ホーム>スタッフブログ>日々徒然>
日々徒然

朝夕が肌寒く感じるようになってきましたね。

10月も半ばです。

秋桜は花盛りでしょうか。

秋桜

10月16日は亡き母の誕生日なのですが、秋桜が好きだった母を連れて秋桜畑へ何度か行きました。

10月16日は毎年秋晴れでした。「私の誕生日はいつも晴れなの」とよく母が言っていました

最期の方は 車椅子だったかな。

身体が不自由になってからは 旅行好きだった母も出かけるのを億劫がるようになっていました。

それで小さな秋桜の鉢植えを買ってきたりして 母の部屋に置いたりしたりしました。

春は桜 秋は秋桜です。どちらも桜ですね 

 

母は病気をする前は すごい働き者で、

もう過剰に働く人だったのですが、

休むということやゆったりした時間を楽しむことがとても苦手でした。

これは働いていないと不安になる というカルマからの衝動です。

前半生、戦後の日本の中で 周囲のご家庭も貧しかった中で

更に貧しい家庭の長女として生きていたからでした。

家族のために働き続けなければならない 

お金が無いことはとても辛い  という思いがこびりついてとれなかったのです。

 

戦争 という体験は 多くの庶民に苦しいトラウマを与えました。

そのカルマを背に 努力をして豊かさを手にしていきましたが、

カルマはその後も残り続けたんですね。

多くの日本人たちは得ても得ても 安心しきれなかったのです。

また どんな不幸がやってくるか わからない  と。

 

この世界に不信感を持って 怖れを軸に生きると

満たされる ということがありません。

不安は無尽蔵に湧き上がってくるからです。

 

私たちが生きているのは 過去でも未来でもありません

ただ、今 この瞬間にしか存在しません。

私たちが取り組めるのは 今 この瞬間だけなのです。

今 という真実を冷静に受け止めることから始まります。

どんな辛いことも 今の私が それをどう受け止めるか で

あなたの見ている世界は 不安なものにも 大丈夫なものにも 変わることができるのです。

 

出来事は 波のようなものです

上がったり下がったりします

一喜一憂が激しすぎると疲れてしまいますね。

まぁ 成り行きを眺めましょう

真の解決策は冷静な観察力から生まれます。

感情に呑まれないように

手に負えないことは サレンダー(降参)していいですよ。

この世界(ユニバース)が起こしていることは

ちっぽけな一人の人間にはコントロールできません

でも、流れは 不必要なものを淘汰していきます。

個々の都合はお構いなしにですが。

流れを読んでください。

 

私達人類は 新しい意識の世界へと進化していきます。

そうでなければ摩擦の苦しみと付き合うことになります

世界をこちらに合わさせるのではなく

私たちが柔軟に世界に沿って 共存していくのです

世界のバランスが 私たちの環境を守ります

バランスがとても大事です

エネルギーバランスです

この世界を構成するもの

すべてが あなた自身です

世界は あなた そのものです。

あなたの内側に豊かさを満たしてください。

お金や物質は必要ありません。

幸せに感じるものへ意識を向けるのです。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelierseigetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1061

ページ上部へ