ホーム>スタッフブログ>2022年12月

2022年12月

自由な選択

昨日、食の話題を出しました。

私は野菜好きですが、菜食主義ではありません。

完全菜食の食事も美味しくいただきますし、自分でそういうメニューを作る時もありますが、

肉を食べることもあります。

これはヴィーガンの方を否定するものではありません。

できない とも思っていませんが、特にしていないだけです。

理由はありません。今はそんな風 というだけのことで。

意識が高いわけでも低いわけでもない というか。(何を基準にだかわからないけど)

もし、日本の食文化や食材事情が変わって来たら それに合わせて手に入るもので食事を作っていくでしょうね。

食事情は経済の問題でもありますし。良いものでも高すぎれば買えないし。

もし、家庭内に小さな子供が居たら、使うものはかなり厳選するようになるでしょう。

そして、もし、食べさせる人が病気やアレルギーがある場合もかなり食材を選ぶようになります。

そしてたぶん、一緒に暮らしている人がヴィーガンだったら、自分もそれに合わせて一緒に食べると思います。

環境やご縁に左右されています。

誰かの真似をするわけではなく、ただ、影響されるのだと思います。

多くの人々はそうなんだろうと思いますし、何か信念があったとしても、自分の信じていることが全て とは限らないことも理解しておきたいと思います。

そもそも1つの固定された正解というものは無いわけですから。

「いやいや、大事なことはこれなんだよ!」と大きな声で言いたい方がいらっしゃることは重々承知ですが、それでもなお、

固定された正解など 存在しない ものなのです。

主流は正解なのではありません。天動説が異端だったこともあるわけですから。

人々が当たり前だと思っているいろんな事柄は、それが本当にそうなのか否か は、長い年月と共に徐々に明らかになって来ると思いますが

食品に関して考えると、古くからあるもののことが徐々に分かるようになるのと同時に、新しい薬品や加工食品、便利なもの が出て来て 

それもまた 時間が経ってから身体に良くなかったとわかるようなこともあるでしょう。

そういうニュースを聞くと「ええ~っ、めっちゃ食べてたやん bearing」てやり場のない怒りと残念さを感じます。

でも、もうその人体実験は自分の代でやって子孫の皆さんは同じ轍を踏まないでね って思うしかなかったりします。

食品ではありませんが、個人的な体験では化粧品、けっこうやらかしました。

自然派のオーガニック植物由来の化粧品に 私の皮膚はカブレます。湿疹出ちゃうんですね。刺激が強すぎて。そう、過敏肌。

上皮が薄いらしいです。外部の刺激が過剰に浸透しちゃう。顔中腫れたこともあるので、新製品はおっかなびっくりでパッチテストとかしたりして

いや、正直言うと面倒くさがりなので、つけてみてかゆくなってきたらアウトですぐに洗い流します。二度と使いません。

でも、そんなことしなくても全然大丈夫な健康肌の人もいるので、自分の基準と他の方の基準は違います。

自分に合ったものを使えばいいだけの話です。

食事もライフスタイルも生き方も同じかもしれません。

これが正しいという一つの答えではないのです。

 

それは自分の子供に対してもです。

親子は体質は似ていますが、好みも性格も価値観も違います。

あなたが他者の基準を押し付けられると居心地が悪いように

あなたの家族もあなたの価値観や基準を押し付けられると居心地が悪い。

それを知っていると、お互いに尊重し思いやり合うことができます。

「あなたの良いように」 そう言ってあげられるといいですね。

 

スナック菓子をモシャモシャ食べている家族を横目で見つつ

私はあんまり欲しくないんだな。と 手を付けない。 「身体に良くないんじゃないのかな?」

言おうか言うまいか迷って 「大人なんだし、自分で決めて」って思います。明らかな毒を食べてたら止めるけどね。

もし配偶者に対して何らかの依存があると コントロールしたくなってイライラするのでしょうが、

情報提示は1,2回でいいかな。家族の言う事ってなかなか聞けないもののようですし。

そうそう、私も好きなものはなかなか止められない。たぶん。

自分の健康を大事にしつつ、我慢よりハッピーを優先もするのでした。(笑)

自分で決めたらいいと思いますよ。ハッピーは大事ですからね。

仲間意識

ほら、違ってても仲良くできます。互いによく知れば、愛で繋がれる。

クリスマス

寒い日がつづきますね。

今日はクリスマスです。どんな風にお過ごしでしたか?

