ホーム>スタッフブログ>瞑想あれこれ>潜在的な怒り
瞑想あれこれ

潜在的な怒り

潜在的な怒り、 カルマのエネルギーのことですが

普段意識に上がってこない潜在的なエネルギーの話です。

 

ある瞑想者さんとお話していて 怒って怒鳴っている夢を見た と言う話題になりました。

夢の中でママ友さんを前に 怒り心頭で怒鳴り散らしている自分がいたそうです。

もちろん 普段そんな過激なことをされる方ではなく、グッと我慢してにこやかに対応するようなタイプの方です。

怒りまくりの夢から目覚めて 怒っていた自分に驚きつつも、ふと 

これは潜在的な私のエネルギーだな と思ったそうです。

そして 「こんなに怒ってたんだなぁ、と思ったら気が済んだ」とのことでした。

 

深い所に封じて 感じないようにしていた摩擦の感情(カルマ)が出て行ったんですね。

 

このような夢でのカルマの解放は かつて私も経験したことがありました。

もう15年くらい前の話です。

当時、ずっと長い間持っていた父親に対してわだかまりがあったのですが

ある日の夢のこと

母がイライラして不機嫌な様子を見た私は 父に腹立たしい思いを持って、母がこんな風なのは父の責任だ と思ってるんです。

それで、今までの怒りの思いをぶつけるので家族会議をする と言って

一室に家族を集め まず一番に父に言いたいことを言おうと怒りを一杯にためて父の正面に座りました。

すると、怒っている私の顔を見て 父が 私を見つめ、今まで苦労をかけてすまなかった と先に言うのです。

その瞬間私は涙があふれて泣きじゃくりながら 「今まで育ててくれてありがとう」って叫ぶのでした

なぜ文句ではなくそういう言葉が出たのか謎でしたが、私は父とハグしながら ずっと泣きじゃくっていて

私は本当はお父さんが好きなのだ と感じているのです。

そしてあまりにも号泣するので息が止まってしまいそうになり

呼吸困難で目が覚めました。

それから何分か 泣き続けていましたが、ようやく ああ、夢か・・・ と我に返りました。

それ以降、ずっと持っていた 父に対するわだかまりやくやしさが 嘘のように消えてしまったのです。

 

とても不思議な体験でした。

以来、父に対する思いは 穏やかなものしかありません。

 

カルマは解放されて消えてしまいます。

一度出て行ってしまったエネルギーは戻らないのです。

 

出ても出てもなくならないよ? と思う方がいらっしゃるかもしれません。

それは、もしあなたが、相手の愚痴を外に出して回りにカルマのエネルギーを与えている場合、そのカルマが自分に戻ってきます。

 

今回、私や先の瞑想者さんがカルマが消えたのは 実は

別の解放のルートがあったからでした。

そう、瞑想です。

 

瞑想は無意識のエネルギーを無意識に抜いてしまう効果があります。

特にELM瞑想ではこれが起きます。

 

とても不思議な現象です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelierseigetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/542

ページ上部へ