ホーム>スタッフブログ>2019年3月

2019年3月

ノンデュアリティ・非二元

ノンデュアリティ ( nonduality)は  2つではない という意味

全てが一つである という悟りの意識のことです。

 非二元論 と呼ばれています

 

非二元についてのお問合せがありましたので この非二元についてのことをお話ししてみます。

 

私たちの意識(自我の意識)は 自分自身と外側にあるものを分けて考えています。

体は私に所属するけど 外にあるものは 私ではない 

私とあなたは 別のもの としてとらえています。

私は 私として生まれて 私にはいつか終りが来る。

そんな風に思っている。

 

私と他人、私と他、私たちとその他のもの などと この世界を 自分とそれ以外のものに分けてとらえています。

 

お釈迦さまがとらえた悟りは この分ける考えは捨てています。

 

本当は分けようのない 一つの世界が存在していて、

その一部分であるこの体に この意識が乗っかって、この世界を見ているだけなんです。

 

頭の中で確立する 『私』 というアイデンティティー

頭の中で紡ぐ 『私の人生』 というストーリー

 

これらは 私たちの脳みその記憶の中でしか存在できません。

 

この世界は、 刻々と姿を変える 『今、この瞬間』しか存在していないのですが、

私たちの頭の中のイメージは 『私』 というストーリーを常に描いています。

それは 真実 ではなく、 頭の中に現れる 現実 です。

 

一つの真実を、 いろんな脳みそがいくつものイメージで 違った現実を見ています。

勘違い や 思い込み も色付けされて

また、こうあって欲しいという願望も色付けされて。

自分のイメージを良くしておきたい自我は 容易に他者を悪者に仕立てて

自分は善良な被害者を演じたがります。

これは自我が無意識にやってしまう癖みたいなものなのです。

本人の気持ちとしては大真面目です。

間違ったことなんてこれっぽっちも思っていませんし、

自分が見ているものが真実のように見えてしまうので なかなか気付くことが難しいのです。

 

真実は 感情のもつれやトラブルは 単に摩擦が起きたにすぎません。

2人の人間の間に双方の都合の違いが摩擦を起こした。

食い違う都合が摩擦を起こして ネガティブ感情が発生した

善いも悪いもない 

ただのアクシデントです。

 

人間は生き物ですので、摩擦に不快感を感じます。

生物として 不都合な不快感は回避したいものです。

その結果、相手を悪に仕立てて 非難、攻撃、排除  という生物的な行動に出ます。

 

ただそれだけのことです。

 

でも、人間は脳が発達しすぎているせいか、頭の中でイメージを操作してしまうのです。

頭の中で、自我が目の前で起きた事を自分にとって正当なストーリーに仕立てます。

 

自分をOKにするために苦心している自我。。

OKかどうか という基準(ルール)も自我が持ち歩いているので、

基準(ルール)が多ければ多いほど 悩みが尽きません。

 

あまりに悩みが多すぎて疲れ果てた末に、

考えられなくなり、ハタと気付く(疲れ果てたおかげで考えを放棄することができた!)

 

何やってんだ?私は。。。

 

この悩み、頭の中でしか起きていません。

 

世界は相変わらず、喧騒であり、のどかであり、いつものこの世界が 

相変わらず刻々と姿を変え続けているだけです。

しかも地球上を構成する分子や原子、素粒子は 姿こそ変えてはいますが、

何一つ増えもせず減りもせず 存在し続けています。

 

私たちはこの世界の一部の 一つの今の姿にすぎません。

 

 

頭の中の ストーリーや イメージから離れて

ただこの世界そのものを感じた時に 世界そのものを体験する 一瞥体験があります。

 

とても不思議な感覚 としか表現しようがないと思います。

 

世界を感じて感動する 自己というイメージから解放された瞬間

これが 大変感動的でもあるんですね。

少なくとも私のそれはそうでした。

 

それ以来、私 というイメージはとても薄いものになっています。

 

