ホーム>スタッフブログ>2019年9月

2019年9月

対流する物質界

しばらくご無沙汰いたしました。

物質界(ユニバース と呼んでいます)では いろんな現象が起きます。

生命は常に変化し、その運命を全うしつつ お互いにいろんな影響を与えながら

この世界の現象は 実に様々な彩りを見せてくれます。

 

それは私たちの意識

特に自我の意識にとっては 好ましいこともあれば、都合が悪いこともあり、

その現象の波に煽られたり 流されたりしながら

そのたびに 内側にいろんな感情の波を巻き起こります。

これが 感動だったり、ネガティブだったり、

私たちが体験する いろんな人生の経験です。

 

外側ではただ エネルギーがぶつかり合ったり、渦巻いたりしながら 

自然の方向へと対流しているだけなのですが、

人間という生き物はそこにいろんな行動や感情を投げかけては

そのウェーブをまるで楽しんでいるかのように 実に様々な感情と対面するのです。

 

さて 視点をマクロからミクロにズームインして参りますと、

人生の色々が見えてきます。

 

私の見ている世界では

離れて一人で暮らしている父が入院したりして

今しばらく慌ただしい景色。

 

こういう時は多少ドキドキしますが、

バックグラウンドにはいつも静かな空が見えます。

だから 大丈夫。 

静月

肉体

肉体は 私たちの意識とは別個に 生きています

生命のシステムがこの体を維持しています。

私たちの意識のあずかり知らぬところで、この肉体は活かされています。

あなたは意識的に心臓を止めることはできないし、

意識的に消化吸収をやめることもできないのです。

身体は自然のプログラム通りに成長し、喜怒哀楽を持ち、

やがて老いて 最期に肉体の死を迎えます。

 

この体がどうやって維持されているかは 

最初は知る由もありません。気が付いたら

この肉体の中にいたのです。

 

私たちは 朝 目覚め、自分が居ることを知ります。

 

最近では研究でいろんなことが解明されてきましたが、

その知識を学ぶまでは 自分の身体がどうなってるかも知りません。

 

気が付くと動く手があり、脚があり、

それを使って這い、立ち、歩きます

バランスを取るのはけっこう難しいんです。

何しろとても重たい頭が上に乗っかっていますから

 

その体に乗っかった意識は

身体という乗り物の運転手

 

気が短い運転手は目的地に早く着きたがったり、自分の行く道を阻む者に腹立ちを覚えます。

邪魔者を敵視し、排除したがり、思い通りにいかないとイライラしたり

さらには 乗ってる乗り物に文句言ったりなんかして

なんでこんな体なの?  と。

 

走っている道にも文句を言いたくなります

なんだこの石ころ、なんだあの雑草

なんだあの野良猫

あなたの人生という旅に出てくる登場人物をみな敵にしてしまうなんて

なかなかスリリングな人生ストーリーです

 

 

体の中にあるDNAの情報に忠実に体は維持されて行きます。

そして突発的な変容もあり、様々なパターンが繰り広げられる

これは自然の神秘ですね。

一体何がこんな壮大なプログラムを仕組んだのでしょうか

その根源を神 と呼ぶのかもしれません。

この世界の構造は実に神秘的で精巧です。

 

体のプログラムや、自分が作り出した人生や、自分が降り立った宿命に

文句を言い続けてもあまり良い事はありません。

むしろ悪影響の方がずっと多い

私たちはただ、その景色を見て、その土地を歩いて、その道を楽しむか嫌うか だけなのです。

楽しんでも嫌っても、道は道です。

しかも自分が生まれてくると決めた人生

予想外の出来事を面白がった者勝ち~ scissors

 

愛と執着 

日本語の『愛』という言葉には 2つの意味があります。

真我の愛と言われる純粋な愛 と 自我・エゴの愛である愛着の愛

愛着というのは執着の一種です。 引きつけられる衝動

 

恋愛は強い執着の衝動でもあり、エゴの愛

これは 前者の真我の愛とは質が違います。

 

じゃあ、あの人のは、自分のは、どっちだろう?? って思いましたか?

