ホーム>スタッフブログ>2021年1月

2021年1月

災いも転じて福となす

この世界にはいろんなことが起きまして、

これまでになかったことも新たに起きたり、

もう忘れていたようなすごいことも起きたり、

大波小波に煽られて嵐の中の木の葉のようになったりするものですね。

すごい流れの渦中にある時は、

もうこの世の終わりか!?と嘆いたり、

不安に溺れそうになったり、生きていることが嫌になったりもします。

でも、そう簡単に死ねはしないので 泣きながらでも生きていたりしますと

カルマの体験は過ぎ去り、いつの間にか静かな所に居たり、

温かな陽だまりに目覚めたりもするんです。

あなたの不幸は永遠ではありません。

誰の不幸も サレンダーして手放してしまった時に 過ぎ去っていきます。

これが不思議とサレンダー(降参)しないうちは終わってくれないのですね

エネルギー的にしがみついているんでしょうね。

嫌う というしがみつき方はほんと分かりにくいようでわかりやすい。

 

力尽きて、「南無三、もはやこれまで。」

降参して手放した時見るものは

「なるようになる」  です。

頑張り続けなければ維持できないものは いつか力尽きます。

あるがままでいいじゃないですか

何がいけないんでしょうか?

ダメだなんて 誰が決めたんでしょうか?

どんな時も どんな状態も 

ただあるがままを体験していいんです。

未知の世界も面白いものです。

移ろいゆく世界で生きる 醍醐味なのです。

始まりがあり、終わりがあり

そして

再生があるのです。

巡り続ける世界です。循環しつづけます。

あなたがこの世界そのものです。

何をすべきか

何をすべきか? という問いかけを聞いて思い浮かぶもの・・・

地球温暖化対策?

破壊した自然を修復すること

貪りつくそうとしている資源を大事にすること

エゴを緩め、貪りの心を鎮めるには 癒しが必要だ。

人間も他の生命たちも自然も生きとし生けるものたちの地球を大事にすること

思い通りにならないと腹を立て、怒りをあらわにして他者へ噛みつく者は

寂しいんだと理解し、

被害者という意識の根底にある悲しみを癒す

必要な事は

一つでも多くの意識が

この世界に愛という灯を灯すこと

ただあなたの意識が愛に満たされているだけで

世界は救われる方向に向かう。

何にも執着しない。

ねばならない すべき というものは

出来ればいいし、できなくてもそれはそれで なるようになっていく。

無理でもやらねばならぬことがあるとしたら、それは

一つの願望なのだろう。

こうあって欲しいと願う願望。

それは叶う時もあれば、叶わない時もある。

その結果が宿命ならば、それは避けられないことなのだろう。

何を手に入れたとしても それは束の間の夢でしかないのだ。

何億光年の宇宙の中では

どれも一瞬の塵のようなものなのだ。

私たちの人生は、星の瞬きのようなものだ。

このHumman Being 人間は どのくらいの時代 繁栄していられるのだろうか。

自ら滅びる愚かな生き物ではないならばいいな と 思う

それはどうだか わからないけれど。

次はどんな生命体を体験するのでしょうね。

この世界は限りなく未知のものに溢れてる。

常に新鮮な朝が来る

それを体験しにやって来たのでしょうね。

カモメ

人間はね、羽はないけど空を飛ぶんだよairplane

最近は、目だけ空を飛ばすの。

すごいよね~

ドローン

高千穂峡にこれ落としてた人がいた。

 

カルマの役目

ELM瞑想マスターのボブや、ダライ・ラマが言うんです。

カルマは教師です。

カルマはあなたを磨く経験ですよ って。

カルマの反応は籠って見えない間は、内側にありますが、

感じて表現されれば 外に出て行ってしまいます。

そして人間(自分)の黒い部分や醜い部分を見せられて、

ああ、人間って みんな同じかも ってわかって来る。

それを嫌っているうちは まだまだです。

それを苦悩して受け止めて 大きな赦しを持てたら

あなたの心の器は倍にも拡がります。

心の広い人、大きな魂の人になるんです。

 

