり自分の波動を上げる訓練で克服できます。

波動に敏感な方は 外部の波動を拾いやすいのですが、これは元々外部の波動を防御する防御壁が薄い という体質が原因です。

生まれつきの性質なので 変えようがなく、わかるものをわからないことにはできません。

でも、外部の刺激を恐れるか恐れないかで その影響は大きく違います。

刺激は単なる刺激です。

それを恐れたり嫌ったりすることであなたの刺激への反応は大きくなってしまいます。

EFT療法などでは、その反応の原因を修正します。

多くは過去の体験の記憶が起因しており、それがカルマとして内側にある時に

原因の記憶は奥底にしまわれたまま、反応だけ表面化して悩まされることになります。

瞑想で解決していく場合は、カルマのエネルギーそのものを解放して薄めていくため、具体的なイメージを扱わずに 反応が消えていくことになります。

そう、外部に苦手なものが沢山ある方は内側にカルマを貯め込んでいる場合が多いのです。

なぜなら、内側にカルマがなければ 反応することもないからです。

浄化は 外側を綺麗にすることじゃないんです。

もちろん外側も綺麗にしていいです

でも、一番大事なことは 内側をきれいにすること。

あなたの内側のカルマが消えて 愛だけが残ったら

あなたの外側は自然に浄化されていくのです。

自然の自浄作用を無視するエゴが薄くなるのです。

どんなに外側が汚れていても

あなたが綺麗な波動でいれば 浄化の流れが自然に起きます。

エゴはえごでないフリをして存在しますので 正義にはとらわれないでください。

正義は愛があって初めて役に立ちはじめます。

まずは 愛であることが大切です。

あなたが愛であるということは

あなたも愛されるということに他なりません。

他者はあなたの鏡だからです。

あなたが創る世界です。

来るもの拒まず、去るもの追わず です。

同じ波動があなたを選びます。

愛が上手にできないと思う場合は

ただ笑顔を外に向けてください。

施顔依 笑顔を施す布施です。

自分と世界へ笑顔を手向けてください。

それも出来ない時、ただあるがままの自分を受け止めて

「そんな私も愛します」と呟いてみてください。

大切な波動

良い事があったり、そう思えないことがあったり、

気分が上がったり下がったり、

嫌なことが続いて不満が一杯 になったりしていませんか?

