ホーム>スタッフブログ>2021年10月

2021年10月

流れ

流れは予想がつきません。

何かが起きないようにいろんなことを準備予防していても 予想外の事が起きます

もちろん 防災グッズとかは準備していていいと思いますけど、それは

起きても起きなくても大丈夫なように です。

心配するくらいなら 準備をしとく。

でもそれは起きないかもしれないし、自分の所は避けるかもしれない。

事はおきてみないとわからないものです。

私は割と 全般的にですが 起きてから考える派です。

起きていないことを気にしている脳の容量がもったいないので? coldsweats01

え~?そんなケチケチすることか? と 思うでしょ?

いえいえ、もうね、年々記憶キャパが減少しておりますしね。

これは 自然現象ですので。(^_^;)

生き物的に もれなくやってきます。きました。。

はい 老化。(笑) 

瞑想で老化は遅くなりますが、進行しないわけではございません。

目も 老眼でございます。 悩みませんけど(笑) 

いずれにしても 自分の身体と仲良くして労わりましょう。

気にするものを減らしておきたい というか

あれやこれやに気を回せなくなっているというか。。。

( ノД`)

いえ、話を戻します(笑)、

流れは いろんなものを連れて来ますね。

予想外のいろんなもの

好ましいものもあれば 好ましくない?と思うようなものもあり、

いろんな流れが去来しますよね。

私の所は 今年はすごくいろんな変化がありました。

コロナでどうなるか分からない中、仕事の方針を変える必要があったり、流れ的に自然に変化したり

できるかできないかわからないこともやってきて。。。チャレンジする覚悟を試されたり とか。

いろいろ大きな変化がありました。

とりあえず、かなり来るもの拒まず去るもの追わずなポジションを取っておりますが。coldsweats01

特にこの夏、すごい話が来てたんですよ。絵の制作が複数ですね。

一つはすでに進行中です。

もう一つがすごかった。

3年がかりくらいの大きな仏画のプロジェクトをお引き受けする話が来てました

3年がかり? どう実現していけばいいか かなり色々考えてました。

過去に壁画の仕事をしていたので できないことじゃない と思いましたが、

それをちゃんとやりおおせるには

瞑想の仕事とも両立が難しくなるかもしれない?という危機感もあり、

どう進めようか 思いめぐらせていたのですが 

今日、

企画者さん側から 計画を白紙に戻す という知らせが来ました。

 

残念 というよりは ちょっと肩の荷が下りました。

これはこれでよかったかも と 思いました。
私が40歳だったら悔しがっていたでしょうけどね~。

 

そのお仕事のお話があったおかげで、絵に対する意識もまた明確になりましたし

瞑想を教える仕事の楽しさも再認識したり、仕事の態勢を整えることを考えたり

いろんなものが調整されたと思います 

無駄に起きていないなぁ って思うんですよ。 瞑想と絵は両立したい。

そして これから描く絵は 本当に波動が良い絵を丁寧に描きたいですね。

いつも自由な心で。

 

流れのままに お任せです

思考を手放す

いろんな出来事があって 困って悩んで 頭が疲れてきたら

瞑想をして 思考から離れてください。

思考から離れられた感じがするまで瞑想をしてみてください。

ELM瞑想では瞑想時間は1回30分ですが。

伝授を受けての瞑想だと30分あれば十分です。

瞑想の間は 思考から離れられるけど 瞑想を終えるとまた悩みが戻って来てしまう という方は

無意識に悩みたがっていたりします。

表面の意識では「絶対そんなことない!」って思うんですけど

深層心理は悩むことを求めている ってこともあります。

そのからくりを解説すると3日くらい語りそうなので(^_^;)

今日はそれは置いておきます。

とにかく悩むことで何かを避けているのですが

悩むことが有効に働いていればあなたはすぐに楽になるはずですけど、そうでもないなら

一旦 悩みから離れましょう。

そう、その悩みは持ち続けても いい結果に至らない ということに気付かねばなりません。

じゃあ、どうしたらいいの? という方

考えるのをやめてください。

「やめられないから困ってるんです」という方

とりあえず 瞑想した方がいいです。

無意識層のお掃除は意識的には なかなか難しいんです。

特になんとかしようとすればするほど、深みにハマってしまいます。

悩んでいる方に必要なのは 緊張をとって、身体をリラックスさせることなんですね。

できない という方

瞑想教師に相談してください。

 