毎日瞑想をするということは、毎日、自我のイメージから離れる時間を体験する ということです。

自然と一瞥が起こりやすくなります。

 

意識が深く空に入る ELM瞑想は 悟りへの近道です。

悟りの感覚を邪魔するネガティブ感情をカルマと呼んでいますが

瞑想がブルドーザーのようにカルマの感情を押し出してしまう  と聞いた時は

何はともあれ スッキリしたいと毎日瞑想をしました。

 

その結果 その意味を体験するのです。

本当に一番の近道は、長期瞑想合宿コースに参加することなのですけど、

まずは おうちで日々心の内側をお掃除しましょう。

 

続ければ続けるほど カルマは出て行ってなくなります。

面白いほどに  です。

 

毎月第1土曜日にELM瞑想の無料体験と説明会を開いております。

 

瞑想実践者の勉強会&瞑想会は第3日曜日です。

 

瞑想合宿は、今年6月の20日頃に ELM瞑想の創始者ボブ・フィックスによる高千穂瞑想合宿が予定されています。

週末の3日、もしくは5日のコースになる予定です。

来月辺りに募集サイトが立ち上がりますので、参加者募集が始まりましたら告知いたします。

瞑想合宿の参加条件は、ELM瞑想のマントラ伝授を受けた方 です。

 

マントラ伝授の受付はお問合せフォームよりご連絡くださいませ。

ゴールデンウィークの連休中にも 対応いたします。

 

個人カウンセリング、及び 瞑想セッション、EFT療法 のお申込みも随時受け付けいたします。

お気軽にお問合せくださいませ。

仏画展詳細

ニュースの方にも同じ記事をあげておりますがブログの方でも告知させてくださいませ。
アジア美術館でのアトリエ霽月教室仏画展のお知らせです。

仏画展DM

中洲川端駅リバレインの アジア美術館にて 仏画展を開催いたします。

 美術館の開館時間は10時~20時で 最終日は18時までです。

 

日頃、仏画はなかなかお目にかかることの少ないものです。

仏画の掛軸はお寺や博物館で見ますが、年代物は 色が褪せたり、お線香のヤニで茶色になってしまったり

綺麗な色でのこっているのは少ないのです。

仏画の掛軸は 仏教の教えを伝えるため、また仏教の修法に使うため、僧侶が持ち歩けるように作られました。

持ち歩いても傷まないよう、どこでも飾れるように絵を掛軸に仕立てたのです。

額縁というものがない時代の人々の知恵と技の結集ですね。

今の時代では額縁の方がお手軽に手に入るので 掛軸の需要は少なくなってきましたが、

この伝統技術は なかなかに洗練されています。

持経観音釈迦曼荼羅部分ホワイトタラ

仏画は

描かれた当時の極彩色の美しい仏画を知らない方も多い事でしょう。

この機会にぜひ仏画の美しさをご覧になってください。

講師戸村寿子の作品50点以上、仏画の会メンバーの作品も50点近くあり、大変大きな仏画展となります
 

アジア美術館ホームページの情報は こちら

 

期間中ワークショップを企画しておりますので こちらもお楽しみに。

 

 12日 写仏ワークショップ 14時~16時

 13日 写仏ワークショップ 14時~16時

 14日 写仏ワークショップ 11時~13時、16時~18時

    ギャラリートーク  14時~15時

 15日 ギャラリートーク  14時~15時

 

ワークショップの内容

 ① ペン画の写仏   1枚 500円

   どなたでもチャレンジできるペン画のなぞり描きです

 ② 墨と筆で描く写仏 1枚 1000円

   伝統的な写仏をご体験ください。 お道具はご用意しますが、使い慣れた面相筆をお持ちいただいてもよいです。

 ③ 色鉛筆を使った塗り絵仏画 2000円

   白描(線描きのみ)が印刷された仏画に色鉛筆で色を塗っていきます。

 

出品者一同 みなさまのご来場をお待ち申し上げます。

 

尚、会場は飲食不可であり、生花を置くことが許可されておりませんので、食品及びお花の贈り物はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

