ホーム>スタッフブログ>2019年1月

2019年1月

失敗がもたらすものとは!? その1

タイのプラムビレッジ経験の中で 私に最大の意識の変容を起こしてくれた出来事がありました。

最期の最後に 超でかい失敗をやらかしてしまったのです。

もう 言うのも恥ずかしいのですが、言わないと 体験談が語れないので ちょっと赤くなりながらお話します(苦笑)

 

日本に帰国する日、空港までの送迎の時間が、前日に変更になりました。

「タイでもお正月で交通渋滞が発生したため、通常3時間かかる道が最悪6時間かかるそうです。

なので、出発を2時間早めることになりました。 それぞれの出発時間を掲示板に張り出していますので 確認しておいてください」

というアナウンスがありました。

 

私は 帰りに乗る飛行機が プラムビレッジを出る日に丁度良い便が取れず、翌朝の早い時間の便をとっていたので 一番遅く出発するバスをお願いしていたんですが、

それが何時だったか 申し込みシートはパソコンのメールの中。何時のバスだったか・・・

はっきり覚えていなかったので、見に行かなくちゃ と思って 掲示板を見に行きました。

 

表記は全部英語ですが 私の名前の所に11:00 と書いてありました。

私は午後のバスだったはずだから11時か と思って、同じ時間に出発する日本人が何人もいることを確認して部屋に戻りました。

 

福岡からは単独の参加だったので他の日本人参加者さんのお名前もフルネームでは覚えきれず、誰と一緒なのかはっきり確認できていませんでしたが

沢山いるから大丈夫だろう って 思ったんですね。

 

翌日、同じ部屋に泊まっていて親しくなった人たちは9時のバスで出ると 早起きして帰って行きました。

「また空港で会えるかもだね~」と言って見送ります。

 

私はあと2時間ある 

 

ゆっくり荷物を詰め直して 20分前には集合場所に行きました。

 

いくつかのスーツケースが玄関先に出ていましたが、それは別の場所に行くグループのものでした。

 

その人たちを見送る。。

 

あと10分、

 あと5分、

  まだ誰も出てこない   coldsweats01  

 

どうしたんだろ、遅いな。。

 

時間が来た、

 5分すぎた、

  なんで誰も集合しないんだよ~~~    sad

 

 (;´∀`)ゞ

 

(^_^;)三(;^_^)

 

   ( ̄▽ ̄;)・・・・・

 

・・・・ (;´∀`)

 

これはヤバい・・・・・ かも?  と、

その時初めて気が付くんですね    bearing 

 

出発時間表の掲示板の所まで ちょっと距離があるんですが  見に行きます

 

プラムビレッジでは走ってはいけないんですが、小走りで掲示板に向かいます。

 

大勢の名前の一覧表、到着時刻とか滞在日数とか出発時間、、、の表です

私は43番という番号がついている HISAKO、の  departure

11:00 と書いてある枠の隣の隣 くらいに 

  赤字で 9:00 と 書いてあるではありませんか!!!

 

   (((@_@)))

 

脳内を激震が走ります・・・ (;・∀・)  (;´∀`)

 

 ・・・Σ( ̄_ ̄lll)ガーン  (TOT)

 

げ! !!!   や、 やってもうた・・・  shock     orz   やや、ヤバい 

 

  sad 

 

最高のオオボケかましてしまいました。 pig もう笑いがこみ上げてきます。(;'∀')人(;´∀`)

いやいやいや・・・   

・・・いやいや・・・

 

coldsweats02 い、いや、  か、帰れればよいのだ、、、

た、単独、。タクシーで1万円 払えばよいのだ、、、 そうだそうだ、

幸い 無駄遣いしないでお金は充分余ってる (プラムビレッジグッズショップ以外買い物するところなど無いので)

ちょっと深呼吸をして とりあえずタクシーの相談をしに ・・・  だ、誰に? ( ̄▽ ̄;)

 

そうだ、ブラザーだ。 英語しゃべれそうな顔してるブラザーを探す・・・

ベトナム語しかわからないブラザーも多いので ・・・

 

向こうから キリっとした顔の若いブラザーがやってきました

駆け寄って話しかけます

「え、エクスキューズミー」「アイゴットアビッグミステイク!」

「アイ、クドゥントライドザバス トゥズィエアポート」「アイ ミストゥックザタイムオブザバス」

ほぼしどろもどろに英語風に訴える。

 