これはどっちかだけではないんです 何割かがどちらかで残りがもう一方。

その境目は曖昧でわかりにくく微妙。

グラデーションみたいに境目はわかりにくいものです。

自然物とは常にそういう作りかもしれません。

 

これは悪い事ではありません。どちらにも転ぶ ということです。

執着の恋愛が 真の愛に変わることも少なくありません。

 

エゴが真我の愛に変わる時、通る過程があります

それがカルマの解放です。

カルマはネガティブ感情ですから 抜けていく時はとても摩擦を感じます。

怒り・悲しみ・罪悪感・辛さ、 そんな感情が抜けていくのをしばし待ってください。

カルマは忌み嫌う敵ではありません。

私たちを育てる教師です。

 

沢山のカルマが出て行くことを喜んでください。

あなたからカルマが出て行って あなたはより真の愛へと変容していきます。

 

あなたが真の愛を見出す時、 エゴは同時に愛を知り

真我と共に生きるようになるのです。

雪割草

 

バランス

私たちが心を平和に保つためには 心のバランスをとることが大事です

心のバランスって? どうすればいいのか・・・

 

今日はそんな話をしてみます。

 

古代、自然と共に人が生きていた頃は 

人の生き方はとても自然のリズムに近いものでした。

光と共に目覚め お腹が空いたら食べること、食料は繊維を多く含み、お通じも自然。

夕闇と共に活動を終え、眠りにつく生活

具合が悪くなったら横たわり、治るまで寝ます。

 

ただ、現代のように医療は発達しておらず、栄養が常に満ち足りているわけではなかったので

病に命を奪われる運命には なかなか逆らえませんでした。

 

現代人は 科学と医療を発達させて、寿命を延ばす課題を克服してきました。

ただ、文明の発達とともに生きる環境も大きく変えて 本来の自然とかけ離れた文明に依存した社会を作り上げてしまうのです。

かく言う私も都会生まれの都会育ちで 田舎暮らしをしたことがありません。

そういう者たちは 何が自然だったのか を知らずに育ってしまうわけですが、

魂は やっぱり自然を愛するように出来ているのかもしれないと思います。

 

大阪のど真ん中で生きていた頃は、社会は角ばって澱んでみえましたが、

その中で疲れて 生まれて初めて地方で暮らした時は 感動の連続でしたね。

地方と言っても 九州では大都市の福岡ですが、

大阪ととても違ったところは、少し足を伸ばせば 雄大な自然がとても身近にあったことでした。

 

同じ都会人でも やはりみんなの感覚がかなり違います。

同じ場所に住んでいる人でもそれぞれの世界観によって大きく幅がありますが、

割合や平均値は都市によってかなり違いがあり それぞれの個性を持っています。

 

私は九州では 自然を愛する人たちとしばしば 自然の気に触れる機会を持つことが増えました。

そして 気を感じることがとても身近になったんです。

瞑想もその感覚を発達させました。

私は自分の中の気を感じ取って読み分けることができるようになっていったのです。

 

自分の中の気のバランスを取る。

 

これは健康を整えるためにとても大事な事です。

 

今の自分はどの要素が落ちているか

身体のどこに違和感があるか

身体のバランスを感じること

今の自分に何が必要か

それらを感じ取ることをするようになっていったのです。

 

身体に鞭打ってでも 今日働かせる生き方 は 美徳ではないことを知りました。

自分の心や体がなぜ壊れたか

それはあなた自身の生き方に起因します。

 

生まれてこの方 バランスの悪い生き方しかしてこれなかった人は

整えるのに苦労するかもしれません。

なにしろ、自分自身を探し出すことは自分にしかできないのですから

その自分が自分に鞭打つようでは 何も見つけられません

 

自分自身のバランスを取る ということは

私自身を愛する ということに他なりません。

 

自分を愛することができれば

世界を愛することは さほど難しいことではありません。

だって 同じことなんですから。

ピンクの蓮

花は愛を持って咲きます。誰のためでもなく

ただ咲くことが愛なのです。 

視野

人間の身体や機能って すごいと思いませんか?

例えば目、それはカメラです。

レンズを厚くしたり薄くしたりしてピントを調節する機能

瞳孔を開いたり絞ったりして光量をちょうせつして露出を合わせて

明るい所に対応したり暗がりに対応したり・・・

これは目はカメラよりもずっとすごいんです。

カメラのレンズは 同一画面では一つのピントにしか固定できませんが、

目の中のレンズは柔軟に縦横無尽に暑さを変えて

同じ画面の明るい部分と暗い部分を同時に見ることができます。

 

素晴らしい風景に出会って、その色の深さと空気感に感動して写真を撮ったら

色が飛んでしまってどうにも見たままの色が出せないのは そういうわけです。

どんな精密な機械も 人体の精巧さにはとても敵いません。

 

また、カメラがズームイン ズームアウトするように

視覚も対象物を絞り込める作用があります。

これは目のレンズの機能だけにたよるものでなく、それを解析する脳の機能もその働きを助けています。

 

目のレンズと、スクリーンである網膜には映っているはずのものが それを把握する脳で

一番注目したい者以外の情報は消えているのです。

見えているのに見ていない。

 

これは 人が危機感を持った時、

例えば原始時代に山で猛獣に遭った時、

その危機を脱出するために、全身で危険対象物に意識を向け対処するための仕組みです。

 

この機能は何億年も人類を存続させるために役立ってきました。

死に絶えないように守る仕組みです。

 

この機能は、小さな危機にも対応します。

ちょっと危ない事、集中している事、注目している事に意識を向けると

視野は絞り込まれます。

 

意識は対象物に集中し、それ以外のものが見えなくなる

 

そんなこと 意外と多いのではありませんか?

