ホーム>スタッフブログ>2021年3月

2021年3月

最近のおすすめ

3月が終わろうとしています。もう4月ですね。 happy02

暖かくなってまいりました。
今日は表装作業中 暑くなってきて、窓を開けました。

風が心地いいです confident cherryblossom

今日は初めて表装を習いに来た生徒さんがいて

表装講習。個人レッスンですが。

なんだか感動的shine

写真を撮っておけばよかった といつも後から思う のですが・・・coldsweats01

いつもながら何か熱中するとぶっ飛んでしまいますね catface

今年はすでに2件 仏画注文制作のお仕事を頂いておりまして、

瞑想教室と仏画教室の合間はもっぱら制作な日々です。

昔、仏教美術工房に勤めていた時は いつもFMラジオがかかっていたものですが、

最近はもっぱら Youtube

音楽動画にも飽き、人生相談カウンセリングも飽き、

中田あっちゃんのYoutube大学ブームが少し落ち着きまして、

このところハマっているのが 

雲黒斎さんの「うんちャンネル」 と

中村咲太さんの「宇宙くんの手紙」 というチャンネル

このお二方、悟り意識を生きていらっしゃる

それをまた 上手に言葉にするんです。

もう拍手喝采もの

ご興味がある方が何万人も集まっちゃってます。

質問攻めにあって嬉々としてお答えしてくださる様子がなかなか楽しいです(笑)

悟りが何なのか知りたい方はぜひ見てみてください happy01heart01

 

黒斎さんは理論派 男性向き

あの世に聞いたこの世の話

 

咲太さんは癒し系 女性向き

宇宙くん日めくり

画像をクリックしますとYoutubeのそれぞれの動画リストページに飛びます

 

ラジオ代わりのスピリチュアル

若い世代も悟りにまっしぐらですね!

楽しみだなぁheart04

期待を裏切られる

腹が立つ時ってありますよね。

なんだそれ!?

やめてよ

だめじゃん

失礼だな

ムカつく

ショック!

ひどい

このやろう!

 

などなど、いろんな反応があると思いますが、happy02

誰でもそういう怒りの感情 起きます

そういう時、相手に誰かに悪意があるようにとらえてしまうことがあります?

よくもそんなことができるな、ひどい奴にゃ 

なんて とらえていたりしませんか?

それは本当にそうなのでしょうか?

やってくれた本人は憤るあなたを見て

「クックック、ざまあみろ」って 言ってると思いますか?

相手はあなたを困らせて 怒らせて どう思って、どう感じていると思いますか?

もし逆の立場をあなたが経験したら、その時あなたはどんな気持ちでいるか 想像できますか?

 

 

・・・

こう聞いたら、ある友人は

「自分はそういうことしないからその人の気持ちなんかわからない」って言ったんですが、

その人は自分が意図したことじゃなくて、何かミスをしてよく上司を怒らせてはこう言いました

「わざとじゃないのに」

 

みんなわざとじゃないです

人が嫌がることをわざわざやって楽しむ人って幼稚園か小学校1年生の男子が好きな女の子にちょっかいするような感じでしょうか 心が幼いですよね。
そんな大人はそんなにいないです。

あなたが腹を立てているその人は なぜそれをしてしまったのか

あなたは同じ失敗をこれまでの人生でしたことが無いのか

そんなことを想像すると 誰も責められない ってことがだんだんわかってきます。

程度や材料こそ違え、やっていることは みな同じような事だったりします。

それがあなたはもう絶対しないミスだったとしても、

あなたは一人前になるまでそれをしたことがあるか

もしくは偶然がやってくれば 不可避なこともおおいのです。

誰かがする失敗は みんなでフォローすれば

すぐに挽回できることも多く、

元に戻らなくても なんとかなるものなのです。

みんなが誰かのフォローを協力すれば すぐに元通り以上の状況が

挽回していくものです。

 

理想よりも 今を大切に生きてくださいね。

思い通りにならない世界は面白がって楽しんで進みましょう

期待していると 期待以外の現実にガッカリします

期待がないと 純粋にエネルギーを楽しめますよ。

 

 

思考

このところ、思考につかまることが何度か起こりまして

居心地が悪いので思考する → 余計に居心地が悪くなって更に思考する

という沼にハマリ

あ、思考が原因か と我に返る → 笑う

というところに戻って参りました。(笑)

