ホーム>スタッフブログ>日々徒然

日々徒然

愛情表現

今月84歳になる父が転んで怪我をしたと 弟からラインで連絡が来ました。

写真付き

転んで顔にひどい打撲痕・・・

見て泣きそうになりました。

年齢よりも若く見えて 娘の私が言うのもなんだけど

ちょっとカッコイイ父

せっかくの男前が台無しじゃないか~っ⁉ crying

骨は折れてなくて、打撲だけなので時間が経てば治るっていうけど、

そんな顔でお客様の前に立てないだろう と 思ったのに

店に行く と言う・・・

なんでやねん・・・・ 

久々に関西弁でツッコミますけど?

そうだった、昔は 仕事ぶりがワンマンで強引

家族の意見は聞かず 自分の思いで突っ走っていた父でした。

(未だに?)

今、思えば、そりや素人の意見なんて聞かないでしょうけど (-_-;)

その昔、私たちの気持ちを分かってくれない とすごく反抗していたけれど、

私も父の気持なんかわかってなかったですよね。

どんな思いで必死に稼いで 仕事人間になってたのか  とか。

犠牲にしたことなんて数えきれなかったろうに。。。

かつて子供に愛情表現をすることが上手じゃなかった青年実業家も

今ではすっかり好々爺で

孫娘全員に慕われるおじいちゃん。

 

202011172435.jpg

歳をとってから 本当に愛情深い人になった父は

少し弱って 今度は私たちが心配する番になりました。

なぜかお店に来たお客さんがSNSで私に父の写真を送ってくれる という・・・Σ\(゚Д゚)/

2020111711741.jpg

有り難すぎます~ crying

コロナ禍で会わない間に歳をとったね

お店を移転させてまで続けたかったよね、

老けたのは引っ越しの疲れだろうか・・・?

長生きしてもらって親孝行したいのだけど・・・

誰かのために頑張るのは もう十分したと思うよ という

私の意見を聞いてくれるには もう少し弱らないといけないのかな?

一緒に仕事をしている仲間やお世話になった人達や

支えてくださるファンの皆様に ごめんなさいって言うのが辛いのでしょうね

自分の命よりも 周りの人のことを考えてしまう父

 

愛情はお金じゃないんだけれど

遠くに住んでいるというだけで 簡単に会いにいけない。

今、自分に何ができるんだろうと 娘は悩みます。

幸せでいてほしいのです。

悪口の悪口

もうだいぶ前の事を思い出しました。

10年以上前になってしまいました(笑)

温泉好きの私は 別府の温泉巡りをしておりまして、

その日は 別府八湯温泉道のスタンプ集めをしておりました。

別府八湯温泉道 というのは、

別府は地域によって8種類の違った泉質が湧き出るので別府八湯と言いまして

街中で温泉が湧いているので 温泉施設だらけなのですが、

その中で温泉道の指定施設に行くとスタンプがもらえて

全部で88個のスタンプを集めると 温泉名人の称号がもらえます。

温泉名人になるとひょうたん温泉の施設内に『第〇代温泉名人』の称号と共に

名前と写真が飾ってもらえる(笑)という・・・

新たに温泉名人になった人の表彰式なんかもあるのが 温泉祭り

そういう企画があるんですね。delicious spa

温泉祭り

今年はコロナウイルスの影響で残念ながら中止になったようですが

昨年まで毎年開催されていました。いつからはじまったのかしら、もう長いですよね。

そのスタンプを集めたいがために 別府市内各地の共同湯を重点的にめぐっていたんです。

そういう共同湯は普段から近所のみなさんがご利用されている小さなお風呂なので入館料も100円だったりします。

更に、温泉祭り期間中共同湯は無料開放になったりします。ヾ(o´∀`o)ノ spa

安価にスタンプが集められるので、外から来たスタンプ集めの温泉マニアたちも入れ替わり入ります。

スタンプ目的の人はちょっと浸かってすぐに次の施設に移動 一日にいくつも入ってスタンプを稼ぐわけです。

そうやって、私もスタンプ集めにハマっていた頃がありまして(笑)

いくつめの共同湯だったか 入らせてもらった時のことです

(前置き長っ!)w(温泉祭りも書きたかった)w

当時40代の私よりもずっと年上のお姉さま方が先におられて、二人でお喋りされていました。

お一人が話し続けて、もう一人は聞き役。

聞きたかったわけではないけれど、一生懸命お話されているので、 

狭い共同湯では話している内容が全部丸聞こえ。

「〇〇さん、ほんっとに嫌い」

「あの人、その場に居ない人の悪口言うのよね!」

「本人に言え って言いたいわ。ほんとに好かんっ!」

「この前も集まりの時、あの趣味の悪い服何だろう、ほんと最悪~」

ひたすらディスり祭り

 

居ない人の悪口? ん?