現代の私たちの身体に引き継がれる 古代の先祖のDNAとそのシステム

それらは私たちの無意識の状態でも常に働き続けています。

 

その機能はかつて役立ってくれました。

今でも危機には役立ってくれます。

そう、猛獣に襲われそうな時、

敵と刃を交えている時などです。

 

現代ではなかなか使いどころがなくなっているかも。

使われなくなった機能は、衰えるものもありますが、相変わらず無意識に機能しているものもあります。

 

あなたが見ているそのゲーム。

あなたのなかなか使いどころを失ったその機能は 使いどころを得て一心にそれに集中しているかもしれませんね。

また、敵とみなすもの、天敵とみなすもの、苦手と見なすものによく使われます。

あなたの視野はそれに集中して それ以外のものが見えなくなっていやしませんか?

 

もし、あなたが見ているそれが猛獣で 今にもあなたを噛み殺しそう  というのでなければ、

ちょっと視線を上げて、目の前に広がる広い世界へレンズを合わせて見てください。

 

あなたは とても平和な世界に暮らしていることに気付くことでしょう。

脳内の あなたを脅かすイメージは いますぐあなたを噛み殺すわけではありません。

 

あなたは ただ 一歩引いて 遠くの空と穏やかな風景へと

目線を上げてください。

 

そしてあなたを癒す場所へと 歩みましょう。

私たちはこの世界に抱かれて 生かされていることを身体全体で感じてみてください。

 

点ではなく 無限に広がる空を見てみましょう。

それは目をつむっても見える空(くう)でもあります。

 

カルマが無くなった心の内側は 快晴の空のようです。

広大な風景とあなたの心はとても似ています。

太平洋

変化

先日、生徒さんから嬉しいご報告がありました。

「先生!昇進しました!」

瞑想がヴァイオレットファイヤーまで進み、意識の器が大きくなると 人望を買われて人を束ねる仕事へと配置されるようになります。

ヴァイオレットファイヤーマントラ まで進んだ方は まだ多くはないのですが、

お仕事で独立されたり、

1年で2階級も昇進する人がいたりと 本当に驚かされてきました。

 

ヴァイオレットファイヤーマントラは 宇宙意識に進むマントラです。

出来事を大きな視点でどっしりととらえ 試練を受けて立つ度胸が備わる とも言えます

学びに対して 真摯に向き合うと 必ず道は開けますし

努力をして というよりも、ただ抵抗しないで手放していく脱力系の学びです。

怖れと共に手放します。

無理をするのではなく、ただ 自分の怖れと向き合い 怖れを流れに委ねることができれば

全ては大いなる流れに乗ることができるようになるのです。

 

何をするかが問題ではありません。

何かしてもしなくても 昇進してもしなくても 

そんなことは些細なことで

あなた自身が 流れそのものであることを体感するのです

 

この境地の感動は 表現することは不可能です。体感ですから。

 

何がどうなのか?  体験を通してしか理解できません。

 

人生は 私たちのイマジネーションよりもはるかに 奇跡です。

 

毎日の瞑想と共に 意識の変容へ興味を向けてみてください。

あなたは 毎日の日常で ただ 自分自身を眺めているだけでいいのです。

 

瞑想習慣と共に 時折、意識を意識してみてください。

何が自我の意識か 見えて参ります。

急がなくていいです。時が来ないと見えません。

まずはカルマの解放を進めます。

そしてカルマが去った後

突然それは見えてしまうのです。

フラクタル画像

もっと知りたい方は ぜひ瞑想会にお越しください

マンツーマンでじっくり対話してみたいという方は 個人セッションがございます。

既に伝授を受けた方の今後の取り組み方もご指導しておりますので 体面での指導をご希望の方はぜひご利用ください。

瞑想セッション、もしくはカウンセリングにてお申込みくださいませ。

これまでの自我の意識でとらえる外側の世界を見るようになります。

 