お部屋は暖かくされていますか? heart01shine

クリスマスなのでケンタッキーフライドチキンを買いに行ったら、予想通り行列でした。

でも、予約のお客さんはサクサク受け取って帰られるので普通の持ち帰りも10分も待たずに買えました。

私は野菜料理が好きですが完全菜食ではないのでお肉も食べます。

以前、夫に完全菜食を提案したら 即答で「無理」と返ってきたので、肉料理は適度に入れます。

ヴィーガン(完全菜食)が良いのか普通の雑食が良いのかは 考え方に由ると思います。

私は、極端に走ることは避けています。

概ね野菜沢山と肉などの動物性たんぱくを少し頂くことが多いです。

肉を全く使わない和食も嫌いではありませんし、その時食べられるものを楽しんで感謝して頂くようにしています。

人間は、元々雑食性の生物ですので 肉を食べることが罪 というのは後付けのルールだと思います。

生物としては飢餓よりも食べることが大事ですから、飢餓状態の種は、種の保存のために共食いなんかも起きるわけで、

ただ、人間は人間を食べるのはタブーになっていて、それは大罪のように扱われるのですが、

他の種の生き物に関してはものすごく無神経にその命を食べ物をして見ていたりします。

私は人間の肉は食べたこともありませんし、今後食べることもないと思うのですが、

他の動物を食べるという事はそれと何が違うのか 疑問に思うことはしばしばです。

同じに扱ったりすると 頭がおかしい!人じゃない!みたいに言われそうですが、

ヴィーガンの人の多くは人間のそれと動物たちのそれを同じに扱っている ということですね。

ただ、そのような問題だったとしても、神が雑食性の動物や肉食の動物を創り出した ということは

それは罪なのか? というと どうなんだろう・・・と思う訳です。

自然とは、 自然 なんですよ。

でも、不自然なものがあるとしたら それよりは自然であるものを選びたい

そういう願望、あるいは傾向 としてとらえています。

肉が美味しいと思う時に、その命に、私になってくれてありがとう と感謝を向ければ

命が少しは報われたり、無駄な殺生が減るのかもしれません。

人間は自分たちがしていることを自覚して生きる方が

この世界は調和しやすくなるのでしょう。

 

食べ物で避けているものはあります。(最近特に)

食品添加物です。今時の加工食品はかなり食品添加物が多いようですので、できるだけ素材で買って来て自宅で調理するように心がけますが、

これも完全シャットアウトではありません。それしかない時はコンビニやスーパーのお弁当も食べます。

お釈迦様は 中庸、極端に走らないこと を進めておられますし。

とかく、現代は、話題になったものがもてはやされたり、また逆に忌み嫌われたりしますが、

本当に大事なことはゆっくり明らかになっていきます。

そもそも、もてはやされるのは 販売のための戦略なことも多いですし。

一時的に大流行して、そしてみんな飽きて忘れ去られる

これもまた不思議な現象ですよね。

良いものは良いから残るのでしょうが、

全国のスーパーから1つの商品だけが消える現象が起きると、

いつも思い出すのはイナゴの大発生 で、

大発生したイナゴが畑を丸裸にする光景ににているよなぁ。と苦笑するのです。

あれもまた ブームが去ると嘘のように何も無かったように戻る。

で、結局、同じものだけを食べ続けた弊害などが起きて、ネガティブな側面もまた明らかになったりするのでした。

極端は、あまり良いことは無い ですね。

いろんな考え方があって、いろんな感性があって、いろんな体質がありますので、答えは一つではありません。

自分の感性を大事にしていれば、何が良くて何がそうでもないのかを自分の身体で感じ取ることができますよ。

 