諦め とかじゃないです。

暖かい気持ちでいるんです。

相手の幸せを願える者は幸いです。

 

目先の損得なんぞに心は揺らぎません。

心は大きな大海そのものになっています。

意識は神のように大きな世界を見ています。

移ろいゆくものに執着しません。

いずれ移ろいゆくものを留めることはできません。

変化を悲しむことなく

ただ受け止めて、

その時その時のハートのバイブレーションに感動し続けます。

心が外側に向く時、

自分と世界の窓をオープンにする時、

自分だけの感情ではなく、生きとし生けるものの波動を受けとります。

命の輝きに感動するのです。

刻々と形を変えながら流れゆく雲

でも、何も減らず、何も増えない

最初から最後まで同じ量の粒子が織りなす風景と流れ

世界の壮大さに感動しています。

それらは あなたが あらゆる体験を乗り越えた時、

あなたの目に飛び込んで来るものたちです。

心の窓を開いて 世界を感じてみてください。

絹雲

愛と執着

前回のブログに関連する話です。

愛する人、大好きな人と別れるのは大変辛いものです

こんな思いは耐えられない と思うでしょう。

身が引き裂かれるような心の痛み を体験するかもしれません。

そんな辛い別れ。

好きで好きでたまらない というのは、

本当は愛というより、執着なんですね。

恋愛の愛情がそれで、実は『愛』という漢字はこの愛情の執着のことを意味するものでした。

でも、Eternal love、神の愛、無償の愛 というような真我の愛は ちょっとこれとは別のものです。

 

この人がいないと生きていけない気がする というのは

愛ではなくて 依存なんですね。

本当の愛ってなんでしょう?

それは無償の愛。。。

相手の幸福を願う事?

いえ、あるがままをあるがままで受け止めること

何も望まず そのままで尊いんだよ と知ること。

否定のない 純粋な愛。

 

愛は いろんな面を持っているともいえます。

愛は形ではないので、

同じ行動でも愛なものとそうでないものがあります。

そこにあるのは 波動で それは出す人の無意識の心の波動。

エゴの雑味が消えれば消えるほど 純粋な愛になるように感じます。

良い悪いという問題じゃないんです。

純粋なものを嫌う人も中にはいますしね。

そこにはただ存在があるだけ。

そう、いろんな形で、いろんな状態で。

それを全部ひっくるめて 存在そのものを愛する。

 

この世界にはいろんなエネルギーが渦を巻いて対流しています

私たちはその中で生かされているに過ぎません

私は 純粋なエネルギーは好きですね。ぶっきらぼうでも です。(笑)

裏表がない感じが好きなんだと思います。

内側の黒いもの あったっていいじゃないですか

みんなそれなりにあるんです。

でもね、
手放せば無くなるんですよ(笑)

ありのまま って健気なんです。

キラキラした命です。

ピンクの光

 

欲と執着

ふと思ったんですが、物欲とか エゴとか

そういうものって 生きるモチベーションとかエネルギーをパワーアップさせるものなのかな?

いや、エネルギーが溢れかえってるので そちらに欲望が向くのかな?

と。(笑)

同じ状況にあって ある人は 愛するものを失ったことに大きなダメージを受け

悲しみに暮れ 生きる気力を失い

ある人は そんなことよりも生活や流行の冬物コートが気になる

これ、どっちが強いか? というと 後者だったりする。

たくましすぎる (^_^;)

いや、むしろ 「すごいよ君!」と賞賛したくなったりして。。

何が違うのか? 魂が若い、感受性の差

二人とも人間だけど、違う生き物みたいだ。

人の感受性は千差万別。

感受性に関しては、ハイセンシティブジャパニーズとしては前者の状態もよくわかる。

辛いね、痛いよな、可哀相、できれば助けたい。でも傷を癒せるのは結局本人。

でもね、傷付いた分だけ強くなり愛が深くなるよ。

弱いままでいちゃダメだ。

沢山泣いて浄化するしかない。

どんなに悲しんでも身体は生きようとするから。

エネルギーを持っていない人はそこで弱って死んでしまう人もいる。

昔の時代はそうやって 失恋とかで体調崩して死んじゃう人もいたんだよね。

平安時代とか。

現代は医療が発達しすぎて身体はなかなか死ねないけど。

 