更に拡がりたい方、チャレンジしたい方は ぜひ。

何者にもならない(あるがまま)

今日は 中央市民センターで仏画の会でした。
例のごとく 写真を撮ることを失念しております。(苦笑

生徒さんの作品はすごく良かったのに 撮らないなんて残念過ぎました。sad

また次回までお預けです。。。

 

最近は 思考が一点集中型になってきているようで、

同時進行とか 並行して何か進めることが ちょっと苦手になってきた気がします。

たぶん、年齢のせい。。。

まぁ、そんなものです。

超人になろうとかなりたい という願望は 全くございません。

出来ることはできるし、出来ないことは出来ない

 これは諦めている とかいうのではなく、

そもそも願望自体が無い のです。

 

在る様に在る 

そういう生き方に変わって来ています。

 

これまでは 欲張って 人一倍何かをしたかったり、出来ることが喜びだったりしたこともありましたが、

それがどうした? という感じになってきています。

 

そうしたい人はチャレンジして充実感を得たり、なんでもやってみるといいですが、

それが無くても 何にも問題なかったりもします。

 

この世界の全ては ただ 在るようにある という普遍の真実を

ただ 微笑んで見ている意識でいるのでしょう。。。

 

観音さまは 微笑んでいますね。

私たちの内側で。

観音菩薩像

世界観が変わる時

今日は第三日曜日恒例の一日瞑想会でした。
嬉しいことにアトリエ霽月で瞑想を始めた方が この夏に瞑想教師のコースに参加され先日無事終了され、

帰国後初の瞑想会ご参加でした。

ELM瞑想の教師コースは チェンマイで2ヶ月研修を受けます。

長いようで短い2ヶ月のコースは 本当にすごい体験の連続です。

 

瞑想って ただ黙って座って何もしないだけのことじゃないんです。

瞑想すればするほど、内面のデトックス、エネルギーと波動の浄化が進みます。

 

2か月前の生活が まるで1年前のことのような 意識の変容を見る人が少なくありません。

解放と浄化に抵抗しなければ 天と地がひっくり返るほど 世界観が変わる と言っても過言ではありません。

 

何がどう っていう話は (参加したご本人とも話していたのですが)体験した者にしか到底理解できないんです。

 

世界というのは 世界観だ ということ

それぞれ、全然違う世界を見ている事 

これは 本当にそう、

何を?ってことが言い表せないことが最大のジレンマです。

 

何物にもとらわれない意識状態 

それは 苦の無い 静寂

岸辺で眺める風景のように

時の流れを見ている私達の意識がいます。

 

平和の世界へようこそ 

この平和が日本中に蔓延すれば 世界は平和になることでしょう。

私たちはこの世界そのものであり、そして神も仏も 私たちと一体となる

そのような悟りと共に生きる幸福を 味わってください。

それは 人間界の願望達成や巨万の富を手中にするよりはるかに幸福である ということを

お伝えしたいと思います。

 

そんな体験が実際にできるELM瞑想のすごさを 改めて実感した瞑想会となりました。

人生も この世界も、最高に面白いところです。

今日も いろんな体験を通し、私の魂は波動の音色を楽しむのでした。

 

何をしてもしなくても それは音楽のように 常に音色を奏でております。

 

この体験が拡がったら みんなが楽しめますね。

よりクリアに 追及して参ります

ありがとうございます。

 

ダルマからの視点

スピリチュアル、精神世界のエネルギーの法則を知るようになって

この宇宙の成り立ちをエネルギーや波動で見るようになりますと、この世界がこれまでと違った一面がある ということに気付きます。

その視点からの宇宙の法則は 目に見える物質界だけでは説明のつかない 物理法則が存在することを知ります。

空気や水、電波の波があるのと同じように もっと微細なエリアの波動といものが存在する

その波動が物質に多大な影響を与えている現象が 神の為すこと としてとらえられています。

説明のつかない不思議な出来事、 奇跡とも呼ばれます。

でもこれは ある種の自然の物理法則で、まだ 人間の科学が簡単に測定できないえりあにあるものです。

これらの波動が可視化できたなら、私たちはもっとすごいもの

輝いてすごくきれいなもの や ひどく黒いもの を見ることになるでしょう。

今のところ、それらはほとんどの人が見えません。

 

でも、ある種の感受性が発達した人たちは それを感じるとkることができます。

特にその感受性が視覚と共感覚になっている場合は ビジュアルを見ることができます。

霊視 も これの一種です。


ですが、それは万人には起こりません。

共感覚を持っている者、第六感が視覚と筒流共感覚になっている者、

そもそも第六感が発達している人 は ごくわずかしかいません。

 

