ホーム>スタッフブログ>2021年10月

2021年10月

思いが流れを連れてくる

思いが現実化する という宇宙の法則を耳にしてから

意識と事象の関係を意識して眺めてきました。

全く 本当にそうだな と頷くことばかりでした。

今はそれは揺るぎの無い確信になっています。

 

この世界は

私が確信する 当たり前なことが起き続けます。

 

当たり前だから起きる のではなく、そういうものだ と 設定されたことが起きるのです。

 

豊かさの循環は 

私が豊かだと感じると 豊かさはやって来ます。 当たり前のように。

私は人が大好きで、この世界は愛で出来ていると思っています。

私が人にすることを 人も私にしてくれます

粗末にすると粗末にされ

依存すると依存され

腹立てると腹立てられます。

嫌うと嫌われ 恨むと恨まれます。

大事にすると大事にされ、与えると与えられます。

それは対象者からではなく

違う方向から巡って来る。

因果応報って おもしろい。

身に覚えのないことをされたら、それは自分がしたんだけど忘れてしまったこと

前世のこととかも覚えてないし 先祖の因縁も私の記憶にはないのだけれど

今の私は 腹立てたり見下したり恨んだりするより

私は愛でいたいのです。

自分を犠牲にするとか 義務に縛られるなんてことは

できない質だけど、 

自分がしたいことは 止められない


私にやりたいことを諦めさせられるのは 流れだけ なのです。

私はこだるところは強情なので 流れは 私を止めるのにけっこうハードな事をしてきます

割とわかりやすく止めに来るのです。

人の言う事は聞かないけれど、流れには逆らわないことにしています。

私の中の 神の声、

そうしようと思っているのに動かない体や

そう思ってないのに口が言う言葉も 

私を運んで連れて行くのです

要らないものを落として

神のいるところに 愛のあるところに行けと言う。

全てが,私がエゴを手放すことをサポートしてくれているんだな と じんわり実感する日々です。

エゴの思い通りにならなくていい

流れは幸せなところに運んでいくのです。

要らないものは落とされ

流れの中で ただ 愛でいるだけでいい。

こんな簡単な事だったとは 昔の私は信じないんだろうな 

そうと思うと

肩の力を抜いてごらん と 言ってあげたいのです。

言葉にならず

何を書くか 言葉になりませんでした。
このところ 自分も含め 大きなカルマの解放に立ち会っていました。

 

表面的には 何か大きな摩擦が起きて

狼狽えたり、怒ったり、泣いたりするわけですが、

自我の意識はどうしても 自分が感じる感情を引き出すきっかけになった人物を恨みます。

あの人のせいで・・・ というやつです。

たしかに 何が起きたか を見ると、誰かの不注意や過失や理解の足らなさや

時には意地悪な気持ちや 悪意などが存在するのですが

前者の場合は ちょっとした行き違いや摩擦から生じ、

後者は 本人に憑いている黒い意識 というものが存在するようでした。

黒い意識は、本人を乗っ取り、大きくカルマのエネルギーを吐きだします。

「なんてひどい人なんだ」「悪意しか感じない」「お前なんか人じゃない!」「出ていけ!」

そんなことを思うかもしれません。

その人が大嫌いになって、もう2度と顔も見たくない 

そんな気持ちになるかもしれません。

それは その人も そう思う自分も 大きなカルマの解放を起こしています。

悪魔が笑いながら出て行っているようですね。

それはその人から出てきても その人ではないのです

カルマです。

もし、自分自身から すごい黒いエネルギーが出てきたら

できるだけ人にぶつけないように気を付けてください。

我慢している時に まわりからやいのやいの言われてしまい

辛抱ができなくなって大爆発を起こしてしまったら

事が治まりきるまで沈黙を続けてください。

何とかしようともがけばもがくほど傷が深くなってしまします。

迷惑をかけてしまった相手も、巻き込んだ相手も

解放を起こしているので、動けば動くほど事態は悪化します。

そう、ひたすら 沈黙でいいのです。

ごめんなさい 今は何もできない。

それでいいのです。

カルマの嵐が過ぎ去って

相手がカルマをまだ引きずっていたら

冷たい態度を取られるかもしれません。

心は痛むかもしれません

ですが、すぐに許してもらおうと思わなくていいんです

時が解決します。

急がない方がいいんです。

一番痛いのは 解放を起こしたあなたです。

時間をかけて癒してください。

 