最初から笑ってていいんです (笑)

笑顔は世界平和 heart01

居心地が悪いと思考する というのは私の癖ですね。

何か思考で解決しようとする癖らしいです。

意図してやってません。

勝手にそうなるので 気が付いたら修正します。

瞑想をさぼっているとそうなりやすいので

やはり瞑想は大事です。

内側のホコリ(雑念)を お掃除するのが瞑想です

思考は 有意義なことを考えているつもりだったりしますが、

思考は短めに切り上げるのが良いように思います。

瞑想した方が 良いアイデアが閃きます。

今日も楽しく瞑想しましょう。

 

ちなみに、瞑想は 心地悪い瞑想の方が、瞑想のメリットが大きいです

心地悪さはカルマのエネルギーなので

それが沢山出てくれた方が浄化が進むからです。

カルマが少ない人は 出るものも少ないですが、

それはそれで 毎日お掃除をして玄関が綺麗、お部屋が綺麗

というのと同じように

丁寧に整えられたおうちは気持ちの良いものです。
散らかっていても 温かいおうちもありますから

無理にめざさなくても大丈夫です。

愛があって 更にスッキリした場所にいたら最高

shinehappy01shine
 

認識

目の前の出来事をどうとらえるかは 人によって様々です。

起きたことがひどいことなのかよかったことなのか

あなたはその出来事・その相手をどうとらえているでしょうか?

 

こんなにひどいのよ 

私はこんなにひどい目にあったのよ

というアピール

その昔、自分にも身に覚えがあるので

その行為を批判しようとは思いません。

人はそれをしてしまうこともあるのです。

 

出来事に自分がとても傷ついたり、辛いと思ったことに対して、

心の痛みを他者に分かって欲しいのですが

分かって やさしくしてもらいたい という意図が無意識にあるのでしょうが

私はこんなに辛い目に遭った 嫌だった という主張をけっこう必死にしていたりします。

無意識です。その主張は衝動から来ているので、あまり意図的ではないのです。

でも、聞く側は、そのアピールは 無意識の意図の方が見えるので

「この人、自分が被害者だと主張している」と感じてしまいます。

アピール にしか見えません。

言う側は (ほぼ無意識に)相手に納得して同情してもらいたかったりするので

裏を見透かしてる相手の冷ややかな反応に焦りを感じて

さらにアピールが過熱します。

延々と自分の不幸を語ってしまうのです。

伝わったという満足感が無いので終わりがありません。

それがいかに不可避でひどく、私は悪くなかった ということを話し始めます。

こういう時 聞いている側はとても居心地悪く感じています。

でも話している側は、自分がしている波動の低い行動に気付いていません。

無意識の意図に没頭してしまうからです。

「理解してほしい」・・・「どうしてわかってくれないの?」「どうして受け止めてくれないの?」

それは自我の視点

そこから見ている限りは 真実は見ることができません。

被害者というフィルターごしに見た世界を伝えようとしているので

そのフィルターを持っていない人には 違和感が伝わっています。

そういう人同士は繋がりや接点が薄れていきます。

波動が合わない という現象です。

疎遠になってしまいます。

 

この場合、話をする側に自覚がないことが多かったりします。

気が付いていれば自分で修正するので、

言い続けている間は自覚がないだけなのです。

ただ、起きたことを話しているだけです。

愚痴とも思っていない。

「だって、そうだったんだ」 と思っています

その記憶は カルマというフィルター越しに見た世界なので

その痛みは 誰かの悪意によって起きたものではありません。

ただ偶然に起きてしまった 摩擦 なのです

出会い頭に誰かとぶつかって

痛てててて (>_<)

面食らって (;´Д`)

すぐに「ごめんなさい、大丈夫?」とは 言えなかった

そのかわりに

「なんだこの野郎、痛てぇな!」と言ってしまった

そこからの展開なのです

「ごめんなさい」と言うか「なんだこの野郎」と言うかの違いは

とても大きいのです。

他者から大事に扱われているか と気にしているベースと

他者を大事に出来ているかを気がけているベースの

波動の違い

もちろん、誰かを傷つけることを恐れている波動と、大事に扱いたいと思う愛の波動も随分違います。

自分を責めすぎる人

そこには違うカルマがあります。

同じ行動で波動が違う これは大きな差が生じます。

どう違うのか?