命や神を大切にしたいと思うなら、まず自分の命を大切に扱って、頭(マインド)に流されず、

優しく愛に満ちた生き方をしてみましょう。

自然は あなた自身です。欲ではなく、愛を大切にすると温かさを知ります。

あなたの愛があなたを温めます。愛を胸に 温かく生きてみましょう。

cherryblossom 

ピンクの光

 

温かい心

冬至、さすがに寒いですね。

父に冬物のカジュアルコートを買ってあげました。

雨が雪に変わっていました。

子供の頃は父がいろいろと買ってくれた記憶がありますが、今は私があってあげるんだなぁ とそれから長い年月が経ったことを感じます。

私の父は ちょっと尋常じゃないくらい楽観的な人で、

余りにも出来事を気に病まないので どこかおかしいんじゃないか?と不思議に思うほどです。

家族でそういういう性格なのは 父だけです。

これは職業柄 というのもあると思います。

お客さんに常に時間を楽しく過ごさせる という仕事だったので

そういう姿勢が癖になって定着したのだろうと思いますが、たぶんそれだけじゃなくて

生まれつき ネガティブにはなりにくい性格なのでしょう。

ちょっと聞くと すごくいい性格に思えますが、デメリットもあります。

楽観的すぎて腹立つこともあります。周りが「人の気もしらないで!」という気になる(苦笑)

でも、それでも気にしてない というか気にできないようです。

それで母は苦労したと思います。母はたぶん真逆だったので一人で苦労を背負ってました。

でもそれも父のせい ではないように思います。母は誰と一緒にいてもそういう性格に生きた気がします。

父と一緒にいると 違いを感じますし、反応する自分が目新しく映ります。

反応するのはせいぜい半日くらいなのでどんなに頭にきても翌日には普通です。

人は 違いで摩擦を感じることが多いと思います。

その時は相手がおかしいように見えます。

でも どちらがおかしいというわけではなく 違うんだ ということだけなんです。

これまでの人生の中で、許せなかったすべてのことは ただ違っていただけかもしれません。

違いを見た時、裏切られたと感じることがあります。

でもそれは裏切られたのではなく、相手が自分自身を生きただけなのかもしれません。

それをしないでほしかったことを ただやってしまっただけかもしれません。

裏切った というより、したかったことを我慢しなかっただけかもしれません。

あるいは こちらの理想通りに生きられなかっただけかもしれません。

ふと、自分がどういう生き方をしているか と 考えた時、

私は人に合わせるのはあまりできません。

元々、細かい事はどうでもいいことが多いので通常の人間関係では理想とか希望があまりないので

相手を否定することもないんですが、相手が自分の理想を押し付けてきた時、

私は全くそのとおりにできません。自分の自由意思の範囲でしようと思えることしかできないのです

そういう自分がありながら、他者に自分の理想を押し付けるなどできようはずもありません。

それはする人はするのかもしれませんが、

私がそれをすると、内なる神が「お前はどないやねん」と大阪弁で言ってくるので(笑)