あなたの考えすぎの癖は 瞬時に消すのは難しいかもしれません

でも それは手放せるものなのです。

私の性格を変えたいんです なんて 思っている方は

ぜひ 瞑想を始めてください。

あなたが緩むと 性格は穏やかになります。

1人だけで取り組んでいるうちは 同じところをグルグルしてしまう感じがするかもしれませんが、

あなたのとらえ方のこじれを解きほぐすお手伝いをいたします。

 

瞑想して 身体にリラックス状態をつくることができると、

内側の浄化が始まります。

苦しい感情が抜けて 徐々に冷静さを取り戻していきます。

そして気が付くのです。

瞑想を終えた瞬間

今、この瞬間、目の前は何も起きていない。

頭の中のあの事やこの事はてんやわんやなのにもかかわらず、

瞑想を終えた今この瞬間は 何も起きていません。

あなたを悩ませている頭の中のそれ、

今この瞬間、あなたが悶え苦しんでいても リラックスしてもすぐには変わりません。

ちょっと 脇に置いておいて 心を休めましょう。

疲れたすぎたなら 考えるのは後がいいんです。

目をつむって あるいは空を見て 深呼吸して 手放してみましょう

あなたが見る空は 何色でしょうか。

感覚を使うと あなたは今に戻ってきます。

広~い空間を見るとあなたに籠ったエネルギーは拡がって消えて行きます。

瞑想の内側の世界も広いんですよ。

内なる宇宙 って言うでしょ?

宇宙くらい広いんです。

身体という枠から解放されます。

 

あなたが瞑想する時、

あなたの意識は拡がって 空のエリア、すなわち真我・神の領域まで拡がります

そこで あなたは知らないうちに神の叡智を受け取っているのです。

瞑想をして 心が静まると

あなたは神の叡智を受け取る準備ができます。

 

そして 執着を手放し 苦しみから離れてください。

無くなる時は どうあがいても無くなりますし、

あがきたければ思う存分あがけばいいし

もう無理って思ったら手放していいんです。

そして 手放しても大丈夫 ってことに気付きますよ

なるようになるんです。

あなたが気にしてるそれは、どんなことがあっても無いなりになんとかなります。

手放した方がずっと楽です。

失って困るものが少ないほど、人は自由ですから。

どれだけ抱え込んできたか に気付きます。

本当は 何も持たなくてもいいんです。

あなたが 愛であれば あなたには愛が集まってきます。

しがみつくものを持たなければ 愛に気付き、愛を思い出します。

あなたが 抱え込んできた物を手放したスペースに

愛が入ってきます。

 

この体験はしてみないと実感できませんけど。

誰にでも起きますね。

生き方が変わります。

 

思いを遂げる

眞子さま ご結婚されましたね。
本懐を遂げられてよかったです。
無理矢理やめさせても残るのは恨みの気持ちです。

お二人にとって これはゴールではありません。
これはスタートなのです。

彼らが幸せになるかどうかは 本人たちの人生の課題です。
他者が学びを奪うのもエゴだと思いませんか?

私が 感心したのは、眞子さまも小室圭さんも
意志が強かったですね。

あれだけ反対・バッシングされ続けて 心が折れないのは
やはり愛が強かったからでしょう。

人としての観点では
負けず嫌いもあるのかな、
負けず嫌いの人って、逆境では燃えるんですよね。
障害は乗り越えるためにある!なんてね(笑)

自分の人生を人に決められたくない。
これは若者の特性です。

若いうちはしっかりと自我を体験することも必要です。
そしていろんな失敗や過ちも体験して
人として深みのある人物に成長してもらいたいです。

ご本人たちが 問題から逃げようとしているわけではないのだから
「頑張ってね」と送り出していいと 私は思っています

大人は 失敗を取り除いてあげる必要はありません。

何の障害もなく決められた道だけ歩くなんて

そんなつまらない人生 あなたは送りたいでしょうか?
あなたのために なんて言われたら
「余計なお世話だ!」と 言い返してしまいますよ。
そんな風におせっかいな年上の人々を疎んだりしませんでしたか?