外側から見た時の印象を想像してみれば

その違いはよくわかるんじゃないかな と 思います。

人間は 自分のことが一番わからない生き物だったりします。

他人のことはよくわかるのに。

 

己を知ることから始まります。

 

本当は良いも悪いもありません。

ただ出来事があるだけなのです。
それぞれの都合で 好ましい好ましくない が 発生します。

エゴの視点からの脱却

悟りのポイントです

ただ、事が起きているだけ

良いも悪いもない。

新時代へ 意識の移行

宇宙元年 という言葉を聞きました。

スピリチュアル界では周知のことらしいですが

外部の情報にはあまり敏感ではなかったので

認識に入ってきたのは最近。

でも、今という時代が、時代の変換期であることは確かです

自分が変える というよりも

自然に変われないものに対しては、強制的に過去が終了されて行く という感じで

ものすごく大きな時代の変換期が起きています。

そう、面白いくらいに です。

もう変換が終了した → シフトアップした と表現しています

波動が上がった人のことです

苦を手放した人のこと。

そういう人達には もう変換は終了なので

すでに平和を生きています。

静かに 全体が揺さぶりをかけられているのを 淡々と見ています。

「そうそう、いいぞ。どんどん進め」って思っていますね。

ビッグウェーブが来た! という感じです。

それになぞらえて言うなら、

意識の世界・悟り と縁がつながっていない意識は

サーフボードに乗っていない人が波乗りの場にいるようなもので

ビッグウェーブに巻き込まれて ぐっちゃぐちゃに波に揉まれています。

そう、まるでそこは洗濯機の中のよう
溺れる!首の骨折れちゃう!心底 怖い!

そういう方に言いたいのです

「大丈夫だよ!」「自分の脚で立ち上がってごらん」

波が引いた時に、立ち上がって

ひざ下くらいの水面から 目を上げて

次のウェーブを見据えるのだ!

気が動転していては 何も見えません。

心を鎮めて

今、何が必要なのか

物への執着は捨てる。

家財道具を持ってサーフィンはできません。

あなたは あなたの命一つを携えて

あなたの仲間と共に今 この瞬間のバランスを取るのです。

 

物質世界では 波はたまにしか起こりません。

あなたの中の嵐は あなたの頭の中のイメージです

今は 物質的には凪の状態です。

これまでの所有の世界観では 前に進めません

全てを手放した意識では 

あなたを拘束するものは何もありません。

でも、大切なものが・・・ と心が引き留められるかもしれません。

それは あなたにはその運命は決めることが出来ません。

それぞれが自分の運命を握っています。

 

信頼がつながれば 一緒の方向を向くことができるでしょう。

信頼はさせるものではありません。

あなたが信頼するから 信頼されるのです。

支配の意識では絶対無理です。

不信の意識でも 絶対無理です。

 

あなたが何を成すべきか

波をどう乗り越えるのか

自分自身を信じて

エゴにとらわれるのを手放してください。

 

新境地は (私のイメージですが)

一面の菜の花畑です。(笑) なぜなのかわかりませんがこんな感じです。

菜の花と桜

 

 

記憶

展覧会が終わって一週間、ようやく残務処理もほとんど片付きました。

なかなか大きなイベントです。

大変だけれど、作品を会場に並べた時は 感動しますね。

特に 生徒さんと一緒にする展覧会は喜びが大きいです。

自分の個展だと ついついこだわりが強すぎて楽しくできないのですが

私はこういうみんなと一緒にする ということが好きです。

みんなと一緒 ということを好まない方もおられますが、

私は 一人よりみんなと一緒に楽しむことが好きです。

それは なんだか楽しみが倍増するような感じです。

瞑想と同じ? 波動が増幅する感じです。

大勢で瞑想するとすごく深い瞑想になるんですよね。

 

今日、1日瞑想会でお話している時に 展覧会が終わった話から

私が仏画を描き始めた経緯をお話したのですが、

短い時間で話すと いろんな出来事を端折ってしまうので

それだと 本当のことを話した気がしないな と後から思得てくるんですよね

でも、それもまた 違う と また後から思ってしまいました。(笑)

出来事があって、記憶があって、認識があって

ストーリーが紡がれるのですが、

どれも全ては語れない。

だって、全てのことを言いつくすことは出来ないし、覚えていないこともあるし。

記憶なんてほんとに曖昧なものです

 