でも、ちょっと目線を変えると 全然違う世界が見えます。

不満は 自分の願望が叶えられていない状況で起きますが、

人間の自我のマインドはそれに注目してしまいます。

嫌な事、嫌だったことで頭がいっぱいになってしまうのです。

そう、無理に我慢したり、言いたいことを言えなかった時に起きます。

後に引きずるくらいなら言葉にしましょう。

あなたはどう感じたのでしょうか

苦しくなっているのなら 叫びましょう。

本当の気持ちを。

感情が外に出てしまうと、本当の素直な気持ちが現れます。

それは癒しなんですね。

あなた自身があなたを癒す。

正直な気持ちを封じ込めるのは自分を閉じ込めてしまうことです。

あなた自身は あなたの本当の気持ちを受け止めて許してください。

そして そのあなたが、外側にどんな波動を向けるか 選ぶようになるのです。

これは無理に良い人でいようとすると苦しい事ですが

あなたが癒された後なら あなたは心から愛でいることができます。

あなたを癒すのはあなた自身、そしてあなたの瞑想があなたを浄化します

あなた自身があなたを癒します

ELM瞑想はそんなあなたを強力にサポートします。

あなたの愛はあなたの周りを癒して平和にします。

あなたの愛は世界を癒します。

波動を愛にすることで あなたがいる場所を愛でいっぱいにします。

それはあなた自身にしかできないことです。

20201225145656.jpg

クォンタムフィールドの意識 

人のうわさや 誹謗中傷に心を痛めているあなた。

他人があることないこと言いたい放題してあなたをおとしめようとしても

あなたが実際にしたことは何もかわりません。

あの人が自分の行動を、また、あなたがあなたの行動を、どんなふうに正当化しようとも

あの人やあなたが実際にしたことは何もかわりません。

ただ真の出来事があるだけです。

現代ではネットなどの顔の見えない情報網ではちょっと面倒な問題かもしれませんが、

少なくとも リアルな生活の場では、

誰がどんなことを言おうと言うまいと

あなた自身があなたのことをどんなふうに思っているかでこれから起きることは変わります。

そして あなたがあの人をどんなふうに思っているかで

あの人の行動はどうとでも変わってしまいます。

これは本当のことです。

あなたを取り巻く世界のことを あなたが どんなふうに思っているかで

世界はあなたの思ったような事象をあなたに見せてくれます

あなたが無意識に クォンタムフィールドに放つ意識の波動によって 

現象は あなたの意識を現実化します。

今 何を思うか どう感じているかが あなたの少し先の未来を形作っている 

ということを 我々人間はあまり認識していません。

見に見えないほどの小さなウイルスが私たちの身体に大きな影響を及ぼすのと同じように

ウイルスよりも更に小さな微細な粒子の波動が 肉体を形作っているということを

我々人間は無視することは出来ないのです。

あなたの持つ肉体と意識と その波動(周波数)は

この世界そのものに揺さぶりをかけてあなたに見せるものに影響を与えています。

何を思うか ということに意識を向けて 選んで参りますと

起きる出来事が変化することで あなたは意識の影響をはっきりと確認することができます。

そんなことを言っても、出来事は思い通りにならないじゃないか!?と思うあなたは

思いは、どんな風に現象に影響するかを 知る必要があります。

今 あなたが 確信を持っていることが

そのまま現象化されていきます。

ユニバースは あなたの信じる世界を見せてくれるのです。

「そんなこと起きるわけない」

「この世は殺伐として世知辛い」

「渡る世間は鬼ばかり」

「自分が出会う人はみんな意地悪」

「どうせ自分たちは搾取されるばかり」

まさか そんな風に思ってたりしませんよね?(笑)

それはヤバいです。

「私は豊かです」

「どこへ行っても誰かが助けてくれる」

「真心を示せば分かり合える」

「敵は居ない」

「必要なものは与えられる」

「必要な事しか起こらない」

そんな世界、あるわけない なんて思ってないですよね?

実際、私が見ている世界は、後者です。

本当にみんないい人ばかりです。

たとえ一見怖そうな人や、厄介そうな人でさえ、

私には優しい一面を見せてくれるのです。

私の前には いい人しかいなくなりました。

 

人間は光と闇を併せ持つ生き物ですが

どちらの顔を見せるかは その場の波動にもよるのです。

あなたは いつも癒しの波動で みんなを緩ませてくださいね。

悪口は 消滅してしまいます。

笑顔の子犬

そんな顔で見つめられたら 溶けちゃいますよね!lovely

 

汚れない魂

今日はある方のご相談を元にお話させてください。
 
Q 会社の先輩が業務の滞りや 自分の失敗を全部 私がしたことにして ありもしないことを言いふらして私の悪者にします なんでこんな目に遭わないといけないのでしょうか?
 
酷いことを言われるというのは、カルマの解放の一種です。
人がしてくるものですが、それでこちらのカルマも引き出されて 自分の分は出されることで終わっていきます。
「私のカルマを引き出して終わらせてくれた人、ありがとう」
彼らはあなたがカルマを終わらせる手伝いをする役目を担います。
そう、何も知らずに。
 
内側から出てくるカルマ(感情)を他者にぶつけると、(回り回って)(あるいは投げ返されて) 再び自分に戻って来ますから、
他人にぶつけてしまう人は、カルマを出すと同時に自分に戻すことをしてることになります。因果応報の原理です。
 
なので、それを知っている者は出てきたネガティブ感情を他者に被せたり責任を押し付けることはしないようにしています。
 
出てきた感情(嫌だ とか 悲しい とか 腹立つ とか)は自分が感じて手放すと終わりになります。
手放す工夫をいろいろしています。引きずらないように。
手放したり癒したりしてスッキリして終わるのです。恨みの気持ちは持ちません。
 
たとえ 言われたい放題サンドバック状態だったとしても、そのことがあなたの心のダメージにならなければ問題ないので
傷付いた分 自分で自分を癒したり浄化したりするのです。
あなたの価値は他の誰かが決めるものではありません。
あなたの価値は真実があるのみなので、それ以上でもそれ以下でもないです。
ただ、揺さぶりをかけてあなたの波動を落とすことは出来ますけど
あなたの真実を誰も変えることはできないのです。
 
