ホーム>スタッフブログ>2022年9月

2022年9月

壱岐瞑想リトリート前夜

明日から壱岐です。
忘れ物はないか、ドキドキ (笑)

私は車を持ち込むのでカーフェリーで、行きは皆と別行動です。
博多港のカーフェリーは後に着くのしかないので、唐津東港から出発します。
実は唐津からの方が近いんです。

フェリーは、夫が船旅好きなので今年に入って3回目のフェリーです。
海はいいなぁ。

でも、海の上ってちょっとドキドキしますね。
空の上もちょっとドキドキしますけど。

水や空中に対応しない生き物なのに そんなところを移動するなんて

人間てすごい。

都会の高層ビルとか道路とか建造物を見ても、人間てすごいな って思うんですけど。

ここ100年200年くらいで ものすごく文明が進化して

最近は10年経つともう道具が変わっていて 10年20年でこんなに変わるとしたら、

古代文明だってもしかしたら空を飛んでたり、遠方の人と会話してたり

宇宙に行ってるかもしれませんね。(笑)

人間の想像する事は全部実現してしまうかもしれない。

じゃあ タイムトラベルとかもするのかな? 時間てホントは無いじゃないですか。
刻々と変化するものだけが存在してる。

自分自身もそうやって流動的に変化している生き物なので

生きてる間は いろんな経験をして ずいぶんいろんなことをしてみたぞ! と言おうと思います。

妄想は拡がりますね(笑)

ではでは明朝から行ってきます。

エメラルドからつ

台風一過

福岡地方、大型台風も去り、涼しさ満喫です。

私は四季の中で秋が一番好きですね。

スキーンとした空気、高い空。

集中力が増します。体もよく動く。

夏が終わるのが苦手 と言う方もおられるようですが、体感にも個性があって、それはどうしたいかとは全然別次元の問題ですよね。

身体が何を感じるか というのは 意図とは関係が無い。

そんな 感覚も与えられたものなのでしょうね。

私たちの身体や好みは 選んでいるものではなくて、与えられたもの

だから 自分自身の感覚もまた 自然の一部なのです。

自分自身に対して、こんなだったらよかったのにとかあんな風な人だったらよかったのに なんてことを思っても

自分もまた与えられた自然ですから それは文句を言ってもしょうがない というか ただあるがままを受け止める他ないのですが、

自我は色々望みます。

努力して何かができるようになることもまた人生の醍醐味だったりしますけど、

それが喜びや達成感で輝くならいろんなチャレンジは素晴らしい事ですが、

そのチャレンジが成功しなかった時 

その体験をあなたの人生の重荷のようにはしないでください。

それにはなんの良い事もない。

それは失敗だったからじゃない

あなたは全ての体験をあなたのために活かすことができる。

様々な体験はこの世界を広く理解するために役に立ちます。

失敗した時、うまく行かなかった時に感じる感情、人々の気持ち、その時何が起きるか

その時何が必要なのか あなたは体験を通して知ることができるのです。

うまく行くことだけが大切な体験ではない ということを 知っているあなたはとても強くて懐の深い大きな存在になります。

 

 

日々徒然

台風14号、勢力が大きいそうで、福岡直撃の進路予想図を眺めております。

18日の1日瞑想会は暴風雨真っただ中になりそうです。

安全のため1日瞑想会を中止にいたしました。

かなり大きな台風だそうで、線状降水帯が発生する可能性もあるようですので、みなさまくれぐれも安全にお過ごしください。

 

このところ、大阪の父が福岡に来ることが決まり、住まいを探したり、引っ越しの段取りを考えたりで色々慌ただしくしております。

父は次の11月で86歳になるのですが、まだ今もお店に出勤していて、引っ越しのギリギリまで働くと言うので少々呆れています。

引っ越し準備どうするん?