ヲイ (・∀・)/

突っ込みどころ満載!

危うく突っ込みそうなのをグッと我慢して早々に退散しました。

もう、その話を人にしたくてたまらなかったのですが (/・ω・)/

それをすると ミイラ取りがミイラになってしまうので(笑)

悶絶 我慢しました (爆)

ああ、神様 私のディスりたいをお預けします・・・アーメン(にわかクリスチャンか⁉

祈り

リンチェン・ウォンディ

202011704639.jpg 20201170477.jpg

福岡アジア美術館のレジデンス事業で

半年に2~3名ずつのアジアの若手アーティストが招待され福岡でアート活動していました

2006年の招待作家として来ていたリンチェン・ウォンディも、いろんなワークショップや教育プログラムを企画しましたが、その中でチベットタンカを描くワークショップがありました。

地域の広報紙に募集が出ていて、私は急いで申し込みました。

1週間のワークショップでしたが、内容がかなり本格的なもので とても1週間では完成できないボリュームで

参加者の私たち20名はリンチェンが滞在する残りの期間1ヵ月、アジア美術館に通って制作することを許されます。

1ヶ月アジア美術館のスタジオで一緒に絵を描きながら

みんなリンチェンのことを大好きになっていました。

本当に心のキレイな青年だったのです。

それから 私はチベット式の仏画も描くようになりました。

チベット式仏画の描き方とその意味をリンチェンに教えてもらったからです。

アジ美ワークショップにて

当時の完成作品です

全員で撮った写真もあったはずなのですが、それは残念ながら見つかりませんでした (^_^;)

リンチェンが帰ってからも タンカを描く会を続けようということになり、絵仏師の私がサークルを開きました。

それが 今のアトリエ霽月仏画の会に繋がっています。

リンチェンはその後、母国ブータンで美術スタジオを開き、政府関連の美術制作にも携わり

数々の素晴らしい絵を残します

ブータン国王の絵

私たちもブータンにも行きました。

ブータンにて

Facebookでやり取りして
離れた所に居るけれど まるで家族のような気がしていました。

リンチェンとブータンにて

いつかまた来るからね!と言って別れ

本当に行くつもりでいたのですが

今月5日、リンチェンは帰らぬ人となってしまいました。

享年41歳 脳腫瘍だったそうです。
病名がわかってわずか3週間ほど

あまりにも若すぎる旅立ちでした。

リンチェン・ウォンディ

まだまだ生きてて、沢山の絵を残して欲しかった。
あなたのような素晴らしい心を持つ優れた画家を失ったことはこの世界にとっては大変惜しいことです。多くの人があなたに癒されていました。日本人だけではないと思います。

リンチェンは 多くの人の心の中に生き続けるでしょう。

毎年1月1日のあなたの誕生日は あなたのことを思い出すことと思います。

世界が平和になり人々が幸せであることを心から願っていた その意思を

私も引き継ぎたいと思います。

誰より家族や友の幸せを願っていたあなたのために

私たちは慈しみ合い、愛を持って 互いの幸せを願いながら幸せに生きることを選んでいきます。

安心して安らかに休んでください。見守っていて下さるかしら。

私たちがそちらに行くまで 待っていてくださいね。

その時は沢山の思い出話をしましょう。

 

イベントを終えて

怒涛の一週間が過ぎました。

仏画ライブ

十夜一夜出演アーティスト

盧舎那仏

 

日曜日のライブペインティングが無事終わりまして、

とり憑かれたように 倉庫の掃除をしております (笑)

解放のエネルギーを掃除で消費

倉庫(クローゼット)に詰め込まれた資材を全部出してしまったので、1日では片付きませんでした。

まだ 片付け中。

新しい制作をする前の儀式みたいなものですね。

これ、意識的に ではなく衝動的に始まるので

自分のことながら不思議です。

 

今日からブログ再スタート。

 