若者ブラザー、あーね な表情をして 「日本人ブラザーの部屋があっちだからヘルプしてもらおう、ついてきて」と英語で言ってるようだ

 

何やってんだー 私!  バカバカバカ! ハズい、ウケる、笑える  (≧◇≦)

9時発のお仲間たちをめっちゃ見送ったし・・・  ( ̄▽ ̄;) 

 

 ('ω')シ   bus rvcar rvcar

 

一人 脳内映像に悶絶しながら ブラザーの後をノコノコついていく 。。。((((*´ω`)ゞ 

 

人がいなくなったプラムビレッジ

 

まだまだ話が長くなりそうですので 次回 その2へ to be continued・・・

私は私

そごうの広告のサムネイル画像そごう広告

この広告を見て戸惑う方が続出 という話題をFacebookのお友達から聞きつけまして 何だろうと見て見ました。

画像をクリックして頂くと 話題の記事が出て参ります。

 

そごうのプロモーションビデオはこちらです。 今をときめく新進女優の安藤サクラさんが出演していらっしゃいます。

安藤サクラさん、私も好きですね~、朝ドラはそれほど見ていませんでしたが、これまでの話題作は色々と拝見しました

この方の体当たりな演技は目が釘付けになっていしまいます。 美しいだけの女優さんとは一味も二味も違います。

 

で、このそごうの広告を「なんじゃそりゃ!」と頭にきている女性ライターさんは 何を怒っているのか?

そごうの広告のコピー(文章)を書いた糸井重里さんは 何を言いたいのか? を

解説してみたいと思います。

 

 

「差別されて来たんだろうが! 怒らないで、戦わないで、見返さないでなんなんだ!!」 と ライターさんは思っているようです。

「女の時代なんていらない 私は私 って意味わからん~」 と 理解できない言葉に困惑と怒りを感じていらっしゃいます。

このライターさんは まだ男女差別と闘っているのかもしれません。

差別してくる男性や社会に怒りを感じて 見返してやりたい と思っているのです。

 

これ、完全に戦うモードです。

そして差別された被害者の怒り なんです。

いろいろ 不当な扱いを受けて 悔しかった経験があって、自分にそんな思いをさせた相手を許せない と思っているんです。

 

そんな経験が 皆様にもおありですか? 

差別されることはたしかに 全く嬉しくありませんし、傷ついたりもします。

 

でも、これに反発して見返したい と思う気持ちは 

差別してくる相手と同じ土俵に立って 戦っているのです。

勝ちたい

勝ちたいんです。

認めろ! こちらを敬え と 心のどこかで思っています。

人は圧をかける人とかけられる人(差別する人とされる人)に二分されています。

 

勝ち負けを競っているうちは 必ず 勝者と敗者が生じてしまいます。

差別はなくならないんです。

活躍とか進出で より前に出ようと、必死で努力して追い抜くことは可能かもしれません。 

追い抜かれた者、出遅れた者は、また追い抜き返そうとしたり、出し抜こうとしたり、プライドをかけて戦って(競って)しまうのです。

戦いをやめない阿修羅の世界(修羅界)ですね。

 

この広告のコピー(セリフ)は

私は競争なんてつまらないゲーム あんまり興味ないわ と言うことですね

人が蹴落とし合ったり ムキになってだれかより優れようとする競争なんてなんで参加しなきゃいけないんでしょうか。

男とか女とか、もういいじゃないですか、そんなどっちが… なんて戦いからは抜けて 男とか女とかいうレッテルを脱ぎ捨てて私を楽しんで生きるわ! と。

 

ここで競争意識さんは言います

自分が競争したくなくったって、周りからしかけてくるんだからしょうがないじゃないの! と。

 

いえいえ、売られた喧嘩は買わない って選択もあるんです。

誰かに 「あなたは劣ってる」 と言われたら あなたは劣ってること決定! なんでしょうか?

その価値判断を受け取ってしまっているんです。認めちゃってる。

 

誰が私を卑下しようとも、私の価値は 変わらないんですよ。

そのことを知っていること、

私自身の価値を私が知っていると 誰かの批評や批判は 小鳥のさえずりのようなものに聞こえるかもしれません。

カラスが アホーって鳴いたら 馬鹿にされているのでしょうか?