揺れる心を鎮めたり、平和な波動に戻るために
瞑想したり、温泉行ったり、楽しい事したりします。
喧騒のある場所からはできるだけ離れていましょう。
その場から離れられなければ、平和の波動のバリアを張ります。
瞑想的に内側の静寂に意識を向けます。
あなたの内側の深い所はいつも静寂で
そこには神や仏が存在しています。
神や仏と繋がっている真我です。
 
言いたい人は放っておきます。
マンションの中から、ガラス越しに外の暴風雨を見ても 私たちは濡れません。
 
出て行って毒のある言葉に触れに行く必要はありませんし、舞い上がるゴミを必死に回収する必要も除去する必要もありません。それらは消えていきます。
あるいは嵐が止んでから拾って捨てればいいのです。今は静観しましょう。
私が損をして、あの人が得をすると思いますか?
そんなことはありません。
真実は明らかになってしまうものです。
言った人は自分が吐いた毒で中毒、自滅することになりますし、
放置しておけば、自分の撒いた毒に直面して勝手に学ぶでしょう。
周りの人々は毒に気付かないほど鈍感ではないのです。分かる人はすぐにわかります。
誰が毒を持っていて、誰が清らかなのか。
みんなにバレています。
罰する必要も正す必要もありません。
それらは何の役にも立たないからです。
 
自分の周りに痰やツバを吐き散らすようなことは 賢明な人はしません。
もし他人の吐いたものがかかったら、ふき取って、きれいな水(光)で洗うだけです。
瞑想がすすむと、光に包まれて汚れない身体(オーラ)になっていきます。
瞑想の高波動は光なのです。
高波動の場所には低い波動は入れません
こちらの自浄作用の方が 毒(低い波動)より強くなる ってことですね。
 
神(大いなる意識)は私たち人間一人一人の目の奥から真実を見ています
エゴがどんな考えをしているかすらも見られていますね
だから嘘やごまかしなんて通用しないんです
 
あなたは 何をしますか?
どんな風に生きているかが大事です。
あなたが あなたの運命を握っているのです。
他人ではありません。
雪割草

今この瞬間のバランス 

私たちのリアルは 今この瞬間です

意識が 今のこの瞬間にあると 今のいろんなことがわかります。

今 見えているもの 

今 聞こえているもの

今 感じること

今 味わっていること

匂い

暑さ 寒さ

感触

天からのメッセージ

私たちは五感をフルに使って この世界の高次元の意識を読み取ることもできます。

高次元の意識はこの世界の意識です。そう全体の。

世界に起きる微細なエネルギーの流れや変化を使って 私たちにいつも語り掛けているのです。

それをしっかりと感じている時、私たちは世界と共に在ります。

私たちが世界そのものであることも感じることができます。

 

一方、頭の中のイメージだけで世界をとらえようとしている時

それは煩雑な思考と共にあります。

ああでもないこうでもない という思考は

世界を自分の既存の価値観にはめ込んでとらえようとします。

そして 理屈に合わないことは 排除してしまいます

世界を切り刻んで自分の小さなお弁当箱に詰めようとする時、

入りきらないものに腹を立てたり、自分に不要なものを 世界の不要物として

断罪しています。そんな無駄なものは要らない と。

世界の何も見えていない ということに気付かず

世界を裁きます。

これまで見てきた物、見聞きしたものは表面的なごく一部分でしかないのですが。

そして 自分が経験した記憶のイメージだけで世界をとらえようとする時、

偏見が生まれますね

もし、自分が何かを裁きたくなったら

自分が何も知らない ということを思い出してください

裁くことはできません。

この世界は 大きなバランスによって 常に均衡を保っている世界です

世界にとって無駄なものは何一つ無いのです。

 

もし人間にとって とても不都合な事が起きているとしたら

人間は自分たちの都合を守ることだけ をしていても 世界は思うように動きません。

全体のバランスが偏っているとしたら バランスがとれない間は何も変わらないからです。

世界を平和にしたいと思ったら

世界が調和するように働きかけてください。

調和 平和 安心 のことです。

奪い合っても平和は来ません

癒しが世界を安定に向かわせ そして 救います。

 