真我の意識を体験するプログラムが11月のリトリート(瞑想合宿)で行われます

どんなことをするのか 私もまだそのプログラムをしたことがありませんので知りません。

何をするかを聞いても無駄です。

そのプログラムで体験するのは それぞれの感性に浮上する感覚でしかないからです

言葉に出来ません。

私はそれを とても楽しみにしています

ブラフマースートラ

これによって何が現れるのかを 見届けます。

悪魔のようなカルマに飲まれている人は特に受けた方がいいと思うのですが、

内側の悪魔は抵抗するかもしれないので 

だいぶ悪魔に疲弊してこないと 受けるポジションにはなかなか立たないです。

「何でそんな妙なもの受けなきゃいけないのよ」って悪魔は言いますからね

無理しなくても 悪魔がいればそのうち疲弊しますから時期が来れば求めるでしょうね。

誰しもそうなんです。

悪魔なんて呼んでますが、悪魔のようなもの のことです。カルマ。

私達全ての存在は命という宝物を持って生まれて

常に見守られています。

この世界の創造主、

神 

ユニバース 

大いなる存在 

真我

それは私達全ての存在の源です。

カルマが落ちると

源とのつながりのみが残ります。

それが悟りです。

丁寧に生きる 割とガサツ

ブログ お待たせいたしました。

このところ 色々とありました。

私、面倒なことは好きじゃないのですが、

かなり面倒なことが起きていました。

大変だと笑いが出ます。

「なんじゃこりゃ~」みたいな感じです。

困惑したり 怒ったりする自分が滑稽なのです。

ほんっとに 「超~~、めんどくせぇぇぇ~」と 遠吠えしたい衝動にかられます。

こんがらがった紐を解くのは 趣味ですが、

こんがらがった人間関係を解くのは それほど趣味なわけではございません。

でも 割とできてしまいます。。 いやだ、そういう役 したいわけじゃない

でもなぜか 割と回ってきます 

そういう宿命なのかもしれません。。。

目の前にある課題は あまり逃げません。

自分に関係ないとスルーしていますが。

でも、自分も関係者だと逃げる という選択肢があまり出てきません。

摩擦が起きているところの当事者が 思い悩んでいたり苦しんでいたりすると進んで助けに行きます。

でも、選り好みして困っていたり、自業自得な状況だと 放置プレイ。

選り好みしない私が選り好みの手助けをするいわれはございません なのです。

割と割り切っています。容赦がない とも言えます。

けじめが肝心 と思っています。
それは自然の摂理なのです。

あほくさい贅沢を貧乏人が支えるのはおかしい と 思っています。

散在すればお金はなくなるのでございます。

飢えて死にそうなら助けるかもしれません

でも、自分で立ち上がれるのに泣いて手を出してきても引きません。

自分で立ちな と言います。

本当に必要な助けと 甘えは 区別します。

けじめは肝心です。

また、真実を見極める眼力も必要かと。。

物事を立体的に裏表見えるようになるとわかります。

悪者は居ない。摩擦があるだけ。

摩擦は滑稽でもあります。

びっくりして、怒って、笑う。

「うわ!」

「痛てぇな!」

「ちくしょうめ!」

「あはははは!」

電信柱にも 怒りますか (笑)

「なんでそこに立ってんだよっ!」

(笑)

よそ見してるとぶつかりますよ。

怒りながら面白がっています

自分と向き合う時間

毎日が忙殺されております (反省

忙しさを手放す が 目下の課題ですが なかなか難しいですね(笑)

