ホーム>スタッフブログ>2018年4月

2018年4月

カルマの解放

私たち人間は生まれてくる時に バケツ1杯分のカルマを持って生まれてくるそうです。(バケツというのは例えです)

バケツすりきり1杯の人もあれば、八分目の人もるし、山盛りの人もいれば バケツに半分の人もあったり と カルマの量には個人差はあります。

 

で、自分の担当分のカルマを全部リリース(解放)したらカルマのバケツは終わり です。

つまり、いろんな試練に出会い、

いろんな思い(苦悩など)を体験して味わって感情が解放されると

カルマの感情の下から 真我の意識が現れます

その真我が純粋な意識で気付き、この世界の道理を学びます

そして、受け止める許容量を拡げ、魂が成長していくのです。

 

受け入れられないことで腹立ったり、イライラしたり、苦悩したりしている人は

まさにその試練の真っ最中。

 

抵抗しないで 速やかにカルマの解放を済ませてしまいましょう。

 

残った意識は真我が輝きだします。

他者の解放は邪魔しないで 遠目に見守りましょう

巻き込まれる必要はないし、

カルマの発言は その人そのものではなく、『カルマ』なのです。

カルマは本人にもコントロールしにくいものなのです。

 

また、

いろんな苦悩を体験しながら、ネガティブ感情を出し、

せっかくカルマを解放したばかりなのに、

そのバケツにカルマを注ぎ込んでしまう人がいます。

 

感情に任せて他人を傷つける行為や自然を破壊する行為 をしてしまう人です。

自分が作ったカルマは 基本的に 再度自分が受け取って味わって終わり になります

因果応報 という法則です。

 

でも、

自分はそんなことした覚えがない! と言ってしまい、

それを拒否すると、受け取るまで再チャレンジが来ます。

 

担当したカルマは自分が作ったものだけではないので、覚えていないのは当然

先祖のやり残したことや前世の宿題も持ってきているからです。

ご先祖様の宿題 終わらせていただきますと

先祖は喜んで応援してきます。

だって、死んだ時、自分が気が付けなかったことに気が付いて後悔したんですもの。

 

なぜそれを負わされたのか と悔やむ必要もありません。

それは引き受けることを了承して、あるいは志願して

この人生を選んできたからです。

大きな試練は 魂を大きく成長させます。

自我は安穏と暮らすことを望みますが、

魂は成長したいのです。

 

生きてるうちにカルマをすべて解消してしまうとと 来世にカルマの宿題をやり直す必要がなくなります。

子孫に宿題を残すこともなくなります。

本人は悟ります。

 

試練を嫌がって、自分で味わうことを拒否してカルマのエネルギーを人に渡してしまう場合、

受け取ったかと、見せかけて 八つ当たりにして人に渡す  などとなりますと、

世界をぐるっと回って自分に戻ってきます。

 

マスターは言います。

カルマの矢は 投げ返してはいけません。ここで地面に落としてしまうのです。

そうすればこの世界に飛んでいるカルマの矢は減ります。

投げられた矢は 地に落ちるまで 飛んで誰かに当たってしまうんだ。

あなたが投げかえした矢は誰かに当たり、

誰かが投げ返した矢が誰かに当たり、

その誰かが投げた矢はまた誰かに・・・ とずっと回って あなたに刺さります。

 

水槽の中の水を向こうに押しやると、向こうの水がこっちに回ってくるように

 

あなたが発する波動は 世界をめぐって 自分に返ります。

あなたが発する波動の反映が あなたの目の前に展開します。

あなたが見る世界は あなたの思いの反映でできています。

 

マスターはこうも言いました

あなたは他人のカルマまで引き受ける必要はない

あなた自身のカルマを済ませてしまいなさい。たったバケツ1杯のことだよ。

 

カルマを終わらせることを恐れないでください。

あなたが純粋な存在になる過程です。

瞑想でカルマを手放せば あなたの見る世界は自然に整っていきます。

瞑想のサポートは 意識の啓発への確かな道を作ります。

瞑想教師もあなたのガイドです。

蓮葉

 