ネット社会

インターネット技術が進歩して 随分といろんなことができるようになってきましたね。

便利になりすぎて人間が怠慢になったり、本来のコミュニケーションが希薄になる 犯罪に利用される など

問題視する動きもありますが、

私は素直に この進化を歓迎しています。

どの時代も共通するのは 道具は使い方次第 ということです。

 

車は便利ですが、乗る者の意識次第では 人を殺傷します。

刃物もそうです。

武器は、 、、、 ストレートに嫌いです。

武器が要る人間の世界であることが問題です。

道具は 人が幸せになるためにあると思っています。

 

人が幸せにならない道具は 必要ありません。

 

人は欲を満たす道具を欲しがりますが

私は 人が幸せになる道具だけで十分だと思っています。

 

人は 幸せを感じて入れは あまり欲に目が奪われないものです。

 

インターネットは 本当に心の通じ合う 遠くにいる友が身近に感じられます

地球の裏側でも すぐお隣の家にいるように

コミュニケーションが取れます。

 

人はますます、自分と縁が深い人間と繋がりやすくなっています。

自分自身をどれだけ磨くかが 自分の人生を左右します。

 

素敵な人生をつかみ取るには

あなた自身が今 幸せであることを選択する必要があります。

幸せは条件によってもたらされるものではありません。

あなたが幸せに生きようとすることで それがより現実となります。

外界への怒りと苛立ち 鎮めてみましょう。

 

私たちの心が 静かに整う時、

世界は恩恵をもたらします。

本当に

真の幸せを味わってほしいのです。

 

もうすぐ 世界が咲き誇りますね。

咲き始めたら、ぜひ実物を見に行ってくださいね。

感性を全開にして 感じてください。

命のきらめきを感じてください。

桜

ご報告

桜開花

梅の季節が終わり、桜が咲き始めましたね。

どこかへお花見の予定はありますか?

桜の花は 自然の生命力を実感させてくれます。素敵な季節です。

 

さて、今日はご報告なのですが、

私、野津寿子は この度、活動名を本名の 戸村寿子 に変更することにしました。

 

昨秋に 再婚しまして 本名が変わっていたのですが

名前を変えると いろんな変更事項が生じまして、かなり手続きなどに手間取るんですね。coldsweats01

変化そのもののも勇気がいるようです。

 

それですぐには公表もしなかったのですが、

親しい運勢学の先生 に 結婚の時期を観て頂いた時

今年の3月が一番いいと言われていたんです。

それで 3月に変更して、4月の大きな展覧会は新しい姓で新スタートしようと決めました。

 

お相手は医療機器メーカーに勤める会社員の方で

なかなか控えめな人なので表に出たがりません。

猫が大好きなとても優しい性格の人です。

これまでも色々と私を助けてくれたり

何かとサポートしてくれることも心強いパートナーです。

 

今後とも 夫婦共々 よろしくお願いいたします。 happy01 clover

桜 アップのサムネイル画像

悩みやすいという悩み

どうしてこんなに悩みが多いのか? とお悩みの方 いらっしゃいますか?

私のアトリエにもそんな悩みで訪れる方もいらっしゃいます。

どうして私の人生はそんなに困ったことが沢山おこるのだろう?

どうして幸せや安心がなかなか来ないのか?

 

気苦労が絶えません。 

困りパグ

 

確かに平穏な人生と、波乱万丈な人生ってありますね。

どんな場所、どんな家庭に生れ落ちるか でも随分違うことでしょう。

それぞれの人生は 公平ではありません。

すごく個性があるんです。様々な運命、宿命。

 

中東とか アフリカ などは なかなか過酷な地域もあります。

 

日本人で良かった  と思うことは少なくありません。

人間らしい生活 って本当にいいものです。

飢えない、凍えない、痛まない、 

自由も素敵です。

でも、多少制限はあっても 護られる というのもいいものです。 

 

あなたの人生はどうですか?

何かお悩みがありますか?