沢山の用事をしようとしたり、沢山のことを抱え込んだり

沢山のことをコントロールしようとしたり

すごく欲張りになっているかもしれません。

流れに任せる というのは ある意味 放っておくことだったりします。

明らかに やりすぎじゃないか と反省していました。

空回り感 余計なお世話 過ぎたるは及ばざるがごとしです。

放っておく というのは なかなか難しいのですが

気持を引き締めて 必要以上に手を出さない を チャレンジしたいと思うのでした。

子育ての頃を思い出しました。

親という役目をちゃんとやらないといけない と思い込んでいる時

子供にちゃんとさせたいと見張っている時(失敗させたくない時)

必要以上にコントロールしたくなっています。

自然の学びは レールを引いたらいけません

子供は 失敗をして感じて考えて学びます。

失敗も学びです。邪魔したら元も子もありません。

せっかくの失敗の学びに 「なんてことするのよ!馬鹿ね!」なんて言ったらいけません

「良かったね!このことがあって 次は気を付けられるんよ。失敗しなかったらわからないもんね!」と笑ってください

もし おかあさんがそう言ったら 子供はその失敗をプラスにできるでしょう。

でも、もし「バカ!」とか

「何度言ったらわかるのよ!ほんとにバカじゃないのっ!」って罵られたら、

自分が価値のない人間ではないと思える言い訳を考えるのに必死になってしまいます。

もしくはただ自己評価を下げたり、どうせできない と気力を落とすかもしれません。

成功とか失敗とか 上手にできるとかできないとか 目先の出来事で人を測るのはいいことだと思いますか?

長~い目で見たら 誰が成功者で 誰が失意の人になるかなど わからないものです。

しかも、一つの失意で 人生が終わるわけではありません。

それも貴重な体験なのです

一番残念なのは 何も体験しないまま 終わってしまうことです

歓喜したり 絶望してみたり 激怒したり 号泣したり

ドラマチックな人生もすごいですし

あなたの顕在意識が求めていることと あなたの潜在意識が求めていることが

違う ってことに気付くこともまた

とても興味深い経験です。

人間て ほんとに面白い生き物なのです。

観察対象は 自分自身、身近な人、それ以外も

深く見つめれば見つめるほどに 面白く興味深いのです。

自分の本当に気持ち 観てみてください。

あなたの本当に望むことは 何なのか 

その理由は・・・?

 

流れと共に

流れと共に というタイトルで、投稿したはずの文章が 公開になっておらず、あわてて再投稿しましたところ、本文が消滅していました。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

復旧ならず・・・

 

orz

消えたブログ内容は ある方が体験された不思議な流れの話だったのですが、

たぶん、それは公開しない方がいい ってことなんです。

こういう文章消滅事故、私の場合何度も何度~も あるのですよね

出すか出さないか ちょっと躊躇するような内容で、

微妙だけど 言いたい、出したい 出しちゃう! みたいなときに

流れに止められる ってことがあるんです。

 

絶対 見えない誰かがやってる感 eye

誰なんだ、なんでだよ~~ 苦労して書いたのにぃ・・・

でも、、たぶん出すと良からぬ展開になったかもしれないものを

阻止してくれたのでしょう・・・despair

私には、 ユニバース、大いなる存在  もしくは守護霊 守護神などなどが

意志を持ってやってるとしか思えないのです。。。

それほど 限定されたポイントで起きる

ということで 

気を取り直して

流れの話・・・

書きたいことが山ほど なのですが

明日5時半起きなので タイムオーバー!また 日を改めて書きたいと思います。

このところ少々忙しくしております。

しばし お待ちくださいませ。

ブログで取り扱ってほしいテーマ、ご質問、ご相談なども受付ますので

そのようなことも お問合せフォームでご連絡ください。happy01

それでは また!  毎日を面白がってお過ごしくださいtyphoon


 

 

傷付くことは無い

誰かがあなたの期待通りにしなかったとしても

あなたが誰かの期待通りにしなかったとしても

あなたは 何も悪くない

また 誰かも 何も悪くない

期待どおりにしようとするのは なぜ?

