ホーム>スタッフブログ>2021年1月

2021年1月

欲と執着

ふと思ったんですが、物欲とか エゴとか

そういうものって 生きるモチベーションとかエネルギーをパワーアップさせるものなのかな?

いや、エネルギーが溢れかえってるので そちらに欲望が向くのかな?

と。(笑)

同じ状況にあって ある人は 愛するものを失ったことに大きなダメージを受け

悲しみに暮れ 生きる気力を失い

ある人は そんなことよりも生活や流行の冬物コートが気になる

これ、どっちが強いか? というと 後者だったりする。

たくましすぎる (^_^;)

いや、むしろ 「すごいよ君!」と賞賛したくなったりして。。

何が違うのか? 魂が若い、感受性の差

二人とも人間だけど、違う生き物みたいだ。

人の感受性は千差万別。

感受性に関しては、ハイセンシティブジャパニーズとしては前者の状態もよくわかる。

辛いね、痛いよな、可哀相、できれば助けたい。でも傷を癒せるのは結局本人。

でもね、傷付いた分だけ強くなり愛が深くなるよ。

弱いままでいちゃダメだ。

沢山泣いて浄化するしかない。

どんなに悲しんでも身体は生きようとするから。

エネルギーを持っていない人はそこで弱って死んでしまう人もいる。

昔の時代はそうやって 失恋とかで体調崩して死んじゃう人もいたんだよね。

平安時代とか。

現代は医療が発達しすぎて身体はなかなか死ねないけど。

 

頭の中のイメージは 実は頭の中にしかない世界

外で起きていることはいつも淡々と起きることが起き続けている

それが自分の都合に合わなくなった時

頭の中の世界のつじつまが合わなくなる

それを受け入れられないのが 大きなストレスであり、傷心。

でも、お釈迦様は言うんです

それは空の雲のようなものだよ

現れては消える 幻想

あなたの頭の中にあるあなたの世界の崩壊。

「ああ~、これでもう終わりだ!」と絶望して

自分の身体を殺せなかった者は

その後に 何事もない世界を見てしまう。

「なんだ、何も変わらないじゃないか」

「崩れたのは自分のアイデンティティだけ」

「それでも私は生きている」

「それでもここで生きている」

 

深い闇の世界というのは確かにあるにはあるのだろうけど、

そんな地獄は リアルには一般市民とは無縁。

起きやすいのは脳内の闇(病み)で それはただの幻想にしか過ぎないし、

悩みで病んで脳が委縮してしまったり、セロトニンが出なくなっちゃった状態

実際には起きていないことで 思いだけで病気になれるなんて 人間てすごいね

言葉だけで毒を盛ったみたいに殺せたり

情報だけで病気にできたりするなんて

面白い生き物だ。

でも、これは逆に 負の妄想を払拭すれば元気になれる という話で、

悟りはそこにあるんですよね。

それ、幻想だよ?

あなたが見てるリアル 社会の集団幻想。

みっともない とか カッコイイとか

誇らしいとか みじめ とかも。

だれが何を言おうが そんなイメージに振り回される必要は無く

依存するものを無くしていれば 恐怖すら起きなくなるのです。

 

あなたを陥れるのは執着を依存。

だから最初に書いた 落ち込む傷心の人と 物にしか興味のない人

どちらも大して変わらない。

もしあなたが幻想から目覚めて悟ったら

あなたはその命があるだけで幸せになれるから。

あなたは 愛というものを発信できる光だから。

だから 目覚めよう。

202112445351.jpg

アジアのアーティスト

久しぶりの投稿です

しばらく間が空いてしまいました。

制作が忙しくなってくると じっくりブログを書く余裕が無くなる みたいです。

頭の中の文章は その時に引っ張り出さないと雲のように消えて行く(笑)

 

書きたいことは しばしば 現れては消え しています。

フォーカスしてリーディングしていく感じで書いています。

 

