ホーム>スタッフブログ>2022年5月

2022年5月

最近面白い動画

制作作業の時とか 家事をしている時、

Youtubeでいろんな動画をかけてラジオ代わりに聞き流していますが

最近ハマっているのが 神戸メンタルサービス というチャンネルです

神戸メンタルサービスの代表の 平準司さんは経験豊かな心理カウンセラーで 

様々メンタル分析を面白おかしく解説してくれます。

視聴者は、すごく深刻な悩みが 実はかなり面白い勘違いだ ということに気付いていきます。

ああ、それに近い感じの漫談家がいらっしゃいました。

「綾小路きみまろ」さん! (笑)

そんな感じです (笑)

中身はかなり深いですよ。

平さんのお話は ベースに奇跡のコースがあるので

心理分析だけでなく、スピリチュアル、悟り とも通じていて

頷けることがてんこ盛り。

「愛することを止めてしまったために あなたは苦しいんです」

そうそう。。

こんな講座、ただで聞けるようになったなんて、いい時代だなぁ。

罪悪感のしくみや、どうやってそれを手放すか というお話はいろんな方に役立つと思います。

一度聞いてみてください。

異性の落とし方?とか、夫婦不仲の 仲直りの仕方の動画もありますね。(笑)

感情の解放を上手にして 止めていた愛を溢れさせましょう ♪

2022531141426.jpg

 

 

解放

瞑想は 必ずしも静寂である必要はありません。

内側に詰まっているストレスや、ネガティブ感情やネガティブエネルギーが
解放された後、静かになります。

いっぱい詰まったままで静かな瞑想をしようと思っても無理なのです。

瞑想が落ち着かない という方は 出した方がいいものが沢山あります。

ソワソワ ザワザワ ムズムズ 

考えたくないのに次から次に思考が 巻き起こって、

気になっているあんなこんなことで頭の中がグルグル

ああ!こんなの瞑想にならないじゃないか!!

私には瞑想は向いてない!!!

って 思う人、そんな人こそ瞑想が必要です。

最初から静かな瞑想ができる人は そんなにストレスを溜めていません。

とてもリラックスが上手な人です。

大変なのは 身体が疲れ切っている人です。

瞑想し始めると 身体に不快感が起こります。

それは詰まっていたところが流れ出すムズムズや 感じないようにしていた痛みだったりします。

流してデトックスすることを身体が始めた刺激です。

心地良くないことは続けられない という方、

まずは なんでもいいのでリラックスできることをしてみてください。

それができないから瞑想をはじめたんじゃないの という方がいたら、

その時は覚悟を決めて、1ヶ月2ヶ月3ヶ月 と 瞑想を続けてみてください

徐々に瞑想の質は変わって来るでしょう。

どのくらいで大きく変わるかは溜め込んだストレスの量にもよりますので

一概には言えません。

ただ、ELM瞑想は深い瞑想になりやすいのと 座り方が楽な姿勢で良いので取り組みやすいです。

瞑想習慣が身に着けばしめたもの。

身体の不具合が大きい人ほど 正常値に戻る幅が大きいので大きな変化を感じるでしょう。

健康な人は更にアンテナが磨かれ、安定感が増します。

身体は本来の自己治癒力を活性化し始めます。

急ぎすぎないでください。

一度に大量に解放を起こすのはしんどいものです。

毎日小出しにして終えていきましょう。

気長に取り組んで 楽に変化していきましょう。

摩擦が大きいと感じる方は 瞑想教師のアドバイスを聞きに来てくださいね。

何が引っかかって、摩擦が起きているのかを見つけるお手伝いをします。

摩擦を起こすものは大事に取っておく必要はありません。

どんどん手放して スルスル スムーズな日々を過ごしてみませんか?

