ホーム>スタッフブログ>2018年3月

2018年3月

外はどこも桜が満開です。

今年に入って 世界のエネルギーが変化した という情報が チャネラーさんたちの間で話題になっています。

私にはその変化の説明はできませんが、 確かに何か変わった という実感はあります。

起きてくる出来事がこれまでと違う と感じています。

もちろん 上向きに です。

気分が変わった ということもあります。これには根拠はないのですが、特に何か変わったわけでもなく 自然に受け止め方が感謝や喜び感動に繋がりやすくなった という感覚があります。

その意識の変化を感じ始めて ほどなく 喜ばしいことが沢山起きてきました。

これは本当に意識が引き寄せを行うことを実感させてくれました。

一番嬉しいことは 伝えたかったことをお伝えする場が増えたことです。

 

人に会う機会や 人が会いに来て下さる機会が一気に増えました。

そして関わりに流れるお互いの波動が また大変心地よいのです。

そして 瞑想をしたいと訪れてくださる方が増えました。

 

今週は伝授が多く忙しくしております。

伝授のお供え

とても嬉しい事です。 

皆さんが瞑想を始められて 

これまで悩まされていたストレスから解放されて元気になられたり、

気持ちが明るくなって

会う度に笑顔が輝いていくのを拝見するのはこの上ない喜びです。

 

人間は誰しも 幸福でありたいと願い 不安や恐怖などからは解放されたいのです。

皆が安心できる人間関係を持ち、個性を認め合って 穏やかに笑っていられること

そんな毎日は 実現すると思います。人がしないからできないのではなく

自分が始めるから皆も始められる そんな世界観の中で生きています。

もし 今 あなたが不安を手放せないでいたら

アトリエ霽月で一緒に瞑想してみませんか?

健康な人はより輝き、 健康になりたい人は健康を取り戻し、

苦悩の人は穏やかな愛を感じて安らいでもらいたいのです。

 

あなたの意識が平安へと変化する時、 あなたの身体と あなたを包む世界が

生命エネルギーと愛に満たされて行きます。

 

瞑想の神秘は 人体と魂の神秘です。

 

プージャ

あなたもこの光に触れて 穏やかさに包まれてください。

まだご経験のない方はぜひ 瞑想をご体験ください。

 

瞑想体験会は 毎月第一土曜日の午前10時から 無料で開放しております。

個別での体験セッション、及び、伝授のお申込みはホームページ スケジュールカレンダーで空き時間をご確認の上、お問合せフォームにご希望のお時間をお書きいただきましてお申込みくださいませ。

追ってこちらよりご連絡差し上げます。

 

一つしかない地球

地球

地球は 一つしかありません。

みんなが住んでいるところです。

この小さな丸いところに たくさんの命が住んでいます。

 

壊したり汚したりしたら、代わりはないのです。

まだほかに住める星がないのです。

 

地球は一つです

沢山の命がそこで育まれています。

だれかのものではない みんなの地球です。

 

そこで生まれ、死に、そしてまた生まれます。

私が、 あなたが、 家族が、 子が、 孫が

 

汚して住めなくなったら、代わりはないのです。

 

怖い武器を持って 喧嘩してる人は誰ですか?

 

仲良くする気はないのですか?

 

許して 手放してください。

命は今生が最後ではないのです。

 

綺麗な地球に生まれたい。

幸せな世界に生まれたいと思いませんか?

それをつくっているのは私たち自身です。

 

青くてきれいな地球を守ってください。

 

命の輝き

福岡城跡の舞鶴公園は桜が満開です

さくら2018328132819.jpg

しだれ桜 美しいです

さくら2018328132850.jpg

さくら2018328133257.jpg

 

天守台から本丸エリアを見下ろします

さくら2018328132929.jpg

 

天守台から見る夕陽が美しいです

夕陽2018328133435.jpg

日没2018328135433.jpg

 

宵の桜 ライトアップがスタートします

さくら2018328133555.jpg

 

夕暮れ時 この独特の空気感 魅惑的ですね

さくら2018328135641.jpg

さくら2018328135533.jpg

 

夜桜

さくら2018328135920.jpg

 

