ホーム>スタッフブログ>2018年5月

2018年5月

パワハラ

日大アメフト部反則問題の関係者が 注目の的になっている今日この頃ですが

この問題は ずっと私も注目しておりました。

少し前に 某青少年スポーツクラブの監督やコーチの方針に どこまで従うか

という問題で 近しい人が悩んでいたので ちょっと他人ごとではありませんでした。

 

私は文科系 しかも体育会系とは対極の 芸術畑の人間なので

元々体制に強調する というか 従う という意識が薄い人間です。

体制に従えない ということは つまり 

団体に所属しない という立ち位置です。

わざと所属しなかったのではなくて 流れ的にも所属する機会がとても少なかったんですが

少なくとも ルールだらけの場所は無意識に避けてきたのかもしれません。

ルーティンワーク というものが 非常に苦手だったりしました。

 

なので 体育会系の人間関係は 私たち芸術系からしますと 意味が分からない世界

という感じだったのですが、 向こうも同じことを思っていたことでしょう。

 

文化が違うと 価値観は全く違うのです。

外国人レベルです。

 

これは自分たちの価値観が正しいと思っているわけではなく、

それに慣れているだけで 異文化の場では生きにくさを感じていたにすぎません。

社会に出て ルールに従って暮らしている人々の中では 習慣が分からず困ったことも多々ありました。

会社勤めなどしていると まただんだんと鍛えられて適応していく人もあります。

 

どんな生き方をするか とか 価値観が違うこと というのは

ただ単に 過ごしてきた場所が違った ということでしかないことかもしれません。

 

自分の持っている常識というのは 過ごしてきた場所でのスタンダード なのです。

監督が神様のように偉い人で逆らってはいけない と思っていたり、

逆らったらこの世界で生きていけない

自分のライフワークを奪われる事は自分の価値が死ぬこと のように感じていたりします。

 

自我のアイデンティティは そのアイデンティティを失うことを死ぬことのように恐れています。

アイデンティティへの執着です。

で、執着と怖れから 正常な判断を失ってしまうのです。

日大のアメフト部は

選手も コーチも 監督も アイデンティティへの執着から 正常な判断を失ってしまったのです。

 

それを揺り戻す出来事が起きます。

執着の対象は 剥ぎ取られてしまうのです。

 

これがカルマの学びなんです。

この学びは とてもショッキングで エゴは死んで(消滅して)しまいます。

それを見た周囲の多くの同類たちも 震撼として 同時に学びます。

それはもしかしたら自分だったかもしれない 他人事ではない事件 なのです

 

大きなトラブルは 多くの魂を学ばせます。

 

学ばない魂は更にエゴを発達させ やがて トラブルに到達するほどのエネルギーのアンバランスを作り出します。

 

エゴは速やかに手放すことが 平和の第一歩です。

 

急転直下にエゴが死ぬと 人は急に悟ったりします。

ずっと手放さないままだと 逃げたり自殺したりします。

自分自身から逃げられないので死を選ぶのですが

それは人生の学びにおいては落第なので

来世それをやり直します。

自分の2,3世代下に再度生まれて 同じ経験をやり直します。

今度はもう少し過酷に 学びが分かりやすいようにして。。

行き詰ったら 悟るチャンスですよ!

それはラッキーチャンスです。

反則しちゃった宮川選手は 勇気を出したので 悟るんじゃないかと思っています。

彼が誠実な行動を起こしたので 多くの人が目覚めました。

素晴らしい役割を果たしました。

監督は 卑怯に徹して 反面教師として 同類の多くの人を目覚めさせました

見事に役目を果たしてくれました。

 

この世は面白くできています。

被害者でいないでください。

あなたが あなたに恥じない生き方をしてください。

そうすれば あなたは 幸せを掴むのです。 

エゴ

エゴというのは 個の都合 です。

個の利益や安全を最優先します。

エゴが強い人 というのは 自分の思い通りにしたい人 する人 です。

 

これを悪い と言っているのではありません。

エゴは肉体を護るためにそうすることが(自分にとって)正しいと信じているので

そうしています。

 

エゴの強さは 生まれつき与えられたものなので

自分のエゴが強いとか弱い ということにはコンプレックスや罪悪感を持たないでください。

 

私たちの性質 というのは 与えられたものですので そこに個人の責任 という問題ではないのです。

 