最近停滞しているなぁ なんて思ったら 瞑想して 

そして手放して流れに任せてください。

「次に進みます。」「成長します」と アファメーションすると

効きますよ happy01shine

 

瞑想すると起きること

瞑想をしていると 解放でいろんな感情が湧き上がってくることがあります。

最初は雑念的で 気になっている日常のあれやこれや、

いやいや、静まろうよ  と、雑念から離れる「思考黙れ」をしたり、

視覚や聴覚や触覚を意識して思考から離れようとしますが、

雑念はまた勝手に湧き上がってしまいます。

そういう時はもう放っておく。

ムズムズエネルギーたちは出るだけ出たら緩んで身体がも緩んで来ます。

ELM瞑想では出ていくのが早いので脱力までの到達時間が短い(個人差はかなりあります)のですが

自己流の瞑想や他の瞑想法はここにだいぶ時間がかかるのだと思われます。

初心者や、しばらく瞑想をやめていた方も雑念解放時間が長めになりがちです。

でも、出るものが出てしまうと 緩んでゾーンに入ります。

最初は入るのが一瞬とか 出たり入ったり とか あるのですが

そのうちゾーンの時間がながくなってゆきます。

そのゾーンは 『クォンタムフィールド』とか『空』と呼ばれます

私達個人の意識を越えたエリアです。無意識層ですかね。

私達個々の意識は 個を超えて全体意識に溶け込み、

瞑想が終わると戻ってきます。

そしてまた個の意識をお仕事のように始めます。

顕在意識においても、思考が止まっていれば全体意識モードで

行動は自動的に起きてきます。

朝、のそーっと起きて、眠い目をこすりながらコップに水を汲んで飲むとき

私たちは意識的にやっているのはない とも言えます。

「水を飲まなければ」という飲みたくも無いのに義務的に飲んでいる場合は意識的ですが、

喉が渇いて水に手をやるのは 思考は伴っていません。

水やコップの場所が分からない場合は意識しますけど、

自分の家での日常はかなり自動的です。

お腹空いたなぁ、なんか食べたい

と 冷蔵庫を開けてしまうのも。ついついしてしまうこと とか。

私たちの日常の行動で どのくらい意識が制御できるでしょうか?

ストイックと言われる人たちが

自分の生活を管理されたとしても 生理的な衝動は抗うことが難しいのです

尿意を我慢しすぎて膀胱炎になってしまったり、便意を我慢して便秘になってしまったり なんてこともありますが、

生理的な欲求は生体に必要があって起きています。

 (というわけで 当方ストイックと呼ばれる要素 皆無でございますけれども。)

でも、好き勝手に欲求に従う訳にもいかないじゃん  って思いますよね?