今日は リンチェンを偲ぶ会でアジア美術館に行ってきました。

リンチェンゆかりの友人たちに経緯の詳細を話し、皆で思い出話をしました。

私がブータンにリンチェンに会いに行った時、

旅行者のディナーにリンチェンが同席してくれた時に話していたことを思い出しました。

物事は全て移ろいゆくものなんだよ

だから過ぎ去るものに執着してはいけないんだ。

物事、縁は やって来て そして過ぎ去る

ずっと変化して流れているんだよ。

何も持たずにこの世界にやって来て、そしていずれ 何も持たずにここを去るんだ

それは全て同じ皆の運命だよ。

そんなことを30歳くらいのリンチェンがイラストを描きながら話してくれました。

あのイラスト、昔持ってたクロッキー帳に残っているんだと思うけど、残っているのかしら? 今度探してみよう。。。

私たちが見ているこの世界で起きている事

それは空に浮かぶ雲のように

現れては消え 現れては消えして

それは一時も同じ状態ではなく

あるようで 無くて、でも最初から最後までずっとそこにあるものが形を変えているだけ

そういう万物の流れの中で この肉体も維持されながら 人生というものを体験している私達。

かつて やって来て そして いつか

全ての人がその肉体を離れ、また現れる

永遠に同じ状態を留めることなど不可能なんだ

そして エゴの欲や煩悩や願望通りにはならない。

ただ、自然の法則のままに流れる方向へと流れていくのがこの世界。

リンチェンはずっと前からそれを理解していました。

だから 死ぬことは怖くなかったろうと思うのです。

ただ、自分のために悲しむ人がいることに心を痛めていたに違いないですが。

 

本当に慈悲深い 誠実な人でした。

誰も苦しまなくていいんだよ。

怖れと執着を手放して運命を受け入れると

そこには愛しか残らない。

あなたが言いたかったことも 言葉を発することができる私たちが伝えます。

神の国 仏の国は作れる

ブータンみたいな幸せの国に 日本もなっていけると

私は思うのです。

リンチェンの水彩画

リンチェンの風景スケッチより

1日瞑想会

17日の日曜日は1日瞑想会でした

瞑想会では 椅子の位置を極力離し、空気清浄機が大活躍 空気中の汚れの種類と数値を表示してくれます

それに加え マスク着用で瞑想会をしています。

瞑想時は代謝が落ちて呼吸が小さくなり、瞑想室のホコリがほどんど無くなるほどです

瞑想は免疫力が上がるので、瞑想会に参加すると元気になります。

主催する私自身も瞑想会でリフレッシュしています。

私自身はコロナ以降は 重要な用事がなければほとんど出かけません。

元々寒いのが苦手なので仕事でもなければ 冬の間はほとんど出かけなくなりますけど(笑)

今回は5名の参加者さんが来てくださいました。

ランチタイムは長めの食べる瞑想で ほぼ無言です。

お喋りはマスク着用ですね。

マスクにも慣れてきて、

特に寒い時期は 一人で居るのにマスクをしたくなります(笑)

ほぼ防寒具。。

だけど、本当は

人が少ない場所で外の空気を吸ったり、太陽の光に当たるのは

健康にいいので、家に閉じこもりすぎないように、窓を開けて外の空気を吸ってくださいね。

健康第一 は 心身両方とも健康であることが大事です。

良い事でもずっと同じことをしていたら嫌になったりしますよね。

上手に気晴らしをして気持ちよく過ごしましょう。

コロナは恐れすぎなくていいのです。

私たちがお金に依存したり、仕事に依存したり、人間関係にとらわれることから

解放されていけば コロナも落ち着くことでしょう。

ウイルスが、物事にとらわれずに明るく暮らす人を死なせることは難しいのです。

どんどん健康な生活スタイルが蔓延するといいですね!