特になければ、  最高です!shine \(≧▽≦)/

困ったことは、 あってもなくても、最高なんですけどね (笑)

 

悩み というのは

困ったことがあるかないか という問題よりも

それを悩むか悩まないか ということ

 

悩みやすい人というのは 

考えすぎるんですね。

気にしすぎる。

あれも大事 これも見過ごせない

ああすればこうなるし、こうなったら大変と いろんな状況が頭の中でぐるぐる回ってしまって

判断ができなくなる

決断は1つずつしか下せないけど、どちらかを選べない。

心の中で綱引きになっちゃって どうにも 疲れ果てるのです。

どっちを選ぶ?

いや、選ばない という選択もありますよ。

自分で決めない。 流れ次第。

 

なるようになる。 放置。

 

これは、周囲や運命や世界に対する信頼感を持つと簡単です。

信頼する根拠は あってもなくてもいいんです。

 

「そうは言っても落ち着かなさは消せないし気持ちの切り替えもできないんです!」という人は

瞑想をしてください。

毎日瞑想をすると、ネガティブな感情が徐々に消えていきます。

内側のネガティブエネルギーが問題なんです

感じて解放するか、瞑想で解放するか

どちらでもいいんですが、

瞑想で解放する方が楽です。

 

ちょっと落ち着いてきたら、こんな風に思えるようになるでしょう。

 

先に起きてくることは 誰もわからないものです。

自分でどうにもできないことを苦しんでも もうしょうがない。

 

目先のことをいじって抵抗しても、この世界には敵わない。

それに、どんなに必死に起きないようにしたとしても、起きることは起きてしまうんですね。

こういうものは宿命 って呼んでます。

最初から起きることが決まっていたこと。

それらは起きて過ぎ去っていきます。

 

起きた時、ショックを受けるよりも、

起きた時、冷静に対処した方がいいです。

乗り越えられない試練はやって来ません。

 

考えすぎて疲れ果てて冷静な判断もできないのは もったいなくないですか?

むやみに怖がるのは 心の中に潜むカルマの感情エネルギーでもありますから

そこを瞑想でスッキリさせて 無駄に心配することを手放しましょう。

 

瞑想で 心を穏やかに。 

ELM瞑想の効果は他に類を見ません。

私たちの意識はどんどん進化していきます。

 

全てがOKだと知る日は近いです。

武装する人

攻撃的な人っていますよね。

人を傷つける言葉を投げてきたり、マウンティングと呼ばれる上から目線の発言

大きな自己顕示欲と強い自己愛に見える自己中心的な人

 

なかなか取り扱いが難しく、みんなが嫌がって近寄りません。

 

こういう人物は性格が強い なんて言い方をされますが、

本当は強い人ではありません。

 

強がっている人なんです。必死で強がって「弱くないぞ~」 と叫んでる

弱くて怖いから威嚇して 自分を傷つける存在を遠ざけておこう

傷付けられる状況を作らないでおこう という無意識の防衛が前面に出ています。

「寄らば切るぞ!」 と。

 

強い人は「俺は強いぞ」なんて発言しません。

そんなこと誰でもわかるから。

 

恐れて攻撃するのって 悪循環なんです。

近寄って切られた犠牲者が 暗殺を狙っている?かもしれません。 coldsweats01

人を傷つけたら 次は自分が傷つく

当然の摂理なんです。

痛みを知って 他者の痛みも知る。

この世界の学びです。

 

自分が傷付いたら 人を傷つけてないか 振り返って

傷付けてきた人も、傷付けてしまった自分も 全部許しましょう

 

攻撃的な人を改心させようと、あなたが成敗しにいかなくていいです。

自然の摂理は その人に学びを与えるでしょう

あなたは 自分自身を護る責任があります。

自分を不幸にしない責任

自分を癒す責任

それは誰にも頼めないことなんです

 

怖がって威嚇するワンコ dog は、そっとしておきましょう。

もちろん荒れるエネルギーからの防御は必要です。

台風対策 しないと。

嵐は 過ぎ去るまでは気を付けます。

そして 晴れる

 

