ホーム>スタッフブログ>ダルマ>手放すとは
ダルマ

手放すとは

色んな意味で 世界中が揺れ動いています。

一体どうなっちゃうのか?と心配になる方もいらっしゃることでしょう。

でも、未来には進化した世界、進化した社会、進化した人間たちがいます。

その進化とは 今の私たちが想像するような形ではないかもしれません。

でもこの世界は調和しようと流動していきます。

調和の法則がある世界で なんでこんな混乱が起きるのか?と思うかもしれません。

それは調和をくずしているのが人間だからです。

自然は いろんな要素が淘汰されて調和していきます。

人間がいなければ 自然は自然のままですが、人間もある意味自然の産物の一つなので

この事態は起きるべくして起きている とも言えます。

他の動物たちも群れが大きくなりすぎると 全員を養う食べ物が足りなくなって 数が減ります。

何かが増えると何かが減って それで増えすぎた種族は数を維持できなくなり減って、食べられていた種族はまた増えだします。

自然のサイクルです。

人間は 知能が高く いろんな知恵を働かせて数を増やし続けました。

自然と調和する方法を考え出すことができるのです。

今は、天然資源を取り合う状態で国と国が喧嘩しているのですが、

それは独り占めして 一人で豊かになろうとするから そういう争いが起きます。

富が一か所に集中するのは 全体のバランスが悪いのです。

貧困層は不満と言うカルマを持ち、負のエネルギーを貯め込みます。

怒りです。

欲望も飢餓感から生まれます。

もし、私たちが本当にいろんなものを分け合えば、

怒りや欲望や飢餓感はさほど起きません。

これは金持ちとか貧乏とかいう問題だけじゃなくて

人々が思いやり(愛)を分け合うことができるかどうか が大きな問題です。

お金持ちが持っているお金を一人じめしようとするのは、

心が貧しいからです。

愛を受けずに育った人がその傾向に傾きます。

飢餓感から来る欲望は、どれだけ所有しても 充分だ という気持ちになることがありません。

それが所有が充分でないからだと勘違いしているうちは 更に独り占めをしつづけようと

この世界のアンバランスを助長します。

そういう人は、愛を見失った人なのです。

愛の欠乏 というカルマを持っています。

その人は持っているものを手放さないために死にもの狂いで威嚇し暴力を振るい、戦い続けます。

たぶん、失うことは死ぬことのように感じているのでしょう。

そういう人から暴力で奪い変えす ということをすると、カルマがスパークして

多大な犠牲を作り出します。

そういった怒りや悲しみやカルマを消すことができるのは

愛と癒し なのです。

それは あなたが持っている愛を発動させることによって

この世界は変わり始めます。

私ごときが一人で変わっても??どうもならんでしょ  なんて思っている人、

いやいやいや、それがどうして。そうでもないんです。

リンクするんですよ。 あなたが変わろうと思った時、100人が変わろうとします。

あなたが変わった時、100人が変わります。

その100人が変わった時、100×100人が変わります。

ネズミ算式以上に変わります。じわじわとね。

ほら 世界は着々と変わり始めていますよ。

暴力的な権力はいずれ淘汰されていきます。

そんなものが 調和するはずもなく

暴力で奪ったものは 痛みをもって、取り上げられる。

執着は怖れです。

本当は執着しなくとも あなたの愛が目覚めていれば

充分すぎるほどの愛に恵まれるのが この世界の法則なのです。

どんな時も愛を忘れないことが あなたに豊かさをもたらします。

あなたの本当の豊かさは あなたの中に輝き続けています。

あなたを覆っている悲しみと怖れを天に預けてください。

そのカルマはあなたではありません。手放して天に預けます。

その時はじめて、ユニバースがあなたのために動き始めます。

大いなる流れと共に 愛の中に生きる

そこには愛でないものは存在できません。

大丈夫です。あなたは愛で出来ているのですから。

誕生仏
 

 

先日聞いて 心に響いた動画

斎藤一人さんの動画 よかったら見てみてください。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelierseigetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1355

ページ上部へ