以下は ちょっとお知らせをさせてください。

九州エリア初の 合宿瞑想会があります。

瞑想マスターのボブ・フィックス氏主催の合宿瞑想コースです

一般瞑想者2泊3日 上級者4泊5日のコースがあります。

 https://bobfickes.amebaownd.com/

ELM瞑想のマントラを1つ以上お持ちの方がご参加いただけます。

まだお持ちでない方は 事前にラブマントラの伝授をお受けください。

瞑想コースは集中的な瞑想をすることによって 大きくカルマのクリアリングが進みます。

瞑想マスターの波動に触れることは 癒しを体感しマインドを越えた魂へのアプローチを感じます。

日常の世界観を越えて 真我の世界観に浸る充実したコースです。

今回は 九州という土地と繋がり、マザーアースや土地や山々の神々のエネルギーに触れる九州ならではのコースです。

特に九州の方々は私たちを育む大地のエネルギーと繋がって 深い充実感に包まれてくださることをお薦めいたします。

みなさまと一緒に瞑想コースに参加できることを楽しみしております。

当日、福岡天神バスセンターより出発する予定にしておりますが、お車で行かれる方があればお知らせください。何人かで交通費など分担してご一緒できればまた楽しい旅となることでしょう。

現地の誘導なども考慮いたしますので、お申込みされた方はご一報くださいませ。

 

尚、6月 第3日曜日は アトリエ霽月の一日瞑想会と高千穂コースが被りますので

一日瞑想会はお休みさせていただきます。

もしご要望が多ければ別の日程に開催することも考慮いたしますので、6月の一日瞑想会開催ご希望の方は野津までご連絡くださいませ。

 

4月、5月は 第3日曜日の一日瞑想会 通常通り行いますのでご参加くださいませ。

4月と5月の ランチタイム瞑想会は第4火曜日のみです こちらも参加者募集中です。

神と人間

猫を飼い始めて3ヶ月半になります。

じゅんみな

カメラ目線 w

 

猫は言葉をしゃべりませんが、いろんなものを見ていて、感じていて、考えて、学習して、覚えて、人間と共存してます。

ペットなので 共存してくれようとしてます。

感情なんかは実に豊かで 飼ってみて驚くほど 人間に近いです。

「ウニャ」 あ、なんか怒ってる?

「にゃ~お」 はいはい、ここにいるよ

「ニャー」 ママ~って言ってる? いや、ごはん食べたい か。

言葉のないコミュニケーション。

 

人間は言葉を使って思考してますが、

そのベースは感情とか思い のエネルギーなんですよね。

それは自然の波のようなものです。

エネルギーがある方向に 煽られる感じで 感情が湧き上がります。

大波

これは大きな波ですなぁ。。。(笑)

 

感情の波 なんです。

 

猫を見ていると、

お、こいつら、けっこう賢いじゃん! って思ったり、

それは無理だよ、馬鹿だなぁ~ って思ったり、

あーあ、そんなことやらかしちゃって! とか

ちょっとおバカなとことか、 しょうがないなぁ、って思いながらそれがすごく可愛かったりします。

親目線と言いますか。。

親バカ目線といいますか(笑)

 

きっと神様も人間の事 こんな風に思ってるんでしょうね。

 

愚かなところを、しょうがないなぁ、 って思いつつ、

後の処理が大変じゃん! って思いつつ、

お世話してるんですよ。

 

神様が流れを作ってるんですね。

 

・・・・・・

 

( ̄▽ ̄)flair

 

(正確に言いますと、人間の中にあるエネルギーが流れを作り出して 物理的法則通りに流れているのですが、人間はその法則を把握していませんので神がやっているように見えます)

 

お天道様は見ていた  っていうのは、

自分の発したエネルギーが 法則通りに動いて、それ相応の結果が出るだけのことなんです。

悪事が法則を逃れることはできませんし、

自分が出した波動だけ例外になることもありません。

ただ、人間は自我の都合だけでしか物事を見れていないだけだったりします。

 

自我にとらわれない真我の目は 神の目です。

悟りの境地は 真我の目覚めです。

 

