ホーム>スタッフブログ>ダルマ>宇宙の法則>メッセージ
宇宙の法則

メッセージ

昨日書いたような チャネリングみたいなことは

何か特別な能力のように思われたりしがちですが、

全く特別な能力ではありません

すごく普通にみんなが持っている能力だと思います。

私は霊は見えたことがありませんし

神の声も聞こえてこない

そりゃそうなんです。

一体どんな答えの受け取り方を期待していたのか?(笑

それを知らないんですから。

 

ただ、内側から 出てくるものは なぜかそれを知っていたり、口がそう言うのですよ。不思議なことに。。。

面白いのは 自分の口が言う事に驚いたり感心したりすることもあることでした。

誰かに何かを伝えていて 話しながらそう言ってる自分がいる

自分の言う事に「へぇ~そうなんだ」とか

「オマエはどうなんだ!?(自分に対して)」とか思ってる

特にしばしば困ったのは、怒って誰かを非難し始めた時には

言ってる言葉がまるで踵を返してこちらに向かってくることがあって

自分のしたことと重なって 

頭の中で「人のこと言えんやん!」って言うんですよ

で、もうそれ以上言えなくなって 急に口をつぐんだり、モゴモゴムニャムニャ・・・。

(すみません、私もです)ってなります。 catfacesweat01

このダブルイメージ なんでしょうね(笑)

でもね、

他人が言ってる時はもっと早くにわかりますよね。(笑)

皆さんも経験あるんじゃないですか?

誰かの文句を言ってる人に対して 内心

「あんたもなー」ってツッコミ。 これ、よくありませんか?

そう、人のこと言えんのですよ。

誰かに怒っている時、自分のことは棚に上げてますから。

また、

まだ自分がしたことのない失敗を他人がした時、

思いっきり非難したり、馬鹿にしたりすることが若い頃ならしてしまうことがあると思いますが

それ、いずれ自分が言われる側を体験するんですよね。

その時に思うんです(私もか・・・)って

すっごい キマリ悪さ。(苦笑)

この時に、自分と、自分が咎めた誰かと、同じことをしてしまった人全てを『赦す!』 ができれば、

心のキャパが拡がって一回り大きな魂へと成長できるんですよ

逆に

私はいいけどあんたはダメ とか 

自分の場合は正当な理由があるけど、あの人はそうじゃなくてバカだから とか

自分を上げて他者を下げる みたいなことや、

逆の 自分だけ下げる とかすると

意識の成長はないので、 その学びはクリアできてないですから

再チャレンジさせられます。

神(ユニバース)は心が広いですよ~。何度でも何百回でも再チャレンジしてくれます。しかもだんだんわかりやすく答えが見えやすいようなパターンへバージョンアップ。

そう、何度もその問題を経験する ということ

なので、同じ課題が繰り返す人は

あなたのとらえ方を再確認して修正してくださいね。

自分で学びを体験しなくても

他者が代わりにしてくれて それを学びとしてクリアすればもっと楽ちん。

 

「本当は誰も悪くない」

 

失敗は誰の下にも起こりうる のです。

大事なことは

失敗をしない ということではなく

失敗したらみんなでフォローし合う ということです。

責任を押し付け合ってどうするんですか。時間と労力の無駄。

失敗を正当化することじゃなく

失敗で生じたダメージやトラブルを修復する その助け合い。

傷付いたら手当てする みたいなこと。

 

左手の小指が怪我した時に

右手が、「あ、それ俺の責任じゃないから手当とか左手が自分でやれよ」

って、言っちゃうようなもので 自分のことしかしない 興味ない

って 違うんですよね。

でも、もちろん出来ないこともあるので

そんな悔しさすら 受け止めて認める。

 

もしあなたができることを 喜んで 他者も助ける協力ができたなら

あなたの周りは癒された人で溢れます。

つまりカルマが消える。

(あくまでも喜んでできないならしない方がいいですが)

これは豊かさの種まきです

あなたは誰かのカルマと自分のカルマを同時に消すことができるのです。

他者を通して。

仏教なんかではこれを『徳を積む』っていう言い方するんですけど、

これ、豊かさの貯金なんですよ。

そうそう、宇宙銀行とか言ってる人もいますね。

あなたは豊かさを増やすことをしていますか?

循環させないで独り占めというのは豊かさではなく

干ばつで農地を枯らしているようなもの

田んぼに水を流してくださいね。

良いお金、良いエネルギーの使い方をする ということです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelierseigetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1262

ページ上部へ