ホーム>スタッフブログ>2019年7月

2019年7月

もし あなたが誰かと 気持ちの行き違いがあって喧嘩になったり、反発したり、悔しい気持ちになった時は

その人とと和解して 仲良くなるイメージをしてください。

その時のその人は 素直であなたの話も聞いてくれます。

そしてあなたもその人に腹が立ったことを手放して

素直なその人と お互いに「ごめんね」と 言い合うのです。

 

どっちも自分の意見を分かって欲しかったんだね。

ごめん。素直になれなくて

どうしてもそのことを受け止める気持ちの余裕が持てなくて

意地を張ってしまったんだ。

 

悪気があったわけじゃない。

そう、お互いに。

本当は 仲良くしたい。

 

分かって欲しかっただけなんだ。

あなたもそうなんだね。

 

ちょっとした 違いが互いに受け止められない時、

あなたと私は ちょっと疲れていて 気持ちに余裕がない。

本当は自分に自信がなくて 弱さを知られることが怖かった。

 

そうだね、お互いに。

 

意地を張るのはもう終わりにしよう。

わかってくれないなら もういい! なんて 強がりを言うのも

やるせない 焦りや 何かから逃げたい気持ち。

 

本当は怖かったんだ。

受け止められないことが。

 

意地も コンプレックスも、怒りも 恐れも 何もかも

一度 全てを手放してみよう。

 

そして 何者でもない ただの命になってみる。

ただただ そこに存在してみる。

息をして そこに生きる命

静かに 静かに。

息を感じる。

この私の魂。

生命のエネルギー。

 

あなたは ひとつの輝く光となって

あなたの愛を見つけるでしょう。

 

そして 周囲で輝く無数の愛を 見つけるでしょう。

キャンドル

心にあるもの 

私たちの意識が 現象に影響を与える  ということは、

スピリチュアル界では基本の認識でありますが、

物理の世界でもすでに実証され始めています。

 

観察者の予想が結果に影響するという結果が

実験で証明され始めたことも公表されて、

意識のエネルギーが物質に影響をもらたすことが科学的に証明されたそうです。

 

これまでわからなかったことも どんどん明らかになって行きますね。

今まで 知らなかった真実が これからもどんどん明らかになっていきます

この世界には私たちがまだ知らない真実がもっと沢山あるでしょうね。

広い宇宙の一つの小さな惑星の ほんの一瞬に起きた文明で 

この宇宙全てを知ることは不可能なのです。

 

科学で証明されたことしか信じない というのは

井の中の蛙みたいなものかもしれません。

 

思いが現実化する という作用は、

自我が望むことが実現する  という意味ではありません。

現在 当たり前だと思っている事象が 次の瞬間に現実となる ということです。

疑えばそれが現実化します。

信じていないことは起きない のです

 

ジンクスは 思いが実現化する現象かもしれませんね。

つまり、その内容が決まっているのではなくて、何かに結び付けて

そのことを本当に起きると信じた時から

それは本当にジンクスになるのです。

 

自分はついてない なんて思うことが いかに残念か

おわかりになることでしょう。

 

今から思いを変えましょう。

私は生まれてきて祝福されている

私の下には幸福が集まる

必要なものは与えられる

 

根拠はなんでもいいんです。

 

私が私に生まれたこと。

自分が得意なことを持ってること。

戦争のない時代に生まれてきたこと。

今、病気してないこと。

病気しても 心配してくれる人がいること。

一人でいても 退屈しないこと

インターネットのある時代に生まれたこと。

目が見えること

ごはんが美味しいこと

 

ああ、数えればきりがない

できないこともあるけれど、出来ることが山ほどある。

今できることができなくなったとしても、

楽しむことには 事欠きませんよ。

そう楽しみ上手

積極的に楽しんで生きるんです。

待ってたら時間がもったいない

 

私は いつでも愛することができる。

私が一番幸せなことは 何かを好きであること。

山でも空でも花でも草でも。

 

この試練いっぱいの世界も捨てたもんじゃありません

ああ、それももう試練ではなくなっています。

 

この世の幻、この世の流れを 楽しんでみませんか?

