ホーム>スタッフブログ>ダルマ>カルマの解放について
ダルマ

カルマの解放について

瞑想効果に カルマの浄化 カルマの解放 というものがあります。

カルマのエネルギー、あるいはカルマの種は身体の中にあります。

その量には個人差があります。

うんと少ない人から ものすごく多い人まで。

これは人生でどのくらいの量のカルマを経験するか というのは生まれてくる時にすでに決まっていると言われています。

性格・気質、体質、血縁・育環境、などは宿命的なものですが

その後、どんな運命が待ち受けているか また どんな偶然が重なるか ということも宿命である という説もあります。

ただ、私たちは選択する自由がありますので、今、何を選択するかによっては運命は違いが生じます。

それと、どんな波動を保つか も。

また、 この世界の仕組みをより理解することで 自分の身の上に起きることがわかるようになる と思います。

現代人は 目に見えるものと計測できる数値にしか信頼を置かないので、

まだ解明されていない分野に関しては まるで無い事のように扱いがちですが

科学で証明されていない ということで あるものが無いことにされることに

私は矛盾を感じます。

実際は科学的にもこれまで理解されていなかったことがどんどん証明されつつあるので、証明された科学しか信じない ということがどれだけ遅れた考えなのか ということもそのうちわかると思いますけど。

 

カルマの解放が起きている時、どのくらいでカルマの解放が終了するか というのはかなりの個人があるわけですが

これは元々 持っているカルマの量(宿命的なもの)が違いますし、

同じカルマの量でも取り組み方によって解放の進み具合も変わります。

さらに言えば 生きてるうちにカルマを増やすか減らすか という問題もあったりしますが。

自分のカルマについては そんなものがあったのか と理解してからが浄化のスタートラインですが

大概の方は 自分に起こっている何がカルマなのかも 分かるまでに時間がかかります。

現代の科学ではカルマは全く問題にされてこなかったので、そんなものはどこぞの宗教での話 なんて片づけられていた時代もあったんですね。(昭和はそうかな)

でも、その辺は古代の人の方がずっと真理をわかっていたのかもしれません。

インドのヴェーダやお釈迦様の般若心経はそのことが書いてあるのですから。

でも、これは本来どの人にも理解できることなんじゃないか とも思います。

時々驚くことは 瞑想の勉強などしたことがない方で 苦労の多い人生経験の中で自然に解放を手放し、悟りに至っている方もいらっしゃることです。

出来事を理解するしないに関わらず、必要な事が進めば カルマは解放され、心は軽くなり、自然と悟り至ります。

(瞑想はその方法の一つで ELM瞑想の効果は驚くべき結果を生みます。)

ただ、現代人は科学的知識が大きくなってしまったために、体験や体感を信頼しなくなったり、エゴが発達して愛を見失う生き方になってしまったために

悟りが遠ざかってしまいました。

だからこそ瞑想が必要なのです


大事なものを見失いますと迷う人は増えます。

これからの時代は 一番大切なものを思い出す時代です。

一番大切なものを思い出して、幸せに生きる時代

それこそが真の進化ではないでしょうか。

 

新しい時代に向けて どうぞよろしくお付き合いくださいね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelierseigetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1000

ページ上部へ