真我は自分自身の自我も

しょうがないけど、愛すべきキャラ として見ています。

全ての存在は 愛すべき命

個性を尊重してあげてくださいねheart01

 

あなたが外に向ける視線が あなた自身にも注がれます。

 

 

エゴの意識

エゴの反応は誰にでもあります。

悟るとエゴはなくなるか?と言いますと 小さくはなります。

でも0ゼロにはなりません。

なぜなら肉体がある限り、自己防衛反応は必要だからです。

 

私も普通の人です。自分の中のエゴがムクムクと顔を出しますと

人間ですなぁ わはははは という感じです(笑)

 

けっこうな強さで主張してくるのは プライドというエゴです。

面白いくらい反応しますね(笑)

でも、パターンがわかっているので、それに振り回されることはなくなりました。

 

以前(若い頃)は ピンピンと尖がっていて 

エゴの塊だったかもですが、

スピリチュアルと瞑想ですっかり落ちてしまいました。(笑)

 

 

エゴは自分の都合!

 

そりゃ エゴとしましては必死にもなりますな。

損とかしたくないものですから 

 

ちょっとでもいい思いしたい?

自分が一番でないと気が済まない?

誰かに負けるとか 悔しすぎる?

優越感?

劣等感?

自分が欲しかったものを人が持っていると 嫉妬?

思い通りにならなかったら 不機嫌?

私は間違ってないと思いたい?

大事にしてもらいたい?

丁重に扱われたい?

あの人、なんて失礼なの! 口の利き方しらないのかしら! とか?

 

エゴはプライド高く、すごい欲張りで

けちん坊で 自分が正義だと思ってる。

 

そういうエゴ 誰でも持ってます。

持っていました。

 

エゴは言います

 

『私は違うわ!』

 

(笑) エゴというのは幼い意識なのでしょうね。

魂が幼いとエゴが強い。

怖がりで 自分を護りたくて仕方がないのです。

 

子供のうちから エゴが薄い人は

何回も生れ変って 沢山エゴを落としてきた人かもしれません。

 

今生 強いエゴが落ちる人、

今生で意識が大人になるのでしょうね。

 

平和を愛する 魂に。

啓発  悟り と呼びます。

羽ばたく鳥

執着を外す

人生の中にはいろんな学びがありますが、

宇宙の法則 の中に 重要な法則があります。

これは人間、特に自我にとっては重要な試練です。

 

基本的に私たちは 愛になる学びをしていますが、

愛と間違われやすいものに 執着 というのがあります。

執着 愛着 愛情 情 これらは煩悩の元になります。

 

愛情の何がいけないのか? と言いますと。

いけない というわけではないのですが、 一方的な思い 観念や情を押し付ける というのは エゴから出た思い なのです。

 

エゴは 我の思いで、自分の都合であって それは愛ではありません。

正しさとか正義のおしつけもそうです。

 

葛藤するのは、相手が学びの試練に向かう時 

 

その学びは失敗とか挫折の体験でもあるので、

その時の痛みを考えると 避けて通って欲しい と思ってしまう親心のようなものがあって、これは人間に近い霊的存在(守護霊)もこのような思いを持っています。

 

でも、高次元の意識(ずっと高い所の神様)は すべての経験を許しているので、それは止めません。

体験させて学ばせるのが高次元の神のやり方です。

結局は体験したときに本当に身に染みてわかるので 失敗もやった方がいいことが多いです。

できるだけ早めに 修復が小さなもので済むうちに。。。。

 

小さなつまづきのうちに失敗や物事の原理に気が付いていると 大きな過ちは犯しません。

ですが、失敗という体験をしたことのない元々真面目な人や、

ずっとエゴの力が強く、なんでも思い通りにできてきた人は 

後になって、とりかえしのつかないようなところでひどい失敗をして 思い知る ということになったりします。

それが 手痛い失恋だったり、経営していた会社の倒産 とか、 大病を患って健康を失う とか、家族を失う とかそういう類の大きな出来事で頭を打つ という ということが起きたりします。