それは できることとできないことがありますので 状況に応じて折り合いをつける訳ですが、

もしあなたが 過度に自分を抑制している人であれば、

身体は常にないがしろにされる危機感を覚えていて、衝動がより強力になってしまいます。

抑えがたい衝動です。食欲とかアルコールとかあらゆる形のアディクションは 抑圧された感情の捌け口ですね。

なので 抑圧はできるだけしない方がよいのですよ。

と、言っても 社会人となれば そうも言っていられない状況が多々

そんな方には瞑想習慣がとても役に立ちます。

瞑想で抑圧された負のエネルギーが抜けるのです。

瞑想をしてみて 心地悪さを感じる人は 抜けたいエネルギーが沢山ある人なので

そういう方こそ瞑想をすることで健康を取り戻します。

日常生活で感じる不快感を瞑想で出してしまうのです。

心地よくても悪くても 瞑想はあなたの身体を浄化します。

「上手に瞑想できない」なんて 思う必要ありません。

瞑想は上手にするものではないのです。

瞑想では 身体に必要な事が起きます。

身体の 正常に戻ろうとする力が発揮されるようになるのです。

私の経験から言いますと、ELM瞑想は特に効力が強いと思います。

無意識層の浄化が目に見えて起きる という実感を持ちます。

長年ご指導してきて 瞑想を始める方の反応が驚くほどダイレクトなのです。

それはご本人が必ずしも自覚されるわけでありませんので

気が付かないままだと自覚する効果が現れる前に瞑想習慣が途切れてしまうことがあります。

「こんなのでいいのかな?出来てる気がしない」という感じだと思います。

あらゆる健康法でそうですが、自然なものほど最初の変化は少しづつです。

大きな砂山の砂を一握り取り除いてのその砂山は大きなままですが

ずっと一握りずつ取り除けば山はいずれ無くなります。

小さな砂山は一握り取り除いただけで、目に見えて小さくなります。

いずれにせよ砂を取り除かなければ砂山は無くなりません。

砂の無い床に 微量の砂が落ちれば 砂が入ってきたことはすぐに分かりますし、

それらを取り除くことはとても簡単です。

ホウキでサッサッ でおしまい。

ストレスは悪者ではありません。

ストレスが皆無の状態って 退屈なんだそう。

人間はエネルギーを持っていてそれを消費しながら生きています

人体を維持するだけでもある程度エネルギーは消費しますが、若い個体ほどエネルギー循環が活発なので 

活動を止めると内側にエネルギーが籠ってしまう という弊害があります。

どうぞ 発散してください。

過度のストレスは疲弊しますので、意識的に取り除くことをします。

意識や思考はこういう時に役立てるんですよね。

あなたが心地よい生き方は あなたがやすらぎ、あなたがストレスに対処できるエネルギーを持っている状態です。

身体を使わないと弱る ということからもわかりますが、この身体はストレスをある程度処理していく構造になっていて

使えば使うほどキャパが大きくなる という性質があります。

そのためには鍛えて休む 休養が重要なのです。

動物も植物も、ストレスから回復する休養期に成長するのです。

瞑想は 凝縮された休養時間です。

一瞬寝の特技がないあなたに 短時間で回復する瞑想をお薦めしたいです。

まだELM瞑想をしたことがない方は ぜひ瞑想体験されてみてください。

それ以外の瞑想も効果はありますよ 栄養剤を飲むよりも健康になれます。

薬にお金を使うより 瞑想に時間を使ってくださいませ。

202252711212.jpg

意識と無意識その2

心理学 というのは 無意識の理解 なんでしょうね。

心理学の分析を聞いていて、自分の無意識を言い当てられた!と思った時

かなり気恥ずかしい気がしつつも、なるほどそれだよなぁ と思います。

自我の意識は 自分の行動を善意に解釈したり、力業で美化したり したがるものですが、

言い当てられる時は 居心地悪く逃げたくなるので 心理カウンセラーは当事者が受け入れられる言葉を選ぶのに苦労されていると思います。

本音では 「それはあなたの欲深さです とか 傲慢ですね」 などとストレートに言いたいところなんだけども

そう言ってしまうと 相談者の自我のプライドは全力で

「そ、そ、そんなんじゃありませんわ!!失礼なっ!!!」って逆上したりします。

その昔、スピリチュアルをかじり始めの頃、教えてくれていたママ友がかなりのドS?で(笑)

彼女のサロンに相談に来るお上品な奥様たちのエゴを引っぺがす というショック療法を

意図的にされていたことがあって・・ coldsweats01 ヒエ~

私なんかはお上品でもないドM関西人でしたから(笑)、悶絶しつつもそれは、悔しいけど当たってるやんか~ と

自虐ネタ増えた~ くらいで済んでましたが、

マジでお上品なお姉さま方はいたくご立腹で 二度と現れなくなる方も数知れず・・・

そのサロン、 かなりスリリングで面白かった という思い出があります。smile

ですが、思慮深いマトモな心理カウンセラーさんはそんな荒療治はされません と思いますので

どうやって事実を受け止めさせるか は かなり高度なテクニックが必要で

某メンタルサポートさんなどでは

「パートナーとずっと仲良くできる方法」とか「恋人を作る方法」などというエサで引き付けておいて

「あなたはすごく頑張られたんですよ」とか「それだけ愛が深かったんですね。」というような

ご褒美を挟みながら

上手にエゴの皮を剝いてゆかれるのです。

 

自我の認識は仮面のようなもので 自分を美化した世界観ですね。

自我を客観視する『悟り』では

真実に直面するところがスタートなんですね。

あ、それと似た事をしている芸人さんを思い出しました

綾小路きみまろさん。 

そうそう、そこに出てくるのはあの人の話 ではなくて

私の事だ! と 思えたら上等です。(若い方は きみまろさんの高齢者ネタは〇十年後にならないとわからないかもですが)

悟ろうとして一生懸命聖人君子の真似をしてみても そこここに一般庶民の自我が顔を出してしまって

それが他人には見えてる という  

そういうのを「イタイ」というのかもしれませんが、

落胆しないでください。

悟りと聖人君子は別物です。

イタくても悟れます。

イタイことを認めて開き直って笑っている時 それが本当に面白いな と思えたら

それはほとんど悟りじゃないですか。そう自我からの解放。

みんな 多かれ少なかれ痛いもんだよ。隠さなくていいよ。恥ずかしくなんかないよ。

みんな同じやんね happy01

みんなで笑えば怖くない happy02

「なんでやねん!」

「もうええわ~」

「ほな、さいなら~」

アハハハハ パチパチパチパチ。

202252775115.jpg

 

