ホーム>スタッフブログ>生きる>夜の時代の終焉
生きる

夜の時代の終焉

こんにちは。10月に入って そろそろ中旬、ようやく寒いと感じる瞬間がやってきましたね。
長い夏でした。

時代は移り変わって いろんなものやいろんな状況が変化していきます。

四季もまたいつも同じではないようです。

タイトルの「夜の終焉」というのは、

ここしばらく年老いた父の事業の整理の成り行きを見ていて、資本主義の夢が終わったな という実感を持ちました。

戦後、昭和の高度成長期、バブル景気 と もう過去の遺物だと思いますが

老朽化した様々な事態を見て 何とも言えない感覚を感じています。

でも、それもまた 夢のように消えて行くものでしかありません。

そして、我々がとてもリアルに感じ、大切にしがみついたり、許せないと怒りに震えてきたようなものですら、

消えてしまう夢でしかないのだ とわかります。

それらは実存するものではなく、頭の中の思い(考え)記憶でしかありません。

お金のルールを巧みに駆使して構築した財産という数字は、あっても無いのと変わりないのかもしれないな と思いました。

この世で所有しているすべてのものは ただユニバースからの借り物でしかありません。そこに名札をつけて自分のものだと主張しても

いずれは身体ごと手放さなければならない。

そういう所有権に欲望やエゴを絡めしがみつき、感情的に過ごすのは 

人間として生きることの一番残念な過ごし方ではないか と 思いました。

私たちは 最初から何も持っておらず、ただ、この世界から生きるのに必要な体というものを預かっているだけに過ぎません。

その身体と置かれた環境の中で ただ生きているもの それが人間です。

若いうちは幸い歩いて移動する事も出来れば働いたりいろんなことができるでしょう。

万が一のために備蓄したり備えたりするのも良いと思います。

でも、いざという時の為だけに時間を費やして何も体験しない というのも残念ですから

生きているうちはいろんな体験を味わってそしてあなた自身の心を豊かにしてください。

苦しい事も悲しい事も 解放が済めば消えていくのです。
怒りや苦しみや悲しみを 後生大事に握り締めたりしなくていいのです。

今この瞬間、あなたの目の前では 何も起きていない

そんな記憶に悩まされる場合は、ただそれを涙と共にユニバースに預けてください。

なにものでもないあなた自身だけになった時、この世界は豊さでできていることに気付き始めます。

何もなくなったのではない。何ものにもとらわれなくなっただけなのです。

あなたの命は 今も輝いています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelierseigetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1435

ページ上部へ