でも、それも運命の一つなのですが。

 

上記のような すごい痛みが一気に来ますと、 人は悟ってしまうことがままあります。

悟りのためにそのような経験がある としたら、 神様はちょっと残酷です。

 

でも、私たちは悟ることで 全体か幸福に向かいます。

それだけエゴが カルマを作っているということでしょう。

 

エゴは強烈です。

 

瞑想をすれば エゴのエネルギーは薄れていきます。

エゴが得ようとしているのは 承認の枯渇感であったり、癒しであったりするのですが、

瞑想はそれを満たしていくからです。

 

宇宙の法則  『執着するものは失う運命にある』

これは、エネルギーが凝縮されたところは圧が高まりすぎて 他のエネルギーが薄い所へ流動する流れができます。

つまり、押し出してしまうのです。

執着でこちらへ寄せたいあまりに そこにエネルギーを注ぎ込みすぎて、

本来求めるものの存在するスペースを自ら失ってしまう という皮肉なことになります。

 

執着を手放して 自然にそこに存在させてください。

それはそこにあるかもしれないし、移動するかもしれないし、

それはわかりません。

でも、来るものは来て去るものは去ります。

我々の見る世界は諸行無常であります。

私たちの魂に必要なことが必要なだけやって来て 事が起きます。

お天気のように 晴れたり曇ったり 

 

穏やかなエリアはどんなものも癒され 存在しやすく エネルギーは安定します。

 

執着を外しましょう。

握りしめる手を離しても それはなくならないんです。この世界に温かく存在させましょう。

 

むしろ、きつく握りしめるほど圧迫され するりと手の中から飛び出してしまうでしょう。あなたの念が そうさせてしまうのです。

 

ただ、心の中の執着を外すだけで 大丈夫です。 

苦しみから解放されます。

陽だまりのようなエネルギーでいてください。

優しいものの集う場所となりましょう。

草20184419824.jpg

私たちが生きている世界

私たちが生きている世界は この地球という惑星の 今 という時ですが、

月からの地球 201843151836.jpg

 

この意識を点・で表し、

世界を平面にして地図のようにイメージしてください。

201843153841.jpg

 

これを

古代の地図から中世の地図、

近代の地図、現代の地図という風に重ねてみますと 

その地図の重なりが時間、ということになります。

 

一つの世界は地図は次々に見るとパラパラ漫画のように動画になって

重なって存在していますが

 

この地図の束は一つの世界の歴史です。

厚みのある記憶がこの束に入っています。

 

ページをめくれば 過去は明らかですが、

束にしている時は在るけども、直接表には出てきません。

あなたは今どのページにいるでしょうか。

まだ先のページは見ていませんので何が書いてあるかは知りません。

201843152631.jpg

 

あなたの世界の歴史という束 それがあなたの人生観です。

 

 

また 地図は地形で表されたり、地図上に国境を書いたり、そこに人類分布図を書いたり、ことなるテーマで表現されますが、

いろんな異なった地図がありますね。

これはどの観点で世界を観るか というこです。

つまり世界観 によって世界地図の内容は変わってきます。

世界地図

地図201843153713.jpg

地図201843153618.png

 

あなたはどの視点で世界を観ているでしょう?

古代の地図は正確な情報がなく 地形が歪んでいます。

 

その地図の持ち主はそれが世界だと思っているかもしれません。

あなたの心の世界地図はどんな形で何が書き込まれているでしょうか?

あなたの世界観で世界を観ています。

その現れは 実に様々です。

あなたの意識が見ている世界は あなたの世界観で出来た世界です

登場人物とストーリーを伴っています。

 

世界は人の数だけあります。

これもまた地図で表すと 束になりますね

 

地図だと紙の束ですが、 意識は紙に印刷されたものではなく 意識という周波数でできていますので、 どの周波数で見ているか で それらの世界の住み分けが為されています。

テレビのチャンネル みたいなものです。

あなたのチャンネルではどんな世界観が繰り広げられているでしょうか?