〇〇家のために希望を捨ててください と言われて従えますか?
私は100%無理なんです。
そう、ほぼ ミリも無理でした。
相当頑固なのかも・・・。
そのせいですごい長距離の回り道した とも 思います。

でもその道のりは何も無駄になっていません。
自分の経験値が上がるからです

今は自分の願望自体が無いのでなんでもいいんですけど。
若い時は 大人の言うとおりにする なんて 無理だったんですよね~。
自分を閉じ込めると病気になります。

自分たちが自由になる ということは

他者を自由にさせる ということです

若者を縛らないでください
他者も縛らないでください

若者を大人の安定や名誉のための犠牲にしてはいけません。
それはもう人柱みたいなものではありませんか。
国 みたいな大きなものを支える人柱は
本当に必要なのでしょうか
私はそのような伝統は終わっていいとさえ思います。

愛を失った伝統など 残っても不幸な人を増やすだけではないでしょうか。

大人にできるのは
若者が道に迷った時、方向を教えること
そして魂が尊いということに1人でも多くの人々が気付いてくれることです

何が幸福か また、何を選ぶかの決断は 本人にしかできません。

大人になるにつれ エゴを手放して おおらかな人格になれるといいですね。

全ての魂はその学びと共にあります。
愛になる
歳をとって丸くなる
そのためには体験は自由である方がずっといい。

心残りなく 生きてもらいたいのです

私たちは世界そのものです。
支配者 ではなく
創造主なのです。
1人1人が神でできています。
あなたの世界は 生き物が生き生きしているでしょうか?

鳥 羽ばたく
 

大事にするもの

昨日今日と日中はとてもいいお天気で気持ちのいい秋晴れの福岡地方です。

このところ いろんな業務に追われがちなのですが、

もう少し する事を減らした方がいいかもしれない と思う日々です。

生徒さんに 欲張りすぎないように という話をしながら

自分が仕事や用事を抱え込みすぎて手放せないでいるかも? (;´∀`)

ただ、以前ほど無理矢理急ぐ ということをしなくなっているので

お待たせしている方々がいらっしゃるわけで

そのような皆さんには 誠に申し訳なさと 待っていただけることに感謝の毎日です。

こなしきれない という・・・

負荷がかかっているならば やはり 何かを手放す必要があるのだと思います。

それをはっきりさせるのが 物事の断捨離なのだと思いますが

私自身、そのことはまだまだ課題です。

 

こういう事(物事の断捨離、何かを手放すこと)は

本当は早めに決断する方がいいかもしれない ということは薄々?知っております。はい。

というのも

しつこく手放さないでいると流れに引き剥がされる ということが起こってしまう ということを知っているからです。

無理なものを維持すると 実際大変なのですが、手放すことを惜しんだり恐れたりして

なかなか手放すことができなかったりしますと

ある時、ダムの決壊が起こります 

ダム決壊

shock わちゃー

負荷かかりすぎっ

そんなに無理させて。。欲張りすぎ危険です。

他者の願いを叶えることも欲張ってはいけません。

(他者の願いを叶えるって いい人と思われたいから だとしたらそれは『欲』)

 