経済は、これまでどれだけ経済にとらわれて生きて来たかがよくわかります。

何かに執着して失うことを惜しむと苦しみが増えます。

私たちの宿命は 生まれた時から決まっているとも言われますが、

やって来る試練はそれぞれの人に何かを学ばせようと来ていますので、

それはそれで受け止めて どう生き方を変えれば 軽やかに生きられるか を模索してください。

田舎や自然から離れて何世代も経つ都会っ子たちは困惑しますが、

それも また自然に調和する生き方に戻れ ということなのだろうと私は思います。

心と体が 健全に生きられる場所を 探していきましょう。

心の中にも 心が健全に生きられる場所があります。

何ものにもとらわれない 空の境地

真我、大我の境地は

どの人間も意識の奥に持っているものです。

そういった共通の意識に目覚めでもらうために

私たちは日々瞑想を続けています

 

まだ瞑想をしたことがない方々も ぜひ瞑想習慣を取り入れてください。

習慣づくと 人生が変わります。

瞑想習慣

 

 

瞑想会の楽しみ

毎週木曜日の夜は 瞑想者の方向けのオンライン瞑想会を開いています

ちょっとしたお話と瞑想をする1時間程度の瞑想会です。

昨夜も6名の参加者の方と一緒に瞑想をしました。

ご参加ありがとうございます。

この週一のオンライン瞑想会は、瞑想の伝授を受けた方が参加できる瞑想会です

瞑想は複数の人と一緒にすると瞑想の波動が増幅されるので深い瞑想にはいりやすくなります。

これ、百人とか千人とかいう単位になると、地球上のそのエリア全体の波動が変わるそうです。

逆に社会的にショッキングな出来事があると、逆の作用になるみたいですね。

不穏な空気になる というのはそういうことかな?

だったら みんなで平和な空気にした方がいいですよね!

瞑想中、雑念だらけで瞑想したという実感が持ちにくい という方は瞑想を始めた初期の瞑想者さんに多いのですが、この時期を乗り越えるのに瞑想会へのご参加はとても有効です。

瞑想の波動が強いと、意識が空へ引っ張り込まれる度合いも大きくなります。

伝授を受けていない方は自分の内側に波動を発生させるルートができていないので、

内側に起きる波動が薄く、無音の瞑想ではなかなか深い感覚を体験しにくいですが、

瞑想伝授済みの方は 内側からどんどん波動の波が出てきて

埃のように溜まっているカルマを外へ追い出していきます。

初期の方は、出てくるカルマのエネルギーが多いので

落ち着かない感覚を体験する方もい多いですが、これは

必要プロセスですので 全く問題ありません。

むしろこの時期に徹底して瞑想を続けると

かなり早くお掃除(浄化)が進みますので

実生活に目に見えて変化が起きてくるでしょう。

1,2ヶ月経って、

「そういえば以前ほどイライラしなくなったな」

「前より反応が薄くなった」

「なんだか疲れにくくなったかも」

そんな変化を感じ始めたら、瞑想はもうあなたのものです。

今 わずかな変化が 今後大きな違いを生み出すでしょう。

 

そして、特に人生に大きな苦しみを抱えておられる方、

そういう方は特に幸いです。

あなたの内側のカルマをお掃除することは 世界平和に繋がります。

人生がとても辛い、苦しい という方は 

今生で多くのカルマを終わらせる役目を負って生まれてこられた

大事な人物なのです。

その苦しみは消えます。

今生で消せることができるのです。

カルマが浄化された後の人生は

どれだけ軽やかでハッピーでしょうか?

それは想像を超えています。

どんなことが起きても 幸せなままでいられるって

想像できますか?

でも 可能なんです。

そこに孤独は存在できません。

だって、切り離された孤独はありえなくなってしまうからです。

この宇宙で たった一人で存在する ということは不可能です。

大勢の中で 孤独を感じるのは

繋がりを見失ってしまった時 ですが、

そのつながりというのは、本当は外側にではなく

内側にあるもの なのです。

それを見つけた時、

孤独と不幸が存在できなくなります。

繋がりを見失っている と 思う方は

ぜひ 瞑想を始めてみてくださいませんか?