それに、 聞く側は

そんなことは 割とどうでもいい・・・かもしれない  と思います。

ちょっと興味をそそられるにしても

それは 正確だろうがそうでなかろうが そんなことは大した問題じゃない

記憶は 色んなことの断片を 納得したいように掴んでいるだけだったりします。

そう、自分自身ですらそうなのです。

アイデンティティにあまり意味がない と 感じるようになってからは

それまでの 「本当のことを知って欲しい」とか

「私のことを知って欲しい」というような思いがすっかり無くなってしまいました。

そんなものは 本当は無いからです。

いえ、真実はあったとしても 自分が信じたい真実と きっと違うのだろうと思う

過去は存在しない

ただ過ぎた時間と 今があるだけ。

今はその記憶 というか 感触が より幸せなものであれば

それで満足なような気がします。

だからなのか、 今は常に幸せでいようとします。

自分が幸せを感じることは何か?

それはたぶん、私に限ってのことかもしれないんですが、

それが良いのか悪いのかもわかりませんが

誰が何と言おうと 自分の好きなことしか選べなかった

その中には 間違っている と言われるようなこと?もあったかもしれないし

言うと恥ずかしいようなこともありましたが

その時の自分は やはり 選びたいものしか選べなくて

でも ずっと同じわけではなく

様々な自分を生きていたのでした。

それが何だったか 今となっては どうでも良いことのような気がします。

つまらないことなのかもしれないし、そうでないかもしれないし、

それがなんだったのかわかってやっていたとも思えない

多くは 後になってから それが何を意味するのか

ほんのりわかる気がする というようなものみたいです。

そして そういった経験は 他者の状態に重なって

その人の気持ちが 分かるようになっています。

自分が 被害者 という立場を取らなくなった時

全ての出来事の 本質が見えるようになったかもしれません。

出来事は 起きては消える 泡のようなもので

その時の感情もまた 泡のようなもの という気がしています。

内側から出て行ってしまった感情は 

泡の記憶のように儚い。

人生は うたかたの夢のようなもので

語り継がれたところで その夢さ加減はたいして変わりはしないでしょう。

楽しむにしても苦しむにしても

生きたいように生きなさい と この世に下ろされた存在が 私達 なのでしょうね。

一瞬の泡の体験 人生は長いようで 過ぎてみれば ほんの一瞬

最期に「ああ、楽しかった」 と言えれば本望です。

たぶん、そう言うと思います。

ちょっと 取り留めなくなってしまいましたが・・・

今日という日を楽しんでくださいね。

何か しても しなくても。confident heart04
 

御礼

アトリエ霽月仏画展、多数の皆様にご来場いただきまして

誠にありがとうございました。

終了後の色々な用事に追われていましたが

ようやっといつもの日常に戻りつつあります。

 

待機していた仕事がスタートです。

今年はいくつか仏画のお仕事の依頼があって

暇にはならなさそうです。

今 4つくらい作るものがあるので

また少し忙しい日々かもです。

それでもマイペースですが

頑張ります。(言うほど頑張ってないかもですが)(笑)

 

2021年仏画展お礼状

 

瞑想伝授のご依頼は随時受付けております。

日程はご相談の上 決定いたしますので

お気軽にご相談くださいませ。

変化が大きな昨今ですので

軸をしっかり持って

自分自身のバランスを取るよう心掛けてください

自分のバランス感覚を大切にします。

他人軸ではなく まずは自分がしっかり自律して

周囲のバランスも取れるようになります。

みんなが幸せになるためには

自分が幸せである必要があります

いつも笑顔でいられますように happy01 heart04

アトリエ霽月仏画展 会期中

随分ご無沙汰してしまいました。

ショートスリーパーな日々が続いております coldsweats01

アトリエ霽月仏画展 福岡市美術館にて開催中です

 

2階ロビーのポスター

手描きです

2021市美仏画展看板

これは搬入風景

BIG脚立にテンション上がります(笑)

搬入

受付看板 これも手描きです。会期中に作りました (笑)

仏画展手描き看板

大きな掛軸があります

展覧会場

初日のギャラリートーク

ギャラリートーク

展覧会が終わるまで しばし 没頭すると思われます 

また 頑張って写真アップしようと思います

ページ上部へ