命は輝き その姿が表現となって現れる。

 

花は生きている喜びそのものですね。

どんな花も懸命に咲きます。運命のままに。

 

 

瞑想をすることで 他の命のエネルギーに触れる瞬間が増えて参ります。

あなたのカルマが取れていくほどに外側のキラキラと輝くエネルギーは

あなたの身近なものとなります。

マインドのシステム

私たちの思考をマインドと呼んでいます。

大脳の前頭葉で繰り広げられる考えです。

 

このマインドの仕組みは この肉体を護るシステムが組み込まれています。

ですから、人間の心が耐えうる以上の負荷がかかりますと、回路を遮断したりもします。

多重人格や、記憶喪失などはそのような仕組みから発生する状態です。

これらの状態は 日常生活を送る上では困ったことですが、

肉体としての個を護るためには とても役立っているのです。

 

過食症やその他の依存症なども体を護るシステムから起きています。

精神的に葛藤や悩みや不安が大きすぎる時に 心が悩みから離れていられる時間を 肉体が作り出そうとするために起きています。

薬物依存やアルコールなどは依存するものが体を蝕むので 護ることとは本末転倒なことになってしまいますが、その瞬間は心は依存対象によって 苦しむことから救われています。その作用があるので 肉体の方がそちらへ行きたくなる衝動を持ってしまうのです。

これは心でそうなるのではなく、肉体がそれを求めてしまうので

理性で思いとどまろうとしても体の仕組みの方がゴーサインを出してしまうのです。

身体は 命がけで苦難を強いる心から体を護ろうとします。

 

摂食障害になる女の子は 痩せている方が美しい という思い込みから 肉体に食べることを禁じて発生してしまいますが、

身体は食べるなと命じる理不尽な心を制して、飢餓から肉体を護ろうとします。

強烈な禁止と 強烈な抵抗が体の内部で起きています。

あまりにもそのせめぎ合いが大きすぎるので 食べだして太ってからも また足りなくなるかもしれないという無意識の身体の恐怖から 強烈な食べる衝動を起こし続けます。

これは飢餓のトラウマを体が持ってしまっていることから始まります。

太ったら愛されない という心の恐怖と 飢餓から命を護る という体の恐怖が

とても強い葛藤を発生し、バラバラになった心と体を疲れ果てさせてしまうのです。

そしてその人は心の疲れから 鬱状態になってしまいます。

 

心の根底に張り付いているものは 愛されないかもしれない という不安です。

この不安がカルマです。

 

どんな心身の不調も根底にカルマがあります。

それはかつて誰かが放った見えない矢(傷つく言葉や態度)、アンバランスな人間関係、エネルギー的に搾取された経験、そしてエネルギーの歪み によって発生し、

心にカルマの種を抱え、それが体に取り込まれ、DNAの情報に乗って 後の世代へと持ち越されていくのです。

 

あなたのカルマはあなた一人のものではありません。

 

時を越えて 世代を超えて 情報に乗ってあなたにくっついてきた汚れのようなものです。

それは感情として発動すれば自分からは出て行きますが、

あなたが誰かにカルマを投げつける時、

つまりあなたの怒りの矛先を誰かに向ける時、

あなたは あなたのカルマをその相手に渡してしまうのです。

あなたが放った矢がその相手に刺さってしまうのです。

 

ですから、 カルマは飛んで来たら決して投げ返さないように。

あなたは自分傷を自分で癒し、あなたの傷を心ある人に癒してもらい

あなたは誰かの心を癒して カルマを減らしてこの世から終わらせることをしましょう。

 

カルマを手放す人は 持て余す怒りや悲しみの先に人間や生き物を置かないようにしましょう。

 

そう、カルマはエネルギーの歪みの結果生じます。

それを誰かに向けることをやめるのです。

あなたは ただ 自分の感情を受け止めて、あなた自身に愛を向けてください。

あなたは ただ、素直に泣くことで カルマを終わらせることができます。

そして 苦悩を繰り返さないためにも 誰かを悪者にすることをやめましょう。

 