「やめとこ」になります。

幸いなことに 自分がしたことを他人が自分にしてくる という宇宙の法則通りに

私を変えようとする人は全くいません。私も他人を変えようと思いません。

どうせ変えようと思っても変わらないのですから(笑) 変えようなんてそんな骨の折れることしません。

相手は私が変えようと思って変わるのではなく、自然に変わる時に変わるのです。

そして、自分もいつの間にか気が付いたら変わっています。

私も変わりたいと思っていた時は変われませんでしたが、

そういうことを思わなくなって、気が付くと随分前の自分とは違うことに気付きます。

人は変わらないこともあるし、刻々と変わることもあります。

言い換えると、変わらない部分もあるし、日々クルクルと違った自分も出る ということです。

人間とはそういうものです。

自分自身が仏の心でいると、他者も仏の部分で接してきます。

エゴを出していると、エゴで対抗してきます。

世界も同じです。

エゴをむき出していると 世界がエゴを向けてきます。

もし、生きづらいと思ったら、自分の生き方をちょっと変えてみてください。

難しい事はないんです。

今この瞬間だけ エゴではなく愛を選ぶだけ。

その瞬間瞬間、気が付いたらそうするだけです。

出来ない時もあります。

でも、この世界のエゴを減らすのは 私たち一人一人、自分自身なのです。

求めるのではなく 与えてください。

ただ、愛を為した 誰かがではなく、あなたがすればいいだけなのです。

花

禅サンガが面白い

私が瞑想を始めたはじめての先生は阿部敏郎・智子ご夫妻なのですが、

ご夫妻がフルフィルメント瞑想から独立されてもう何年になるんだろう、、

その後設立されたオンラインサロン『禅サンガ』についてはこれまでも瞑想会やブログでもご紹介してきたのですが、

『悟り』にご興味がある方は かなりのお薦めです。

阿部さんご夫妻だけでなく、日本のあちこちで(だけでなく海外在住でも)悟りの意識に目覚めて発信されている方々を講師に招いて

あらゆる角度から 悟りにアプローチしていくコンテンツが盛り沢山。

これはすごいわ、と言うしかないです。

しかも どんどんバージョンアップしていて、コンテンツの種類が、もう全部しきれないくらい増えてるんですよね。

その中で 共通しているメッセージは、

我々人間が どれだけ固定観念や思い込みにとらわれていて、

本当はそんな思い込みに縛られる必要はないのだ という真実。

そこに気付くだけなんだよ ということなんですが、

人間の思い込みは不安に裏打ちされているので引き剥がすのに血が流れるほど痛くて恐ろしい気がする  という。。。

この壁が問題なんですよね。

本当は無いのに頭の中に見えてしまっている恐怖の幻想。

孤独感や無価値観や罪悪感や怖れ、

それがものすごく大きな重しになってのしかかっていて私たちの意識を脅かしているんです。

でも、それは本当は無い ただの幻想なんですけど。

それが内側にある時は ものすごく重くて大きくて圧迫感を感じるんですよね。

幻想だよ といわれて、「え?そうなんだ!」と気付ける人はとても幸い。

どれだけ言われても内側に恐怖と痛みがまだある人は まずカルマのエネルギーを先に出してしまわなければその重さが取れないのですが、

それはELM瞑想がすごく効果的なんですよ。

内側のカルマのエネルギーを排出しちゃう。

身も心も浄化していくわけです。

全然霊感とかなくてエネルギーにも鈍感な私ですら その排出効果には目を見張るものがありました。

私でもそんなに分かる というのはすごいんです。

実は私は瞑想をする以前にチャネラーさんたちが集まるグループに出入りしていて、全員が何かを感じ取っている中で私だけわからない なんてことは普通で

たまに 何か1個だけこれだけはわかる というのがあるくらい。

どうやら、目に見えないエネルギーを読むのはどちらかと言うと苦手で なんだか、チャネラーさんたちとは違うものが見えているようでした。

霊的なものはまったくわからない。

ただ、あまりにも凡人の私ですらわかるほど、目に見えてカルマのエネルギーは出ていくのでした。

ただし、最初はわけが分かりませんから、自分に何がおきているか なんてことは、一通りの浄化が済んではじめて、「これ、めっちゃすごいやん」て なるわけで、