頭の中のイメージは 実は頭の中にしかない世界

外で起きていることはいつも淡々と起きることが起き続けている

それが自分の都合に合わなくなった時

頭の中の世界のつじつまが合わなくなる

それを受け入れられないのが 大きなストレスであり、傷心。

でも、お釈迦様は言うんです

それは空の雲のようなものだよ

現れては消える 幻想

あなたの頭の中にあるあなたの世界の崩壊。

「ああ~、これでもう終わりだ!」と絶望して

自分の身体を殺せなかった者は

その後に 何事もない世界を見てしまう。

「なんだ、何も変わらないじゃないか」

「崩れたのは自分のアイデンティティだけ」

「それでも私は生きている」

「それでもここで生きている」

 

深い闇の世界というのは確かにあるにはあるのだろうけど、

そんな地獄は リアルには一般市民とは無縁。

起きやすいのは脳内の闇(病み)で それはただの幻想にしか過ぎないし、

悩みで病んで脳が委縮してしまったり、セロトニンが出なくなっちゃった状態

実際には起きていないことで 思いだけで病気になれるなんて 人間てすごいね

言葉だけで毒を盛ったみたいに殺せたり

情報だけで病気にできたりするなんて

面白い生き物だ。

でも、これは逆に 負の妄想を払拭すれば元気になれる という話で、

悟りはそこにあるんですよね。

それ、幻想だよ?

あなたが見てるリアル 社会の集団幻想。

みっともない とか カッコイイとか

誇らしいとか みじめ とかも。

だれが何を言おうが そんなイメージに振り回される必要は無く

依存するものを無くしていれば 恐怖すら起きなくなるのです。

 

あなたを陥れるのは執着を依存。

だから最初に書いた 落ち込む傷心の人と 物にしか興味のない人

どちらも大して変わらない。

もしあなたが幻想から目覚めて悟ったら

あなたはその命があるだけで幸せになれるから。

あなたは 愛というものを発信できる光だから。

だから 目覚めよう。

202112445351.jpg

アジアのアーティスト

久しぶりの投稿です

しばらく間が空いてしまいました。

制作が忙しくなってくると じっくりブログを書く余裕が無くなる みたいです。

頭の中の文章は その時に引っ張り出さないと雲のように消えて行く(笑)

 

書きたいことは しばしば 現れては消え しています。

フォーカスしてリーディングしていく感じで書いています。

 

今日は リンチェンを偲ぶ会でアジア美術館に行ってきました。

リンチェンゆかりの友人たちに経緯の詳細を話し、皆で思い出話をしました。

私がブータンにリンチェンに会いに行った時、

旅行者のディナーにリンチェンが同席してくれた時に話していたことを思い出しました。

物事は全て移ろいゆくものなんだよ

だから過ぎ去るものに執着してはいけないんだ。

物事、縁は やって来て そして過ぎ去る

ずっと変化して流れているんだよ。

何も持たずにこの世界にやって来て、そしていずれ 何も持たずにここを去るんだ

それは全て同じ皆の運命だよ。

そんなことを30歳くらいのリンチェンがイラストを描きながら話してくれました。

あのイラスト、昔持ってたクロッキー帳に残っているんだと思うけど、残っているのかしら? 今度探してみよう。。。

私たちが見ているこの世界で起きている事

それは空に浮かぶ雲のように

現れては消え 現れては消えして

それは一時も同じ状態ではなく

あるようで 無くて、でも最初から最後までずっとそこにあるものが形を変えているだけ

そういう万物の流れの中で この肉体も維持されながら 人生というものを体験している私達。

かつて やって来て そして いつか

全ての人がその肉体を離れ、また現れる

永遠に同じ状態を留めることなど不可能なんだ

そして エゴの欲や煩悩や願望通りにはならない。

ただ、自然の法則のままに流れる方向へと流れていくのがこの世界。

リンチェンはずっと前からそれを理解していました。

だから 死ぬことは怖くなかったろうと思うのです。

ただ、自分のために悲しむ人がいることに心を痛めていたに違いないですが。

 

