ホーム>スタッフブログ>瞑想あれこれ>いろんなアプローチ
瞑想あれこれ

いろんなアプローチ

本日、マインドフルネスの瞑想リトリートに参加してきました。

 

マインドフルネスという瞑想は 聞き知ってはいたのですが、実践に立ち会うのは初めてでした。

 

まず、目指す境地、目的地は ELM瞑想と全く同じです。 気付いた意識で生きる境地です。

 

何が違うか と言いますと、

瞑想法、アプローチが かなり違います。 山頂に行きつく道が違う のです。

これは大変興味深かったです。

 

どちらがいい とは比較しようがなく、どちらも利点を持っていて 私は併用することを実践したみたいと思いました。

併用すると すごいことになるかもしれません。

密かに併用してる人はいらっしゃるのではないか と思います。

 

 

悟りへ 必要な事は 意識の目覚め なのですが、

これを邪魔しているのが カルマの感情のエネルギーで ELM瞑想ではこれを徹底的に解放していって、内側に何も残らない状態に持っていきます。

その結果かなり目覚めが起きやすくなりますが、目覚めのきっかけの流れに委ねきるところがネックになってきます。自我は摩擦や気づきからはついつい逃げたがるので、理解を深める意図がしっかりしていないとチャンスをスルーしてしまうこともあります。結果、覚悟が弱いと道から逸れ易く、悟りを強く求める人ほど早く進みます。

これは 瞑想会に参加して 理解を深めることが助けになります。(教師の表現力も問われるところなので、私も成長せねば です。)(^_^;)

 

マインドフルネスは、気付く意識を意図的に育てます。

日常の実践を重ねることで気づきを深めていきます。(ELM瞑想が無意識下のアプローチなのに対して、マインドフルネス、意識上なのです)

徹底的に自己対峙します。

その過程でカルマを解放していきます。解放の摩擦は こちらの方が大きいかもしれません。

でも、意識的なので 進んでいる実感は強いと思います。カルマや摩擦が大きすぎると少し辛いかもしれません。

 

どちらがいい と言うよりは どちらもいいんです。

両方使うと 効果倍増!という確信に近いものがあります。

同時にやることは不可能です。

 

いずれにせよ 覚醒したマスターがそばにいない場合は 積極的に教え(理解)に触れ、習慣の改善と理解を進めることがあなたを助けます。

 

真に覚醒した意識が存在することが大事だ とも実感しましたので

更に修行を積む覚悟を新たにいたしました。

 

新しいステージの始まりです。

ワクワクしています!

正行寺リトリート

 

 

4月24日(火) 10:30~14:00 ランチタイム瞑想会 参加者募集中です。

参加費3500円 ランチはご用意しております。 

 

4月28日(土) 10:00~12:00 ELM瞑想無料体験会

5月5日(土)   10:00~12:00 ELM瞑想無料体験会

 

ELM瞑想伝授コース ゴールデンウィーク中ラブマントラの伝授コースをご用意しております。

その他のマントラ伝授希望の方は 上記のコースの時間外にお時間をお取りいたしますので希望日時をお書きの上お問合せくださいませ。

アトリエ霽月はゴールデンウィーク中は午前9時~午後10時まで対応可能でございます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atelierseigetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/301

ページ上部へ