私たちの命は いつの瞬間にも輝き続けています。

負の感情を掃除する瞑想

瞑想法の中でも特にパワフルな浄化が起きるELM瞑想をぜひ楽しんでください。

奇跡は 普通に起こるようになってきます。

誰かに承認してもらわなくても、

あなたの中には溢れる愛が存在しています。

あるがままで尊い存在です。

 

ゆずみな

アトリエにゃんこ、今日も気持ちよさそうに寝ています。

オンラインセッション

緊急事態宣言、福岡県も出されましたね。

感染者が増えていたので仕方ないかも。

なぜ増えたのかは、寒くなってきたので免疫力が落ち、発症しやすい ということだと思います。

これはすでに予想されていたので 驚きはありません。

インフルエンザも冬場に蔓延しますが、暖かくなれば消えますし

同じことだと思います。

風邪気味かな?と思ったら 徹底的に外出しないことも大事ですし、

そういう体調不良の方を療養しやすくサポートする社会体制も整えてもらいたいですね。

 

今日、ふと思ったのですが、

店舗の営業自粛などで働けなくなって困っている方も深刻なようですが、

元気で経済的に困っている方に必要な福祉の仕事を手伝ってもらうアルバイトなどをしてもらうことはできないんだろうか? と思いました。

そう言えばウーバーイーツみたいにネット登録して必要な買い物を最寄りのバイトさんに配達してもらうシステムとか、

新たな福祉互助システムが出来ればいいのになぁ と思ったりします。

政治家のみなさんガンバレ。

福祉事業の進化、期待します。

いろいろあって 悩ましい世相のようではありますが、

日本の生活レベルや意識レベルは、10年前20年前30年前よりも

各段に進化しています。

過去のドラマや映画などを見てみると、一般常識が違ってきているのがあらゆる場面で感じさせられます。

ジェンダー意識やパワハラなどへの認識もすごく進化しているので

昔の人はよくそれで耐えていたなと驚くことがしばしばあります。

ひどいんですよね、普通に差別発言が頻発してて。

それが普通? って驚きます。

今の時代も10年以上経てば、エゴイスティックな考え方とか、差別的発言はとても下品に聞こえるんだと思う

一般常識の進化は世代交代や差別の排除が進んだ結果だと思いますが、

いまある社会の摩擦も 今後少なくなっていくことでしょう。

より 愛へと進化するんです。

ただ、いつの世も 人間の欲望がカルマを生み出す原因になりますので、

愛でなく、エゴを発揮していると なかなか世の中が良くなりません。

カルマを抱えて 一番カルマを受けるのは その人の周囲の人よりも

カルマを抱えている本人です。

それは加害者のようにみえることもあるし、被害者の顔をしている時もあります。

どちらもカルマです。

赦しと、癒しと、解放、サレンダー(降参) が 有効です。

強い執着を手放すのは 痛みを感じることもありますが、

手放した先には とらわれない自由な心が存在しています。

恐れなくても大丈夫

あなたに愛があれば、必ずあなたは生かされる。

これから もっと行きやすい世界になります。

その愛溢れる生きやすい世界を作るのは、

あなた自身でもあります。

 

悩みが多かったり、苦しさがとれなかったり、

ストレスに悩まされている方は

ぜひアトリエ霽月のカウンセリングでご相談ください。

心や体を緩めるのに有効なセッションをご提案いたします。

オンラインでセッションが受けられます。

オンラインセッションのお申し込みはこちらから

coubicアトリエ霽月のご予約ページ

ご予約は2日前までにお申し込みができます。

クレジット決済可能です

オンラインセッションにはZoomを使っています。

スマホにも導入可能なアプリですのでこの際ぜひアプリの設定をお薦めいたします。

今後Zoomを使ったミーティングは増えると思われます。

とても便利ですよ。

 