本当に慈悲深い 誠実な人でした。

誰も苦しまなくていいんだよ。

怖れと執着を手放して運命を受け入れると

そこには愛しか残らない。

あなたが言いたかったことも 言葉を発することができる私たちが伝えます。

神の国 仏の国は作れる

ブータンみたいな幸せの国に 日本もなっていけると

私は思うのです。

リンチェンの水彩画

リンチェンの風景スケッチより

1日瞑想会

17日の日曜日は1日瞑想会でした

瞑想会では 椅子の位置を極力離し、空気清浄機が大活躍 空気中の汚れの種類と数値を表示してくれます

それに加え マスク着用で瞑想会をしています。

瞑想時は代謝が落ちて呼吸が小さくなり、瞑想室のホコリがほどんど無くなるほどです

瞑想は免疫力が上がるので、瞑想会に参加すると元気になります。

主催する私自身も瞑想会でリフレッシュしています。

私自身はコロナ以降は 重要な用事がなければほとんど出かけません。

元々寒いのが苦手なので仕事でもなければ 冬の間はほとんど出かけなくなりますけど(笑)

今回は5名の参加者さんが来てくださいました。

ランチタイムは長めの食べる瞑想で ほぼ無言です。

お喋りはマスク着用ですね。

マスクにも慣れてきて、

特に寒い時期は 一人で居るのにマスクをしたくなります(笑)

ほぼ防寒具。。

だけど、本当は

人が少ない場所で外の空気を吸ったり、太陽の光に当たるのは

健康にいいので、家に閉じこもりすぎないように、窓を開けて外の空気を吸ってくださいね。

健康第一 は 心身両方とも健康であることが大事です。

良い事でもずっと同じことをしていたら嫌になったりしますよね。

上手に気晴らしをして気持ちよく過ごしましょう。

コロナは恐れすぎなくていいのです。

私たちがお金に依存したり、仕事に依存したり、人間関係にとらわれることから

解放されていけば コロナも落ち着くことでしょう。

ウイルスが、物事にとらわれずに明るく暮らす人を死なせることは難しいのです。

どんどん健康な生活スタイルが蔓延するといいですね!

経済は、これまでどれだけ経済にとらわれて生きて来たかがよくわかります。

何かに執着して失うことを惜しむと苦しみが増えます。

私たちの宿命は 生まれた時から決まっているとも言われますが、

やって来る試練はそれぞれの人に何かを学ばせようと来ていますので、

それはそれで受け止めて どう生き方を変えれば 軽やかに生きられるか を模索してください。

田舎や自然から離れて何世代も経つ都会っ子たちは困惑しますが、

それも また自然に調和する生き方に戻れ ということなのだろうと私は思います。

心と体が 健全に生きられる場所を 探していきましょう。

心の中にも 心が健全に生きられる場所があります。

何ものにもとらわれない 空の境地

真我、大我の境地は

どの人間も意識の奥に持っているものです。

そういった共通の意識に目覚めでもらうために

私たちは日々瞑想を続けています

 

まだ瞑想をしたことがない方々も ぜひ瞑想習慣を取り入れてください。

習慣づくと 人生が変わります。

瞑想習慣

 

 

瞑想会の楽しみ

毎週木曜日の夜は 瞑想者の方向けのオンライン瞑想会を開いています

ちょっとしたお話と瞑想をする1時間程度の瞑想会です。

昨夜も6名の参加者の方と一緒に瞑想をしました。

ご参加ありがとうございます。

この週一のオンライン瞑想会は、瞑想の伝授を受けた方が参加できる瞑想会です

瞑想は複数の人と一緒にすると瞑想の波動が増幅されるので深い瞑想にはいりやすくなります。

これ、百人とか千人とかいう単位になると、地球上のそのエリア全体の波動が変わるそうです。

逆に社会的にショッキングな出来事があると、逆の作用になるみたいですね。

不穏な空気になる というのはそういうことかな?

