ホーム>スタッフブログ>ダルマ>ボブのレクチャーで感じたこと
ダルマ

ボブのレクチャーで感じたこと

今日と明日はボブのオンライン講座なんです。
オンラインで参加するのは初めてかも。

私のところは瞑想会のために設置したモニターが大きいので かなり本物のレクチャーに近い気分です。
 

密を気にしなくていいなら皆さんにも来てもらうのになぁ と思いつつ。

一人で贅沢なオンライン講座。

リトリートの時と同じように13時半からレクチャーが始まって、瞑想は途中と最後に合計2回

終ったのは17時半でした。(時間アバウト~)(笑)

でも、13時20分にログインするとすでに数人集まっていて ボブとのおしゃべりが始まっていたので、明日は13時にログインしようと思っています。(笑)

今回の講座のお題は『カルマとダルマ』で、すごくタイムリーな話

まぁ、いつもタイムリーな話しかしないんですが。(笑)

カルマとダルマの観点から 今をどうとらえたらいいか

とても参考になる話が次々と出ました。

聞いていて、思うことは 自分が感じている事とほとんど一致するのですが、それを言葉にしてもらうのがとても明快で爽快 なんです。

さすがマスター!

オンライン講座の参加者は オンラインで15名、それとボブのレクチャールームに映っていない参加者さんが数名ほどいらっしゃるようでした。

やはり、改めて いいですよ。ボブのレクチャーは。

チャネリングをされているようで、マスターの意識が下りてきているということもあり、空気が違いますね。これはオンラインでも伝わる ということが分かりました。(画面は大きい方がいいです)

え?内容はどんなだったか?

気になりますか?

ちょっと予言めいたことも言っておられました。

試練はまだ続きますね。これまでの社会には戻らないそうです。

(私はそちらの方が嬉しい)

次にどんな風になっていくか は、わからなくて怖がっている方が多いのだと思いますが、

ボブさんはしきりに怖れを手放すことを言っておられました。

ハッキリ言って、怖れを手放した者勝ち といったところです。

それから執着やこれまでの信念も。

掴んで離さなかったものをいかに手放すか という試練なのです。

手放した人たちはすでにゴールに到達したようなものです。

まだな人は信じられないほど平和な気分です。

何も困っていない。

それは何も起きていない ということではなくて、

同じことが起きても 平和な気分が揺らがないんです。

そちら側から見ると、怖いという感覚が全くないので

ただの平和な日々です。

今の日本は 外出しても罰金も罰則もないし、

ただ好んで家にいて 好きな事をしてればいい。

先々の生活費とか? それはその時にまたなんとかなっていきます。

だって、自分が生活に困るということは同じような生活水準の大多数の人間が生活に困る ということで、それを見捨てたら日本は社会が成り立ちません。

つまり、これまで、生活にキュウキュウしていた人々を救済するおおきなきっかけが今来ているんですよ。

その人たちが生活できないような日本でいたらダメだということです。

これまでの生活水準が維持できるか?というと、

これまでのような消費生活は維持自体が無理なんです。

ですから 諦めてください。

もっと 持たない生活をすることが世界にとって必要です。

人間は自然を食い潰して贅沢をしすぎている と私は思います。

お金や資源を使わずに 自然と共にいる豊かな生活へ移行する時代ですから、

これまでの消費社会にどっぷり漬かっていた方は 生き方の転換を迫られます。

そんな諸々を楽しめばいいじゃないですか。

具体的な事なんて今考えてもわからないです。

だって、状況は刻々と変化していて 何をどうすればいいか安定的に考える材料が揃いません。

ですから、一つの考えに固執せず、全てを流動的にとらえてください。

私たちはなんとかなります。

その確信が大事なのです。

根拠はあってないようなものだけど、スピリチュアル的にはもう明確にあります。

あなたが確信する未来が来ます。

私たちは人間だけが豊かになるのではなく、世界全体が、他の生命や他の存在と共に全体で調和するように出来ています。

なので、できるだけ自然体であろうとしてください。

都会的に ではなく、むしろ原始的に自然に近いものへ戻して 自然と共存します。

生命を脅かすものに対して文明や科学を活用すればいいのです。

私達現代人にはその知恵があります。

本当の智恵を使います。

目先の損得を考えるような、現状維持しか考えられない狭い視野ではなく、

本当の真実 この世界・ユニバースの全てを感じて調和すること を意識してください。

それは あなた自身の身体と魂を感じる ということなのです。

 

だから、今、その感じる機会 Stay home いえ、Stay inside が求められています。

あなたの内なる声は 何と言っているのか

静かに耳を傾けてください。

 

頭でなく 身体とハートで感じます。

「何?」と耳を澄まします

何を感じていますか? 

たぶん、言葉では答えてこないです(笑)

 

ボブのお話は1日で話しきれないので、続きは明日。

be contimude

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelierseigetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/976

ページ上部へ