ホーム>スタッフブログ>ダルマ>経典
ダルマ

経典

このところ 瞑想マスターの系譜に関する資料を読んでおりまして

今まで聞いたことはあったけど、よくわかっていなかったお話に没頭しています。

ヴェーダ とか バガヴァッド・ギータ というインド古代の経典です。

経典の翻訳は 日本語で和訳されているものもあるのですが、言語がわかって読んでも難解なのだそうですが、最初に書かれた経典を後のマスター達が解説を交えて読み解いて、より理解しやすいものへと編纂しなおす ということが為されています。

それらの古代からのサンスクリット語の文章が英語になり、更に日本語になり

私たちの眼に届くのですが、これらの資料の共有や編集が現代のオンラインの技術により目覚ましく進化している ということにも驚きと感動を感じています。

私は文字を読むのはそれほど得意ではない方なので ちょっと時間がかかってりますが、経典の内容が立体的なイメージとして把握されてくると わかりやすく皆さんにお伝え出来るかもしれません。

 

これらの古代の経典に書かれていることは、すなわち 「悟り』 についてです。

悟りの為し方 

瞑想 と 手放すこと に尽きます。

元々私たちが身体と心を持って生まれてきた時に、この体に備わっている性質にエゴや執着や本能の衝動というものがありますので、

何も意識することなく心の赴くままに生きていきますと、最初はエゴが発揮されて周りとの衝突(エゴ同士の衝突が起きます)

これはとても自然な流れです。

でもその衝突と摩擦で 苦しみや怒りや悲しみが生じてしまうんですね。

これがカルマ

エゴをもっと強くして 奪うということで それらのネガティブな感情を減らそうとしても 解決はしません。

奪えば奪うほどに 外側に犠牲と更なるカルマが増大して

やはりカルマに包まれてしまうからです。

それではどうしたらいいか?

それは

奪う ということを放棄して、

自分の欲望そのものを 放棄してしまうこと と 経典には書いています。

そうしますと、摩擦が起きない

 でも、これは一足飛びにこの境地には 及びませんよね。

手放す意味を納得せずに手放すことは至難の業です。

 実際は 手放しきってみるとその意味がよく分かるのですが、

手放したことがないマインドは 手放すことは 自分の身を危険に晒すことと感じています。

特に自分自身の一代だけのカルマ だけでなく、先祖から何代にもわたって受け継いできているカルマが強力な負のイメージを持っているので

そちらの方が正しい見方だと思い込んでしまっているからです。

常識とかルールとかになっている場合もありますし、世界観そのものをネガティブに作ってしまっている 幻想の世界観を生きてきた人々にとっては、真実が信じられない という感覚になります。

これを読んでおられる皆さんは もうすでにその幻想から脱却した方も多いので

ああ、それは そういう人もいるね

という感想をお持ちになるかもしれません。

でも、まだもう少し その世界観はあなたの中にも残っていますので

これらから自由になるために 毎日の瞑想をなさってください。

瞑想すればするほど、あなたのカルマは薄れていくからです。

 

瞑想時には あなたの意識はカルマに絡まれない世界にいます。
それは違う世界というのではなく、

カルマがある世界の外側にいる つまり 

神の領域に 意識が拡がっている ということなんですね。

その領域は霊界の外側でもありますので あなたはそこではカルマの無い世界を体験します。

自覚があるかどうかは問題ではありません。

瞑想中のカルマの掃除が騒がしい状態でも、30分の瞑想時間中に 

あなたの意識はカルマの無い領域『空』を体験しています。

 

その『空』に馴染むようになると、

あなたの意識は 不安や怖れや欲、罪悪感 などの強いネガティブ感情が絡みにくくなります。

いつしか あなたは それらの感情があなたの意識の邪魔をしなくなる体験をするようになります。

 

もし、あなたが、いずれかの感情で 強い苦しみを抱えていらっしゃるなら

アトリエ霽月までご相談ください。

カルマの殻を脱ぎ捨てるのは あなたの意図次第です。

 

悟りは 古代のマスター達だけのものではありません。

現代ではその教えを理解する人々が増え続けています。

きっかけは 人生の行き詰まりです。

 

一人一人の人間が 苦を手放し

幸福感を感じながら生きる生き方を選ぶことができます。

あなたがそれを望むならば 難しい事ではありません。

 

難しい経典を読み解かなくても、

あなたの感覚が悟りを掴みます。

マントラは ただ、執着や怖れを排出させてあなたを進化させます。

あなたはどのような状態でも、ただ、起きている事を観察してください

ビシュヌ ナラヤナ

瞑想、特にELM瞑想はとても簡単です。

マントラと共に リラックスして  空(くう) に浮かびます

あなたの中から カルマが抜けていきます。

 

ELM瞑想ご教授いたします。アトリエ霽月にご相談ください。

それと、

停滞を感じておられる瞑想者がおられましたら 

突破のチャンスですので 一度ご連絡下さいませ。


他の教師から伝授を受けた方や 他の瞑想法を実践されている方でも

ご相談に応じます。

宗教や宗派などに関わりなく 瞑想をすることができます。

ELM瞑想はどこの宗教団体にも所属しておりません。

すべての宗教は 真我-大いなる存在 に通じています。

それを古代インドでは ナラヤナ と呼んだのでしょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelierseigetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/911

ページ上部へ