世界の真実を見る 『啓発』 すなわち『悟り』は

人々がとらわれを手放した時 見ることができます。

全ての人がそれを知る可能性をもっています。

エゴの意識を緩め、カルマに支配されなくなった時

それは誰にでも起きるのです。

 

瞑想リトリートはあなたの浄化を劇的に進めます

とらわれからの解放とニュートラルな意識へ。

11月20~23日 雲仙リトリートでお待ちしています

詳細情報はこちらです。⇓


あるがまま

あるがままでOK  という言葉は 

スピリチュアルの中ではよく耳にするフレーズです。

あるがままでOK  と知っていても

なかなか自分があるがままでOKと思えないものです。
 

というか、自分はあるがままでOKではいけない と、どこかで思い込んでいます。

なぜ?

常識的であろうとしたり、

怒りは抑えなければならない と思っていたり、

ネガティブなことを考えてはいけない と思っていたり、

あれもこれも、 このままでいいはずがない と なぜか思っているものです。

なぜ?

完璧じゃないから足りないところがいっぱいある

 

でも、足りないところが無い人なんて いません。

そもそも足りる ってなんでしょう?

欲を言えば、もっと もっともっと・・・と 要求は際限がありません。

足りている人 というのは、今以上の欲や欲求を持っていない だけなのですが。

それは人によって基準が全然違います。

 

当たり前にあるものは 当たり前すぎて ありがたみがないので

感謝に値しない とすれば、

ユニバースは私たちから一度それを奪って ある事のありがたさも見せてくれます。

 

経験が無い事は知らないだけかもしれません。

何もない を経験すると ある ということがすごく素敵な事だ と実感できると思います。

 

また、無いものは手に入ったしばらくは嬉しいですが、

それが当たり前になってしまうと、また ありがたみもなくなって

つまらない と思ってしまうことがあるかもしれません。

 

私たちは豊かです。

今生きていることや、お腹いっぱいご飯を食べられることは

豊か以外のなにものでもありません。

でも そう思えない時は 何かを失ってみるといいのかもしれません。

もしかしたら、魂がそれを体験したがっているのかも。

 

失くすことを恐れている人は

それが過ぎ去ってしまうと もう何も入ってこないと思い込んでいます。

この世界は循環していますから、

古いものが過ぎ去ると新しいものがやってきます。

当たり前にやって来るのです。

なぜかそれが信じられない。

 

なくしたら もう入ってこない と確信していると

確信したことは実現しますので

見たかった現実を見ることになるでしょう

なぜ そうしたいのかは わかりません。

そうなるものだと信じているのです。

 

それは 面白い思い込みです。(客観的に見ると)

いえ、面白くない思い込みです。(主観的に見ると)

 

あなたは 何を信じたいですか?

あなたを信じさせられるのは あなたの意識と行動のみ です。

行動と体験は、それを実感し、確信します。

見たい世界を見ることは 実は可能なんです。

信じられない自分がいただけなのだと

私も体験した時に 初めて知りました。 

 

私たちは 世界に養われています。

私たちを追い立てているのは、集団で見ている幻想でした。

手放してしまうと、なんてことはありません。

なんだってできます。

必要なものだけが残ります。

怖がらなくても大丈夫。

 

完璧じゃなくて当たり前。(笑)

それが面白いのですから。。

人間て ほんとうに面白い生き物です。

人間を面白がりましょう(笑)

愉快で、愚かで、滑稽で、健気で、愛おしい生き物なんですよ。

私も もれなくその一人。

自分を楽しませ、そして可愛がって養ってください。

ナマケモノ

必要なものが来る奇跡

日頃 お金とか経済に揺さぶられることも多い昨今ですね。

日本の接客サービス業が根底から揺さぶられています。

当サロンもお客様の流れに影響を受けましたが、自粛解除以降は それぞれ慎重ながらも行動されはじめています。

無自覚なのはよろしくありませんが、過度に恐れることは必要ないと私は思っています。

必要な対処があればそれでいいのです。

健全な生活と健全な意識のところに 病魔は入れません。

心身に健康的な日々を送っていれば 感染自体はさほど恐れることではないんです。

ただ、そうでないひとたちもいる社会で 媒介する可能性がある ということは忘れず、運ぶということに慎重になりたいと思っています。

 