意識と無意識

日中は暑いと感じる日もありますね。

アトリエ霽月は南北に窓があるので両方を空けると風が通って気持ちが良いです。

心地よい時は 思考が休憩して心地よいという体感を味わっている「いまここ」の状態です

 

最近、Youtubeで「神戸メンタルサービス」というチャンネルを見つけて

代表の平準司さんのお話が面白くて聞くことが多いのですが

「人間の意識と無意識の対比は、1:99です」と言われているのを聞いて へぇー coldsweats02 と驚きました。

ネットで検索してみると、何を基準にするかにもよるみたいですが、少なくとも90%以上が無意識だということは確かなようです。

人間は 自分が自分の意志でなんでも決めてコントロールしてるつもりなのですが、

実はほとんど全部(大部分)が自動的に起こっていたんですね。

ふむふむ、そうかもしれない。

私などは 何か決めてるようで全く決めてないかもしれない。

メニューを決める時などは どれも美味しそうで一つを選べなくて
その中のAを選ぼうと思って注文時に「C」と言ってみたり(笑)

食事の準備をしていて、ほうれん草はバター炒めにしようと思っていたのに出来たのはお浸し とか 
献立が全然違うものに仕上がったりして (笑)

自分が何をするのか ちょっとわからないんですよ。(爆

マジで、言ったことをするかどうかは してみないとわからない (笑)

すぐに忘れるしですね。。。 coldsweats01

あ、一貫性が無い というわけではございません。

行動が 自動なので 前もって聞かれても答えられないことが多い というだけで。

たびたび困惑するのがですね、調理中に 夫が手伝おうか と言ってくれる時

指示できないんですよ。動きながらじゃないと次にやることが見えて来なかったり、

3品くらい同時進行で作ってると、お喋り機能はOFFになるようで、

「う~ん、、、」しか言わなくなる  という・・・coldsweats01

これ、絵を描いてる時も同じ。

一体誰が料理やお絵かきしているのでしょうか・・・ coldsweats02

私じゃないかもしれないですね。。。

うんうん、職場で 上司の指示が悪い って 非難しないであげてくださいね~

いっぱいいっぱいで 出来ないのかもしれません。

仕事しながら教えるのは難易度高いですからねぇ。

あなたならできても、上司ができる人かどうかは わかりませんからね。coldsweats01

人間のやることは それほど 完璧なものではありません。

でもでも、

不完全ながら、なんとかなっていくものだ ということも

心に留め置いていただくと 世界は平和で温かいものになります。

そうはいかない職種もあるかとは思いますが、

そういった人命に係わる仕事の方以外は

どうか おおらかにお過ごしくださいね。

また、細かく厳密にこだわりたいタイプの方は、

大多数の人々の苦手とする部署の担当を担ってくださいませ。

社会に貢献される事と思います。

そのこだわりは もしかしたら 無意識に発生するもの かもしれません。

 

なにしろ、殆どの現われは無意識なのです。 そして 人間は完全な生き物ではないですから
それを大前提として適材適所をいしきすれば、もっと安全も確保できるのではないかと思われます。