仏画教室

本日は今年初めての仏画教室の日でした。

(写真はスマホからパソコンに移動できず割愛 (weep

昨年のコロナ自粛要請以降、NHK文化センターが閉鎖し、

中央市民センターでの仏画教室を閉じ、

アトリエでのみ仏画教室を開いています。

ソーシャルディスタンスを考慮し1回の仏画教室で可能な参加人数を制限して

教室日を増やし、教室を続けています。

現在は15名の生徒さんが登録されています。

一昨年のアジア美術館での大きな仏画展以降メンバーが増えて

沢山の作品が出来てとても嬉しいです。

アトリエで出来るようになってからは

仏教音楽のBGMやティータイムも楽しめるようになり

なかなか充実した教室タイムです。

冬の間は おでかけされることが大変かもなのですが

こちらでは除菌対策などもとっておりますので

防寒とコロナ対策を充分とられて 温かい部屋で仏画に没頭していただけるよう

準備してお迎えしています。

ニャンコは外部との接触無し

教師もほとんどアトリエから出ていない という(笑)

瞑想教室の方も対面の場合はソーシャルディスタンスを保っての対応で

続けています。

今年は教室展が会場の都合で3月になっていますので

準備の追い込みが寒い時期ではありますが、2020年度に沢山の作品が出来てきましたので展覧会は充実したものとなるでしょう。

会場は福岡の名所、大濠公園の南端にあります福岡美術館

リニューアルしたばかりのキレイな内装で 展示が楽しみです。

3月は早く温かくなるよう願っています。

皆様も 寒い間 体調にお気を付けられて健康にお過ごしください。

不安な気持ちは免疫を落としますので、安全策を取りつつ、

明るい気持ちでお過ごしください。

おうち時間を楽しんでくださいね。

気が晴れない時は いつでもご相談ください。

オンラインでカウンセリングやセッションができます

私は比較的真夜中に制作する派ですが 静かな一人時間を楽しんでいます

2021市美仏画展DM

 

 

天候

雪がすごかったですね。

アトリエは城南線の動物園入口の交差点の前で坂道な上に道がカーブしているので

実は交通事故が起きやすいポイントなんです。

ここに越してきてから4年になりますが、車がぶつかる交通事故は年に1,2回

1昨日の道路凍結時もガードレールに突っ込んだトラックがありました coldsweats02

上り坂で立ち往生する車は多数・・・

雪や道路凍結の時はノーマルタイヤだけで出かけてはいけません。

福岡の寒さ、舐めてますね。年に1回くらいですけど、凍結することもあります。

それにしてもここ3日ほど、救急車の出動がとても多いよう

近くの浄水通に消防署があって、内の前の交差点から幹線道路に出てくるのですが、こんなに救急車の音を頻繁に聞くのは久しぶりでした。

雪で自力で病院に行けなかったから?

いや、寒さのせいで具合が悪くなる人が多かったのかも。

本当に寒かったですよね。

ニャンコたちがいるので石油ストーブをあきらめてエアコンだけなので

部屋がポッカポカにはならず、若干寒い中で厚着してしのいでいます。

おや、また雪が降ってきました。

でも晴れてるから今日は積もらないかな。

絵を描く仕事はじっとしていることが多いので やはり寒いです。

寒すぎると制作出来ないし。困ったものです。coldsweats01

寒さで具合が悪いというお声もよく聞きました。

暖まるには 身体を動かすのが一番なんですが。

冷えすぎてしまったら、お風呂です。

昨夜などは2時間入ってしまいました。coldsweats01

湯温を熱くしてもすぐに冷めてしまいますね。

自動湯温調節が無いので 手動で追い炊きしています。

それから、

暖まる食事。食材。

旬のものをアツアツにして食べましょう。

私の好物は生姜ですが、

インド風のミルクティー、ホットチャイは欠かせません。

次の教室日のお茶はチャイにしようかな。

皆様も 温かくして免疫力を上げて過ごしてくださいね。

瞑想する時も毛布にくるまって ダルマさんみたいにして瞑想してください。

暖房より厚着主義です(笑) 

もう一枚ズボンを重ね着しようかしら?