早く 恐れが消えるといいですね。

癒しが世界を救います。

アクアブルーの海

誰も攻撃的になれない場所って あると思います。

そんな自然を 大切にしてください。

癒される場所で すべての痛みを溶かします。

手放して 消えるのです

 

私たちが目をつむる時、

そこに 誰も踏み込めない世界があります。

あなたの内側

綺麗にお掃除して内側にくつろいでくださいね。

瞑想しましょう。

心の曇りを晴らしましょう。

アジア美術館HP

アジア美術館のホームページに 仏画展の案内が掲載されました。

 

http://faam.city.fukuoka.lg.jp/exhibition/detail/623

 

展覧会があと20日に迫っています。

まだまだ表装制作中です coldsweats01

 

こちらは案内はがきです

仏画展DM

仏画展DM裏

ちょっと画像が荒いですが お許しを。

 

今週中に済ませないといけない作業に追われております。。 coldsweats01

 

表装三昧でございます。。。

意識が拡がる仕組み(完成)

今日は 少々 抽象的なことを話します。

平面と立体、 

地図はで表現される位置は平面の上だけで示されますが、

現実にあるのは立体的な空間です。

部屋の床にあるものと天井にあるものは離れていますが、

地図上では同じ点です

 

意識、認識も平面的なものでなく立体的なもの、あるいはもっと複雑な多重構造を持っていて

いろんな層があります。

 

私はその構造を球体みたいに理解しています。

いくつもの層からできてるゴルフボールみたいな感じ。

ゴルフボール断面ゴルフボール構造

これは世界観を現すものですが 自我が小さな点だとしたら 

外側に行くほどスピリチュアルで広いエリアの理解が可能になります

自分が居る層より内側の世界を見ることができるのです。

一度拡がると狭く戻ることはありません。

 

スピリチュアルではこの範囲、自分がいる意識レベルを3次元とか4次元とか5次元 なんて表現します。

私たちの自我の認識が見ているのが3次元の物質世界

その外は肉体から抜けた霊がいる霊界、

意識の波動が高くなれば高くなるほど外側の広い所から内側を見ています。

 

何次元まであるのでしょうか?

一番外は空(くう)とか、宇宙意識 って呼ぶんですが

ここには価値観も消滅する全てを包括する認識です。

 

層と言っても 実際は境目なんてあって無いようなものかも。

でも意識の中では自分が居る所より外側は壁のようなものを感じて外が見えません。

これは何の壁かと言いますと、自分が作った制限の壁なんです。

幻想の壁ともいえるでしょう。

真実は、壁などの境目はなく、

空気が温度で、勝手に層を作っちゃうのと同じようなものなのかな。

自然と分かれてしまう みたいなことなのでしょう。

空気と温度 ではなく 意識と波動 で層ができます。

 

同じ層にいる認識と共感しやすく、ご縁がつながりやすいのです。

心の状態が良く心の広い人、高波動の人とご縁がつながりたければ

自分自身がそのように懐(許容範囲)を拡げればよいのです。

 

心を拡げるには まず、自分自身を受け止め 許し 解放することです。

意識の海

今日は私たちの意識について

具体的なイメージで

例え話をしてみたいと思います。

このお話は聞いたことがある方もいるかもしれません

 

まず、意識そのものは『海』に例えられます。

意識の本当の姿は 海 のようなものです。

 

私たちの意識が物質世界を見ている時、

海の表面から大海原という外の世界を見ています。

凪いでる海 や 穏やかな天候

穏やかな天候だと 煌めく海を見ながらそよ風に凪ぐ海原を悠々と行く船旅のようでしょう。

逆に 荒れ狂う嵐

大きなエネルギーが空気も海も激しく揺さぶります

私たちの意識が乗っている船は 波にもまれる木の葉のように

「ああっ、もはやこれまでかっ!」 なんてドラマを観るかも。

この世界は様々な姿を見せます。

 