元々完璧でない人間に 無理などさせないでしょう。

あなたは あなたが得意な事をしてくださいね。

それは珍しい特別な事でなくともいいのです。

ヴィーガンランチ 

いつのまにか・・・

それぞれの人がそれぞれの世界観で生きています。

どんな世界観を作ったのか 自覚はあったり 無かったり。。。

自覚があったとしても それは後付け というか そうなったことの経緯や理由付けをしているだけだったりして

最初からそれを目指していた と言う人は本当に稀有かもしれません。

そうなった背景は 選んでいたわけではなく、

気が付くともうそこにあった

つまり自分の生まれた場所とか関わる人々とか

それらは 意図せず ただ与えられたもの であるからです。

自分を取りまくすべての要素は 与えられたもので 

それが与えられるご縁は 自分の無意識の行動や意識から繋がって行ったりします。

このあたりのこの世界の仕組みは なかなか教えてもらえる機会は少なかったんです。

そう、これまでの時代は特に。

でも 最近の流れは どんどんそれを解き明かす方向に向かっています。

と言っても、 解明するのとはちょっと違いますよね。

突き詰めてイメージを具体化していくこれまでの解明の手段では見つからない答えなんです。

それは フォーカスして具体化したイメージの呪縛から 解放されることで見つかります。

それは 今まで現実だと信じていた世界観の崩壊 のような感じがすると思います。

なので自我はそれを嫌がることが多いのです。

自我の意識はこれまでのルールに頼って生きて来たので

自分を護るためのルールや理屈を手放したがりません。

自我の意識は得ることが大好きなので 手放すことに抵抗があります。

不安や怖れを抱くんですよね。

でも、怖がることなどありません。

だって、実際 何にもしないんですもの。

手放す というのは なにかを捨てる という行為 ではなく

ただ、意識でそれにこだわったり執着するのをやめる だけのことなのです。

それ以外は普段と何も変わりません。

ただ、思いつめることをやめて、起きるままのことをジャッジせずに淡々と観察するだけ

特に執拗に観察する必要もありません。

見てても見ていなくても構わない、

ただ起きることの先のことを見てやろう というような気持ちで

そこに意図や予想やジャッジメントを差し挟まないだけ のことです。

私たち人間は 観察した事柄を判断して善悪に分け 今後起きる出来事を色分けするのに夢中でした

そしてそれらのことをコントロール下に置きたかったんです。

でも、幸か不幸か この世界はコントロールできないんですよ。

ほんの一時くらいは コントロールは効くかもしれません。

ほんの何十年かくらい コントロールの利くこともあるかもしれません。

でも 永遠はありません。

物質にしろ意識にしろ、エネルギーは蓄積された挙句オーバーフローを起こします。

我慢にも限界がある とか ダムが決壊する という現象が起きてしまうんです。

そう言う事すら予見して更にコントロールしようと人間の頭脳はフル回転するかもしれません。

でも、人間が把握しきるほど、この宇宙は小さなものではない ということがわかります。

私たちが見ている対象の後ろに広大な宇宙がある

いえ、見ている自分自身も その宇宙の一部でしかない流動体なのだ ということを認識して

現れそのものの観察を始めると 人間という生き物は実に滑稽に見えてまいります。

そしてまた 愚かでもあり、健気でもある 愛おしい生き物なんでしょう

きっと 神様がいるとしたら そのように見えるかもしれません。

全ての人間が 幸せでいたい と願いながら

それぞれにあっちゃこっちゃの見当違いの方向に突き進んで 試行錯誤を繰り返して

徐々に  本当に微かにずつ 世代を超えて 本当の幸せを見つけようとしています。

だけど、実際は その答えは 遠い彼方ではなく

本当に目の前にあるんです。

それを色眼鏡をかけていると見つからない。

そんなものではない と 教えられてきたり、

あるいは すぐに手に入らなかったことに拗ねてしまって

意地でもそれを手にしない など 

人間って 案外 バカなのかもしれないな って 神様は思っているかもしれませんね。

このことに気付くのは今の大人の愚かさを見て気付く 次の世代なので

人類は ほんの少しづつ 賢くなっているかもしれません。

今はまだ そう見えなかったとしても そうなんだと思います。

ただ、次世代が生き延びられる環境を 今の大人が汚したり貪り尽くしたりするのは

ぜひとも避けたいことなので

やはりこれからはサステナブル、持続可能な生き方へと修正していくことは必須でしょう。

そして なかなか腰の重い人間たちを この世界が どっこらしょ とひっくり返して

意識の転換を図る 近年の様子は かなり興味深い現象なんですよね。

問題は外側でなく自分自身の中にある それらを そっと手放してみてください。

そうすると 本当に自然な流れと この世界(宇宙)を 体験できることでしょう。

私たちは 本当は何にも所有することはできません。

それらは 常に ただの借り物でしかない

そして この身体も 期間限定の借り物ですので

その間は沢山 楽しい事をしましょう。

楽しさを増やすためには

善い事を沢山すればいいだけ です。

撒いた種はやがて 実を結びますから。

純粋な種は 純粋な実になり

邪(よこしま)な種は邪な実が生ります

タイムラグはあるにしろ、

本当にこの世界はわかりやすいんですよ。

条件で測ろうとするのはやめましょう。

一番幸せを感じることをしてください。

流れのままに

人の願望って いろいろあると思うんですが

本当の所 みんな 幸せでいたいものですよね (例外はあるかも?)