だったら みんなで平和な空気にした方がいいですよね!

瞑想中、雑念だらけで瞑想したという実感が持ちにくい という方は瞑想を始めた初期の瞑想者さんに多いのですが、この時期を乗り越えるのに瞑想会へのご参加はとても有効です。

瞑想の波動が強いと、意識が空へ引っ張り込まれる度合いも大きくなります。

伝授を受けていない方は自分の内側に波動を発生させるルートができていないので、

内側に起きる波動が薄く、無音の瞑想ではなかなか深い感覚を体験しにくいですが、

瞑想伝授済みの方は 内側からどんどん波動の波が出てきて

埃のように溜まっているカルマを外へ追い出していきます。

初期の方は、出てくるカルマのエネルギーが多いので

落ち着かない感覚を体験する方もい多いですが、これは

必要プロセスですので 全く問題ありません。

むしろこの時期に徹底して瞑想を続けると

かなり早くお掃除(浄化)が進みますので

実生活に目に見えて変化が起きてくるでしょう。

1,2ヶ月経って、

「そういえば以前ほどイライラしなくなったな」

「前より反応が薄くなった」

「なんだか疲れにくくなったかも」

そんな変化を感じ始めたら、瞑想はもうあなたのものです。

今 わずかな変化が 今後大きな違いを生み出すでしょう。

 

そして、特に人生に大きな苦しみを抱えておられる方、

そういう方は特に幸いです。

あなたの内側のカルマをお掃除することは 世界平和に繋がります。

人生がとても辛い、苦しい という方は 

今生で多くのカルマを終わらせる役目を負って生まれてこられた

大事な人物なのです。

その苦しみは消えます。

今生で消せることができるのです。

カルマが浄化された後の人生は

どれだけ軽やかでハッピーでしょうか?

それは想像を超えています。

どんなことが起きても 幸せなままでいられるって

想像できますか?

でも 可能なんです。

そこに孤独は存在できません。

だって、切り離された孤独はありえなくなってしまうからです。

この宇宙で たった一人で存在する ということは不可能です。

大勢の中で 孤独を感じるのは

繋がりを見失ってしまった時 ですが、

そのつながりというのは、本当は外側にではなく

内側にあるもの なのです。

それを見つけた時、

孤独と不幸が存在できなくなります。

繋がりを見失っている と 思う方は

ぜひ 瞑想を始めてみてくださいませんか?

私たちの命は いつの瞬間にも輝き続けています。

負の感情を掃除する瞑想

瞑想法の中でも特にパワフルな浄化が起きるELM瞑想をぜひ楽しんでください。

奇跡は 普通に起こるようになってきます。

誰かに承認してもらわなくても、

あなたの中には溢れる愛が存在しています。

あるがままで尊い存在です。

 

ゆずみな

アトリエにゃんこ、今日も気持ちよさそうに寝ています。

オンラインセッション

緊急事態宣言、福岡県も出されましたね。

感染者が増えていたので仕方ないかも。

なぜ増えたのかは、寒くなってきたので免疫力が落ち、発症しやすい ということだと思います。

これはすでに予想されていたので 驚きはありません。

インフルエンザも冬場に蔓延しますが、暖かくなれば消えますし

同じことだと思います。

風邪気味かな?と思ったら 徹底的に外出しないことも大事ですし、

そういう体調不良の方を療養しやすくサポートする社会体制も整えてもらいたいですね。

 