先日から ちょっと面白い事が起きました。

スピリチュアルを学び始めて、最初の頃に

私の怖れは 大切なものを失うこと それと欠乏感でした。 

それを先輩たちに指摘され、 ある時、過去世リーディングを受けた時にこんなメッセージをもらったのです。

 

「あなたの必要なものは必ず与えられる」

 

その時、不安に涙していた自分のインナーチャイルドが おとなしくなって 泣き止むのを感じていました。

それ以来、不安になるとその言葉を思い出しました。

「必要なものは与えられる」

今年のコロナ自粛期間の 経済停滞は 本当に先が見えなくて どうなるんだろう?と思いましたが、

久々の崖っぷち体験で、やなりこの言葉を思い出していたのでした。

 

危機一髪 みたいな状況で どうして希望的なものを信じられるのか と言いますと

どこかで「ダメ元」という感覚があります。

もし、無くなったら無くなったで それはその時

絶対に〇〇しちゃダメ というものが無いんです。

むしろ 無くて元々 みたいな感じ。

だって、この世から預かっているものは 自分の身体すらも 借り物ですから。

そして、与えられている今を どう生きるか なので

必要な材料がなければ、無い中でなんとかする という

創意工夫の人生なのです。

そして なんにでもなれる自由。

「絶対」はありません。

ここまで手放しきれると 本当に自由で 何にもとらわれることが無い。

とてつもなく大きな自由と余裕が手に入ります。

 

足らないもの? ある中でやるので そんなに無いかな?

あればいいな はあるけど、無ければ無いでなんとかするさ。。。 という。

 

そういう気分だと欠乏感の存在する余地はありません。

 

今週末、1日瞑想会があるのですけど、

コロナ以降、密をさけると参加定員が8名が限界。

どうしたものかな?と色々対策を立てていました。

それで、ついに苦手だったオンライン配信をチャレンジ。

ようやくですか? という感じですが 先週から試していて なんとかなりそう。

ちょっと楽しくなってきました。

オンラインで気軽に参加できるなら もっと一緒に瞑想して 楽しく瞑想できそう! 

 

設定するのが一苦労でしたが目途がつきまして、超嬉しい感じ!

 

そんなこんなして さて、こまめではない私の連絡方法も整えないと!と、これまた得意でない作業のメーリングリスト作成、

これはFacebookとLINEで対応させていただきました。 

まだLINEで繋がっていない瞑想者の方は、お手数ですがお問合せフォームからご連絡ください

IDをお伝えいたします。

 

話が 実務に流れてしまいました。

今日、書きたかったのは ちょっと不思議な出来事

先日、ある方から扇風機をもらったんですよ。 

何やら最新型の羽の無い扇風機

「家具を買ったら どうも邪魔になってしまうのでもう置きたくないからもらってくれん?」と言われ、

なんだか上等そうだけどいいんですか?

「もう要らないから処分するつもりだけど、よかったら持って行ってくれん?」

そういうことなら ちょうどもう1台扇風機あってもいいな と思っていたのでもらいます。

と 持って帰ってきました。

202081205738.jpg

でも、説明書を読むのがちょっと面倒で、(笑)

瞑想室に放置・・・

仕事から帰ってきた夫が 興味津々で

「これダイソンだよ?けっこう高いやつ!温風も出るよ」

へぇ~、マジで。そんなの要らないなんて 金銭感覚わからないなぁ~

 で、夫が試運転しようとするんだけど どうも動かない

結局故障ってことでメーカーに問い合わせたところ 保証期間内で 交換ということに!

全部夫が勝手にやってくれました(笑)

なるほど、動かなくなって 持て余して要らなくなったかな?しょうがないなぁ。

で、夫が手配して 新品と交換

そんなこんなで瞑想室に上等の扇風機 typhoon


コロナ以降、セッション時は窓を開けていたのですが

さすがに暑くなってきて 冷房が無いと無理だけど

1日瞑想会 どうする!? というところだったので

空気清浄機色々調べようとしたら これが出てきたんですよ

えっ? うちにあるやつ! 