エゴは盲目的に発揮すると個の都合しか見ません。もちろんこれはベストな判断ではありません。

なぜなら 私たちはこの世界と共に その中で生かされているのです。

自分を包むものを無視してエゴを通すと摩擦が起きます。

他者がそうしても摩擦は起きます。

 

私たちは心地よく暮らすためにはエゴの攻防をするのではなく

調和する折り合い地点を見つけます。

避ける という方法もその一つですし 

受け取らない 

話し合う

断る  などの方法があります。

自分自身がエゴに飲まれていたり、カルマの感情に絡まれていると 

状況の冷静な判断は難しいです。

エゴやカルマで動いてしまいます。

 

また、エゴやカルマの波動は 言葉に出さなくてもエネルギー(パワー)を持っているので ただその思いを持っているだけで伝わってしまいます。

 

ですから まず大事なのは自分自身のエゴやカルマを手放すことが 

自然の調和力を邪魔せず 最大限に自然の調和として整っていくことになるのです。

 

エゴの意識は なかなか 自分以外のものを信頼しません。

カルマはまだないものまで恐れてしまいます。

その恐れは過去の幻影なのです。

 

瞑想をして カルマを手放し、エゴを緩めると

今の状況はカルマに着色されることがなくなっていきます。

ただ、その出来事の真実だけを把握することがとてもしやすくなるのです。

 

ただ、エゴはなかなか 慣れない習慣を取り入れたがりません。

自分のエゴのパワーを奪われることをとても恐れているのです。

 

エゴはエゴ自体が存在を主張します。

私は私! ここにいるのよ! 認めなさい! 絶対譲らないわ! と

周囲を屈服させたいと思っていたりします。

 

それは まるで 裸の王様なのです。

自分の目の前を整えることに必死になって 自分自身と後姿が見えていないのです。

裸の王様

 

瞑想は 自分自身と取り巻く世界を俯瞰的に見る神的視線を発達させます。

全体を同時に見るのです。感じ取る五感を発揮して。

そして

客観的な判断で 全体の調和を取り 居心地の良い世界を選択していきます。

 

あなたの中のエゴをなだめ、調和と平和、穏やかさを好む意識へと変化します

戦いはカルマの衝動でもありますから。

やがて

エゴは消え マインド(思い)はあなたの幸せを実現する良き協力者になっていきます。

幸せの在りかは ハートが知っています。

エゴを手放した時に 世界から祝福と愛が舞い降りてきます。

 

コントロールを手放して あるがままに流れを見守ってください。

清流

 

 

誕生日に思う

今日は 私 野津寿子が生まれた日です。

生まれてから半世紀以上経っているわけですが、

若い頃には、ものすごく悩んだり 生きていることが嫌になってしまうこともありながら、(今はそういうことも笑い話ですが)

今振り返ってみると、全ての経験は 私に あること を教えようとしてくれていた

ということがわかります。

それは 

失わない愛 というのは ここ(自分の中)にある ということです。

 

愛が足らないと感じたり

それを外に求めていた時は 不安と寂しさと悲しみが常にありました。

その原因は、自分をとりまく環境や 関わる人たちの問題ではなく 

自分自身の在り方の問題だと 言われて

最初は意味がわからなかったのですが、

いろんなことやいろんなものを通じて気付き始め

気付き始めると どんどん世界観が変わっていったのでした。

 

とても辛い時期に 私はいつか必ず自分が幸せだと言いたい

そう思い続けたことが幸いしました。

気付いてみると、実際はすぐにでも幸せを選択できたのに、

自分を不幸にしていたのは 自分自身だった とわかるのです。

 

どんな思い違いをすれば 幸せでいられないのか 

教えてくれてのは、スピリチュアルや瞑想の師匠はもちろん、この世界の出来事そのものでした。

自分の体験が学びそのもの なのです。

我が強かった私は逆らうことも人一倍だったので 

素直な人や、最初から幸せな人よりも多くの 摩擦の体験を持っています。(笑)

これも豊かさの一つでしょうか。(笑)

 

私の経験を 人に役立ててもらうことができます。

私にとっては 人様のお役に立つことは とても素敵な人生です。

 