それまではただこれまで通り、ワチャワチャ、ギャーギャーと反応する自分をやり続けるわけです。

それが、ある日突然「スッポン!」てまるで音が聞こえるかのように抜ける時があって 

その直前までは思いつめたりして悲壮な顔してるわけですが 感情の大解放が起きたあと、憑き物が落ちたみたいに 幻想が吹き飛んで違う世界(本当は平和だった)が見えて

唖然とするわけです。

もう、独り相撲してた自分にびっくりして 驚くやら恥ずかしいやら、あほくさいやら 

でも、大解放を済まされると、本当に幻想は残れないんですよね。

まぁ、いろんなカルマがありますから、まだ反応できる部分では怒ったりエキサイトしたりもできるわけですが、

また一つ一つ抜けるたびに カルマは落ちちゃうというか解放されてなくなってしまって、悩めなくなるんです。

もう、あほらしくなって悩めない。すぐ忘れてしまう。こだわれない。

怖れの幻想って、不思議と言うか、ある意味面白いですよね、これだけ人間を振り回せるわけですし。

まぁ、経験した上で言えることは、頭でりかいしようとしても無理で、怖れの幻想を除去するためにも

瞑想(特にELM瞑想が有効)は不可欠じゃないかと思うくらいです。

自分は悩みやすい と言う人、カルマが多そうという人はまず、ELM瞑想を日常に入れてください。

心因性の病気は治っていきますし、あらゆることが自然な形に戻ろうとします。

身も心も健全に 自然な在り方に戻しませんか?

摩擦は浮き彫りになり、手放しやすくなります。
 

その中で 禅サンガのお話はすごく面白くためになります。

エゴの意識からだと、あまり面白くないかもしれないんですが、

真我をちょっとでも分かり始めると面白くてたまらないです。

そこまでは瞑想をして、日々 ほんとうにやりたいことを自分にさせてください。

起きることはコントロールしなくていいんです。

自然に淘汰されるものなのです。(人生塞翁が馬 何が幸いするかはわからないものです)

無理のあるものは残れませんし、あるべきようになっていくのを悟ります。

 

禅サンガ ご興味がある方はこちら オープンサンガ – 本当の命を共に生きる魂の共同体 (satsang.jp)

ページのメニューから色んなコンテンツが見れます ご参考までに。

 

起きることが起きる

今日はめっちゃいい内容が書けた~♪ と思ったブログ記事、
アップしている最中に誤ってタブを閉じて 記事が消滅しました crying  crying

「せっかく時間かけて書いたのに~」とか「もう一回同じもの書けないよ~う」shock とか言う 私の自我がおりますが、

これも 起きることが起きているのだ・・・ と自分に言い聞かせる 深夜。(苦笑)

もう一回書こうか、、いやいや、今夜はこのガッカリ落胆感を味わって

しばしの敗者感を楽しみながら自嘲的に笑いながら寝てみようと思います。(笑)

また、書けるでしょう。たぶん。

今日じゃなかったんだ。

何かまずい事書いて消されたのかな?

 

等々 つまらない考えも出ますが、手放して寝ます。おやすみなさい。

また明日~ smile

日々徒然

軽い認知症がある父を福岡に引き取ってもうすぐ2ヶ月になります。

軽い認知症なので 一見普通に見えますが、いろんなことを忘れています。

昔のことはすごくよく覚えていたりするので、よく昔の話をします。

特に良い思い出を話したがり、子供の頃の話や若い頃の話や、仕事が急成したころのワクワクするような体験を何度も飽きることなく話します。

幸せな気分になるのが得意な人なんだな って思います。

困ったことは 考えない癖があって、これはこれまでは随分役立った性質だったのだろうと思いますが、近年は、問題を放置するようになっていたようで、

仕事を引退する時には、未解決の問題が沢山あって驚きました。

でも、もう本人には処理できませんので なんとか周囲の方々と話し合いながら一つづつ整理していきました。

父の老後は長女の私が看るんだろうと漠然と思っていたので あんまり疑問も感じず取り組みました。

その最中は必死だったんですけどね、それは自分の役目だ思っていたので、逃げるとか嫌だとか感じる余裕もなく。。(笑) 