これ、空気清浄機じゃないの!!!

ダイソン

ダイソン公式

引き寄せの法則って 本当にあると思います。 confident

かくして 私の仕事場は 整って参ります。。。

 

エゴで欲しいものはなかなか手に入らないようですが、

本当に必要なものは ユニバースが知っているんですね。(笑)

見えるもの

私たちの周りで起きている事。

自分自身の内側で起きている事

そこに 起きてはいけないこと というものはありません。

ただし、起きると面倒な事や酷い気分を味わうこと というものはあります。

この世界は エネルギーの流れの塊 のようのものです。

こっちを押せば あっちが出っ張り というように

原因があると結果 というものが生じます 因果です。

今起きている 好ましいこと 好ましくないことは

その前にそれが起きる要因というものがあり、それに引き続いて

このことが起きています。

時間と流れの量はすごく大きな塊です。

 

唐突ですが、あるものを思い浮かべました。

お風呂で、時折、バスタブや自分の身体に丸い渦の影が映ります。

渦の影.png

最初は何の影なんだろうと 凄く不思議でした。

この影は、水面の渦の影なんです。

 

私たちが現実の世界で見ているものも、

実体と影と記憶です。

水面の渦が実態そのもの、その影が底に映るこの黒い丸 

そして、目ではなく頭の中にあるその記憶です。

 

現実とは、どれのことを言っているのでしょうか?

殆どの人は水面ではなく、底の影、あるいはその記憶を追っています。

 

あなたの見ている世界の真実(実体)は、どこにあるでしょうか。

あなたが見るものがあなたの世界観です。

真実 とは限りません。

人の数だけある世界観。

かなり違ったものを見ているようです。

 

酷い国、ひどい社会 ではなく、

自分の目の前に平和と穏やかさを作ります。

平和な いまここ。

瞑想でそれがみつかるという不思議。

心の中の喧騒が掃除されるからですね。

渦を楽しんでいます。

 

 

責めない

私たちの周りで起きている事は、常に私たちを試しています。

それを試しているのは 私たち自身の魂である とも言えます。

どういうことか? と言いますと、

この世界で起きていることは 私たちが起こしていることも多く、

起きたことに反応している人間がいる という以前に、

人間の活動が現象を起こし、そのことに無自覚な人は、意味が解らず、現象に腹立ててしまう といったことが起きるんですね。

これ、自覚する時があります。

例えば、自分がヘマをやってしまった時、

「うえぇぇ~!腹立つ~!やってしもたやん~!」なんて自分の失敗に腹立つ時、

忌々しいのは自分の上手にやれなかった行動です。

自分以外に怒りを向けたくなって、ひとしきり関係ないギャラリーに奴当たりする自分に、「理不尽だな」なんて思いつつ、

「八つ当たりしてる自分」にちょっと恥ずかしくなりながら 怒りが尻すぼみになる なんて経験はありますでしょうか?

私は、これが非常に多かったですね。
 

瞑想をする前から、その自覚があった記憶があります。

「人を指さす時、中指、薬指、小指の三本は自分を指してますよ」なんてことを聞いた時も、

「もっともだ」と思いました。

誰かの愚痴や批判をしていると、頭の中で「オマエモナー」って言葉が聞こえてくるんです。

批判してるその行動に なぜか身に覚えあるな と思考の片隅でムクムクと「私もやん」が出てきて

批判の言葉の勢力が落ちてしまう。

「人の事、言われへんやん」(関西弁で)言うてきます。

私のハイヤーセルフ関西弁ですねん。(笑)

 

周りのだれかのせい ではないんです。

あなたの目の前で起きていることは、あなた自身が、

私の目の前で起きていることは、私自身が起こしている。

それになぜ 文句を言えるでしょうか?

 

これにすっかり納得した時、

他者に文句を言う気が失せました。

 

何と思うのか?