あなたの中のストーリー 苦しかったら手放せば消えることに

気付いてみましょう。

 

瞑想があなたの幻想を剥がして溶かしてゆきます。

カルマを終わらせて自由に生きてください。

 

【 アルフレッド・アドラーの名言 】

【自分の不完全さを認め、受け入れなさい!相手の不完全さを認め、許しなさい】

ここに書かれていることは、私の一連の悟り体験で得た感覚と同じでした。
本当に全くもって一致しています。ぜひ皆さんに深く読み込んでいただきたいのです

引用はこちらのサイトです→ 看護師転職・求人.com

 
【 嫌われる勇気を!アドラーの名言 】
 
(1)
 
人生が困難なのではない。
 
あなたが人生を 困難にしているのだ。
 
人生はきわめて シンプルである。
 
(2)
 
究極的には、われわれの人生において
 
対人関係以外の問題は ないように見える
 
 
(3)
 
健全な人は、
相手を変えようとせず 自分がかわる。
 
不健全な人は、
相手を操作し、変えようとする。
 
 
(4)
 
できない「自分」を 責めている限り、
 
永遠に幸せには なれないだろう。
 
今の自分を認める 勇気を持つ者だけが、
本当に強い人間に なれるのだ。
 
 
(5)
 
重要なことは人が
何を持って生まれたかではなく、
 
与えられたものを
どう使いこなすかである。
 
 
(6)
 
苦しみから抜け出す方法は
たった1つ。
 
他の人を 喜ばせることだ。
 
「自分に 何ができるか」を考え、
 それを実行すればよい。
 
 
(7)
 
「自分は役立っている」 と実感するのに、
 
相手から 感謝されることや、
 
ほめられることは 不要である。
 
貢献感は「自己満足」でいいのだ。
 
 
(8)
 
すべての悩みは 対人関係の課題である。
 
仙人のような 世捨て人でさえも、
実は他人の目を 気にしているのだ
 
 
(9)
 
楽観的であれ。
 
過去を悔やむのではなく、
未来を不安視するのでもなく、
 
今現在の「ここ」だけを 見るのだ。
 
 
(10)
 
陰口を言われても 嫌われても、
 
あなたが気にすることはない。
 
相手があなたを どう感じるかは
相手の課題なのだから。
 
 
(11)
 
妻の機嫌が悪いときに、
夫が責任を感じては いけない。
 
不機嫌でいるか 上機嫌でいるかは、
妻の課題。
 
その課題を勝手に 背負うから苦しいのだ。
 
 
(12)
 
やる気がなくなった のではない。
 
やる気をなくすという 決断を自分でしただけだ。

 
(13)
 
変われないのではない。
 
変わらないという決断を 自分でしているだけだ。
 
 
(14)
 
「よくできたね」と 褒めるのではなく、
 
「ありがとう、 助かったよ」と 感謝を伝える。
 
感謝される喜びを 体験すれば、
 
自ら進んで貢献を 繰り返すだろう。
 
 
(15)
 
ほかの人の 自分に対する評価は、
 
その人の 個人的な意見であり、
 
自分の評価そのものには、関係しない
 
 
(16)
 
誰でも、どんなことでも
成し遂げることができる。
 
 
(17)
 
暗いのではなく、優しいのだ。
 
のろまではなく、丁寧なのだ。
 
失敗ばかりではなく、たくさんチャレンジをしているのだ
 
 
(18)
 
人は失敗を通じてしか 学ばない。
 
 
(19)
 
人生における あらゆる失敗の原因は、
 
自分のことしか 考えていないことにある。
 
 
(20)
 
遺伝もトラウマも、 あなたを支配してはいない。
 
どんな過去であれ、未来はいまここにいる あなたがつくるのだ。
 
 
(21)
 
個人が存在する意味とは何か?
 