類は友を呼ぶ という言葉がありますが、

違う波動の者は なかなか周波数が噛みあわず、すれ違ってしまい、関りが薄くなってしまいます。自分の目に留まらない というようなことが起きています。

同じ波動の人間が集まり、あなたと同じ周波数で 登場人物のキャストを構成していきます。

今 あなたのチャンネルではどんな番組が放映中でしょうか。

 

また、それぞれのチャンネルは BSのように専門チャンネルになっていることが多く、個性や特徴があります。

 

仁義なき戦い シリーズだと ちょっと嫌かも(笑)

ほのぼのハートウォーミングチャンネルに そろそろ切り替えましょうか。。heart01

あなたがそのチャンネルに相応しい主人公であればよいのです。

 

カルマのお掃除が終わって、カルマまみれが終わったら 本当に何でも好きなものを選択していきます。

誰だぁ! ホラーを選んでるのは!? 

ああ、まだカルマがホラーチャンネルを握りしめている!

瞑想しましょう~

ELM瞑想は DNAのカルマをお掃除できます。

wink scissors

あなたの中にある答え

長い人生の中には、どのように生きたらいいかわからなくなる時が あるかもしれません。

私がこれでいいのか? ということがわからなくなり 苦しんでしまう方も中にはいらっしゃるかと思います。

 

もし あなたがそんな悩みとは無縁で幸せならば あなたの在り方はそれでOKです。

それはとても素敵なことですshine

全ての人が幸福を望んでいます。

 

でも、もしそう感じられない方がいらっしゃったら、

アトリエ霽月にいらして一緒に瞑想を始めてくださいませんか?

 

自分の在り方がこれでいいのかどうか という答えは

実は他人には答えられません。

その判断ができるのは本人しかいないのです。

 

自分で判断するには どうしたらいいか と言いますと、

あなたが そのままで幸福に満たされているなら 本当にそのままでいいのです。

でも、そうでない場合は 心のお掃除を始めます。

カルマを手放すお掃除です。

 

カルマというものはエネルギーです。ストレスが溜まっている状態でもありますし、

その前段階も含めています。

解放という形で内側から出してしまうまでは いつまでも内側に留まっていて

外側の刺激に反応してきます。

 

そのカルマのお掃除に大変役に立つのが瞑想なのです。

 

瞑想になじみがない方は この話にピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、

実際は ELM瞑想をしだすと 現実に変化が現れて 毎日が過ごしやすくなるので なるほど そういうことか と納得がいくようになります。

 

ですが、ちょっと気を付けないといけないことは、闇雲に瞑想をはじめても、瞑想についての理解が無い場合、 瞑想の効果のプロセス(カルマの解放)を失敗だと誤解して瞑想をやめてしまわれることがあるのです。

 

自我の意識は不慣れなことを嫌います。

 

他の瞑想法では 意識的に無思考状態を作り出して それを成功だと考えているものもありますので、そちらから見れば 心が静かにできないのは失敗と見なすかもしれませんが、

肉体の反応としては、カルマが内側にある間は、反応が出てくることや心地悪さがあるのは当然なことなので 

カルマのお掃除が進むうえでは 刺激が生じるのは普通ですし、必要なプロセスがあってこそのクリアリングだと言えます。

特にELM瞑想の特徴としまして、使用する波動の影響で意識が 空(意識の深層部)へ入りやすい性質の瞑想ですので 瞑想の体感は他と異なります。

 

実際 ELM瞑想では 初心者でも容易くカルマの解放が行われ 長期間の修行をするまでもなく クリアな意識(啓発)へと変容することが可能です。

それはもちろん 一朝一夕では実現しないかもしれません。

でも とても身近に啓発(さとり)があるのです。

 

私たちのカルマは一朝一夕に積み重なったものではありません。

通常は一生、あるいは何回もの転生の経験で意識が徐々に変容してゆきます

 

でも、今 行き詰まりを感じている方は 今まさに悟りの入口に立たれている とも言えます。

 

残りの人生を少しでも軽く心地よく幸福に生きる

一族のカルマを子供や孫に負わせない

家族や親せきが みんな仲良く関わる

悩みに煩わされることなく 毎日を生き生きと輝いて過ごす

 