あなたがこれまで請け負ってきた物を手放す時 

その役割がいなくなると、

瞬間的にでも 混乱はあります。

その混乱を恐れているのかもしれません。

ですが、手放すことを先延ばしにすればするほど、引きにくくなってくる というのもあります。

どんどん苦しくなってくるので 最終的的には終わりが来るんですけどね。

やはり思い切った断捨離というのは物事をスムーズにするのに必要なんだろうなぁ と思います。

また、自分で決断することに罪悪感をもっていたりすると、

流れに無理やり持って行かれる事の方がマシだ と思う人もあります。

「私がしたんじゃない。しょうがなかった。不可抗力だ」という免罪符みたいなものが欲しいのかもしれません。

周りにしてみると どちらでも大差ないのですが。

本人の自我は 痛手は大きくても 言い訳ができる方が楽に感じたりするのでしょう。

自我の不思議なところです。

「こんなに痛い思いもしたので許してください」という感じでしょうか。

なかなかの自己犠牲 です。 そんなにしなくていいよ と思うのですが。

また、自分が進んで選んで その結果失敗するのが怖い という場合も 似たような感じになります。

「私が選んだんじゃない」

結果としてはは同じか むしろダメージは大きいのですが

自我は安心しています。

罪悪感のために自分を痛めつける

私も被害者なのよ 的な。

自我の不思議なところです。

周りからバッシングを受けるよりは 自ら痛い目に遭う方が 気が楽なのかもしれませんね。

だけど、もっと自分を大切にしていいんですよ。

だって、他の人達は それほどあなたのことを気にしているわけじゃないのですから。

これからの時代は みんながそれぞれの選択を尊重できる世の中になるといいですね。

多くの人々が 自分を大事にするようになると 実現する社会です。

今日から 少しずつ 自分を大事にしていきましょうね。

自己犠牲 しなくていいです。

流れと新しい時代

人々が支え合う ということは ともすれば共依存に移行しやすいのですが、

共依存を防ぐためには 人に頼らない ではなく

自分が地に足をつけて生きる

トラブルと向き合う 

善処する 

  に尽きます 

 

責任のなすりつけ合いなど本当に無駄な作業で

「そんなことをする暇があったら 目の前の事態に対してできることをしろ」 というところです。

そう、それは自分の自我に言う言葉です

できるかどうか なんて やってみないとわからないものです。

 

自分の力のみでは 無理かもしれません

でも、あなたの周りには 協力しようという人がでてくるでしょう

それはあなたがこれまでどれだけ人を手助けしたか にもよります。

他者へ差し伸べる手は 自分に差し伸べられる手 と同じです。

差伸べられなかった時 自分がどれだけ人に温かかったかを振り返ります。

 

これからの人生は今この瞬間に創造しています。

過去はともあれ 今 何をするかが大事なのです。

そして、無理な事は手放して なるようにさせます。

活性化するものもあれば、消滅するものもあります。

 

もし誰かが何かをしてくれないと苛立ったら

それはあなたの中に 依存の気持ちがある ということです。

私はしてあげて、あの人はしてくれないのはおかしいじゃないか と思うなら、

あなたはしてあげ過ぎなのです。

そのことをするかしないか は あなたの意志と責任において するかどうかを決めてください

あなたは あなたのしたいこと しようと思う事しかしなくていいです。

 

全体のことを考えたら 自分だけのしたいしたくないじゃ済まないんだよ と思う場合

それは全体を思うあなたがしたいことなのです。

全体のせいではありません。

あなたはその役目を引き受けている

だけどそれは辞めることができます。

もうできません と言えばいいのです。

もちろん あなたに依存している環境たちは混乱するでしょう

その混乱を避けたいのならば そこにいることも可能です

 

でももうそれはやめたいのならば そこから抜けなければなりません

あなたが抜ければ 一時は混乱するかもしれませんが

全体は抜けたところを修復にかかるでしょう。

代わりをいれるか メンバーで補い合うか

あなたは できないことまでし続けることはありません。

可能ならば できる後始末をすればいいです

カルマは飛び出し、全体は修復するのです

形は変わるかもしれません

それは必要な事なのです。

あなたが悪いのはありません。

必要な事が起きているだけです。

 

新しい時代は 常に新しい展開です。

古い伝統の中に良いものがあれば残されるでしょう。

でも、もはや古いスタイルのままでは 維持できない流れなのです。

この世界は常に対流して変化し続けます。

これまでもこれからも。

慣れ親しんだ状況を手放すのは寂しいと感じるかもしれません

でもその執着は あなたを幸せにしません。

新しいスタイルをどうぞ 楽しんでください。

あなた自身が閉ざすことさえしなければ 

世界はあなたを喜ばせようとあらゆるものを提案してくるでしょう。

なにかをしてくれるのではありません。するのはあなたです。

あなたは あなたを幸せにします。その意図が必要です。

 