恐れていることがあると、それが終わることが死の恐怖のように感じてしまいますから。

これから起きることにまでそんなに心配しないでください。

それはまだ起きていません。

起きているのあなたの心の中のイメージでだけです。まだ。

 

もし、今まさに ビッグウェーブの真っただ中の人

川下りレースのような急流とか サーフィンの波みたいなすごい波乗り(現実という波乗り)をしてる時は

全意識を集中してその時の今を乗りこなさねばなりません。

ごちゃごちゃ考えてる余裕などその時にはありません。

考えるのは 急流を越した時です。

ビッグウェーブ

でも、その急流に乗り込んだのは自分かもしれませんね(笑)

誰かに乗せられた? それでも降りなかったのは、同意して乗り込んでいるのです。

現実という大きな流れに押し流されて、「キャー」なんて叫んじゃっている時

 

そんなすごい体験の時でも、私たちは、静かな心を作り出すことができます。

瞑想で自分の意識の世界に入っている時、私たちは心の奥深くの静寂に触れてきます。

心の静寂なんて 精神修養をした人でないと無理だと思っていますか?

そんなことないんです。

 

ELM瞑想は どの人でも瞑想中は空に引き込まれます。

 

現実世界がすべてなのではないんです。

 

見えている現実世界は、自分の脳が見ている映画のストーリーだったりします。

そのストーリーはその脳にインプットされたドラマなのです。 これが幻想と呼ばれます。

本人には現実ですが、真実は異なっています。

 

真実は実にシンプルなんです。

感情が絡みませんから。

 

私たちが見る人生のドラマも 

どうせなら面白くてハッピーなストーリーがいいですよね。

自分の脳内ドラマのストーリーを書き換えることができるのでしょうか?

 

できます。これは 意識の選択だからです。

ハッピーを選びましょう。

日々の選択があなた自身を幸せにするのです。

 

このままでいい人はそれでいいんです。

もし、今のあるがままでいい と思えない人がいたら 何かを変えてみましょう。

 

どうしたらいいかわからない、うまくやれない と思っている方はぜひご相談ください。

ELM瞑想の実践は ダルマの流れに乗り あなたを悟りの方向に導きます

意識は流れにより変容します

表面の意識をサポートするのにEFT療法が効果を発揮します。

ELMとEFT 似てますね(笑)

正式な名称は Eternal Love Meditation  と Emotional Freedom Techinices です。

この二つは私自身が実践してみて効果に驚いた二つの方法です。

ほんとにお勧めです。ぜひぜひ。

 

ご相談はアトリエ霽月までお問合せくださいませ。

ELM瞑想をすでに実践している方々も 気になることや聞きたいことがありましたら お問合せフォームから ご連絡ください。

一日瞑想会

17日日曜日は月一恒例の一日瞑想会でした。

このところ、展覧会準備で外に出かける用事が多くバタバタしていましたが、瞑想会で慌ただしさもリセットでした。

1日瞑想会201931833918.jpgのサムネイル画像

日常はいろんな事があります

絵を描くこと、表具をすること、企画をすること、(年度末は特に確定申告の)事務をすること、 ブログでスピリチュアルのことを文章にすること などなど

 それぞれが 『違う自分を使う』 という感じなのですが

何をするにも 最近は特に 一つの事に入り込むので切り替えの時は

よっこらしょ という感じです

これは 年齢のせいかな?

若い時は よっこらしょ は無かった気がしますが(笑)

「そんな今の自分も受け入れ、自分を愛します」 なのです。

この言葉、セラピーで使います happy01 clover

 

人は真面目に生きようとするほど 自分を責めがちです。

これで良かったのか?自分は善く生きれているのか?

私が悪かったんじゃないのか? と

子供の頃 純粋な心で 傷付いたり傷つけたりしてしまった時

心に 罪悪感が刻まれてしまうことがあります

 

その罪悪感は今のあなたに必要ありません。

 

あなたはあなたらしく自分を大切に生きてください。 shine

 

ページ上部へ