辛い体験の中で生きていた母に

人はどんな状況を体験しても 幸せに生きる事が出来るんだよ

と 今はいない母に伝え、

そして 産んでくれたことを心から感謝するばかりです。

 

かつて 何もわかっていない頃、「産んでくれなんて頼んでない」 とか

「勝手に産んだくせに」とか 「ひどい育て方」とか

言っちゃったこともあったりなかったり、coldsweats01

そう思っていた私は 何も分かっていなかっただけなんですが ひどいですね。(苦笑

人にはそういう未熟な段階がある という理解も含めて

すべての体験に感謝しています。ごめんねおかあさん。

精一杯育ててくれた両親に こころから感謝し 愛を感じています。

 

幸せの方向を見失っている人や 幸せになりたい人は

その方法を知ろうと知ろうとしてください。

 

今の私は また光の故郷に戻る日まで 退屈などしている暇はなさそうです。

生きている間中 生きる事を満喫し 愛を増やして参りたいと思います

 

日々を 楽しんで 笑顔で満たしましょう。

みなさまもお付き合い下されば幸いです happy01

ありがとう

 

 

私たちの命は長くても100年そこそこ。通常は70~80年くらいでしょうか 

宇宙の歴史や地球の歴史から言うと ほんの一瞬の瞬きのような短い時間

生命体たちは まるで泡のように生まれては消えます

その泡に宿った私たちの魂は 先祖から子孫へと命や思いを紡ぎながら 循環しています。

 

太平洋

魂の海から汲まれた 1杯の魂たち

グラスの水

あなたとわたし

関わりは今生だけではないのです。

いつかまた混ざり合うその日まで 

関係で愛を体現したいものです。

すべてのあなたと 

すべての私と

 

自分以外の存在がいるから 関わりと経験することができ

その関りの中で 人生を味わいます。

そして 何を作り出すかを 自分で選び続けています。

 

何物にもとらわれる必要もありません。

自分を自由にし、周りの人も自由にさせてください。

あるがまま という自然体です。

 

温かい関わりは 自由なつながりです。

自分自身が作る 愛の波動。 愛の思い。愛の繋がり。

それは本当に 私やあなた  自分自身にしか作れないのです。

 

来るもの 去るもの 行くこと 去ること それもまた 流れとして循環しています。

 

今生 ここにいるのは 愛の関わりを思い出す旅です。

自分の命と向き合う 旅なのです。

自分自身で選び、

悔いのないように今を生きてください。

 

選択は 時には どちらも厳しい究極の選択になるかもしれません。

でも、それでも良いのです。選べばよい。

体験の中で私たちは答えを見つけていきます。

 

 

今無い何かを探すよりも 今あるそれを見つけてください。

手持ちのカードで 楽しむ人生です。

無いカードを欲しがるよりも 早く幸せが作れます。

断捨離もまたアリアリです。

何かを手放すと 新しいものがやってきます。

諸行無常を 楽しんでください。

目覚めると いつも 新しい今日の私がいます。

いまここに命を輝かせてください。

生きる事を 大いに楽しんでみましょう。

ハートの声とマインドの声

瞑想の師匠 ボブさんがよく口にする言葉があります。

 

ハートの声に従いなさい。

ハートはあなたの人生の羅針盤です。

 

この言葉は私の人生の中でも大変活躍してくれました。

 

人生の中で我々はしばしば どちらを選択したらいいか 迷うことがあります。

 

ボブさんは言います

あなたがハッピーだと感じる方、それを思うとワクワクする方を選びなさい

 

それを聞いてからは 私は何かに迷うと どちらが私の幸せにとって重要かを

フィーリングで感じて測るようになりました。

 

これは、私たちのとらわれやカルマが無くなればなくなるほど

実に正確に機能してきます。

私たちは本来、自分たちがどうすれば幸せでいられるか知っている真我の意識があるのですが、

それがカルマによって覆われてしまうと、カルマの感情の方が強く出てしまいます。

ハートがそうしたいと感じているのに

「嫌だ」「できない」「恥ずかしい」「怖い」「すべきではない」「許せない」

などの感情に凌駕されてしまいます。

 

かつて 自分が望んでいる事が人に迷惑をかけるかもしれない という思いから

望みの方向に進めないことがありました。

それで、私はその時は 我慢する を選択したのですが、

心の中はずっと釈然とせずモヤモヤしていました。

まるで、自分が犠牲者のように感じてしまうのです。

でも、その立場を選んでいるのは自分自身でした。

 