現在は毎日、父は昼食と夕食を私の家で食べます。私が作るのはそんなに億劫でもないので 買ってくるより作って食べさせてます。

父は割と良い食生活ができてると思います。

そのせいか、福岡に来てから薬を飲ませていませんが、体調は良さそうです。

私が野菜を沢山食べさせるので、便秘薬も飲みませんが、トイレにも困らなくなりました。scissors

食は大事だと感じます。

父の部屋からうちのアトリエまでは近いのですが、エレベーターの無いビルを4階まで上がって来るのが大丈夫だろうか?と思いましたが、

丁度いいリハビリ運動になっているようで、普段の歩行もよろけることが減ってきました。

パーキンソン病には階段昇降の運動は良いそうなので幸いでした。

最近は補助につかなくても大丈夫そうです。

アトリエを出る時にはいつも一人で降りれるということをひとしきりアピールして、猫たちに「じゃあ行ってきます」と言って帰ります(笑)

様々な問題や処理、出来るものがやればいいか と思いながら、

でも、誰がやってくれるのだろう?と不安に思うよりも 誰かがやってくれるに違いない などと思って(あるいは思う事すらしないで)運命を受け入れていると

なんとかなっていくものなのかもしれないなぁ と 思ったりしました。

私自身ももっと若い頃なんて 親の介護なんて自分がするなんて想像だにできなかったというのに

気が付いたら普通にやっていて それが今後もっと大変になるかもしれなくても

その時はまたもっと何らかのサポートを受けられるともおもうので

不安も感じずに日々をくらしています。

 

大阪に残った父のビジネスパートナーさんも、実は父よりも認知症が進んでいて現在入院中なのですが、

その方のご親族の方もまた、なんとかなるでしょう。なるように落ち着きますよ と言われ

そんなお言葉で今に向かえることをとてもありがたいと感じます。

 

状況がどうか よりも、どんな心持で今を生きれるか がとても大事な気がしている今日この頃です。

今 笑顔でいることを選び続けたいです。

みんなと一緒に。happy01 笑う門に福来るshine

笑顔ワンコ

自由なこころ、自然な流れ

もし あなたがいろんなことを悩んでいたり、苦しんでいるとしたら、

それはあなたがその事柄に抵抗をしている ということです。

え?当然じゃないですか、何を言っているの?

このことを受け入れろ とでも言うのですか!? とお怒りになるかもしれません。

いえいえ、受け入れるも何も それはただ起きているだけ ということだから

それに抵抗するもしないもあなた次第。

あなたはそのことを受け入れられないことが当然と思っているわけですが、

そもそも受け入れるも受け入れないもなくて、あなたの意識が起きたそのことに抵抗するかしないか という話なんです。

あなたは起きているそのことが嫌で不快な思いをされているのですが、

その反応がネックなんですよ。

なぜそんなに嫌っているのでしょうか?

「ダメなものはダメでしょう?当然じゃないですか?そう思わないならそちらがおかしい」と言いたくなるかもしれません。

でも、心を落ち着けて感情を手放し、静かに見てみると

本当にそうなのか? ちょっと疑問が出てきます。

あなたは あなたのルールで世界をジャッジしてしまっています。

それが怒りや不快さの感情になっています。

ですから、その感情を伴う出来事、

それを取り除きたいと願えば願うほど 苦しくなるのです。

 

だって、嫌なものは嫌だもの!! と 心の内が叫ぶかもしれません。

その時 その感情はあなたの中にあるカルマの感情なのです

それは、過去に感じたネガティブ感情の記憶。

本当は今感じているものじゃないんです。

この違いに気付き始めたらあとはしめたものです。

あなたの中のカルマに気付いたということですから。

カルマのエネルギーは外に出て抜けていきます。

ただ 抜けるままに任せて 後は手放せばよいだけなのです。

それらは過ぎ去り、そして内側から消えて行きます。

あなたは 頭で考えすぎる必要もありません。抜けてなくなったものはもう反応することはないのですから。

あなたは自然に静かに存在することができるようになります。

だから解放に抵抗しなくていいのです。

それは自然に起き、そして 終わっていきます。

途中で止めない方がいいんです。

流れに任せてください。

自然な流れは浄化です。あなた自身も自然な命なのです。

抵抗しなくていいんですよ。

ただ、起きることが起き、やがて調和へ向かいます。

自然な感性に答えがあります。

 