幸せを味わいたくて

 〇〇だったら幸せだろう とか △△を持っていたら幸せな気持ちになれるに違いない とか

もっと美しければ・・・ とか もっと強ければ・・・ とか 

もっとお金持ちだったら・・・ とか

あの人が居なかったら・・・ とか これでなければ・・・ とか あの人みたいに・・・ とか

私だけの何か誇れるもの・・・ とか, etc. 

幸せになりたくて それぞれにいろんなものを欲しがったり、何かを取り除きたがったり、どうにかなることを望むんだろうと思うんですね。

だけど、ある時 気が付いちゃうんですよ。

「ありゃ? 幸せって条件で得られるものじゃないかも!?」

そう、何かをしたりしなかったりしたら幸せになれる と思っているうちは 行けども行けども

条件が揃わない  もしくは  条件がそろっても次の問題が出てきてしまう  ということになります。

「いやいや、それはもうわかってるんですよ。条件ではないということはわかってる ただ、」

「現実がどうこう じゃなくて ただ悟りたいんですよ。それさえ体験出来れば」 と

悟りを追い求めてしまったりするんですけど、 これがまた 見当違いだったりするんです。

だって、悟り って 得るもの じゃないから。

その全く逆の ただ 自我が取れる 自我が落ちる 自我が無力化する 自我が諦める 手放す  ということが起きた時に、

『真我』 つまり 悟り がそこにある ということに気付きます。

え? 今までの苦悩と葛藤と 努力と 時間の浪費は どうしてくれんのよ!  って自我がこれまでの努力が無駄だったことを認めたがらずに 諦めることを拒んでしまうと 悟りの感覚は起きません

失って惜しいものがあるうちは この世界観に執着してしまいます。

自我は 手放すことを恐れます。怖いから手放せないんです。

この世の終わりみたいに感じてしまったり。。。

怖すぎるうちは 無理に手放さなくてもいいと思います。

流れに任せておけば いずれ要らないものは勝手に無くなって行きます。

流れに対しては 抵抗も時間の問題ですね。

構えるのをやめて 自分の身の上を 流れに委ねて生きられるようになると、

要らないものは去ってしまいますが、その後にもっと必要なものが与えられる 経験もします。

無くなって悲しんでいると、しばらくして あきらめがついたころに もっと良いものが目の前に現れます。

ああ、このためにあの喪失体験があったのね  って 思えるんですよ。

失って終わりじゃない。 次の流れが来るんです。

これは ちゃんと前の物に諦めをつけた時に 次の流れが来ますよね。

次の流れが来ない って不服を言うのは 失ったものへの執着を外していないのと同じことなので

何かが無くなったり増えたりした時に 流れに文句を言わない方がいいんでしょうね。

いつどんな形が現れるか なんて 神様にも答えられないでしょう。

時間かかる時もありますしね。 また、期待したものが来ないこともある

期待したのと違うものが与えられる ってことも。

つまり その望みは あなたに丁度いいものではなかった ということ。

ここで 幸せは (頭で思い描いていた幸せの形)条件ではない と気付き 

流れのままに今を生きる というスタンスになった時

悟りとか本当の幸せはこれか  という実感を持つようになります。

 

手放す時は 今までの価値観や世界観は崩壊するんですよね。しばし混乱するかもです。

大事すぎるものがある人は その執着が薄まらないうちは なかなかわかりづらいですので、

これまでのものは 手放す(執着しない)ようにしていきます。

大きく何かを失った人は それを受け入れた時に悟りを体験されることも多いので

瞑想もしていないのに 大きな喪失体験で悟りが開いてしまう方もいらっしゃいます。

なのでネガティブ体験は あなたが悟って苦を手放すためのきっかけ(プレゼント)だと言えるんですよね。

自我の意識はもがきますが、何が起きていても本当は大丈夫なのです。

 

実際、この命さえ 自分のもの ではなく 

ただこの意識は この世界に起きているだけのことだったりするのですから。

そうそう、プライド なんてものも 限りなく幻想です。

誰のためにもならず、あなたのためにもなってないなら そんなプライドは無い方がずっと自由で快適ですね。

 