「起きることが起きているのだな」と。

何らかの必然でそのことは起きている。

自覚があろうとなかろうと、

意図しようとしまいと、

望もうと拒否ろうと、

私の思いが関与してます。

 

まぁ、起きてしまったものはしょうがない のです。

 

後は、それをどう処理するか

それは今の私次第です。

人のせいにして、更にネガティブループを重ねるなんて 失敗

もうしませんよ~。

誰かが片づける必要があるなら、私がすればいいんです。

地球をお掃除する人には マザーアースのご加護があります

なーんてね。(笑)

でも、それも本当だと感じています。

ネガティブなエネルギーはとっととお掃除しましょう。

爽やかな日々をお過ごしください。

泣いても笑っても、

悩んでも開き直っても

ただ、起きることが起き、私たちはそれを処理します。

とっととお掃除。

することはただそれだけです。

澄み渡った心地よさを体験するために。

雑味を排除すれば 爽やかさのみ残ります。

 

断捨離した~い  wave

浜辺の石積み

 

世界は生き物

色んなことが起きています。
受け止められても受け止められなくても 流れはどんどん進んで行きますね。

我々がどう思おうと 流れをとめることはできません。

この世界は 常に流れ 変化しています。

 

命のエネルギーもまた 独自の流れや勢いがあります。

 

若い命はフレッシュで弾けそうな勢いがあり、

成長して徐々に緩やかになり

円熟して 徐々に薄くなり、次の準備を始めます。

 

私たち人間が生まれて、成長して、老いて、やがて亡くなり、また生れ変るように

この世界も常に 芽生え 繁栄し、疲弊し、そしてゼロに返り、また再生します。

この世界は 創造(ブラフマー) 維持(ビシュヌ) 破壊(シバ)で出来ています。

 

この運命のサイクルは避けることができません。

人の意識は この運命を自覚しているようで、そうでもないので

いつまでも勢いのあるままの状態を維持しようと 過去にしがみつきたがってしまいがちですが、

しがみつけばしがみつくほど、運命は残酷なものとなってしまいます。

流れを止めることは出来ないからです。

 

人間の体一つでもそうですし、

時代や社会も同じように変化を続けます。

エネルギーは充満と拡散を繰り返します。

 

同じところにエネルギーを貯め込もうとしても限界があります。

アンバランスは バランスを取る方向に流れてしまうのです。

溜め込みすぎたダムは決壊し、大きくなりすぎたエネルギーは爆発 

そして拡散します。

 

今の私達がしなければならないのは、

前時代に戻ることではありません。

これからの在り方は

これからの世界に調和できる方法を見つけることです。

 

これからの課題は、お金では解決しません。

今後の世界は お金は 徐々に重要なものではなくなってゆきます。

お金は人生を捧げるほど価値の在るものではなく、ただの道具に過ぎない。

機嫌の切れた福引券は 無価値なのと同じように

お金(お札や硬貨)は、いずれその利用価値が無意味になってしまうと 無価値になる。

今 お金に価値があるかどうか ということではありません。

お金できることもあるでしょう。ですが、

どれほどの財力があっても、本当は身体や時間や人生を買うことはできません。

本当に欲しかったものは何なのでしょうか

本当に体験したいことは何なのでしょうか

あなたの持っているものは あなたを幸せにしたでしょうか?

それのおかげで、充分幸せな今があるでしょうか。

 

長い事生きていると、いろんな体験をしますが

それはあなたを不幸にするためにあるのではありません。

それはあなたを幸福にする材料となります。

 

あなたは この世界の有限無限の存在から

あなたが手にすることができる幸福を見出していくのです。

あなたは 今この瞬間も 幸福を選ぶことができます。

幸福は条件ではありません。

あなたが あなたを幸福にしておくかそうしないか の問題です。

 

在るものに、飽きて退屈するのか 

在るものに奇跡を感じて感動するのかは

とらえ方の問題で

そういう意味では 幸せでいる技術 というものがあると思います。

 

幸せで居ようとすること、それはお掃除をするのと似ているかもしれません。

幸せになるものだけを残すことです。

無いものを手に入れることではありません。

要らないものを捨て、幸せを感じるものだけを残すようにします。

そして、過ぎ去るものに執着をしないこと。

 

これを実践している者は 不幸になりようがありません。

 

ああ、そうだ、我が家も お掃除しなくちゃ(笑)   

モンク瞑想

 

ページ上部へ