ホーム>スタッフブログ>ダルマ>カルマは手放すだけ
ダルマ

カルマは手放すだけ

カルマというものは、摩擦のエネルギーです。
エネルギーなのでやり取り(受け渡し)ができます。
抱え込んだ負のエネルギーを持て余して 誰かに受け取ってもらうとスッとしますね
 
ある方は 自分で摩擦を創り出し、それを人に配る ということを無意識にし続けます。
何かを嫌って、不愉快になり、その愚痴を友人知人に聞かせるパターンなど。
 
自分の感情のエネルギーを誰かが受け取ってくれると、肩の荷がおりますので、
それをやりたくなるのです。
 
でも、摩擦を作っているのが自分だということに気付いていません。
 
もらう側のことに目を向けてみましょう。
 
他者の解放は、単なるエネルギーの排出なので 解放に立ち会ってあげるだけで済むことも多いです。
その人はそれを口にすれば気が済むのです。
解決したければ動くことでしょう。
この場合、聞くあなたは 何もしなくていいです。
 
「出したね?スッキリした?なら良かった!」
吐き出した内容をすっかり理解しなくてもいいし、解決してあげなければならないことはないのです。 

もし、相手が解決してくれることをこちらに期待しているとしたら、
もしあなたが簡単に快く引き受けられるならいいんですが
そうでないとしたら、しなくていいです。
 
現代人はなにかと責任の所在を誰かに引き受けさせたがりますが、
自分の問題は他者に責任があるのではないんです。
それぞれの宿命や運命は本人に与えられた学びですので。
その体験によって意識が愛に進化すれば、幸福は手に入ります。
でも、自我が受け止めるのを嫌がると なかなか進化できません。
問題解決を手伝いすぎると 相手の進化を遅らせます。
その人は常に誰かに色々解決してもらいたがるようになります。
 
 
小さな子供やお年寄りでなければ、
その人の代わりにその人がしなければならないことを肩代わりしてはいけません。
自分でさせます。
自分でできる力があると信じて自分でさせることはとても大切な学びです。
そうでなければその人はいつまでも自立できません。
これはとても不自由なのです。
他者に依存しなければ心地よく暮らせない。
不自由です。
 
やってあげる方が簡単なこともありますが、本人にエネルギーがあるなら信頼しましょう。
成長することを信頼するのです。
 
愚痴は、単なるカルマの解放なのでただ出すだけのゴミのようなものです。
ゴミを拾い上げる必要はありません。
ゴミ受けを受け止めてその人が明るさを取り戻すなら受ける甲斐もありますが、そうでなければ、スルー。
突き返したり(否定)せずに ただ流していけば終わっていきます。
 
自分が摩擦を起こしている時は、感情を解放して手放します。
 
本人が何をしているか 自覚することはとても大切です。
それぞれが体験して法則性を理解し進化します
これが人生の学びです。
 
意識が浄化されていくと
流れがスムーズになり、豊かさが舞い込みます。
愛の波動の温かさと大きさを実感してくださいね。
2020101320445.jpg
真我の意識からスタートする新しい人生の始まりです。

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelierseigetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1064

ページ上部へ