そこにあるのは、非難される事への怖れです。

 

抑圧 という状態が起きている時、そこには歪んだエネルギーバランスが生じています。外界と自分の内側のエネルギーが調和していない状態です。

そのままでは大変居心地が悪いのです。

 

でも、そういうことは生きているうちにしばしば起こります。

荒れた天候の中では居心地が悪いのですが、その状態を自分の都合に合わさせることはできません。

それで 私たちは、そのような状態の時は過ぎ去るのを待ちます。

そして荒れた天候と無駄に戦わず、折り合いをつけて機嫌よく暮らすのです。

 

進む道のりで、岐路に出会った時、私たちはどちらにするか 選択せねばなりません。

その時はぜひ 自分のハートに正直に生きてください。

その道は あなたに必要な体験を用意しています。

 

たとえ、それがちょっと厳しい道のりになったとしても、あなたの魂がそれを望んだからそちらに行きたいと感じるのです。

 

人生には 無駄な体験 というものはありません。

たとえ目的地に遠回りになったとしても、

そこには他では見れない景色があります。

 

行く道のりの 障害は乗り越えたり味わったりしながら 私たちは強くなり

磨かれても行きます。

そして、カルマの感情は味わって体験と共に終わって過ぎ去っていくのです。

見ないように蓋をしなくても大丈夫です。過ぎ去る瞬間をやり過ごせばいいのです。

 

感情は恐れるに足りません。

 

そして あなたの望みを 手にしてください。

あなたが あなたらしく、誰の人生でもないあなたの人生を生きてください。

そして あなたの周りの命にも 望むようにさせてあげてください。

向日葵

 

 

 

 

 

瞑想伝授

今日は先ほどまで瞑想の伝授をしていました。

 

今回来られた方は 1年ほど前 旧フルフィルメント瞑想のハートマントラを別の所で受けられて 

それから自分自身の意識や感覚がとても心地よいものになって来たので 次の段階を受けたくなった とのことでした。

 

毎日2回の瞑想が習慣づいておられると1年も経てば 本当に変わります

瞑想をすると 気分が軽やかになって 悩みにくくなります。

 

素敵です。lovely 

ラブマントラは更に大きく、心が愛になります。heart01

 

幸せな人を見ると ホントに幸せです。shineheart04shine

波動が共鳴するんでしょうね  happy01heart04

神様(私たちの魂の故郷の意識)も これに喜ぶんですよね。shineshine

shineshine神の喜びは 大きいんですshineshine

そう、阿弥陀如来の無量寿光のように 世界中余すところなく全てを照らすshineshineshine

 

shineしばし shine光に浸るshine

(*´艸`*)

この至福を分かち合いたいです。(´∀`*)♪

目の前を照らせば 世界は輝きます。

あなたの意識が世界を輝かせるのです。

 

一緒に瞑想しましょう!heart01happy01heart01happy01heart01

瞑想が紛争を鎮圧したお話もあります。

また 改めて。wink

 

最近のニュースに思うこと

最近のスポーツの問題に思うことがあります。

反則とか ずるいこととか 人間の汚い部分が露見しています。

これはスポーツ界だけでなく、特に政治とか経済の世界では 裏側で暗躍しているエネルギーです。

 

人間は 欲が絡むと とたんに汚くなります。

他者を傷つけてまで自分の利を得る

貪欲な生き物なんですね。

 

仏教ではこの状態は 無明 と言います。

 

貪(とん) 瞋(じん) 痴(ち) という三毒  エゴの愚かさ という毒です。

 

この要素は全ての人間が持っています。エゴです。

エゴはDNAに組み込まれているので 完全に消えることはないのですが、

このエゴ、自分の思い通りになればなるほど、権力を持てば持つほど 

癌細胞のように大きくなっていきます。

 

癌細胞を増殖させないためには自浄作用が必要なのですが、

抗生物質のような抑制の制度 も 効果はあるかもしれませんが、

取り除く という意識の元では それらは常に増殖の機会を待っています。

裁くことは外科手術のようなもので 一時的効果としては

責任を受け止めない者にたいしては裁かれる必要がある、

というより、裁かれざるを得ない状況になる と思います

 