それは人を助け、 勇気づけ、 喜びを与えることである
 
 
(22)
 
いつも治療よりも 予防が大切である
 
 
(23)
 
もっとも重要な問いは「どこから」ではなくて
「どこへ」である
 
 
(21)
 
自分だけでなく、
仲間の利益を 大切にすること。
 
受け取るよりも多く、相手に与えること。
 
幸福になる唯一の道である。
 
 
- アルフレッド・アドラー -

正義感

規範意識や正義観というものは 社会生活をしていく上で大切な観念です。

多くの様々な感性の人々が集う場では 価値観の相違や感じ方の相違、

気付かずにしたことが起こす 心の摩擦や軋轢などが生じます。

どこまで譲ってどこまで守るか

ある程度合意した基準がないと 揉めるからです。

一生懸命ルールを守ろうとすることは決して間違ったことではありません。

 

ただ、ルールにとらわれると、一番大事な本質を見失うことにもなりがちです。

宝箱を死守しって 中身が腐っていくことに気付かない ようなものです。

 

時代は変化し、ライフスタイルが変化し、生き方が変化し、価値観が変化します。

その中で、旧態依然の規範を頑なに手放さないと、それはとても違和感のある存在になってしまいます。

 

あなたの信じている世界が流動していることに気付かねばなりません。

エゴは 握りしめた自分の基準を手放すことに抵抗があります。

それを固持するあまり

人は ついつい 他人の行いを批判したくなります。

 

でも、ちょっと立ち止まって今を見つめる必要があります。

正義とは何か? 何が正義か?

正義と愛は 似て非なるものです。

 

自分の正義と他者の正義が戦うことが戦争なのですから。。

 

あなたは自分の正義のために戦って 多くの血を流すことを良しとしますか?

 

他者と共存するためには エゴを手放し、

支配・コントロール欲を手放し、

断罪を神に預け

愛として生きようとしてください。

 

そんなことはできるものか、あれほどのことをされて許さない。。。

 

許さないということはあなた自身がその苦しみを終わらせない ということです。

そしてそのエネルギーをこの世界に残し、再びあなたが生まれてくる地上を 

恨みのエネルギーで汚したまま あの世に帰る ということでもあります。

 

全ての苦悩を浄化するのは愛です。

 

もちろん、言っても聞かないエゴは傲慢に他者を傷つけ続け、

薄ら笑いを浮かべながら人々から搾取し続けるかもしれません。

 

その時は あなたの中に 不動明王が出てきちゃいます

不動明王

その怒りは純粋です。

あなたが怒るエネルギーを無理に押さえないでください。

もちろんそれで 相手をやっつけようと思わなくていいってことです。

怒り = 攻撃 ではありません。  ただ、怒ればいいんです。

自分の怒りを感じて受け止めて 抱きしめる 

 

このことで 周囲はそのエネルギーを感知します。

あなたは怒るだけで充分

しっかり怒って そして 手放してください。

そしてこのことで

あなたのカルマが落ち、真実を見る目が芽生えます。

 

世界に良い悪いがあるのではない

あなたの中にカルマの怒りのエネルギーがあったのです。

どうにかしないといけないのではありません。

ただそれを手放した時、解放は終わって

あなたの真我が目覚めます。

愛と執着

男女の愛、夫婦の愛、親子の愛 

愛だと思っているものは 本当に愛なのか?

試される時があります。

 

私が初めてスピリチュアルを学び始めた時、私の友人はこう言いました

「あるがままに在らせるのが愛だよ」

「愛は失うことがないけれど、執着するものは必ず失う運命にあるの」

「愛は与えるもので 見返りを求めない」

 

あるがままに在らせること それまではそうじゃない自分がいた。

あのように在ってほしい。

このようにしてね。

それはダメ

そんなの許さない

あなたのためだから

どうして言うことを聞いてくれないの?

私を裏切るつもり?