共依存

日本人は共依存的 という言葉を見ました。

たしかに。

私は誰かのために。誰かは私のために。

他者の存在や仕事に依存して それが無いと自分の生活が揺らいでしまうのは

共依存に他なりません。

ドキっとしたあなたは共依存かも。(私も少し)

私は元々 バリバリ共依存だったので それが今残っていても全然不思議じゃない。

でも、どっぷり共依存の時は 本当に生きるのが苦しかった。

誰かが現状をキープしてくれないとまさに生活が揺れまくるのです。

他者をコントロールする必要が生じます。

もう大変。。気が揉める。。怒りがいっぱい。。裏切られたとか思っちゃう。

そんな日々はコリゴリです。

日本社会は かなり共依存的要素が高い ・・・というのは

支え合っている関係性で成り立っているからです

それは愛から出てきた関係性のスタイルですが、

どこかで 愛で縛る 共依存へすり替わってしまうのです

共依存は 愛じゃありません。愛が抜けた時、それはただの依存。

相手の自由を認めません。 強烈なエゴなんです。

そこには

「それをされたら困る」「迷惑かけるなよ」「みんな思いやり合っているんだからさ」

「私がどれだけしてあげたと思ってるのよ」「あなたも返しなさい」「あなたも我慢しなさい」

などという 自己都合と正義の押し付けがあります。

それをしないで愛でいるためには

他者の意志や望みを尊重できることが大事です。

ああ、それはちょっと困っちゃうこともあったり、残念だったりするけど、

あなたがそうしたいならそうしていいよ。

そう言えること。

現実的に困るならその移行にどれだけ協力してくれるか 尋ねてみましょう。

もし、ぶった切られても、その人には共依存から脱却する必要があったならば

その卒業は必要な事なのです

共依存であったことが問題なのですから。

手放しましょう。

共依存を引き剥がされる痛みがあった時は

共依存であったことを手放しましょう。

あるがままであらせることが愛だよ と ターラが言います

温かく微笑みながら

グリーンタラ顔

良し悪しの基準

何かが良いとか悪いとか

その基準て どこにあると思いますか?

 

私達人間は、ついつい あれがいいそれは良くないと 何かにつけてジャッジするのが好きですが

それはマインドがやっていることなんです。

マインド = 思考  です。

そのマインドにはいろんな基準が入っていて 

それぞれの頭の中にある基準のラインは、人それぞれだったりします。

なので、誰かがすることに驚いたりショックを受けたり、疲弊したりして

「ええ~~っ、、、そんなことするなんて信じられない!非常識な!!!」なんて

思うことが起こります。

そう、あの人は私と違う基準を持ってるんですよ。

それは あの人にとって してもいいことだった。

されてもいいことだった。。。

と言うものの 逆にされた時って びっくりするくらい怒ったりするんですけど。(笑)

されたら怒るのにするのは平気 

「あなたの物は私の物、私の物は私の物」的な?自己中思考と言いますか (笑)

最初はみんなそうなんですけどね、子供時代、分別がつく前は、自己中な見方しかできない

自分の気持ちしかわからない時ですね。

更に 何かをされて怒っている時、 人の批判は己の鏡

怒りを相手にぶつけてみると「オマエモナー」って幻の声が聞こえたりします。 (私だけかな?)

でも、この世の学びって するのもされるのも いずれは経験するので

そのうち気付くのです。

体験してみて初めてわかる気持ち

その両方を体験して世界を理解するんですよ。

経験って大事ですよね。

 

たまに 経験しても尚 一方的な気持ちしかわからない人いますけど、

そういう人は学びが終わりませんから 何度も何度も同じ摩擦を経験することになります。

おやおや? もし あなたが何度も同じ体験ばかりしてます とおっしゃるなら、

それはユニバース(この世界)の メッセージを見逃しているかもしれません。

宇宙の法則は 押し並べて平等に働いています。

エネルギーのあるところに 事象は起きるのです

自分が原因のことも 周りが原因のこともすべて関係者に必要な学びです。

皆で体験を共有してますからね。迷惑をかけたちかけられたり

それを許して手放す時

あなたの真の自由が訪れます。

摩擦の感情は瞑想で手放しましょう。

普段から瞑想をしていると 手放すのがスムーズになります。

 