 

免疫力を上げることが一番大事。

なので、たくさん笑ってくださいね

笑う牛


 

思考の癖

ネガティブがやめられない  というご相談をいただきました。

そのことについてちょっとお話しましょう。

ネガティブ、別にやめなくてもいいんです。

それにはどこか心地よさと救いがあるのでやってしまうのでしょうね。

え?心地よくない!って?

そう。もちろん心地よくないんですが、自我はそちらの方がまだマシなんです。

自我の意識が現実を受け止めたくない時にまだマシなシチュエーションを作り出す。

これが自己防衛機制のしくみ

これが癖になると、頭の中が思考だらけになります。

だって、いじらないといけないイメージが山盛りになってしまうでしょ?

どうしてこんなことになっているのか、自分の受け止められる範囲で納得したい

それが自我の思いです。

でも、受け止められる範囲を超えた現実に自我は悶絶します。

問題がなくなるまで、抵抗し続けてしまいます。

「いやだ、いやだ、排除したい」

あの人が悪いとかあんなことはダメだとか

正義を振りかざしてみても それは解決しない

相手には相手の事情がありますからね。

自我(エゴ)は自分の都合しか見えていませんから

ついつい相手が悪者に見えて 攻撃したくなってしまいます。

「私がこんなに困っているのに、なんで聞いてくれないの?ひどい人」

これ、相手からしてみたら、

この人、何を言っているんだろう? という感じになるんですね。

だって、その人は悪人として生きているわけじゃなく

その人なりに善良に生きたいと思っているので

悪気がないことを責められると ムカつきます。

相手が大人だったら、

「あらあら、そうだったの?気が付かなかったわ。ごめんなさい。これから気を付けるわね」って言ってくれますけど。

文句を言うこちらと同じレベルだと

イラッとされて、「おまえこそなんだよ」って売り言葉に買い言葉 なことになっちゃう。

誰が自分目線なのか・・・ 本当のことを知る必要があるのです。

感情を交えずにただおきたことをそのままに把握すれば

そこに悪意も意地悪も存在しないことに気付きます。

普通にしてるだけなのに相手に迷惑がかかるのは

お互い様のことなんですね。

それを責めるか責めないか の違い。

 

あなた酷い人ね! といわれて、素直にごめんなさい って言えるなら

あなたはすごく心優しい人でしょう。

私なんか、そういう風なエネルギーを向けられると

とっさにムカつきますけど、(笑)

もう大人なので すぐに怒りは手放します。

「ただ、起きていることが起きているだけ」

「良いも悪いもない」

必要があれば何かを改めますし、必要がないと思えば スルーします。

それは私の方針ですけども、

どんなやり方をしたって 構わないんです。

あなたの体験はあなた自身が決めること

いい方法が分からない場合は うまく行くやり方がある。

それが宇宙の法則、つまりダルマを知ってそれを利用してコヒーレンス(摩擦が無い状態)にすること。

摩擦を作り出しているのは あなたの意識ですからね。

 

摩擦を沢山作り出しながら 平和に生きていたいの と言っても

それはちょっと難しい。

水をかき混ぜながら 水面が鏡みたいにならないの と言っているのと同じなので。

あなたのどの手が流れをかき混ぜたり、流れに逆らっているのかを知る

悟りへの道ですね。

ただ あるがままをあるがままにさせておける時

心は平和です。

雄大な宇宙を思い通りにするのは無理

ただ、そこを楽しめばいいだけです。

どんなことも面白がって。

 