このような人生に変化させることは可能です。

そのためにそれを実現できる自分自身へと変化していくのです。

 

何かを身に付けるのではありません。

余分なものを落としていくのです。

背負いすぎた負の遺産を今 片づけて行きます。

 

難しい理論はわからない と思う方でも 効果や変化が起きます。

悟りは理論ではありません 体感です。

 

内側のカルマは無くなればなくなるほど、 自分自身の感じ方が変化するのです。

あなたが余分なものに執着して手放さないうちは難しいのですが、

瞑想はそれを取ってくれる働きがあるのです。

そして 私たちはただ純粋に幸せに生きていくことができます。

 

私たちを取り巻くエネルギーの歪みから心身に不調をきたしてしまったお悩みを

手放すために

私たちは瞑想する という簡単な方法で 対処できるのです。

長い間溜め込んだ心身の疲労を ゆっくり癒していきましょう。

 

心の平安のためにできること。 そして穏やかさと幸福を味わってください。

ゴールドライト

宗教

目に見えない存在や 神を あなたは信じますか?

実は私は最初はそういう存在を信じていませんでした。

親が完全に無神論者で、特に宗教は嫌っていましたね。

これは某宗教団体の勧誘に辟易したのがきっかけだったようです。

なので若い頃は私も神仏に興味がありませんでした。

画学生時代、付き合っていた人が熱心な某宗派の仏教団体の信者のご家庭の息子さんだったのですが

自分のところは熱心な信仰があったので、それ以外の神社やお寺でお参りをすることはないんだ と言っていました。

他の宗教や宗派を完全否定している教団でした。

彼は最愛の父親が熱心な信仰にも関わらず、若くして癌で命を落としてしまってから

信仰に無意味感を持っていました。

家族と離れて暮らしてからは 団体の活動からは一切身を引いて生活していました。

子供の頃は自分も信仰深かったので複雑な思いを抱えていたようでした。

彼が私の前で経を読むことは滅多になかったのですが、

おばあちゃんが亡くなられた時 読経していたのを覚えています。

お坊さん以外に経を読む人というのを始めて身近に見たのはその時でした。

 

そんな記憶も遠くになってしまった頃、

最初に私が宗教の場に足を運んだのは 弟の影響でした。

弟は親友や妻の影響で大きな教団ではなかったですが、仏教系の新興宗教の集会に行くようになっていました。(最初は本当に小さな集まりだったようです。)

私は長女がまだ赤ちゃんの頃だったのですが、そちらの先生が霊視ができる方ということで、興味をそそられ軽い気持ちで足を運び始めました。

自分の夫婦関係に少なからず悩みを抱えていたからかもしれません。

そこではいつも般若心経をあげていたので、じきに般若心経を覚えました。

それは自分を幸せにしてくれる方法だと思っていたと思います。お経の意味は全く知りませんでした。きっと聞いても理解できなかったと思いますが。

 

そちらの団体は 教祖と幹部の揉め事で施設が閉鎖となり それ以来誰も足が遠のいてしまいました。

私は熱心に信仰していたわけではなかったので 特に感慨はありませんでしたが、

弟は真面目に取り組んでいたので落胆は大きかったかもしれません。

人間の世界は 諸行無常でございますね。

 

それから 大きな新興宗教団体や 仏教系のお寺など 信徒になる というほどではなかったのですが、いくつかの施設に通う機会がありました。何か頼りになるものや 護りの存在が欲しかったのだとおもいます。

 

そういう経験の中、自分が得た結論は 宗教団体に所属してもなかなか幸せを実感することが難しい。むしろ教義を護ることやお布施を出すことをとてもプレッシャーに感じていました。

当時私の自由になるお金はあまり持っていなかったのです。隅っこの方で説法を聞いていました。

 