そして重要なのは手放す時、産みの苦しみみたいな大きな解放の時は、

できるだけ抵抗しないで起きるままにさせておいてください。

下手にコントロールするよりも早く終ります。

カルマは解放されるほどに 内側からどんどん減っていくのです。

 

その人の一生分のかるまは バケツ1杯だよ

とボブは言います。

終らないカルマはないのです。

あなたが 終える と決めると

流れはあなたからカルマを引き出し、終わらせていくのです。

流れの行きつく先は 広大な海です。

海のような魂のふるさと

あなたは命そのものだったということを思い出します。

天使の梯子

思いが流れを連れてくる

思いが現実化する という宇宙の法則を耳にしてから

意識と事象の関係を意識して眺めてきました。

全く 本当にそうだな と頷くことばかりでした。

今はそれは揺るぎの無い確信になっています。

 

この世界は

私が確信する 当たり前なことが起き続けます。

 

当たり前だから起きる のではなく、そういうものだ と 設定されたことが起きるのです。

 

豊かさの循環は 

私が豊かだと感じると 豊かさはやって来ます。 当たり前のように。

私は人が大好きで、この世界は愛で出来ていると思っています。

私が人にすることを 人も私にしてくれます

粗末にすると粗末にされ

依存すると依存され

腹立てると腹立てられます。

嫌うと嫌われ 恨むと恨まれます。

大事にすると大事にされ、与えると与えられます。

それは対象者からではなく

違う方向から巡って来る。

因果応報って おもしろい。

身に覚えのないことをされたら、それは自分がしたんだけど忘れてしまったこと

前世のこととかも覚えてないし 先祖の因縁も私の記憶にはないのだけれど

今の私は 腹立てたり見下したり恨んだりするより

私は愛でいたいのです。

自分を犠牲にするとか 義務に縛られるなんてことは

できない質だけど、 

自分がしたいことは 止められない


私にやりたいことを諦めさせられるのは 流れだけ なのです。

私はこだるところは強情なので 流れは 私を止めるのにけっこうハードな事をしてきます

割とわかりやすく止めに来るのです。

人の言う事は聞かないけれど、流れには逆らわないことにしています。

私の中の 神の声、

そうしようと思っているのに動かない体や

そう思ってないのに口が言う言葉も 

私を運んで連れて行くのです

要らないものを落として

神のいるところに 愛のあるところに行けと言う。

全てが,私がエゴを手放すことをサポートしてくれているんだな と じんわり実感する日々です。

エゴの思い通りにならなくていい

流れは幸せなところに運んでいくのです。

要らないものは落とされ

流れの中で ただ 愛でいるだけでいい。

こんな簡単な事だったとは 昔の私は信じないんだろうな 

そうと思うと

肩の力を抜いてごらん と 言ってあげたいのです。

言葉にならず

何を書くか 言葉になりませんでした。
このところ 自分も含め 大きなカルマの解放に立ち会っていました。

 