命は健気で愛おしい

雪景色

浄化とは

福岡はお正月に雪が舞い、積もりはしませんでしたが寒い日が続いています

今日は朝から晴れて気持ちの良い空が拡がっています。

先日 ある方からご相談があって、スピリチュアル仲間さんの反応に対して戸惑っているとのことでしたので その話をしてみます。

スピリチュアルに傾倒されていらっしゃる方の中に不浄を忌み嫌う方がいらっしゃいます。

これはエネルギーにとても敏感な方で外側の波動に大きく影響を受けて居心地が悪くなってしまったり、気分が悪くなったりされるんですが これは波動を遮断したり自分の波動を上げる訓練で克服できます。

波動に敏感な方は 外部の波動を拾いやすいのですが、これは元々外部の波動を防御する防御壁が薄い という体質が原因です。

生まれつきの性質なので 変えようがなく、わかるものをわからないことにはできません。

でも、外部の刺激を恐れるか恐れないかで その影響は大きく違います。

刺激は単なる刺激です。

それを恐れたり嫌ったりすることであなたの刺激への反応は大きくなってしまいます。

EFT療法などでは、その反応の原因を修正します。

多くは過去の体験の記憶が起因しており、それがカルマとして内側にある時に

原因の記憶は奥底にしまわれたまま、反応だけ表面化して悩まされることになります。

瞑想で解決していく場合は、カルマのエネルギーそのものを解放して薄めていくため、具体的なイメージを扱わずに 反応が消えていくことになります。

そう、外部に苦手なものが沢山ある方は内側にカルマを貯め込んでいる場合が多いのです。

なぜなら、内側にカルマがなければ 反応することもないからです。

浄化は 外側を綺麗にすることじゃないんです。

もちろん外側も綺麗にしていいです

でも、一番大事なことは 内側をきれいにすること。

あなたの内側のカルマが消えて 愛だけが残ったら

あなたの外側は自然に浄化されていくのです。

自然の自浄作用を無視するエゴが薄くなるのです。

どんなに外側が汚れていても

あなたが綺麗な波動でいれば 浄化の流れが自然に起きます。

エゴはえごでないフリをして存在しますので 正義にはとらわれないでください。

正義は愛があって初めて役に立ちはじめます。

まずは 愛であることが大切です。

あなたが愛であるということは

あなたも愛されるということに他なりません。

他者はあなたの鏡だからです。

あなたが創る世界です。

来るもの拒まず、去るもの追わず です。

同じ波動があなたを選びます。

愛が上手にできないと思う場合は

ただ笑顔を外に向けてください。

施顔依 笑顔を施す布施です。

自分と世界へ笑顔を手向けてください。

それも出来ない時、ただあるがままの自分を受け止めて

「そんな私も愛します」と呟いてみてください。

マザーテレサの言葉

今日は ドキュメンタリー映画の中で見たマザーテレサの言葉に揺さぶられましたので

それをシェアしたいと思います。

マザーテレサがノーベル平和賞を受けた時の言葉だと思います

 

マザーテレサスピーチ

祈りましょう

主よ私は平和を伝える道具になりたい
 
憎しみには愛で応えます
 
罪には赦しの心で接します
 
争いには和をもたらし
 
過ちには真理を与えます
 
疑念には信頼で応え
 
絶望には希望を与えます
 
闇には光をもたらし
 
悲しみには喜びで応えます
 
癒される事より癒すことを
 
求められるようになりますように
 
そして理解される事より理解することを
 
愛されるより愛することを
 
なぜなら人は忘れるからこそ気付くのです
 
赦すからこそ赦されるのです
 
死ぬからこそ永遠の命に目覚めるのです
 
 
 
一つずつ噛みしめています。
ワンネスの意識です。
この境地には真の幸福があります
内側に愛しかありません。
この世界は あなたです
あなたが あなた自身を愛するかどうか なのです
ページ上部へ