ツッコミどころ満載でして・・・。

気を揉んだり怒ったり泣いたり笑ったりの盛り沢山な毎日でした。

何かに一生懸命になればなるほど波が大きく感じられます。

また、親が年老いていくにつれて、自分が親を守る立場に立ちだすと、これまでとちょっと違った愛情を感じるようになって

親に優しくしたい という思いが出てくるんですね。できるだけ過ごしやすい老後にしてあげたい と言いますか。。

願えば願うほど 物事に一喜一憂するようになるのです。

子育ての時もそうでしたが、親にもそれを感じます。

子供と違って、親は徐々にいろんなことができなくなっていくのですが、

できることなら愛情深く扱い、本人が幸せだなぁと思える日々を一日でも多く過ごせたら と思います。

自分自身の毎日もそうですが、関わる家族にも何ができるか が 日々の課題です。

そして、それは決して犠牲というものを創り出さないように

互いに思いやり支え合える関わりを作っていきたいです。

人は、生まれ

成長して 大人になり、自分の生きたいように生きて

いろんなことができなくなって

その中で出来ることを探しながら

一つでも多くの幸せを見つけながら

愛を選んでいきます

大切な今をいつも大切にできますように

心がけて参ります。

どのみちできることしかできませんので 多くを望まず

今在る幸せに気付き、存在を尊びます。

この世界に感謝します。

光と共に。

木洩れ日
 

意識が開く時

ELM瞑想は心の内側にこびりついている負の感情の記憶 カルマを浄化します。

これは他の様々な瞑想法の中でもその効力がスバ抜けて高い といえるでしょう。

目をつむって思考から離れる瞑想は、心に安らぎをもたらします。

でも、そんな安らぎにつながる瞑想が大勢の人々に流行らないのは

初期段階のお掃除では詰まっていた負の感情が出てくるため、

その心地悪さから逃げ出したくなるからです。

ELM瞑想では 初期段階のカルマの解放は大きい分、期間は短くなります

それでも、1日2日の単位では片付きませんから その間はただ、やり過ごすか、もしくは瞑想教師と対話したり、ヒーリングをしたりして、目の前にとっちらかったカルマを掃除していきます。

それらのカルマはただ手放せばいいだけですが、

そのカルマが取れると、目に映る世界が違って見えるようになります。

もし、まだ全然違って見えない という人があれば、それはまだカルマが全部は片付いていない ということになります。

それにはちょっとしたカラクリがあります。

もしあなたがカルマ製造システムを持っていたとしたら、日々掃除したカルマよりも積もるカルマの方が多いなら

それはいくらお掃除してもなかなか片付きません。

カルマ製造システム ってなんだ!? って思った人

いるかもしれませんのでちょっとご説明しますと、

浄化は 仏教でいう徳を積むこと、つまり、善行 人を助けたり愛を向ける ということですが

カルマは業 の方ですね。苦しみを作り出すこと。

煩悩の作用で怒りや焦燥感を生み出すこともそうだし、許さないと思うこともそうだし、

他者を苦しめるということも。。そういう行いを止めないうちはあなたの周りには沢山の負の感情が生まれます。

負の感情を作り出すと、また片づけるのに手間がかかっちゃうじゃないですか(笑)

だからもうそのサイクルとか癖はやめにするんです。

流れに抵抗する事、やめてみてください。

生きるのが楽になります。

流れのままに 調和していきます。

エゴがいかに摩擦を生み出していたか。。。

それは怖れの幻想から生まれていた ことも

明らかになっていきます。

 

私たちはこの世界に生かされていることを知った時、

そこには愛しかなかった と 気付きます。

怖れを捨てて 愛を開こう。

あるがままでいいのです。

内なる静けさに戻ってください。

あなたは気付くのです。

生きている この瞬間を。

内なる光

 

悟りを模索していた頃

まだこの瞑想と出会う前、

私は『悟り』というものに憧れていました。

心の中の葛藤や苦しみから解放されるという 悟り を体験してみたいものだ と。

先に心が軽くなった友人から「手放せばいいのよ」と言われるものの

「どうやって手放したらいいのかわからない~~ crying

という状態が長く続いて、悶々としていました。

色々、執着とか 依存 があったんですね。

依存は 苦しみを紛らわせる気休め みたいなものです。

苦しみや葛藤が大きいと辛いので、依存対象に気持ちが向いてる時は 苦しみのことを忘れられているので

心が苦しみで壊れるのを避けるために 起きる心の仕組みです。

これは無意識の領域で体が心をまもるために起こす現象です。

苦しみは 理想と現実のギャップで起きます。

こうしなければならないのにそうではない自分を許せない と言う時、

大きな葛藤が生じます。

こうしなければならない という事柄がどういうわけがガッツリ心に刻まれてしまった時

その考えを外すことができなくなります。

それは その事柄を守れないととても 大事なものを失う とか

自分の存在を認めてもらえない とか

愛されない とかいうペナルティがある と信じ込まされることで起きます。

そう、ある種のマインドコントロール。集団幻想の仕組みです。

エゴが作った社会で 集団的にその考えを採用してしまっています。

お金が無いと生きていけない  だから稼がないといけない

老後に2千万ないといけない だから 何が何でも貯めなきゃいけない

大学を出ていないと、底辺の生活しかできない。

だから何が何でも大学へ行かせておかなければならない。

そのためにお金を貯め込まなきゃいけない。

 

それは本当に真実でしょうか?

大学を出たけど やっぱり幸せでない人は?