表面的には 何か大きな摩擦が起きて

狼狽えたり、怒ったり、泣いたりするわけですが、

自我の意識はどうしても 自分が感じる感情を引き出すきっかけになった人物を恨みます。

あの人のせいで・・・ というやつです。

たしかに 何が起きたか を見ると、誰かの不注意や過失や理解の足らなさや

時には意地悪な気持ちや 悪意などが存在するのですが

前者の場合は ちょっとした行き違いや摩擦から生じ、

後者は 本人に憑いている黒い意識 というものが存在するようでした。

黒い意識は、本人を乗っ取り、大きくカルマのエネルギーを吐きだします。

「なんてひどい人なんだ」「悪意しか感じない」「お前なんか人じゃない!」「出ていけ!」

そんなことを思うかもしれません。

その人が大嫌いになって、もう2度と顔も見たくない 

そんな気持ちになるかもしれません。

それは その人も そう思う自分も 大きなカルマの解放を起こしています。

悪魔が笑いながら出て行っているようですね。

それはその人から出てきても その人ではないのです

カルマです。

もし、自分自身から すごい黒いエネルギーが出てきたら

できるだけ人にぶつけないように気を付けてください。

我慢している時に まわりからやいのやいの言われてしまい

辛抱ができなくなって大爆発を起こしてしまったら

事が治まりきるまで沈黙を続けてください。

何とかしようともがけばもがくほど傷が深くなってしまします。

迷惑をかけてしまった相手も、巻き込んだ相手も

解放を起こしているので、動けば動くほど事態は悪化します。

そう、ひたすら 沈黙でいいのです。

ごめんなさい 今は何もできない。

それでいいのです。

カルマの嵐が過ぎ去って

相手がカルマをまだ引きずっていたら

冷たい態度を取られるかもしれません。

心は痛むかもしれません

ですが、すぐに許してもらおうと思わなくていいんです

時が解決します。

急がない方がいいんです。

一番痛いのは 解放を起こしたあなたです。

時間をかけて癒してください。

 

真我の意識を体験するプログラムが11月のリトリート(瞑想合宿)で行われます

どんなことをするのか 私もまだそのプログラムをしたことがありませんので知りません。

何をするかを聞いても無駄です。

そのプログラムで体験するのは それぞれの感性に浮上する感覚でしかないからです

言葉に出来ません。

私はそれを とても楽しみにしています

ブラフマースートラ

これによって何が現れるのかを 見届けます。

悪魔のようなカルマに飲まれている人は特に受けた方がいいと思うのですが、

内側の悪魔は抵抗するかもしれないので 

だいぶ悪魔に疲弊してこないと 受けるポジションにはなかなか立たないです。

「何でそんな妙なもの受けなきゃいけないのよ」って悪魔は言いますからね

無理しなくても 悪魔がいればそのうち疲弊しますから時期が来れば求めるでしょうね。

誰しもそうなんです。

悪魔なんて呼んでますが、悪魔のようなもの のことです。カルマ。

私達全ての存在は命という宝物を持って生まれて

常に見守られています。

この世界の創造主、

神 

ユニバース 

大いなる存在 

真我

それは私達全ての存在の源です。

カルマが落ちると

源とのつながりのみが残ります。

それが悟りです。

丁寧に生きる 割とガサツ

ブログ お待たせいたしました。

このところ 色々とありました。

私、面倒なことは好きじゃないのですが、

かなり面倒なことが起きていました。

大変だと笑いが出ます。

「なんじゃこりゃ~」みたいな感じです。

困惑したり 怒ったりする自分が滑稽なのです。

ほんっとに 「超~~、めんどくせぇぇぇ~」と 遠吠えしたい衝動にかられます。

こんがらがった紐を解くのは 趣味ですが、

こんがらがった人間関係を解くのは それほど趣味なわけではございません。

でも 割とできてしまいます。。 いやだ、そういう役 したいわけじゃない

でもなぜか 割と回ってきます 

そういう宿命なのかもしれません。。。

目の前にある課題は あまり逃げません。

自分に関係ないとスルーしていますが。

でも、自分も関係者だと逃げる という選択肢があまり出てきません。

摩擦が起きているところの当事者が 思い悩んでいたり苦しんでいたりすると進んで助けに行きます。

でも、選り好みして困っていたり、自業自得な状況だと 放置プレイ。

選り好みしない私が選り好みの手助けをするいわれはございません なのです。

割と割り切っています。容赦がない とも言えます。

けじめが肝心 と思っています。
それは自然の摂理なのです。

あほくさい贅沢を貧乏人が支えるのはおかしい と 思っています。

散在すればお金はなくなるのでございます。

飢えて死にそうなら助けるかもしれません

でも、自分で立ち上がれるのに泣いて手を出してきても引きません。

自分で立ちな と言います。

本当に必要な助けと 甘えは 区別します。

けじめは肝心です。

また、真実を見極める眼力も必要かと。。

物事を立体的に裏表見えるようになるとわかります。

悪者は居ない。摩擦があるだけ。

摩擦は滑稽でもあります。

びっくりして、怒って、笑う。

「うわ!」

「痛てぇな!」

「ちくしょうめ!」

「あはははは!」

電信柱にも 怒りますか (笑)

「なんでそこに立ってんだよっ!」

(笑)

よそ見してるとぶつかりますよ。

怒りながら面白がっています

ページ上部へ