風雲

久しぶりの投稿です

久しぶりの投稿で気が付くと2ヶ月も経っておりました。sweat01

最初の1ヶ月は父のお店の譲渡問題で息つく暇もないくらい現実問題と直面していて、処理に頭が一杯。どう過ごしていたのか思い出すのが大変なくらい。

後の1ヶ月は父が福岡に来て徐々に落ち着いてまいりましたが、なかなか腰が上がらなかった という感じです coldsweats01

お陰様で私も父も元気にしております。

ブログに書きたいことはいろいろ瞬間瞬間にでてくるのですが、その時に書き留めないと時間と共に消えてしまいます。

このところ、お悩み相談のカウンセリングが何件かありまして、

今この瞬間もとらわれが手放せず苦しい思いをしている方もいるのだな と思って何か書きたいと思っていました。

とらわれは自分自身の設定です。

何かきっかけがあって そういうことにしてしまったこと。

本当はそうじゃなくてもいいのに、そうだと思う方がその時は楽だったのかもしれません。

あるいはそうでない選択をしなかった自分がゆるせなかったために、それを性格のせいにしたり、

私はそうなってしまうんだ と思うことで納得したいのかもしれません。

それはある意味本当である意味違います。

それをしてしまった時、それはあなたの意思ではありません。

あなたの反応は自然に出てきたものです。

そう、カルマの影響を受けてカルマが表出される。

あなたの行動は自然でした

それは必然です。なるようになった。

そのことにあなたは罪悪感を持たなくていいのです。

だって、それは避けられなかったからこそそうなってしまったのですから。

でも、次の瞬間、あるいは今、そのままでいなくてもいいのです。

あなたはもうそれを手放してもいいということを知っています。

苦しいものを握りしめているとしたら、今この瞬間それを手放しましょう。

苦しがっている身体は、摩擦を起こしています。

そう、葛藤です。

あなたが引き受けてしまった抱え込んでいるもの、降ろしていいです。

あなたが望んでいないものを選んでいると、身体は抵抗します。

身体の声を聴いてあげましょう

そして、身体に症状が出ている時、それは子供が泣いている時と同じようなもので

泣き止むまで泣かせてあげた方がいいのです。

身体の中に溜まっているカルマ(感情)は外に出て身体からなくなります。

出て行ってる最中に止めようとしないでいいのです。

人間は頭の都合で身体のことをなおざりにしがちです。

本当に健康的な生活とは 適度なストレス

決して過度ではない、退屈しない程度のストレスが健康の秘訣です

病気や不具合がある時は休養してくださいね。

そして、過去にとらわれることはありません。

その時のあなたは あなたとは別人なのです。

あなたはいまここにしかいません。

あなたに丁度いい環境であなたは活かされます。

そこに居たいのなら居ても構いません。

それはあなたの魂が選んだ試練だからです。

気が済むまでやってみて、もういいと思えたら終えましょう。

やりたくてやっていることなら、立ち向かうだけなのです。

フィールドアスレチックと同じ。

平坦な道は退屈なのでしょう。

もし、それしか選べないと思っているなら、それは勘違いです。

違うものを選んでもいい。

ただ、そうできないとしたら、あなたは今の状況に何かメリットを感じているのです。

それを失いたくない。

欲 か 怖れ

それにしばられています。

手放してみた時に初めて、恐れなくてもよかった ということに気付きます。

それはやってみないことには実感は得られませんので

ぜひ清水の舞台から飛び降りてみてください。

後は流れに任せて。

 

変えたいものが変わらないと悩んでいる方にいいお話、ありました。

思考は癖なので瞬時に変えられなくても元の癖が出てもそんなに気にしないでください

でも 変えられます。慣れ親しんだものにしがみつかなくていい。

未知の世界、面白いですよclover 流れに任せてみてくださいshine

 

2022121110461.jpg

ページ上部へ