ホーム>スタッフブログ>心の在り方>その昔
心の在り方

その昔

合宿明けの週末、瞑想会や仏画教室が続いています。
意外と忙しい日々
日頃の活動の話もしたいのですが、
今日は書き溜めていた話題を出したいと思います。

 clover clover clover

その昔、

私が30代の初め頃、まだ長女が赤ちゃんだった頃、

当時の私はワンオペ子育てに音を上げていました。

そして、ある場所で悩み相談をしてこう言われました

「あなたは感謝がない」

その時、なぜかすごく腹が立って

「あんたに何が分かる」と思った という 記憶があります

今は その人が言いたかったことがすごくよくわかるのですが、

当時30歳ちょうどくらいの私は

その一言を受け止めて 言ってもらえてありがたい と思うほど大人じゃなかったです。coldsweats01

そして その時の私は その場所へ二度と行かなかった。

 

その私が、今はそういう言葉を口に出す機会がありました。

かつてそう言われたことがあったので その言葉をあまり使いたくないのですが

でも そう口から出てしまうこともあるのだな と 思いました。

ホントはね、そう言い切ってしまうより、気持ちに寄り添ってあげることも必要だと思うのですが

愚痴のオンパレードになると たぶん そう言ってしまうのでしょう。

まるで不満しか持っていないかのように 見えてしまう。

これ、本人にとってとても損なことなんです。

幸せを遠ざけている行為です。

 

30歳の私も 気持に余裕がなく、自分が可哀相だと思っていたと思います

内側には不満しかなくて。

寝不足と完壁にできないことだらけの苛立ちで くたびれていました。

自分ばかり 仕事(家事と子育て)をさせられてる気がしていました。

不満しかない私に嬉しい事が起きるわけがありません。

喜びを見つけて感謝すればするほど嬉しい事が起きるよ

と 言ってくれた人はいませんでした。

「感謝が足りない」「自分が悪い」という否定は

有効じゃないですよね

否定では 癒しは起きないんです。

今あらためて 「受け止める あるがままを受け止める」

そう意識するのでした。

喜び事は あなたが喜べば喜ぶほど起きるんです。

あなたが見逃してるいいことを見つけ出してみませんか?

いろいろありますよ。

やってみると意外とあります。難しくもないです。

 

人間は足りているものには無関心で

足らないものに目が行く生き物ですね。

それが普通のマインド だからこそ

あえて 良い事を意識するのでした。

だって、嬉しい事好きですもの。

あなたの集めたいものへ意識を向けてください。

苦手なものはいくらでも存在していますが、そこにフォーカスするのは時間とエネルギーの浪費だと思います。

ただ手放せばいいだけです。

有効に幸せに向かいましょうね!

可愛いコブタ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelierseigetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1091

ページ上部へ