特に現代社会はそちらの感性を遮断する方向に発達したので

誰もがその能力を捨てている状態です。

 

何故そうなってしまったか というと カルマの解放は心地よくないので

どうしても逃げたくなる 見ずに蓋をしてしまいがち。

また、

エゴの感情 と 真我のフィーリング の見分けがつかない ということに引っかかって

自分の方向を見失ってしまいがちです。

 

エゴの感情 というのは概ねカルマの感情でもあります。

カルマの激しい感情は 真我のフィーリングをかき消してしまいます。

 

でも、困らなくていいんです。

カルマの感情は 解放してしまうと内側からなくなり、

内側には真我の意識だけが残るので

ただ解放して行きさえすれば 自然に真我に行きつきます。

自然の流れはただ悟りに向かわせます。

 それに抵抗するのがカルマ

 

更に、

真我の意識は カルマの体験で多くを学びますので 

最初から無い状態よりも 深い理解を得た真我へと成長するという利点を持ちます。

意識の成長した真我になるわけです。

 

私たちはいずれにせよ 体験によって意識を拡げ

進化していきますので どの感情も 恐れたり拒否したり回避したりする必要はありません。

 

感情に抵抗しないで解放してしまうことができれば

私達は自然と真我になり成長できるんですね。

 

まだその仕組みを納得できないうちは 何を言われているのかわからないかもしれません。

でも、事の流れ、この世界の変化を 違う視点で大きく見ることができれば

それはちっとも怖い事でもなんでもありません。

 

本当は体験よりも 頭の中にある 恐れのイメージの方がずっと怖いですから

そのイメージは速やかに手放してしまいましょう。

 

手放し方は ただ起きていることに抵抗しなければいいだけのことです。

 

解放が進み、エゴの感情が薄くなって、「自分が」 という意識が消えるほど

純粋な真我の意識に変容していきます。

日輪

カルマの雲が消えれば 燦燦と輝く真我の太陽が現れます

人生体験

今日は 人生が辛いと感じていらっしゃる方に向けてのメッセージです。

今悲しい方は 悲しい事だけがクローズアップされていることと思います。

 

人はとても辛い状況を体験しますと、

なぜ 私がこんな目に遭わないといけないんだ なんて 運命を呪ったりします

災害に遭ったり 事故に遭ったり 大切に思っている人がいなくなる時 

悲しみにや辛さが押し寄せ 辛い という気持ちに押しつぶされそうになります。

 

この世界は いろんな出来事が起きる世界です

良いも悪いも織り混ぜていろんな出来事が。

 

私達人間は 幸せでありたいと願います。

心地よく暮らしたい。 そして より満足したい生き物です。

 

望みが叶わない時、

当たり前にあった幸せが壊れた時、 ショックを受けます。

そうしてうまくいかなかったのか・・・

 

理由はあったり、なかったり・・・

自分のミスだったり、 あるいは何も落ち度はないけれどやってきたアクシデント

 

このような運命は 今の私たちの意識には操作することが難しい。

 

事故に遭わないように出かけないなら 外での感動の体験も得られないでしょう。

何かを恐れて何もしないと 人生は味気ないものになってしまいます

外を怖がって 家の中に閉じこもっても 自分の殻に閉じこもっても

傷付かない保障もないんです。

 

内側にいても外に出ても、それなりの波を感じ、情緒は揺らぎ、体験をします。

 

怖れは手放してください。

あなたは恐れたいですか? 

怖れを探そうとするといろんなネガティブなものを見つけ出そうとしてしまいます。

過敏になると 視野は虫眼鏡で物を見るような感じになり 微細な恐れが大きな恐怖に見えます

視野を広げてください。

大きな視野では、

微細な恐れは 砂粒より小さい埃程度にしか見えません。

 

恐れるよりも この現実を一身に体験してください。

辛くてもいいんです。

あなたは感情の波の洗礼を受けるでしょうが

その禊で魂は磨かれて行くのです。

 

そして 良いも悪いもない この世界そのものを見るようになります。

 

あなたの意識をクリアにするためにとても力になるのが瞑想です。

あなたのネガティブな感情を洗い流し、カルマを取り除き、

あなたの意識の真我を成長させます。

 

瞑想は魂を浄化するメソッド(手段)です。

ELM瞑想は瞑想の中でも、抜群の浄化力を持ちます。

ぜひ生活習慣に取り入れて活用してください。

 

平和で安定した人格に移行します。

アトリエ霽月がサポートいたします。

ページ上部へ