私から離れようっていうの?そんなの許さない

こんなに愛しているのに。

私だけのあなたでいてね

 

そんな思いを見つめながら

それは愛ではない ということに気付いていきました。指図や独占欲は愛じゃない。

 

あなたの幸せを願ってのことなのよ?(私の言うことを聞きなさい)

どこにも行かないで ここにいなさい。

あなたがいないと生きていけない・・・

 

 それは愛じゃなくて依存

 

誰の幸せ?

誰の納得?

誰の満足?

 

相手の望みを無視して 私の満足や納得のために相手に強いること

 それは愛ではありません。

 

それがどんなに正しいことであろうと

どうするか選択権は 本人にあります。

 

 どう生きるか 望むようにさせてください。

 

たとえ、失敗することでも

それはその人にとって とてもとても貴重な体験かもしれません。

体験を奪わないで 愛で信頼し 見守ってください。

正しさは一つではないのです。

 

大きな大きな愛は どんな苦悩も

包んで癒してしまいます。

 

何かを失うあなたの痛み  それは愛のためにあなたが手放す執着の痛みです。

どうか あなた自身を愛にしてください。

 

あなたが愛になった時、あなたは愛する者を永遠に失うことがなくなります。

なぜなら、その対象は あなたの世界で自由に存在し続け あなたとずっと愛で繋がっているからです。

何を許すのか

魂の学びについて お話しします。

 

私がスピリチュアルを学んできた中で、初期に取り組んだ課題です。

 

『人が自分にしてくることは、かつて自分が人にしたこと。

自分がしたことを 今されたことで 自分の罪はチャラになる。

だから仕返しをしてはいけない』

 

え?私は他人にそんなことしたことないのに???

もしくは

自分もちょっとはしたかもだけど、こんなにひどくない!

 

って 思うんです。

後者、自分もしたかもだけど、こんなにひどくない  というのは

当然なんです。

 

だって、あなたにあなたのしたことを気付かせるためには 

あなたが許せる程度では あなたはそれを気付くことができないから。

つまり、 大なり小なり そんなことをしたことがある という気付きです。

その気づきをもたらすために この出来事は起きています。

 

いやいやいや、全くもって身に覚えありませんけど???

って、全力の主張。

 

どうも、自分のしたことは 今生だけのことではないようです。

「過去世かいっ!」 かなり突っ込みどころ。

記憶に無いし。。。

更に もっと理不尽なのが 

先祖の所業

「ご先祖さまっ!!」Σ( ̄□ ̄|||)

 

そして、この試練を受けている自分は

生まれてくる前に この試練を受けることを了承して

ここに生まれてきているようなのです。

・・・記憶にはないけれど・・・

 

は?(*´Д`)  意味わかんねぇし!(~_~;)

 

そうです。記憶にはないその約束は 意味わかりませんが

そういうことのようです。 自分が選んできた試練。。。

 

で、 どうするか?  何を学ぶの?

 

許すこと と 愛 です。

 

自分がしたことは 大概 あまり覚えていません。

自分がした 後ろめたいことは 記憶を隠してしまう という機能もありまます。

あるいは記憶を誤魔化してしまう。

そう、正当化 です。

記憶のニュアンスが 自分は少し もうちょっと善良だった ことに書き換えられます。

これは脳の自然な機能なんです。

 

ただ、苦しい罪悪感を軽減するためには それはあ役立ちますが、

エスカレートしますと 自分のしたことは棚に上げて

人の批難ばかりしてしまいます。

まるで自分は何も罪を犯したことがないかのように。

 

私がそうしたことにはやむ終えない事情がある

 

他人がそうしたことにも やむ終えない事情があることに気付いてください。

 

誰しも 不注意や 無自覚や 悪いタイミングや 不器用や 悲しい過去があります。

あなたもです。 私もです。

 

無意識にしてしまった罪は 被害を受けた人にとっても、加害してしまった人にとっても 悲しく辛い出来事です

それを許さないと ずっと苦しみ続けなければなりません。

 

あなたは 許す という学びをしています。

あなたは 未熟な他者を許し、

あなたは 不注意だった自分を反省して許し

そして もっと善い行動と 愛を身につけてください。

 