それは 相手の承認や愛が欲しいから。

期待に応えようとするのは・・・ 愛されたいから

あなたを あなたのままで愛してくれない人に

愛されるために?

それは本当に必要なのでしょうか?

あなたが 本当に愛される必要がある人 というのは、

親?恋人?家族?友人?先生?上司?世間?

 

いいえ、

唯一 あなたが 愛されることが必要なのは

あなた自身からです。

これはあなたの人生が楽しいか 生きづらいか が かかっています。

あなたが あなたを大事に出来ない時

他人はあなたを大切にしてくれようとしても

あなたはそれを受け取れないのです。

全ての存在は 神にとって 愛おしいもの

なぜなら、全ての存在は 神の一部だから

生き物が喜ぶ時 神もまた喜ぶ それは共鳴です。

なので神は 喜んでいる者を喜びます

大事なのは 誰かが多く所有・独占する事じゃない

より多くの喜びが世界を震わすこと。

あなたが 幸せでいることを選択したら

あなたが生きたいように生きることを選んだら

あなたはあなた以外の人も 自由に幸せでいて欲しいと思うようになるでしょう。

ご結婚

真子さまと小室さんのご結婚決まりましたね。

おめでとうございます。

20代の若い時間を3年も待ち続けてお互いの気持ちを冷めさせずに

このようなバッシングの激しい状況の中を耐えて意思を貫かれたのですから

これはおめでとうと言って充分なのでは と 私は思っています。

天皇家の在り方とか 血筋とか 品位とか 世間や国民の納得とかいろんなことを取り沙汰して

今もずっと破談にさせたいと思っている方々はおられますが、

私は当事者であるご本人の気持ちや努力を思うと 

1人の人間として 自由を選択する権利がある と思ってなりません。

もし そのような自由が許されないとしたら、それは某独裁国家と同じ不自由な国です。

国際間の世間体や国民を我慢させて縛り続けるのに必要だということで

1人、2人の生贄みたいな人が作られるのでしたら

そんな国は 崩壊しても仕方がない という気にもなります。

私も かなり自分を曲げられることができない性格だったので

若い頃は大人や世間との軋轢で苦しい思いをしたことがありましたが

それは意地を張っているというよりも

生きることをやめられなかった という感じだったと 今は思います。

彼らに生きることをやめさせる権利が 誰かにあるのでしょうか?

彼らもまた一人の人なのです。気が付いたらそこに生まれていた

皆さんと同じです。

思いを貫くという事がどれだけ大変で大切か ということも体験したでしょう。

その経験が 魂を磨く試練なのです。

貫くにしても諦めるにしても それをできるかできないかは

本人の宿命の中に組み込まれています。

それをやり果せるだけなのです。

それは誰も止めることができないでしょう。

このことと、最終的に幸福になるかどうかは また別問題です。

それはご本人の生き方次第。

自分も他者も大切にできるかどうかです。

人が歩く道を 引きずり下ろす権利を 誰も持ってはいません。

どうぞ 好きにさせてください。

身分もお金もサポートも要らない、自分たちでするのでどうぞ放っておいて と願う若者を

解き放つ愛を持つのも 良いのではないでしょうか。

人は自分の気分や自分都合に合わないものを排除したり攻撃したがりますが

そのような攻撃はまた自分にも向けられることがあります

出す波動は受け取る波動でもあることを忘れないでください

 

攻撃性や非難が起きた時

問いかける言葉はこうです

「その時、本当に都合が悪いのは誰なのでしょう?」と

自分自身にもそう問いかけてみるようにしています。

誰かを非難する時

何が都合悪くて そうしたいのか 真の理由を見つけた時

この世の真実が見えて参ります。

 

あなたが尊重され 自由でいたいならば 他者の思いを大切にしてください

あるがまま受け止める愛 それは神の愛と同じです。

ページ上部へ