11月は 20日から雲仙リトリートです。

連休をりようしての 11月20日~23日の3泊4日の瞑想リトリート

瞑想リトリートは 行く前は 費用が、時間が、 と色々躊躇するのですが、

いざ参加してみると 凄い浄化が起きるので また来たい!と思ってしまいます。

何ヶ月か瞑想を実践しつづけたのと同じくらい浄化が進むそうで、

本当に意識が開きますものね。

瞑想経験の浅い方でも十分効果があります 

一気に瞑想と啓発の真髄に近づくチャンスです

どうぞご参加ください。

https:/bobfickes-retreat.jimdofree.com

失せもの

ご無沙汰してしまいました。

制作に入り出すと あっという間に時間が過ぎていきます。

もうすぐ圓應寺の法要イベントで 準備に手を取られています。

今回は、更に大きな絵を描こうとしていて、絵と紙と格闘状態です (^_^;)

できるのか? お楽しみに とも言えない微妙な緊張感と共にいます。

もう いまここにしか居れない状態 

 

そういう時によく起きることなのですが、

物品の神隠し・・・

神様の手先で 物を隠しているのはたぶん自分自身なのでしょうが

もう本当に探しても探しても見つからない

謎~~~っ!!!

大半は 忘れた頃に出てくるので 諦めて放置するのですが

今回はそう暢気な事も言ってられない 

忽然と消えた?のが 生徒さんの作品。

パネルに張った制作途中の作品で

どうやってなくなったのかがわからない。

かさばる物ですから 紛れている なんてことは起こりにくく

何かの手違いで どこかに移動してしまったのか

本当にありかがわからない。神隠しのようです

自分の物なら即効諦めますが、

もう本当になぜそんなものがなくなるのか 腑に落ちないこと極まりないのでした。

私は生徒さんが持って帰ったものとばかり思っていて

当の生徒さんは持って帰ってない とのこと。

お互いに家を探し回りましたが どこにもないのです。

誰かが間違えて持って帰ってしまった とかならいつか出てくるでしょうが

まだ、誰からも何のアクションもないのです

しばらく 気がかりな日が続きそうです。

 

でも、こういうことって、スピリチュアル的には心配を手放すのですが、

自分が無くしたかもしれないとなると、気にしない というのはあんまりだ と思うので

まだ当分は 探してみます。

これを機に 雑然とした収納スペースの中を片付けろ ということかもしれません。

やはりほとんど使わないものなんかは 断捨離していこう。

年内の課題かな と思います。

今年は12月に入ったら お掃除始めよう。

スッキリしたアトリエで 制作できるようにしよう。

絵画材料と作品 も 溜め込まないようにしたいものです。

欲しい作品があれば 交渉してくださいね。

まだまだお待たせしている注文品もいくつか保留にしたままだし

身辺をちゃんと整えたい欲求がどんどん大きくなってます

 

片づける時間と絵を描く時間を増やしたいなぁ と思う今日この頃です。

ほんっとに 断捨離したい。

頑張ります。

断捨離達人いらっしゃったら指導してくださーい(笑)

果たしてアトリエは片付くのか それが今年の課題かも

落ち着いたころに 探し物は出てくるでしょうね。

趣味の話

雲仙リトリートのことを考えていたら

温泉のことが気になってきました。(笑)それは業務じゃなーいw

しかし、 雲仙行くのに 温泉に入らないわけがないのです! (゚Д゚)

というわけでFacebookには雲仙温泉情報をアップしました

お風呂の写真をクリックしますとFacebookページに飛びます

10月16日投稿記事をご覧ください

雲仙福田屋露天風呂
そう言えば
近年?いつごろからか、温泉ソムリエなる資格があるようですが、
なれる気がします~w
九州限定ですけど、温泉情報詳しすぎ~w
しかし、資格に興味が薄い・・・ という。。。
で、気になって
資格認定情報見てみたら、資格取得に27000円かかるそうな・・・
高い!(笑)
1日の勉強でソムリエになれるらしいです。
そんなでいいのかー(笑)
九州のリアル温泉マニアさんたちは
すごいですよ。w
自分たちで野天風呂管理してたり、
特に別府エリアのマニアさん面々、人生が温泉ですw
私はそこまでしてませんが
そういう方々にお会いしたことがあります(笑)
人生の楽しみ方って ほんとに沢山あるなぁ って思います♪
 
 

点描曼荼羅展

今日はFacebook繋がりの友人 松石恭子さんの点描曼荼羅の個展に伺いました。

松石展チラシ

松石さんの作品、Facebookで拝見している時から、

その抜群のセンスに注目していたんですが、

実物がすごかった。

もう宝石ですよね。とにかくオシャレでハイセンスです。

点描曼荼羅の作家さんの作品はちょくちょく拝見しますが 

松石さんのはデザインに個性があって、点だけでなく線や面なども活用していて特徴があるんです。

メヘンディみたいでもあり、オリエンタルな雰囲気

それで実物を見てみたかったんですよね。

お話を聞いてみると、ゼンタングルも制作経験アリとのことで納得。

バリエーションが幅広い。

 

この方、これからもっとメジャーになりそうな予感です。

大きな作品作らないかな?