それが あなたを幸せにするんです。

 

今の私に出来ること

もしあなたが幸せになりたかったら、

ひたすら  愛になろうとしてください。

 

何が愛で 何が愛でないかを  見極める目を育てます。

他人を見て気付き、自分を省みるのです。

 

立派であらなければならないわけではありません。

皆が未熟です。

許し合い、愛を持って つながってください。

未熟な者を責めることは 未熟な自分を許さないのと同じです。

 

愛 幸せであることを願うこと。

それは あなたの中から湧き出る思いです。

 

怒りや悲しみの感情を手放しきった時、

あなたの中から それが湧きだしてきます。

現実というドラマ

このところ、注目していた参議院選挙の結果が出ましたね。

今回の選挙は 新しい意識が政治の世界に切り込む という次世代の到来を意味していました。

結果はまずまず。

台風が近づいて大雨だった地域もあり、投票率は伸び悩みましたが、

確信と希望を持って 投票に行った人が多くいました。

 

こんなに真剣に投票したことはない! という人は私だけじゃなかったはず。

 

面白かったのは とある老瞑想マスターが、

「生まれて初めて選挙に行きました」 と Facebookで投稿してたこと。

思わず お茶を吹きましたよ。

「初めてかいっ!!」 (゚Д゚)ノ

 

かくして 令和旋風は しっかり根を張ったようです。

もう今から 次の選挙が待ち遠しくてたまりません。

 

そんなこんな の 選挙祭り騒ぎの最中

 

身近なところで すごい大型のつむじ風

人様のトラブルはほとんど岸辺から眺める流れのようなものでしたが、

久々に当事者として足を突っ込んでおります。

私が喧嘩などをしているのではありません。

大切な人どうしの仲たがいの仲裁に入ろうとしてしまったのです。

 

良いのか悪いのかはわかりません。

ただ、いつも自分が何かに突っ込むときは

内側から行け!と強いメッセージが来るので

ほとんど迷いがありません。

 

確信的にそうしているのです。

私は何を見ようとしているのか

私に何を見せようとされているのか

それは 最後にならないとわかりません。

今は自分のハートに従って 愛であることだけを目指しています。

 

たぶん、本当に愛であることとは何なのか?が わかるんだと思います。

 

愛でないものは苦しみます。

だから人も 愛にしたい。

エゴと愛 何が違うのか  感じて見分けています。

 

今のところ 私の生きる意味は 愛であること。

たぶん、それはずっと変わらない気がします。

現実は小説よりも奇なり

ちょっと間が空いてしまいました。

皆様おげんきですか?

 

私はここしばらく とても不思議なワールドに迷い込んでいました。

 

人間の感情とストーリーの渦巻く世界

 

人様の世界というのは 実にドラマチックで

そして奇妙です。

自分の見ているものは とてもリアルな現実 だと感じているんだと思いますが

それは本当にリアルなのか

 

定かではありませんよ。( ̄▽ ̄)

 

世にも奇妙な物語 ってTV番組がありましたが

あんな 幻想的なことが 現実でも起こります。

 

起きていることはたった一つの真実のみ なのに

それを挟んで対立している人たちが見ている景色は

表と裏 よりも違う

異次元のストーリーです。

 

あなたが見ているものは 真実ではありません。

 

自分が見ているものも真実とは限りません。

 

更に 脳の記憶は 都合よく書き換えが起こります。

 

ですから、どちらの見解が正しいのか なんて 無駄な討論かもです。

 

真実は一つですが

見ている現実は多種多様

たった一つの正解が存在しているわけではなく

無数の答えが散在しているのです。

 

あなたが幸せにいる答えを選んでください。

感情のエネルギー

怒り

横暴な行為を見ると 怒りを感じます。

 

横暴な行為を見た時、エネルギーのか弱い存在は 怯え、

エネルギーのある者は 怒ります。

「やめろ!」と。

押された圧に対する 反発力です。

こちらにもエネルギーが充満していると 強い弾力があります。

もし。内側のエネルギーが少なかったり、幼いために小さかったりすると、

強い圧で押しつぶされてしまいます。

ペシャン  痛い。心がつぶれる音。。。

 

