ホーム>スタッフブログ>生き方>【 アルフレッド・アドラーの名言 】
生き方

【 アルフレッド・アドラーの名言 】

【自分の不完全さを認め、受け入れなさい!相手の不完全さを認め、許しなさい】

ここに書かれていることは、私の一連の悟り体験で得た感覚と同じでした。
本当に全くもって一致しています。ぜひ皆さんに深く読み込んでいただきたいのです

引用はこちらのサイトです→ 看護師転職・求人.com

 
【 嫌われる勇気を!アドラーの名言 】
 
(1)
 
人生が困難なのではない。
 
あなたが人生を 困難にしているのだ。
 
人生はきわめて シンプルである。
 
(2)
 
究極的には、われわれの人生において
 
対人関係以外の問題は ないように見える
 
 
(3)
 
健全な人は、
相手を変えようとせず 自分がかわる。
 
不健全な人は、
相手を操作し、変えようとする。
 
 
(4)
 
できない「自分」を 責めている限り、
 
永遠に幸せには なれないだろう。
 
今の自分を認める 勇気を持つ者だけが、
本当に強い人間に なれるのだ。
 
 
(5)
 
重要なことは人が
何を持って生まれたかではなく、
 
与えられたものを
どう使いこなすかである。
 
 
(6)
 
苦しみから抜け出す方法は
たった1つ。
 
他の人を 喜ばせることだ。
 
「自分に 何ができるか」を考え、
 それを実行すればよい。
 
 
(7)
 
「自分は役立っている」 と実感するのに、
 
相手から 感謝されることや、
 
ほめられることは 不要である。
 
貢献感は「自己満足」でいいのだ。
 
 
(8)
 
すべての悩みは 対人関係の課題である。
 
仙人のような 世捨て人でさえも、
実は他人の目を 気にしているのだ
 
 
(9)
 
楽観的であれ。
 
過去を悔やむのではなく、
未来を不安視するのでもなく、
 
今現在の「ここ」だけを 見るのだ。
 
 
(10)
 
陰口を言われても 嫌われても、
 
あなたが気にすることはない。
 
相手があなたを どう感じるかは
相手の課題なのだから。
 
 
(11)
 
妻の機嫌が悪いときに、
夫が責任を感じては いけない。
 
不機嫌でいるか 上機嫌でいるかは、
妻の課題。
 
その課題を勝手に 背負うから苦しいのだ。
 
 
(12)
 
やる気がなくなった のではない。
 
やる気をなくすという 決断を自分でしただけだ。

 
(13)
 
変われないのではない。
 
変わらないという決断を 自分でしているだけだ。
 
 
(14)
 
「よくできたね」と 褒めるのではなく、
 
「ありがとう、 助かったよ」と 感謝を伝える。
 
感謝される喜びを 体験すれば、
 
自ら進んで貢献を 繰り返すだろう。
 
 
(15)
 
ほかの人の 自分に対する評価は、
 
その人の 個人的な意見であり、
 
自分の評価そのものには、関係しない
 
 
(16)
 
誰でも、どんなことでも
成し遂げることができる。
 
 
(17)
 
暗いのではなく、優しいのだ。
 
のろまではなく、丁寧なのだ。
 
失敗ばかりではなく、たくさんチャレンジをしているのだ
 
 
(18)
 
人は失敗を通じてしか 学ばない。
 
 
(19)
 
人生における あらゆる失敗の原因は、
 
自分のことしか 考えていないことにある。
 
 
(20)
 
遺伝もトラウマも、 あなたを支配してはいない。
 
どんな過去であれ、未来はいまここにいる あなたがつくるのだ。
 
 
(21)
 
個人が存在する意味とは何か?
 
それは人を助け、 勇気づけ、 喜びを与えることである
 
 
(22)
 
いつも治療よりも 予防が大切である
 
 
(23)
 
もっとも重要な問いは「どこから」ではなくて
「どこへ」である
 
 
(21)
 
自分だけでなく、
仲間の利益を 大切にすること。
 
受け取るよりも多く、相手に与えること。
 
幸福になる唯一の道である。
 
 
- アルフレッド・アドラー -

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelierseigetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/750

ページ上部へ