現代美術作家にもなれそう。(美大出ならきっとなってる)

写真では写しきれない美しさなので 近隣の方は見に行かれるといいと思います。

今日はワークショップもされていました。art

松石恭子さん

松石さんと

松石さん長身でカッコイイ美女

点描曼荼羅

個人的に青い作品が好みです(笑)lovely

アトリエ霽月に来て下さるとのこと、楽しみにお待ちしてますheart02

 

 

朝夕が肌寒く感じるようになってきましたね。

10月も半ばです。

秋桜は花盛りでしょうか。

秋桜

10月16日は亡き母の誕生日なのですが、秋桜が好きだった母を連れて秋桜畑へ何度か行きました。

10月16日は毎年秋晴れでした。「私の誕生日はいつも晴れなの」とよく母が言っていました

最期の方は 車椅子だったかな。

身体が不自由になってからは 旅行好きだった母も出かけるのを億劫がるようになっていました。

それで小さな秋桜の鉢植えを買ってきたりして 母の部屋に置いたりしたりしました。

春は桜 秋は秋桜です。どちらも桜ですね 

 

母は病気をする前は すごい働き者で、

もう過剰に働く人だったのですが、

休むということやゆったりした時間を楽しむことがとても苦手でした。

これは働いていないと不安になる というカルマからの衝動です。

前半生、戦後の日本の中で 周囲のご家庭も貧しかった中で

更に貧しい家庭の長女として生きていたからでした。

家族のために働き続けなければならない 

お金が無いことはとても辛い  という思いがこびりついてとれなかったのです。

 

戦争 という体験は 多くの庶民に苦しいトラウマを与えました。

そのカルマを背に 努力をして豊かさを手にしていきましたが、

カルマはその後も残り続けたんですね。

多くの日本人たちは得ても得ても 安心しきれなかったのです。

また どんな不幸がやってくるか わからない  と。

 

この世界に不信感を持って 怖れを軸に生きると

満たされる ということがありません。

不安は無尽蔵に湧き上がってくるからです。

 

私たちが生きているのは 過去でも未来でもありません

ただ、今 この瞬間にしか存在しません。

私たちが取り組めるのは 今 この瞬間だけなのです。

今 という真実を冷静に受け止めることから始まります。

どんな辛いことも 今の私が それをどう受け止めるか で

あなたの見ている世界は 不安なものにも 大丈夫なものにも 変わることができるのです。

 

出来事は 波のようなものです

上がったり下がったりします

一喜一憂が激しすぎると疲れてしまいますね。

まぁ 成り行きを眺めましょう

真の解決策は冷静な観察力から生まれます。

感情に呑まれないように

手に負えないことは サレンダー(降参)していいですよ。

この世界(ユニバース)が起こしていることは

ちっぽけな一人の人間にはコントロールできません

でも、流れは 不必要なものを淘汰していきます。

個々の都合はお構いなしにですが。

流れを読んでください。

 

私達人類は 新しい意識の世界へと進化していきます。

そうでなければ摩擦の苦しみと付き合うことになります

世界をこちらに合わさせるのではなく

私たちが柔軟に世界に沿って 共存していくのです

世界のバランスが 私たちの環境を守ります

バランスがとても大事です

エネルギーバランスです

この世界を構成するもの

すべてが あなた自身です

世界は あなた そのものです。

あなたの内側に豊かさを満たしてください。

お金や物質は必要ありません。

幸せに感じるものへ意識を向けるのです。

 

中秋の名月

中秋の名月、美しかったですね。

アトリエ霽月の『霽月』せいげつ は、雨上がりの澄んだ夜空に光り輝く眩しいような満月のことです。

そんな天候の条件に左右される 名月は何年に一度見られるのかな と思いつつ

今年の名月を見ました。

中秋の名月

都会の名月は 夜景の中にありますね。

スマホカメラでは くっきり写らないのがちょっと残念。

 

