ホーム>スタッフブログ>2020年3月

2020年3月

おうちライフ

お出かけ自粛で アトリエに居ることが多いですが
瞑想会や仏画教室は開いております
それと 学校がお休みになった中学3年生の姪っ子がアトリエに遊びに来てくれたり(笑)

出かけない割には賑やかにも過ごしています

実は4月のイベントの下絵を作ったり、

ELM瞑想のマスターの系譜の資料を集めたり、読み込んだり

確定申告のオンライン申請が 予想以上に難しかったりして 格闘の日々。。⁉ coldsweats02

しかも申告の期限が伸びていたことも知らなかった という・・・(笑)

 

いろんなことが起きたり起きなかったりしつつ

いつも笑顔で過ごせる今を幸せに思います。

今あるものが在っても無くても 本当は何も変わらない。

いまここで 生きている ということ。

この肉体はいずれ滅びても、私の意識は ずっとこの世界と共にあって 見ているのでしょうね。

 

かつて怖かったことは、わからない ということ。

どうなるかわからない ということがとても怖かった 記憶があります。

よく考えてみると、そのわからない というベースに よろしくないことになる という意識のベースがあったんですよね。

これは 母のものだったようです。

その 心の無意識層に詰まっていたカルマはもうありません。

この不安を手放してからというもの、本当に悪い結果は訪れなくなりました。

私がどうであっても OK

事態がどう流れても OK

私は私たちの善意と智恵と可能性を信じていられるのです。

不安や恐れ、憎しみや罪悪感は 心にこびりついた垢のようなものです

瞑想はそんなカルマの垢をお掃除してきれいにするツールです。

日々の瞑想で心が軽くなると、世界とのつながりを感じるようになります。

私はいまここで生きている と世界と一緒に幸せを感じているのです。

 

 

 

 

 

静かに進むアセンション

意識の進化 アセンションは 革命とは違います。

植物のつぼみが温かさや光の刺激によって目覚めて花開くように

それぞれの体内 心の芯部からの衝動のように起きます。

そのために必要な事は、被っている雪が溶けること

つまり 心や体に積もっていたカルマの雲が外に出て内側からなくなってしまう という前段階があります。

今、まだ心の中に苦しさを抱えている人は その原因と戦わないでください。

それはただ感じて そして出て行きます。

あなたが苦しいのは誰かのせい などではないのです

あなたが 体験に抵抗する時 苦悩が生まれます。

その苦悩や原因と戦おうと思っている間は その苦悩とずっと付き合わねばなりません。

排除が唯一の解決法ではないのです。

 

あなたの意識がその出来事を越えた時、

あなたの意識は出来事を包む愛になることができます。

その意識はもうその出来事を苦しむことはなくなります。

あるがままを愛することができると、あなたの中には愛しか存在しなくなります。

 

「いやいや、あれを愛するなんて無理」 と思いましたか?

愛とは「好き好き大好き」のことじゃありません。

その存在をあるがままで良しとすることです。

「そうなんだね、それが君なんだね」と受け止める

それが真の愛なのです。

とても簡単。

 

もちろん、危害を加えてくるものからは防御します。

でもそこには敵意はありません。

ただ、私たちは自分の身体を護ることも基本の愛 ですから、

危害を加えてくるものとは衝突することもあるでしょう。

迷わず、ご自分の身体を護ってください。

攻撃してくるものを嫌悪する必要はありません。

それはそれであるがままを生きています。

ただ、あなたは自分の身体を護り、愛する家族を護ります。

そこに恐れや不安や嫌悪、敵意、そして罪悪感は必要ありません。

 

あなたはただ愛としてあるがままを生きるだけでよいのです。

もしあなたが誰かを害すれば 防御のための反撃を受けるでしょう。

それは自然な事です。

あなたはまず自分自身を愛し、そして周囲に愛の眼を向けます。

あなたがそうしたければ、自己犠牲を払っても構いません。

でもそれはあなたがそうしたいからするのです。

誰もあるがままに生きられます。

意識の進化の時

今は人間の意識が進化する時です。
これまでのエゴ優先の意識だと混乱と奪い合いが起きますが、意識を進化させて分かち合う、助け阿会う という意識になれば 世界は救われていきます。
これがアセンションです。
古い意識の終わりと 新しい意識への進化
新しい意識とは悟りやワンネスのことでもあります。
その意識に進化すれば私たちは救われますし、エゴにしがみつくと自滅してしまいます。
地震・豪雨・火災などの災害、国同士の摩擦、消費税、コロナに次ぐ食糧危機 試練が続き、私たちが独り占めしたり奪い合ったり喧嘩をしないで互いに助け合う意識になることを促されています。
もし意識が助け合いへ移行しますと、私たちは不安や怖れに支配されることはありません。

 