高卒だけど、職人になって 才能豊かな人生を送ることもあれば、

農業に従事して会社勤めしない人もいれば、

敏感な感性をを活かして 占い師やヒーラーになる人もいれば、

個人事業主になって お金持ちになる人もあれば、

山奥で自給自足の生活をしてお金は稼がないけど幸せに暮らしている人もいる。

上記の人々でうまくやっている人達は 不安を選択しません。

可能性があること できることを一つづつ地道に形にしていくということを続ける人です。

そんなことでうまく行くわけない なんてやる前に思ったりせず、ちゃんとチャレンジする人たちです。

でも、しない人はなぜ、できっこないなんて思ったのでしょうか?

それはチャレンジするのが億劫だからです。

行動を起こすのはエネルギーが入るので面倒くさいです。

それに初めてのことはドキドキしますし、失敗を恐れていると腰がひけてしまいます。

失敗、そんなのやってみないとわからないことです。

1度の失敗で諦めるつもりなんでしょうか?

失敗は うまく行かないやり方がはっきり見える体験です。

そう、問題点をちゃんと体験できる機会。

経験しないとわからないことだらけですから。

その点では、本格的に取り組む前に その事柄のシュミレーションを沢山しておく方が効率がいいですね。

闇雲にチャレンジするのではなく、エクササイズ、プラクティス、そう、練習です。

事前に体験してそのことをより理解しておく ということが大事です。

もちろん、誰もやったことが無い初めてのことは、自分が初チャレンジなんですが、

軌道にのるまでの試行錯誤を惜しまない人がそれをちゃんと確率していくというわけですね。

それはもし、「これは本当にダメだ」 と潔く思えば手を引きますし、

可能性があるなら何度でも調整して再チャレンジしてみます。

この時に、カルマの感情(不安、怖れ、怒り、悲しみ)などに飲まれていては行動できません。

だからカルマの感情は常にお掃除・浄化する必要があるのです。

大きく成功している方で瞑想をしている経営者さんもいらっしゃいますね。

それは 狼狽える心を落ち着け、冷静な判断や洞察に 瞑想が有効だからです。

何より、心の中の苦しさが瞑想によって浄化されどんどん軽減されていくのです。

そして ついには 

なぜそのような自分を苦しめる思い込みに縛られていたのか という根本的な問題に気付きます。

 

そうか、思い込みに支配される必要はなかったんだ!

自分を苦しめ続けてきたのは他でもない自分自身だったじゃないか!

それって、独り相撲みたいなものかも!? え~~~ ((´∀`;))

そう思えたらあなたはもう自由です

あなたがどう思うかはあなたが決められるのですから。

思い込みを外す・・・初めてのチャレンジ でしたら ぜひ勇気をもって前進してくださいね。

あなたが行く道は前にしかありません。

過去は過ぎ去って頭の中にしかない ただの幻想なのです。忘れ去っても問題はありません。

できるならば、その記憶に感謝して 解き放ってください。

今から私は自由な選択ができます。

幸せなものを選択します。

私が今 幸せであることを選択します。

喜怒哀楽は日々移り変わるお天気のようなものです。

温かい日の光で 沢山の命に花を咲かせてください。

雨と泥を養分にして。ただあるがままの命を咲けばいいのです。

スイレン

お花は 笑顔 ってことですかね。

生きてるよ~ という証。

 

究極のアファメーション

福岡市内、9月になってようやく涼しい夜が来ました。

エアコンをつけないのに涼しい風、自然の多いエリアでは夏でもそうなのかな

都会で生まれ育ちましたが ちょっと都市を離れた暮らしに憧れます。

そんな夜に いいものを見つけました。

絵の制作の時はいつも何か音を聞いている事が多いのですが

これはちょっと毎日聞きたいな と 思いました

(50) 【アファメーション】パラマハンサ・ヨガナンダ 究極のアファメーション 成功の黄金律 マインドフルネス瞑想ガイド 誘導瞑想 朝 夜 ルーティン - YouTube

皆さんもぜひ聞いてみてください。

 

これを聞いていると、自分自身の自己イメージがどんなものか けっこうリアルに分かってしまいます。

この動画の内容を採用したっていいんです。

人は思っている通りを体験します。

あなたが思っている通りの人生を歩むのだとしたら

このアファメーションはあなたを変えるでしょう。

 

私たちは豊かな魂です。

この世界は 思っている通りの世界を見せるために

私たちをサポートしているのですから。

日輪

見えない鎖を解き放つ

壱岐リトリートがもうすぐです。残席が3名になりました。

迷っておられる方は早めにお申し込みください。

 