サロンの名前を霽月にした経緯をお話しましょう

元々私は 自分が明るすぎる太陽にはそぐわないと思っていたんです

月と太陽(陰陽)だと 月側のグループだと感じていたんですね。

夜のグループです。

燦燦と光り輝く太陽ではなく 暗闇の中に居て 辺りを照らす役目

でも、もっと以前、最初は、満月ですらなかったですね。

消入りそうな細い三日月に惹かれていました。

それが自分の自己イメージにしっくりくる感じだったんです。

スピリチュアルを学ぶにつれて だんだん光か強くなって

静かな心で夜の静けさを照らす などというのは自分にピッタリな感じ

だと思っていたのです。

それで最初はハンドルネームに静月 という名前を使っていました。

静かな月 青い光 そんなものがとてもしっくりと感じられていました。

ですが、瞑想をするようになってもっと意識が変わりました。

月は月でも 闇を消してしまうような強い光

霽月 というのがあるんだ と知って それは私の憧れになっていました。

瞑想教師になったころ、それを名乗るのは大それたことのように感じて

まだまだ自分にはそぐわしくないとも思っていたのですが、

憧れでなく それが私ですと言えるほどになると自分で先に設定をしたのでした。

実力は 後からでもついてくるものです。

経験を積んで いつの頃からか自信をもてるようにもなっていきました。

そして、どんどん 理解していったのです。

悟りは 今の自分自身の生き方 そのものでもあります。

そしてそれすらも意識しないほど 当たり前の自然な在り方

何も特別なことはありません。

何者にもならなくても 存在そのものが輝いていることに気付いたのです。

命がある という輝きです。

生きていることを喜んで謳歌している輝きです。

特に何が出来たから というわけではありません。

ただ、自分が好きな事をしているだけです。

そして、嫌なことがあったとしても それはそれ。

排除などしなくても 自分の命の輝きはそがれることはありません。

 

この境地は羽が生えたように軽くて自由なのです。

とらわれていた頃の重さ など もう思い出すこともないくらい遠いものになっていました。

でも、知っていはいるのです。闇はどんなものかも。

そこに戻ることはありません。

今の方が心地よいからです。

 

1人でも多くの方が 軽さと自由さを実感してくださいますように。

楽しく平和な悟りの意識へ

ようこそおいでくださいました。

一緒に楽しく 今日という日を歩みましょう

瞑想と 瞑想の場、教えの場に触れてください。

 

11月に九州で 瞑想合宿があります。

現在場所の交渉中です。

決まり次第告知いたしますので どうぞお楽しみに。shine

 

オンライン瞑想会

水曜日夜はオンライン瞑想会の日です。
本日もご参加くださったみなさま ありがとうございました。

水曜日に毎週開催するようになりまして 1時間の簡単な瞑想会ではありますが

皆さんとお会いできるのが楽しみになっています。

 

瞑想は、継続すればするほど、状態は良くなっていきます。

塵も積もれば山となる・・・の逆で、山のように積もったカルマの塵がどんどん減っていき、

何もない 空 真我そのもの になります。

昔の修行者たちは それを目指して 森の中の洞窟で瞑想を続けたのでしょうが、

現代人は俗世に居ながら 悟れる というのは 本当にすごい進化だな と思います。

 

煩悩は努力して滅するもの ではないですね。

瞑想を続けた 浄化の結果 現れる境地です。

今起きている解放を 否定しないでください。

それは単なるプロセスに過ぎないのです。

自分が感じている感情は感じてはいけないものなどではありません。

それは身体に起きる 生命体の反応です。

とても自然なことだったのです。

出てくる感情が 歪んでいる時、

そこには強い抑圧が存在しています。

自分、あるいは 環境による抑圧

解放時には抑圧ごと押し流されることもあります。

大いなる流れは 摩擦を起こすものを押し流してしまいます。

摩擦を起こすものにしがみついていると それと一緒に押し流されるので

手放して身軽になってくださいね。

 

私たちは 本当は何も所有していません。

この世界にある物質は すべて 世界からの借り物です。

この体さえも。

 

死は 閉じ込められた身体から解放されることでもあります。

だけど、身体を持っている時にしかできないことも沢山あるので

今の身体を持ってできる体験を謳歌してください。

急がずともお迎えはいずれ必ずやって来るものですから

苦悩は手放して 楽しむことをしてくださいね。

あなたを制限するものは 何もありません。

あなたを制限しているものは あなたの中のルールです。

それは手放しても あまり困りません。

あなたを駆り立てるものは あなたの煩悩です。

それは手放すと 楽になります。

 

そして、

ジャッジ、判断 をやめて 

ただの観察者になってみましょう。

答えは 最後にわかるのです。

 

どんなものとも比べる必要はありません。

今にくつろいでくださいね clover

ページ上部へ