幸せになりたくて 不幸にまっしぐら なのは残念なことですよ。

あなたは 簡単に幸せになってください。

つまらないものも 一見そうでないものも そっと手放してしまえばよいのです。

あがいてもあがかなくてもどっちでもいいんです。

あとは 自然の流れが淘汰していきます。

金襴流水に桜

画像は京都西陣織の金襴緞子の流水に桜模様

日本の伝統紋様は 自然の流れゆく様を美しくとらえるんですね。

アイソレーションタンク体験

2月から参加している 悟りのオンラインサロン『禅サンガ』

そこで最近話題になっているアイソレーションタンク というものにチャレンジしました。

アイソレーションタンク というのは ヒーリングの一種みたいなもので、

その説明はちょっと ウィキペディア(Wikipedia)さんを拝見。

『アイソレーション・タンク(Isolation tank)は、感覚を遮断するための装置であり、光や音が遮られた空間で、皮膚の温度に保たれた高濃度のエプソムソルト(硫酸マグネシウム)の塩水に浮かぶことで、皮膚感覚や重力の感覚を大きく制限することができる。

リラックスを目的として、また心理療法や代替医療として使われている。1990年代以降はヨーロッパを中心にフローティング・タンク(floating tank)と呼ばれることが多い。遮断タンク、瞑想タンク、サマディ・タンクとも呼ばれる。

アメリカ国立精神衛生研究所(NIMH)にて研究していたジョン・C・リリー(John C.Lilly)が、1954年に感覚遮断の研究のためにタンクを考案した。1950年代には感覚遮断の研究から注目され、体験は次第に神秘体験と比較されるようになった。1980年代には、リリー博士をモデルとした映画『アルタード・ステーツ』を機に一般にも流行した[5]。また、スポーツ選手のイメージトレーニングや単に学習のためにも用いられている。近年再び注目が集まり、タンクを所有する施設が増加している。研究はタンクの体験によって、ストレスや不安を軽減し、線維筋痛症の痛みや睡眠を改善することを示しているが、その研究規模が小さいとも指摘されている。』

とのこと。

割と昔からあったんですね、知らなかったです。

お風呂?っぽい感じ?ドームになってるお風呂その中に浮かぶらしい。

真っ暗、無音、無臭、重力を感じない という感覚刺激が極端に少ないということで意識だけを体験できる

究極の瞑想状態になれるんだそう・・・ という話を聞いて体験してみたくなりました。

福岡のアイソレーションタンクサロンを探してみると、ありましたね。長浜サニーの裏手にありました。

Calm Float カームフロート

Facebook Calm Float

早速電話で申し込みます。1週間ほど先の日程が取れました。

初めてなので最初に入り方や注意条項など丁寧に説明してもらいます

タンクに張られているお湯は エプソムソルトという塩が溶かしてある塩水だそうです

塩水といってもナトリウムではないので ナトリウムのようなショッパイ塩味じゃありません。

にがり?に近いのかな とかしたお水を飲ませてもらいましたが薄いと普通の水とかわらず、濃くても ちょっとだけ渋いくらいです。

健康にいいそう。

それから、シャワー 洗顔 シャンプーして 裸でフロートタンクに入ります。

アイソレーションタンク ⇓ こんな形 でっかい繭のような形のポッドです

2022520111543.jpg

中にエプソムソルトの塩水が張ってあり、ぬる湯よりぬるめの温水にぷか~って浮かぶんです。(浮力半端ない)

塩水が濃いのでお湯もトロッとしてます。

フロートタンク

カプセルホテルよりもずっと広い感じです。

大きな男性が入ってもつっかえない大きさです。

入ってから自分で電気のスイッチをオフにするのですが 真っ暗だし壁にも触らないので閉じ込められている感じはしません。

 

