ホーム>スタッフブログ>生きる>寂しさに悩まされる人
生きる

寂しさに悩まされる人

誰かと一緒にいても孤独を感じてしまう というご相談を受けました。

それと同時に別の方ですが 孤独さがトラブルの原因になってしまっている方の問題を考えさせられる ということもあり

今日は 孤独を感じている方へのメッセージを書きたいと思います。

これは意識の深い所に原因がありますので 何回かに分けてお話しますね

 

まず、最初に トラブルを抱えている方のお話、

この方、あまりにもワガママなのと 言う事がコロコロ変わって周りを振り回してしまうため、

関わる人がどんどん逃げてしまいます。

最初は興味を持って親しくなろうと近寄って来てくれる人も 

しばらくすると 怒って去ってしまいます。

どうしてそんなにワガママなのか?

これは 愛されているか試したがる子供?ですね。

意図的にやっているのではありません。

途中で不安になって あれこれ付け加えたくなったり、変更したくなったりするのです。

情緒不安定なんですね。

自分が愛されているかどうかを試し続けなければ安心できず、

試され続けた人はウンザリして去ってしまいます。

そう、ダメじゃん! 墓穴掘ってます。

去られたくないのに去らせてしまいます。

子供時代に感じた充分愛されていない不安感

自分がダメな子で愛されない と思ってしまった心の傷や思い込み

そんなカルマが まだ残っているのです。

確かに その人の親御さんは 愛する能力が足らなかったのかもしれない。

でも、それは親本人の責任と片づけることができません、

愛されたことがないので 愛する能力が乏しい

愛が不在なのは世代連鎖してしまうのです。

あなたの責任でも あなたの親の責任でもない 誰も克服することができずにここまでやってきたカルマです。

それを終わりにするのがあなたの役目 ということなのです。

先祖の宿題を終わりにする という約束で生まれて来たい人があなたです。

あなたにそれができなければ、あなたの子孫がそれをやります。

子孫と言っても 自分がその子孫に生まれ変わる可能性も少なくないので

あなたが続きをやるのかもしれません。

カルマを終わらせる方法を見つけて それをやり果せれば そのカルマは世界から消えます。

あなたがその浄化をやるのです。

逃げていても全くいいことはありません。

宿題先延ばしで、その宿題は免除されることがないのです。

だったら とっとと終わりにしましょう。

あなたは 愛に恵まれなかった 

その歳月や経験、その事実は消すことはできません。

でも、あなたが悪いのではありません。

そういう体験をする人生を選んで生まれてきて 先祖の宿題を終える人 として生まれてきたのです。

外に愛が無ければ、あなた自身が愛になるしかありません。

あなたがあなたを愛して満たすのです。

 

あなた という人格や あなたの体験、あなたの容姿は関係ありません。

あなたという命を愛するのです。

命そのものを愛することで あなたも愛することができます。

そんな気持ちになれないよ~ という人

怒りや悲しみが詰まっていたら 愛は出て来れないんです。

怒りや悲しみをまず出して 内側を浄化しましょう。

あなたが 孤独だ ということも100%受け止めなければなりません。

あなたが感じている孤独さは 全ての人が持っている孤独さ です。

人は1人生まれ来て1人で逝きます。

誰も一緒に逝ってはくれません。

誰も一緒に一体となって生きていくことはできません。

あなたは1人でその体の中にいるのです。

でも、本当は最初から最後まで一人きりになれないのですが。

この世界の中で ただ一人だけで生きていることは不可能です。誰とも会わないとしても

人間は1人だけではない。生き物も無数にいるこの世界です。

あなたはあなたの窓を閉めると、人との交流を遮断することができます。

物理的な引きこもり、精神的な引きこもり あなたは1人でいたいのです。

何かを恐れてのことでしょうか?

過去に裏切られた傷のせい?

過去にいじめられた恐怖のせい?

愛されたことがない不安や悲しみ?

心無い言葉で傷ついた痛み?

 

そのことで何度も苦しんだかもしれません

でも、もう十分悲しんだのです。

まだ足りない方は疲れ果てるまで泣き悲しんでください

疲れ切るまで怒ってください。

もう十分だ と思うまで。

ネガティブ感情は もう要らない と思えたら 終わりにします。

その出来事は 過ぎ去った遠い過去なのです

もう終わってしまって その関係者はもう居ないかもしれないし、

全然別の人格になってるかもしれません。

あなただけが過去の苦しみにとらわれたまま なのです。

もう終わりにしましょう。

その記憶は神様に預けてください。

「私はこれを手放します。然るべきお計らいを」 と神様に任せます。

誰か(あなた)を傷つけたカルマは 当人が引き受けるでしょう いつかどこかで。

あなたは自分を癒すだけです。

恨みやくやしさも神様に預けます。

過去の影や亡霊たちにサヨナラを言ってください。

今のあなたは その時とは違う今を生きています。

 

① 自分の中の感情と向き合う

② それをありのままに認める 良い事もそうでないことも

③ 噴き出す感情は ちゃんと感じて それがあることを認める それは人間らしい感情

④ すっかり感情が出てしまったら このことはもう終わった とけじめをつける

⑤ いままでの自分は頑張っていたと認める。 成功していてもしていなくても。それなりに精一杯頑張ったし苦しんだ。おつかれさま。

⑥ 過去を手放し今は幸せなものを選択する。私が幸せであることを選ぶ

 

うまくできない と思った方は 一度ご相談ください。

対話の中であなたの心をほぐしていきます。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelierseigetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1252

ページ上部へ