現代では 宗教団体での体験は 意識を上げる事と同時に真我が感じることを封じられてしまうことがままあります。

苦から離れる事と同時に 苦を作り出してしまうこともあります。

それは携わっている人間が作り出すものです。

教義の真意を理解せずに指導しているか、教義そのものが間違っているか のどちらかです。

また、宗教の真意に人間のエゴが強く付着してしまっていることもあります。

そのような団体のエネルギーはとても暗くて重いです。

万が一あなたが知っている宗教の教えが、人の不安を煽ってコントロールするようなものであれば それは強いエゴに支配されています。

 

もしあなたの信仰があなたを幸せにしているなら それはあなたにとって素晴らしいものです。

大切にされてください。

宗教の原理は 特に仏教やキリスト教、イスラム教など いずれも

至ってスピリチュアルなものであるのですが、

それを伝承する人間の自我が 取り込まれてしまうことが多々あるのです。

自我を絡めずに宗教に携わっている素晴らしい指導者ももちろん多くいらっしゃいますが、

自我を絡めた指導者は 自分でそのことに気が付かないのです。

自我は巧妙に隠れてしまう癖がありますので、

他人の自我はすぐに見えても

本人にはなかなか見えなくなってしまうのです。

そういう方が指導者になっている場合は

教団としての引率力は強いですが、宗教の本質からは離れていってしまいます。

指導者が正義を振りかざしてしまい、支配欲を持ってしまうことがあります。

 

本来 団体という括りや戒律という縛りを作ってしまう時点で 神と自分が分離されてしまうことに気が付かないでいるのです。

 

宗教に威厳や強制力やパワーが生じるのは 守る という父性から来ていますが、

この父性は動機が何処から来ているかで まったく質が変わってしまいます。

正義は 正当性の押し付けに他なりません。

 

これは正義というものが存在しない ということではなく、

正義という意識はどの視点から見るかで まったく見解がことなってしまうものだからです。

神の正義と 人間の正義は違うのです。

 

真我の悟りには ただ認識と自由があり、縛りはありません。

因果律のみ理解します。

そして真我は愛を学びます。

そこにはただ、愛と慈しみが存在します。

 

 

では どう判断すればいいか と言いますと

判断する時に それが愛であるかどうか を 誠実に見つめる必要があります。

カルマが心のうちにあるうちは 真実にカルマがくっついて事実が歪んで見えてしまいます

怒りを感じる対象、裁く対象は他人ではありません

裁くものはないのです。

ただ事実を客観的に理解します。

自分自身や、自分の自我に対してもです。

 

そこで発見するのは 自分自身が全ての者に対して物や事象に対して 

愛であるかどうか

 

そのことと真摯に向き合い 在り方を整えれば 事象は変化します。

 

全ての学びは 私たち自身の思いや心が 愛に満たされたものであるか ということです

他人を裁く必要はありません。

ただ あなたが 愛を満たした存在であるなら あなたの前には

愛ある事象が展開することになり、

そうでない場合は あなたの心にあるものがあなたの前に展開することになるのです。

 

あなたは 外側のせいで悩まされているのではなく、

あなたの それに対する反応や対応の波動で事象を作り出してもいるのです。

 

自分に向かってやってくる目の前の波や障害を どう受け止め、どう越えるか が あなたに課せられた 試練と使命 なのです

排除は解決にはなりません。逃げです。

 

取り組む姿勢を理解していないうちは苦悩しか見えないかもしれません。

そのことに気付き あらたな選択をみつけることがあなたを活かす課題となるのです。

 

全てを愛に変えるのは あなた自身です。

内側を愛で満たしてください。

ただ 愛でいようと思い続けることです。

 

抽象的なお話でしたので 現実に照らし合わすことが難しいかもしれません。

具体的な事例は また追々お話ししましょう。

 

自分の状況をどうとらえていいかわからなくて困っておられる方は

アトリエ霽月の 瞑想教師によるカウンセリングや瞑想セッションをお受けくださいませ。

個人的にケースバイケースのお話をさせていただきます。

困られた時はご相談くださいませ。

グリーンタラ

グリーンターラ

人々が困った時 駆けつけてサポートしてくれる女神です。

観音菩薩の涙から生まれたという チベット仏教の女神です。

 

ページ上部へ