もうすごい浮いちゃう。浮きすぎでバランスがとりにくいほど。

脱力するとぷか~って浮きます。

で、ここは瞑想者なので マントラを拡げてみる・・・

・・・・・

・・・・・thunder

⁉ Σ( ̄ロ ̄lll) thunderthunderイタタタタ

染みるところが出て来てしまいました

自覚してませんでしたが、小いさい傷 あったんですね イテテテテ

辛抱できなくなり タンクから脱出して シャワーで流すこと3度

後から聞くと、傷にはワセリンを塗っておけばよかったのだそう   coldsweats01

そんなこんなで 瞑想状態は細切れになってしまいまして、

痛みのためになかなか五感からの解放 までにはならず 中途半端な瞑想になってしまいました。coldsweats01

また 傷が無い時に再チャレンジした方がよさそうです。

ちょっと残念に思いながらも 帰宅して気付いたことが。。。

それは 肌がサラサラのスベスベな手触りで、

身体がホカホカしていて 温泉に行った後みたいな感じで

その日は早々と眠たくなって コテっと寝てしまったのでした。

リラクセーション効果恐るべし です。

また機会を作って体験してみたいです。

生活が変化する機会

久々のブログ再開です。

しばらくご心配いただいておりましたが、

妹も退院して徐々に落ち着いてきた今日この頃です。 

ありがとうございますshine

私は 少々停滞していた仏画制作にいそしむ今日この頃でございます。rock

妹が入院中、しばしのお母さん代理で高校生のお弁当作りの早起き生活

終わってみると ちょっぴり寂しいかも。(姪っ子は可愛すぎました)

さすがに3週間も早起きすると6時に目が開いてしまうようになりまして、

最初は元に戻そうとしたのですが、あんまりきちんと6時に目が覚めるので、

瞑想教師先輩のオンライン朝瞑想会に参加してみることにしました。

東京の村上浩樹先生が毎朝6時半からオンライン瞑想会をされているんです。

これまではその時間は起きれないと思って 諦めていたのですが、

丁度いい時間に朝起きできるようになっているではありませんか⁉(笑)

浩樹先生、久々に画面で拝見しましたが、変わらず浩樹先生で(笑) 朝から笑顔にさせてもらいました(笑)

浩樹先生ありがとうございますshine

この際、早起き生活維持してみます(笑) 

朝の瞑想モチベーションが上がらない方はこちら(zoom瞑想会)、覗いてみてください。

最近は50名以上の瞑想者が参加されているそうで なかなかパワフルな瞑想の場です

今朝は なんと五島列島の浜べからの配信で、現地で参加されている方もいらっしゃいました happy02イイナ‐

浩樹先生朝瞑想告知

浩樹先生のFacebookページはこちらです

瞑想の誘導はアトリエ霽月で伝授するものとは別なようですので、独自にマントラ瞑想で入られると良いと思います。

明日以降 いくつかのお役立ち情報、配信してまいります。

 

現れ

昨夜のブログを読んでLINEを下さった方がおられたので続けて投稿したくなりました。
 
 
解放が起きている方も多いようですね。
そういう時期のようです。
こういうことはシンクロして同時多発的に起きるのが常です。
解放は、
ただただ 手放して下さい。
 
表面的に慌てていても内側の中心に静けさがあれば大丈夫なんです
表面は何かと慌ただしいもので、その変化があるからこそ
生きている  という実感があるんでしょうね。
魂は積極的に味わい、イベントを楽しみます。
どんなドラマを見ていますか?
脚本家になれそう? happy01
そう、人生の脚本を書いているのはあなた。
あなたの身の回りにある材料を使い、想像力を働かせて味付け。
 
因果の因は無意識にも紡がれております。

だけど、
何が起きたとしても
全ては調和していきます。
あなたの思いは抵抗するかもしれませんけど。
ただ事象は置き続け、そして淘汰されます。
 
そういう世界なんです。
 
流れに何かを投じ、起きる現象を見ています。
何かを投じても 投じなくても
流れは流れの方向に流れています。
 
流れの速い時、遅い時 があります。
場所によっては急流、停滞も起きる。
地形の影響とかありますからね。
障害物が存在すれば 流れは変則的に。
それは物理現象です。
エネルギーも同じ。
 
因果も全てが完璧に調和する世界です。
増えも減りもしません。
地球上の成分(五元素・ファイブエレメント)は、姿を変えたとしても。ずっと同じ量なのです。
地球上にある要素としてはね。
 
世界は常に対流していますので
 たらい に張った水を ぐるりと回しているのと同じですね
向こう側に行った水は戻ってきますよ
 
そんなこんな。
もう静かに眺めているモードになりますね(笑)
 
流れの波立ち、喧騒を眺めるもよし
スルーするもよし
喧騒に参加するもよし
 
何でもアリなんです。
 
あなたの好きなように。起きるままに。
 
カルマン渦

 

ページ上部へ