今日、ふと思ったのですが、

店舗の営業自粛などで働けなくなって困っている方も深刻なようですが、

元気で経済的に困っている方に必要な福祉の仕事を手伝ってもらうアルバイトなどをしてもらうことはできないんだろうか? と思いました。

そう言えばウーバーイーツみたいにネット登録して必要な買い物を最寄りのバイトさんに配達してもらうシステムとか、

新たな福祉互助システムが出来ればいいのになぁ と思ったりします。

政治家のみなさんガンバレ。

福祉事業の進化、期待します。

いろいろあって 悩ましい世相のようではありますが、

日本の生活レベルや意識レベルは、10年前20年前30年前よりも

各段に進化しています。

過去のドラマや映画などを見てみると、一般常識が違ってきているのがあらゆる場面で感じさせられます。

ジェンダー意識やパワハラなどへの認識もすごく進化しているので

昔の人はよくそれで耐えていたなと驚くことがしばしばあります。

ひどいんですよね、普通に差別発言が頻発してて。

それが普通? って驚きます。

今の時代も10年以上経てば、エゴイスティックな考え方とか、差別的発言はとても下品に聞こえるんだと思う

一般常識の進化は世代交代や差別の排除が進んだ結果だと思いますが、

いまある社会の摩擦も 今後少なくなっていくことでしょう。

より 愛へと進化するんです。

ただ、いつの世も 人間の欲望がカルマを生み出す原因になりますので、

愛でなく、エゴを発揮していると なかなか世の中が良くなりません。

カルマを抱えて 一番カルマを受けるのは その人の周囲の人よりも

カルマを抱えている本人です。

それは加害者のようにみえることもあるし、被害者の顔をしている時もあります。

どちらもカルマです。

赦しと、癒しと、解放、サレンダー(降参) が 有効です。

強い執着を手放すのは 痛みを感じることもありますが、

手放した先には とらわれない自由な心が存在しています。

恐れなくても大丈夫

あなたに愛があれば、必ずあなたは生かされる。

これから もっと行きやすい世界になります。

その愛溢れる生きやすい世界を作るのは、

あなた自身でもあります。

 

悩みが多かったり、苦しさがとれなかったり、

ストレスに悩まされている方は

ぜひアトリエ霽月のカウンセリングでご相談ください。

心や体を緩めるのに有効なセッションをご提案いたします。

オンラインでセッションが受けられます。

オンラインセッションのお申し込みはこちらから

coubicアトリエ霽月のご予約ページ

ご予約は2日前までにお申し込みができます。

クレジット決済可能です

オンラインセッションにはZoomを使っています。

スマホにも導入可能なアプリですのでこの際ぜひアプリの設定をお薦めいたします。

今後Zoomを使ったミーティングは増えると思われます。

とても便利ですよ。

 

仏画教室

本日は今年初めての仏画教室の日でした。

(写真はスマホからパソコンに移動できず割愛 (weep

昨年のコロナ自粛要請以降、NHK文化センターが閉鎖し、

中央市民センターでの仏画教室を閉じ、

アトリエでのみ仏画教室を開いています。

ソーシャルディスタンスを考慮し1回の仏画教室で可能な参加人数を制限して

教室日を増やし、教室を続けています。

現在は15名の生徒さんが登録されています。

一昨年のアジア美術館での大きな仏画展以降メンバーが増えて

沢山の作品が出来てとても嬉しいです。

アトリエで出来るようになってからは

仏教音楽のBGMやティータイムも楽しめるようになり

なかなか充実した教室タイムです。

冬の間は おでかけされることが大変かもなのですが

こちらでは除菌対策などもとっておりますので

防寒とコロナ対策を充分とられて 温かい部屋で仏画に没頭していただけるよう

準備してお迎えしています。

ニャンコは外部との接触無し

教師もほとんどアトリエから出ていない という(笑)

瞑想教室の方も対面の場合はソーシャルディスタンスを保っての対応で

続けています。

今年は教室展が会場の都合で3月になっていますので

準備の追い込みが寒い時期ではありますが、2020年度に沢山の作品が出来てきましたので展覧会は充実したものとなるでしょう。

会場は福岡の名所、大濠公園の南端にあります福岡美術館

リニューアルしたばかりのキレイな内装で 展示が楽しみです。

3月は早く温かくなるよう願っています。

皆様も 寒い間 体調にお気を付けられて健康にお過ごしください。

不安な気持ちは免疫を落としますので、安全策を取りつつ、

明るい気持ちでお過ごしください。

おうち時間を楽しんでくださいね。

気が晴れない時は いつでもご相談ください。

オンラインでカウンセリングやセッションができます

私は比較的真夜中に制作する派ですが 静かな一人時間を楽しんでいます

2021市美仏画展DM

 

 

ページ上部へ