ホーム>スタッフブログ>日々徒然>存在としての意識
日々徒然

存在としての意識

3日前にブログを書いたまま、投稿されずに下書きに残っておりました。(^_^;)

あげたつもり・・・coldsweats01

なんということでしょう。 前回から5日も経ってました。

とりあえず、3日前のその日付のまま あげることにします coldsweats01

snail  snail   snail    snail

日常が当たり前に過ぎていく中で ふと ポカンと 「何なんだろう?」という不思議な感覚に陥ることがあります。

この当たり前と思っていた現実が 妙に 実感が無くなり、

まるでスナップ写真を眺めているだけな感じになる。

この感覚は、瞑想をするようになってから増えました。

いえ、質が変わりました。

以前のそれは何か戸惑いや焦燥感を伴うような不穏な感覚がありましたが、今は普通のことなのです。

ああ、そうだった、ここにいる私の眼と意識 それだけしか無いのだ という感じ

私たちはいつも いろんなストーリーに絡まって そのストーリーを紡ぐため、つじつまを合わせるために一生懸命いろんなことを考えていますが、

実はそんなこと どうでもよかったりします。

ただ、その時のemotion 感情があって 何かエネルギー(愛)が欲しかったり、価値という安心が欲しかったり 正義を証明しないと存在が許されないような気がしたりしていましたが、

それを起こしているのは ただの自分の内側の感情 なのです。

瞑想を続けて、不安定さを感じさせる感情が減って来ると、

出来事は ただの出来事でしかなくなります。

 

出来事だけで見ると、人間はしばしば奇妙なルールに縛られている ということに気付きます。

ああ、そんなルールは要らないな 

そう思うと、肩の荷が下ります。

 

あなたの好きに生きてください。

正解などありません。

あなた自身が納得できる選択をすればいいのです。

それがハートの答えです。

順調も良し、波乱も良し、失敗も良し です。

経験は多くのことをあなたに教えるでしょう。

ユニバースの大河の中では全ての流れは真我の海へと向かいます。

摩擦を感じたら ちょっと立ち止まって眺めてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelierseigetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/975

ページ上部へ