ホーム>スタッフブログ>ダルマ>ダルマとカルマ
ダルマ

ダルマとカルマ

先日のボブのオンライン講座で印象に残ったお話

カルマとダルマ というと 多くの方は 

カルマ=良くないもの、 ダルマ=良いもの ととらえがちですが、

実際は同じものなのです  と ボブは言います。

ダルマは自然な流れ、

それに対してカルマは流れの中の岩や倒木のように流れを遮るのですが、

流れはそれらに対して流れの方向へと圧をかけ、流れていきます

流れに逆らうエネルギーや存在をカルマと呼びますが、これも世界(ユニバース=3次元界)に在るものなので ダルマの一部ともいえるのです。

私達人間という生き物はダルマに逆らうエゴを持った生き物なので 流れに逆らってみたいのかもしれません。

それが小さなうちは可愛らしい抵抗に過ぎませんが、それをより大きな力(大人数だったり、強いエゴで) 無理に流れを堰き止めてしまうと、

流れそのものは人間の力で完全に止められるほど小さなものではないので、

最終的には 大きな流れの圧と共に全部押し流されてしまう という結果になります。

今 という時代は これまで人間が世界を支配できると思い込んで 一生懸命固めていた地表を 地球が息苦しくなって伸びをし始めたような時で

自然は本来の自然体へと方向修正を図っています。

このままじゃダメだよ~ と いろんな人々や団体が警鐘を鳴らしたところで

聞く耳をもたなかった社会全体に 地球が 「我慢はこの辺で勘弁」と言っているような感じなんでしょうね。

なので、世界全体から言うと、この状況やこの流れというのは とても順当な流れなのです。

人間に対して、世界側が動いているのは 人間の都合を無視した自然災害とか 天候の変化 とか 人間の意識を揺さぶるコロナ禍 です。

そういう意味では 自然の自然に戻ろうとする流れ というのは見事なものだな と感心さえします。

出来事は、流れの事を考えて来なかった人間たちに、 自然の流れは無視できないよ と知らせているメッセージにすぎません。

この流れそのものが ダルマです。

起きる出来事は 全て順当なのです。それが人間にとっては予想外で困っているだけのこと。

この状態を古代からの賢者たちは 無知の状態(アベディア)と呼ぶそうです。

恐怖や混乱は無知からやって来る。

 

更に言及しますと、この私たちの混乱や恐怖が何を呼び込むか ということも問題で、

みなさんは引き寄せの法則をご存じでしょうか

あなたの思い描くイメージは 現実化してしまう という力をもっていることを忘れないでください。

私たちはどんな状況の中でも 冷静でいることによって 正しい判断ができます。

そのために動揺せずにいられるにはどうすればいいのか?

それは瞑想をする ということに尽きるようです。

瞑想をして 内側に起きる不穏な感情たちを掃除します。

 

ですから 瞑想自体は静かなものでなくていいのです。

日常に感じる負の感情も恐れないでください。

それらは 出て行ってこそ無くなるものなのです。

瞑想で感情よりも深い所にある真我と触れてください。

外側の喧騒に引きずられず、内側の深い真我とつながっていていただきたいのです。

カルマが取れてくると 真我が表面にも出て参りますが、

真我の意識が大きければ大きいほど、意識のグランディングは揺らぎないものとなっていきます。

 

内側にあるカルマは 最後の深い部分のカルマが一番大きなテーマとなりますので、今、苦しんでおられる方は 最後の産みの苦しみだと思ってください。

それは永遠の苦しみではありません。

カルマは出てしまうと 無かったも同然となります。

そう、嘘のように楽になるのです。

たとえ、状況があまり変わらなかったとしても、とらえる意識がまるで静かなのです。

これは なってみないと実感は出来ないでしょうが、

本当の話でした。

そのためには今あるカルマは手放します。

解決するのではありません、ただ、意識で手放す

なるようになれ と手放すだけです。

 

恐怖は これを手放したら終わりだと思っていて、ギリギリのところでしがみついてしまいますが、

流れを信頼して委ねますと、思いもよらない方法で解決していきます。

この流れを信頼できるようになると 本当にラクチンですし、心配事もしなくなり、悪い事と思っていたことこそが良くなる前兆だ ということにも気付き始めます。

これ、実際に体験してみると かなり愉快な体験となります。

最初の一歩目は 断崖から飛び降りるかのような緊張と抵抗感がありますが、実際に飛び出してみると(手放してみると)、あら不思議

恐怖の対象は幻影だった というカラクリを目の当たりにしてしまいます。

深遠な断崖絶壁のように見えていた恐怖は 膝くらいの浅瀬 ・・・あれ?みたいな(笑)

こういう悟り方をしますと、あまりに愉快で人に話したくなっちゃいますよね。

たぶん、そういう人たちが気付きや悟りや真我のお話をされているのでしょう。

自分自身の真我に触れる瞑想が あなたの進化を加速します。

混乱した時は必ず、自分自身の深い意識を見るようにしてください。

 

恐れるに足りない という理論を詳しく知りたい方は アトリエ霽月で瞑想を習うもよし、ボブのレクチャーを聞くも良し。リトリートに参加する のはもっと良し です。

まずは瞑想を始めて見てください。毎日の瞑想習慣があなたをクリアにしていきます。

瞑想者さんたちは 瞑想会にご参加くださいね。

3次元の垢を落としましょう。

ボブのオンライン講座などの情報はボブのブログで見られます。

https://www.bob-fickes.site/archive/category/Japanese

 

リトリートは 早く再開したいのですが、コロナ自粛の状況次第かと思いますので、ストレスなく開催できる時が来ましたら、再開しようと私たちも待っているところです。

壱岐リトリートやりたいなぁ。。。もうしばらくお待ちくださいね。いつか実現すると思います。。。

壱岐 筒城浜

まだまだ 人と会うことに抵抗がある という方は、無理をなさることはありません。安心して暮らすことも大事です。

今は外出よりも自分自身の内側に向き合うことが一番大切でもあります。

オンラインセッションをご利用ください。

あなたの内側と向き合うお手伝いをいたします。

ラインか zoomを利用してセッションできます。

金額は、当面 対面のお値段と同じで 対応いたします

銀行振り込み、もしく

瞑想セッション 90分 5000円

カウンセリングのみ 60分 5000円

EFT療法 初回 1時間 6000円

     2回目以降 1時間 5000円

それから、ボブのレクチャーをアトリエ霽月の大きなモニター画面で見たいという方は場所解放しますので、ご相談ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelierseigetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/977

ページ上部へ