モズが ギャーって鳴いたら 私はダメな人間なのか?

でも、劣等感を握りしめていたら カラスやモズでも腹が立つかもしれません。

 

自分自身の魂は 本当は 誰にも汚されることなどないのです。

だって、それは誰にも触れないのですから。 自分自身以外には。

好きじゃないものは拾わなくていいんです。

投げつけられたら パッパッと払っちゃってください。

 

毒を吐いてるあの人も 本当は自分が愛されたくて

でも満たされない思いを持ってしまって 誰かに勝ちたい 誰かに優りたいのかもしれません。

人は、愛に満たされないと思うと、愛の代償としての賞賛が欲しくなる。

愛はもらえないけど、賞賛なら得られるかもしれない・・・と思って。

 

本当は愛の方が簡単に手に入るのですけどね。

ただ、優しくなればいいだけなので。

うまく表現できる気がしないので

何か意地を張って 本当に欲しいものを閉ざして別のものを手に入れることに躍起になっている そんなゲームを続けているのかもしれませんね。

瞑想でカルマを掃除すれば簡単ですよ。

 

競争ゲームは終わりにして 

本当の愛を見つけるには 自分を愛することから始めるんです。

私が 生きていることが輝きだと 自覚することなんです。

 

誰にでもできます。

自分を愛することができれば 人に優しくしたくなります。

日々の悟り

悟り(真の幸福) というのは どこか遠くにあって目指すもの ではないんです。

すでに今、ここにあるものを見つけ出すこと です。

もうご存知の方もおられることとは思います。

でも、まだ 体感したことがない方には ?何を言っているのか とらえどころがなくて モヤモヤするのではないか と思います。

これまでの社会的な観念に慣れた意識では いまここ感覚 は 

どこにあるか、どれのことなのかわからない と感じてしまわれる方もあることでしょう。

特に現代の日本社会 では  内側を見つめる時間 というのは見過ごされがちでした。

ずっとそんな時代が続いたんです。

今はその意識では窮屈さや苦悩を感じるので どこから抜け出そうと思う人が増えてきました。

ですがまだまだこれから なんです。

 

いまここ 命を意識する感覚 は

周りにそれを分かっている人がいないと 見失ってしまうことも多いのです。

 

でも、その(悟り)モードは 出会うと心が温まり、癒されます。

なぜでしょう? 

本物の悟りの波動は 穏やかで愛に満ちていて 癒し そのものなのです。

 

あなたはそのままでOKなんだよ

 

あなたの存在は 恵み、ギフト なんだよ

 

どこにも向かわなくても 十分祝福されているんだよ

 

そんなメッセージを受け取るようになります。心の内側から。

 

それはいかなる人であっても 元々持っているものなのです。

私達 人間が、歌を歌える楽器だとしたら 

悟りの愛の歌は 誰にでも歌えるものです。

そう、身体が動かない人でも、声が出ない人でも

歌える 声に出さない 愛の歌 

 

あなたが 愛を感じたくなった時、

真の愛を感じたくなった時、それは人に歌ってもらわなくても

自分で歌うことができますし

 

更にまた 大勢で歌う(瞑想する・あるいは、心を一つにする)時の 感動は 

素晴らしいものです。感動が体中 全ての細胞を喜びでいっぱいにしちゃいます。

 

自分の身体に 愛が満たされて 嬉しくて幸せでいっぱいになる体験

 

そんな体験をしてしまったら もう 悟りと一緒にいない選択はしたくなくなってしまいます。

 

まだ 悟りが実感できていない人は、

私たちの内側にある本質の愛を 覆い隠している 恐れや不安、悩み、疑心、怒り、孤独 などのネガティブ感情を 手放して

私たちの本質である 愛を体験することができます。

 

それは一見 難しそうに思えるかもしれませんが、

意外と簡単なのです。

一度コツを掴むと 一気に開いてしまいます。

最初の一歩が一番大変かもしれません。

怖れが幻想であったと見破る瞬間です。

 

ELM瞑想の発祥地 チェンマイにいる瞑想マスター ボブ・フィックス氏のところにも

マインドフルネスの聖地プラムビレッジでも これらの悟りと愛が満ちています。

 

私たちは それを体感して 私たちの内側にある同じものを見つけていきます。

 