ただ、周囲の裁く人たちは 排除したり 叩き潰したり、罪を犯した代償を与えることで満足しているのは それぞれのエゴを満たすことでしかない ということに気付かねばなりません。

 

問題を起こさない抑制力で制圧 すれば 反発したり法の隙間を突いてくる人物が現れる。

言い訳というのはそういうようなものです。

 

私たちは それぞれに己の在り方を学ぶために いろんな体験をします。

罪に関して 誰かが代わりに体験してくれているのですから、そこから学ぶことは

誠実さと愛を 自分の中でどう育てるか ではないでしょうか

 

全ての事柄にその視点で見る姿勢を 大人が出来れば 子供は平和な世界を作るでしょう。

大人が誠実に生きる事が子供を育てます。

エゴは保身をしたがりますが、それは周囲を信頼していないことから起こります。

信頼し合える関係性を育てる愛ある意識を持ちましょう。

 

瞑想は 貪瞋痴のカルマを掃除し、心を平和的に変化させます。

ずるいこととは無縁になっていきます。

愛情

大切な存在 癒してくれる 愛情を与えてくれる そんな存在がいますか?

もしくはいましたか?

子供の頃は育ててくれる人に守られていました。

そうでない場合もあるのですが

生まれて当分の間は誰かに保護されていないと生きてはゆけないのです。
 
そして徐々に大きくなって何でも自分でできるようになり、人のお世話もできるようになっていきます。

 
 
私たちにとっては、愛情は栄養のようなものです。

その愛情を与えてくれる存在がどんなに大切かは 言うに及ばないことでしょう。

愛情が足らなかったと嘆かないでください。本当にそうだっかもしれません。

でも その少しの愛情は 相手にとってそれがなけなしの精一杯のものだったのかもしれません。不器用でもあったことでしょう。

愛の大きさには個人差があります。魂の成長の度合いによるのです。

 

こちらが世話をする立場でも、

私たちは世話をする相手から愛をもらうことも多々あります。

何をするか よりも どんなエネルギー(波動)でいるか が大切なのです

愛を与え、愛を受け取るんですね。

愛のエネルギーの交流は実に素敵です。

癒しと幸福感があります。

 

私たち人間には 愛する能力が備わっています。

カルマに覆われてそれが隠れてしまわないかぎり、

自然に愛することができます。

赤ん坊ですらできるのですから。

 

愛は 執着ではありません

愛は思いやりです。

そして コントロールを絡めません。

あなたが本当に相手に愛を持っていたら

それは言わずとも伝わっていきます。

 

受け取ると素敵なものを 誰かに渡すと、

世界からも素敵なものを受け取ります。

渡したその相手から来るとは限りません。

あなたが優しさと愛を 世界に出すと

世界から優しさと愛が返ってきます。

あなたの周りに愛を増やすには

あなた自身が愛になればいい のです。

愛を受け取る立場から、

その愛を自分の中で育てて増やし

愛が溢れる存在になってください。

 

もし、あなたの愛が世界に反映してきたら

あなたは世界から愛され 守られるでしょう。

この世界はあなたの意識の反映を見せてくれます

この世界はあなたそのものです

世界全体を愛してください

こんな世界を愛してください

そんな自分自身を愛してください。

それが あなたの 魂 が大人になる ということでもあるのです。

2018523112138.jpg

 

あるがまま

アトリエ霽月には2匹の猫がいます

じゅんみな2018521105014.jpg

来たころはとても過敏でしたが

6か月経って すっかりリラックスモードです

みなちゃん

どこでも寝ます

 

毛色が濃いのでインスタ映えしませんが (^_^;)

 

とにかく どこでも寝ます

 

じゅんみな2018521105328.jpg

兄弟によくあるシチュエーション・・・

 

兄妹です。

 

生まれた順番は聞いたわけではないのですが、そんな気がしています

 

じゅんみな2018521105653.jpg

おいおい、、机を占領したら 仕事ができんよ!coldsweats01

 

脱力全開(笑) すっかり安心している様子に 癒されます。

彼らは よくこちらの波動を感じ取ります。

少しでも波動が荒れると(イライラやたくらみなどがあると)

警戒モードが入り緊張を見せます。

最初の頃は少しの物音に警戒心を見せましたが

今は寝ている横を歩いても平気になりました。

随分信頼されたのだな と感慨深く思う今日この頃。

部屋を移動するとついてきます。

 

動物になつかれる というのは いいものです。

 

平和とは何気ない今なのですね。

 

みなちゃん201852111554.jpg

甘えん坊の みなちゃん です

 

じゅん201852111716.jpg

ツンデレの じゅん君

 

この子たちお客様好きですので 

猫好きの方は撫でに来てやってください。cat

 

穏やかな波動は 家や場を癒しますね。

ここに来てくれてありがとうheart01

瞑想習慣

みなさまは瞑想に対してどんなイメージをお持ちでしょうか?