さて、瞑想と悟りのお話、これまで1000件ものブログ記事を書いてきて、かなりのことを言いつくした感があり、

私自信としては何をどう書いたものか 少々マンネリ という気分になります。

ただ、日々お悩みの方々には 何がこじれてそのような状態になっているか

お伝えしたいことは沢山あります。

最近、こちらにアクセスし始めた方や 何か気付きが欲しい と言う方はこのブログの過去記事で参考になることもあると思いますので 

関係ない日々徒然の雑談はスキップしつつ過去記事を見て頂ければと思います。

(簡潔にまとめられるといいのですが、現在編集する時間が取れず保留中です。すみません)

真理に気付くというのは、真理が見えなくなっている(見ることを邪魔している)自分の思い込みが取れる ということで、

私達現代人の日常は様々な思い込みや常識と思われている世界観に縛られています。

努力しない人はダメだ とか

向上心が無い奴はダメだ とか もそうですし、

善良でなければだめだ というのも

お金が無いと生きていけない とか

お人好しは損をする とかいうのも 

あらゆる形の思い込みが 私たちの生き方を歪める原因になっています。

私たちの生きる基準に

〇〇せねばならない。 〇〇してはならない。 〇〇すべきだ。 という断定事項は

本当は無いのです。

「?」 と 思った方にご説明します

私たちを裁くルールは 法的にはあり、国家やコミュニティでは集団でそれを共有しているため、コミュニティ内ではしてはならないことをした場合のペナルティ(罰則)があります。

でも、私たちの真実の姿、魂レベルでは ルールというものは存在しません。

ルールは皆の頭の中のイメージでしか存在できません。

それによって縛られるも縛られないのも 自由に変えられます。

「どういう意味?」と思う方がおられると思います。

魂レベルでは 私たちは自由です。 何をするかを自由に選ぶことができる。

ただ、この世界の物理的現象には制限やエネルギー法則がありますので

望んだとおりの結果が出るとは限りません。 

望んで、それを選んでも、望んでいた結果が出ないことがある。

つまり思い通りになるとは限らない 世界です。

 

何かを得ようと必死にアプローチするも、この世界の法則を知らないまま闇雲にアプローチしても

成らないのです。

試行錯誤を繰り返して、どうすれば望んでいた結果を得られるのか 壮大なチャレンジをするのが人生なのでしょうが、

一生のうちに答えが出るとは限りません。

間違った方向に努力しつづけても 結果は出ないのです。

間違えた分だけ 間違えた結果が出てくるだけなのです。

 

では 何が間違いなのか。

そこが問題です。

間違いと言っても、人によって望むものは違うので一口に言いにくいですが

満たされる と言う感覚

空腹 のようなものの場合、空腹と言う状態があって 食べることで満たされます。

これは状態ですのでその都度満たすということを繰り返すわけですが、飢饉とか

食糧危機の時は 大変です。

愛を知らない意識は 分け合うということをしないので、独り占めしたり奪ったりしますので

全体の苦しみの量が増えます。一か所だけに満たすエネルギーを閉じ込めてしまうからですね。

それは確保した人が幸福かというと 実はそうでもなくて、いつ失うか という不安を奪われる恐れと共にいます。

エネルギー的に非常に不安定な状態です。

エゴの意識はこの全体の状態をなかなか見ることができません。

 

自分が他者に分け与える ということは、自分もまた他者から分け与えらる可能性を生み出す ということです。

それは種まきのようなものです。

そこには豊かさの芽が生じます。

豊かになりたいなら 自分がエネルギーを循環させることが必要で、

それは愛のエネルギーと共に流れ始めます。

仏教で、言うお布施もその一つですが、それは愛のエネルギーを乗せて回してこそ役立ちます。

お布施をしないと不幸になる などというネガティブなエネルギーは決して乗せないでください。

喜びのために使われるお金が豊かさの流れを作ります。

脅して取るお金に豊かさのエネルギーは伴いません。

あなたは選ぶことができます。

自分が出すもの、受け取るものを選ぶことができます。

 

現代人は、物質主義に偏っているので、エネルギーを無視しがちです

エネルギーの流れは循環するスパンがゆっくりなのと、心の中のいろんなものが反映されるので、

一部だけ豊かにしても効果が出ないことがあります。

私たちが本当の豊かさを知り、実感することが必要になってきます。

不足感に満ちた現代社会で 豊かさを見失ったのが都会に住む現代人の大多数です。

 

いろんな生き方があります。お金だけが豊かなものではありません。

お金を介さない豊かさは この世界に溢れていることに気付いた時、資本主義社会の枠組みから抜けて自由に生きることが可能になってきます。

例え、資本主義国家の中にいても 思い込みの牢屋に閉じ込められるのではなく

自由な選択で豊かさを受け取ることができるようになります。

 

生きづらい今がある方は

あなたを縛る不自由な思い込み 手放し始めるチャンスです 

ページ上部へ