ここアトリエ霽月でも、 皆様が悟りと平安を見つけるお手伝いができますよう

心を込めて活動して参ります。

 

本物は何か? それは 外に見つけるものではなく 内側に見つけるもの

 

あなたの中の 真実の愛 を輝かせて 幸福に生きる選択をすることが 

shine新しい人生のスタートとなります。

 蓮 チェンマイ

この蓮は チェンマイの民家の軒先にあるバケツの中で咲いていました 

どこから咲いても 蓮は美しいです。

No mud,  No lotus 泥がなければ 蓮は咲かない

仏性(ぶっしょう と読みます。悟りのことです) 私たちの仏性も 泥の中から咲きます

 

moon3 ELM瞑想 無料体験瞑想会 1月5日(土)10:00~12:00

   参加費無料 どなたでもご参加頂けます

   お申込みはお問合せフォーム、もしくは お電話にてご連絡ください 

    TEL080-5278-7447 セッション中は電話に出られませんのでコールバックさせていただきます。

fullmoon マインドフルネス 福岡サンガ瞑想会 1月6日(日)10:00~16:30

   ご参加の詳細は こちら

    ランチはアトリエ霽月にもありますので 持って来られない方はランチのドネーションもお願いいたします

fullmoon ELM瞑想者のための1日瞑想会 1月20日(日)10:00~18:00頃まで ➡ 27日に変更になりました

  伝授を受けた方がご参加いただけます

moon1 ランチタイム瞑想会 1月22日(火)10:30~14:00 

   どなたでもご参加いただけます。 ランチ付き 

   参加費3500円  要予約

diamond ハビエル・デ・サラス氏の個別セッション は ハビエルさんのご家族の急病のため来日全日程が中止となりました。

heart ELM瞑想 伝授・セッションは随時受付けております。 スケジュールカレンダーをご参照の上、ページトップにあるお問合せフォームよりご連絡ください

 

 

 

謹賀新年

shine 明けましておめでとうございます shine

 

みなさま お元気でしたでしょうか?

よいお正月をお迎えになりましたか?

 

私は、7日間のプラムビレッジ マインドフルネスリトリートを終え、年をまたいでタイより帰国いたしました。

リトリート中は パソコンにトラブルが生じて書けなくなったり、いろんな取り組みや法話の時間も満載で なかなか文章を上げられませんでしたが

どのリトリートにも共通することですが 全てのコースを終えて初めて開くものもありましたので

パソコンが使えなくなるのも 何かの計らいであるかのように感じています。

 

リトリートでの法話や気づきは予想をはるかに超えたすばらしさでした。

更に自由な心をゲット! これは新境地なのです

いろんなことが起きて感動覚めやらぬまま しばし呆然としておりますが lovely  

至福のエッセンスを今後の瞑想会やみなさんとのセッションに活かして参りたいと思います

 

いろんな気付きは ブログでも テーマを分けて 丁寧にお話を進めて行こうとおもっております。

 

2019年 新生 アトリエ霽月  どうぞよろしくお願いします fuji

プラムビレッジにて20191312457.jpg

moon3 ELM瞑想 無料体験瞑想会 1月5日(土)10:00~12:00

   参加費無料 どなたでもご参加頂けます

   お申込みはお問合せフォーム、もしくは お電話にてご連絡ください 

    TEL080-5278-7447 セッション中は電話に出られませんのでコールバックさせていただきます。

fullmoon マインドフルネス 福岡サンガ瞑想会 1月6日(日)10:00~16:30

   ご参加の詳細は こちら

    ランチはアトリエ霽月にもありますので 持って来られない方はランチのドネーションもお願いいたします

fullmoon ELM瞑想者のための1日瞑想会 1月20日(日)10:00~18:00頃まで ➡27日に変更になりました

  伝授を受けた方がご参加いただけます

moon1 ランチタイム瞑想会 1月22日(火)10:30~14:00 

   どなたでもご参加いただけます。 ランチ付き 

   参加費3500円  要予約

diamond ハビエル・デ・サラス氏の個別セッション  は ご家族の急病のため来日中止となりました。

heart ELM瞑想 伝授・セッションは随時受付けております。 スケジュールカレンダーをご参照の上、ページトップにあるお問合せフォームよりご連絡ください

ページ上部へ