アフリカでバッタが大量発生

コロナの影響

コロナウイルスの影響で いろんなイベントが中止になっていますね。

瞑想会や教室をどうするか? お問合せなどもあります。

アトリエ霽月でのイベントや瞑想会や教室は  予定通り開催予定です。

私もいたって健康体ですので、伝授も受け付けております。


ただ、講師の体調が悪くなった場合には急遽中止のお知らせをすることもあるかもしれません。
来られる皆様も、体調が悪いと感じられる場合はご無理なさらず 当日でもキャンセルなさってください。

こういうご時世ですのでキャンセル料も頂きません。(と言っても前から無いですが)wink

コロナウイルスは健康な人は殺せないようです。インフルエンザと同種のものなようですね。
ただ インフルエンザもそうですが、ウイルスを持ち運ぶと身体の弱い方のところに運んでしまう恐れがあるため、移動後のうがい手洗いなどを徹底して ウイルスを運ばないように心がけましょう。

暖かくなれば皆さんの体力も上がって 治まっていくのではないか と私は見ています。
でも、今はお国の方針もありますので 決してご無理はなさらないでくださいませ。

ご健康な方はどうぞお越しください。

除菌アルコール常備しております。

ウイルス

世間はコロナウイルスのことで大騒ぎですね。
最初はどんな恐ろしい伝染病なのか? と皆さん不安がよぎったことと思います。

かかったら死んでしまう みたいな・・・。

でも、それほどではないようです。
インフルエンザよりも症状は軽いくらい?

致死率もインフルエンザよりも低いみたいです。

でも、身体が弱っている人にとっては 命取りにもなりかねないので

私たちがまずすることは、

自分の健康状態を整えることと

身体の弱い人に移さないように防御する ということです。

小さい子供さんや お年寄りの方に気を付けてあげること

健康な人間はそれを持ち運ばないように行動に慎重になる ということです。

でもこれは、インフルエンザも結核も その他の伝染性の病気はすべて同じことが言えます。

かかったらどうしよう?? と 不安になっている方

あなたは治りますので大丈夫です。

2,3日熱にうなされてぶっ倒れていればそのうち治ります。

かからないためには

寝不足や過労にならない ということです。

そして マスクを買い占めて、必要な方が買えなくなるということにならないように配慮する。

 

小さな子供さんは病院に連れていくのが遅くなると危険ですから

熱が高くなったら躊躇せずに病院に連れて行きましょう。

 

私たちはみんなで協力すれば危機を回避することができます。

 

このガタガタの日本経済も

国民が意識を高めれば 奪い合いなどすることなく

みんなで安全にくらすことができるのです。

 

このような問題や試練、災害は 

私たちに大切なことを示します

それに気付ける大人でありたいと願う日々です。

幸福のありか

愛されると幸せですね。

人は無意識のうちに愛されることを求めています

でも、愛されすぎたり、望んでいない愛 というものは

好ましく感じません。

それは 愛のように見える執着だからです。

本物の愛 というのは 存在をあるがままで受け止める ということです。

自分の好みに変えようというのは、愛ではありません。

また、自分の価値観に当てはめようとすることもまた 愛ではありません。

護りすぎて 相手の体験を奪うことも

相手の試練を肩代わりしてしまうことも

愛のように見えて 愛とは違うものになっている場合もあります。

人は試練によって魂が磨かれていきます。

これまで周りの人々に沢山護られて沢山甘やかされてきた人はそれからの苦労が多いです。

だって 試練を自分の力で乗り越える経験が無いのですから

いろんなことを恐れ、いろんな人に依存しなければならなくなってしまいます。

成功することや 何かを多く得ることが幸福なのではありません。

あなたという人間を生かしていく自信が自分にあるかどうか

あなた自身に愛を向けている実感が自分にあるのかどうか

あなたがあなたを好きでいるかどうか がとても大事です。

神はあなたの中にあり、あなたの真我が神の意識です。

真我を見失ってしまうのは 神の愛を見失っているということなので

あなたは 真我と出会うことで あなたが愛されているということを確信できるようになります。

瞑想は隠れた真我を輝かせるツールです。

あなたは 存在しているだけで尊いのです。

今以上に何者かにならなくても あなたは充分素晴らしい存在。

そのことに気付くことが 真の幸福なのです。

ですから、自分が正しいかどうか 

ちゃんとしてるかどうか

基準に達しているかどうか

確かめようとしなくても大丈夫だし、

他者の足らないところを突っ込んで 矯正しようとしなくていいのです。

人はそれぞれに自分に丁度いい生き方をするものです。

お互いに自分らしい生き方を尊重し合いましょう。

それができるようになると

本当に 私は幸せだな と実感するようになります。

202031155411.jpg

自分らしく生きる

試練も踏み越えて。

ページ上部へ