実践されるまでは よくわからない と感じる方も多い事でしょう

私も瞑想するまではそうでした。

 

瞑想はお釈迦様が生まれる以前より人知を超えた叡智を求める高尚な習慣としてありました。

インドの神話には 神々が瞑想をしてこの世界を作った という記述もあります。

インドのシバ神は瞑想の空の境地の象徴でもあります。

瞑想は神秘に包まれた行動でもあります。

肉体的意味合いと 波動というエネルギー的意味合いと 神秘のスピリチュアルパワー

それぞれに関わっています。

それらの意味はとても興味深いものですが、それらの知識があろうがなかろうが

瞑想は我々の心身にとても良い影響を与えます。

 

瞑想を伝授した後

瞑想を一日欠かさず習慣づけて実践される方々がいらっしゃいます。

こういう方は 一年二年経つうちに 実に多くの結果を作り出されるので 伝授した教師の方が驚かされることが多々あります。

最初は何が動いているのかわからなくても、ある程度瞑想の効果が積み重なっていくと、今まで滞っていたものが 堰を切ったように流れ始める時期があります。

瞑想は瞬間的に効く対処療法薬ではなく

体質そのものを改善する漢方薬に似ています。

 

これらがリアルに起きはじめるには 流れに抵抗しないことがコツでもあります。

自我の癖で 流れ(起きる出来事)に抵抗する感情が 流れを遮ってしまうので

その癖を手放していけばいくほど 早く流れが整います。

これらの流れを遮りたい感情がカルマでもありますので 自我の感情に気付くことが 私たち取り組む課題なのです。

 

最初、自我はその感情を自分自身だと思い込んでいますが、そうではありません。

感情はただの反応です。

意識はそれを要らないものだと理解し始めても 感情は出てきます。

カルマは身体にくっついたものだからです。

無意識に カルマとエゴで行動しているうちは この世界に多くの摩擦を感じてしまうので とても生きづらいと感じてしまいます。

なにせイライラすることや、腹立たしいことだらけ なのです。

そしてその感情は 外の出来事が自分に与えてくるものだと 思い込んでいるのです。

 

そうではありません。

自分が観念を変えれば、物事はそれほど摩擦を起こしません。

あなたの中のカルマが摩擦を作り出しています。

 

ELM瞑想はあなたの中のカルマを掃除して減らしていきます。

肉体的な疲労を取り除き活性化すること

カルマのエネルギーを有効利用してエネルギッシュになること

精神不安をやわらげ 心を安定させること

感知する能力を発達させ 洞察力を増すこと

いろんなことが向上します。

 

これらの効果を発揮するために要らない要素は取り除かれます

ただ、このお掃除に摩擦を感じることもあるのです。

速やかにお掃除が済むためには 流れに抵抗しないことが一番です。

もし反応にどう対処したらいいかわからないと感じられる時は

すぐにご相談ください

 

瞑想に合わない人 というのはいません。

皆 似たようなプロセスを経て クリアになってゆきます。

瞑想にも王道はないのです。

 

瞑想は あなたがクリアになる一番の近道です。

ELM瞑想は瞑想の中では一番簡単な手法であり 一番効果が上がる瞑想でもあります。

瞑想に悪い結果というのはありません。

お掃除のときに舞い上がる埃に驚かなくても大丈夫です。

内側をきれいにするには 表面だけでは足りないのです。

 

あなたの人生をクリアにし、キラキラとした感動の輝く人生を生きてください。

心の平和は外側にあるものではなく あなたの内側にあるものなのです。

心の埃や泥を落とすことは そんなに難しい事ではないのです。

ゴールドライト

 

 

ページ上部へ