押しつぶされるのは誰でもイヤです。

 

やめてください! って 言っていいんです。

お互いのやり取りで発信するエネルギーの強さが

強すぎると 当たりが強い wobbly

叩く というような状態になってしまいます。

エネルギーアタック!punch

 

痛みを感じた相手は怒ります。

「痛いじゃないか!」pout

言っていいんです。「痛いです」って。

「それは痛いです weep

 

「ごめんごめん、加減を間違ったんだ、悪気はなかったんだよ。痛くするつもりはなかったんだよ。許しておくれ」

と言えば 大目に見て許してくれることもありましょうが、

 

なぜかわからないけど素直になれず、

自分の立場を笠に着て 「俺に盾突くとどうなるかわかってるんだろうな?」

なんて 威嚇や脅迫めいたものを持ち出して 反発を抑え込んでしまったら

 

相手は負のエネルギーを抱え込んでしまうことになります。

 

ストレス これが内側に残るカルマの感情

 

出しそびれたカルマの感情はエネルギーの塊、圧 として言葉の端々に

態度の端々に出てくることがあります。

イライラとか不機嫌とか 低いテンションとか。

 

知らず知らずのうちに子供や弱者に その圧を乗っけていたり。。

 

エネルギーはそうやってじわじわ周囲に拡がります。

 

喜びは、正のエネルギー  光のエネルギーです。

このエネルギーも自分から発せられるもので、

これはあまり隠しもしないですから、

あなたから燦燦と輝くように放たれます。

 

「なんだか、楽しそうだね。いいことあったの?」

「うん、まあね delicious

 

光のエネルギーとバイブレーションは

遠赤外線みたいに相手も温めています。

一人が楽しいとみんなもなぜか楽しくなる。

 

エネルギーとはそんなものです。

双葉

あなたのそばの草木たち

生きてるぞ~ って波動 感じてみてください。

ベビーピンクのバラ

薔薇も語ります。heart04

エネルギーの方向 

そんな簡単に素直になれるもんじゃない

という方

感情的にこじれる  ということになっています。

 

この世界は 広くて高さもある、その上時間まである多重構造

一方向だけのエネルギーのやり取りじゃないんです。

多方面からのいろんな波紋の影響を受けます

右から左から

雨の波紋

雨と木の葉

障害物とか 下から 上から

更に次々

雨の水たまり

 

無数の人間が放つ波動は、これ以上に複雑です。

なぜなら人間たちは 波紋を封じることもするので

押し込められたエネルギーは行き場を探し回ります。

脆弱な壁は突き破ってしまいますよ。

それが自分の身体であろうが、

柔らかく優しい 押し返さないそれに。。。

 

あなたは あなたの怒りを自分で終わらせる覚悟をしてください。

 

それは誰にも伝えない ということではありません。

感情のエネルギーを処理したのち、

穏やかに問題提起するのです。

 

感情のエネルギーを抜くのには 瞑想が一番安全で効果的です。

 

あまりにも強い負のエネルギーは

一人で悩んでいないで ご相談ください。

話すことでも荷下ろしできます。

 

身体に出た反応は 良かったですね。

身体で良かったんです。

心にできているととてもこじれて厄介ですから

身体を癒すことで 解放を終わらせていきましょう。

悩む も 辛い も 痛い も解放です。

 

複雑なエネルギーの影響、

内側ですっかり絡まって混乱状態の人はもちろん

絡まって身動きがとれなくなる前に

瞑想で掃除してしまいましょう

 

カルマ(ネガティブエネルギー)の解放が進んで

あなたの心の内側が シンプルになれば、

外の波に翻弄されることがどんどん少なくなっていきます。

カルマを手放してしまうと

自分自身が好きになっていく。

そして

自分自身を信じられるようになるからです

ページ上部へ