本当は誰も悪く生きようなんて思っていないのです。

ただ、まだ処理が未熟で 自分の感情を持て余し、自分や誰かを恨むことをしてしまうのです。

 

誰かを恨んで人が幸せになることはありません。

もし、あなたが 本当に幸せになりたければ、 

過去の苦しい思いを今 手放してください。

今のあなたを幸せにできるのは誰でもないあなたなのです。

 

あなたが持っている幸せを見つけることがあなたに課せられたテーマです。

当たり前になってしまって ありがたみが薄れたそのことを思い出してみてください。

それが無いとき、人がどれだけそれを切望することか。

そんなものを あなたはいくつも持っているのです。

 

欲張らない生き方は 幸福で光に満ちます。

あなたに与えられた運命に 灯をかざして 光を満たしてください。

感謝 という輝きが あなたに新たな光をもたらします。

光が消えてしまったあなたは もう一度光を灯してください。

 

瞑想のマントラのエネルギーは あなたの心に光を灯すことでしょう。

瞑想とはそういうものです。

あなたの内側の光があなたを癒します。

瞑想があなたを助けると言っても過言ではありません。

安らぎと温かいつながりをもたらします。

ろうそく

意識の波動は物質界へ影響する

宇宙の法則で 一番根本とも言える法則 波動の法則 と言われる法則を

ご存じの方も多いことと思います。

 

聞いたことはあるけど

知っているけど

イマイチ活用できていない  という方もいらっしゃることでしょう

 

今日は まだよくわかっていない方にもわかるように

その波動の法則について書いてみたいと思います。

スピリチュアルの法則 初歩的なお話です。

 

私たちは常に波動を発生しています。 生命エネルギーの放出です。

オーラなどとも呼ばれています。

201832510589.jpg

この波動の原理は 

我々生き物の肉体は全て 分子構造で構成されていますが、

 

その分子構造は原子から成り、

その原子は陽子と中性子から成り、

 

その陽子や中性子は クウォークという素粒子からできています。

クォークの説明

その素粒子が常時回転運動をしているのです。 

われわれの組成は微粒子の回転運動の集積によって成り立っているのです。

これを聞いた時、私はスチール金ダワシ を思い出して笑ってしまいました。ぐるぐるになったやつです 笑 そんなに粗雑なつくりじゃないでしょうね 笑

2018325104423.jpgいや、個体じゃないから!

 

個体 液体 気体 すべての物質 は みな、微細な振動数を持っているのです

 

この振動数が 意識の状態で速度が変化するようです。

 

高い振動数は喜びや幸福感の時に。 

低い振動数は哀しみ怒り苦悩などネガティブな思いの時。

微細な変化かもしれませんが、それは集まると大きな変化になるのです。

 

そして、その振動の波動は 音と同じように同じ波動に同調しやすく、同じ波動に共鳴する性質を持っています。共振です。

 

なので、私たちの意識は 自分の波動と同じものをキャッチし、そこに同調して引きよせられる性質を持っています。巻き込まれやすい ということですね。

 

これは意識に上がるか上がらないかは関係なく 波動で引き合うのです。

類は友を呼ぶ という言葉は個の法則を言ったものですね。

実際、自分に縁のある人は そういう意味で限られています。

もし 自分の周りに とても厄介な人物がいるとしたら、

それに巻き込まれる自分になんらかの引き寄せる要素がある ということになります。

あなたの意識と同じというよりは対になる関係性でくっつくものも多いです。

いじめっ子といじめられっ子 のように。

 

関係には双方の役割があり、その役割の片方を演じていますが、

時には別の人と同じ関係のもう一方の役割をすることもあるのです。

つまり、例えばですが、 迷惑をかけたり、かけられたり とか

悲しませたり 悲しまされたり、

怒ったり 怒らせたり、 などです。

そしてそれを引きずっていつまでも悩ましい。

 

その時、あなたはその人との出会いをヒントに自分の心をお掃除する必要がある ということを知らされています。

人生の学びと成長の機会です。

もし、あなたの波動が変ったら、あなたはその役割の相手に悩まされることはなくなります。関係が成り立たなくなるからです。

悟った人が悩みごとがほとんどないのは 他者との絡みがその場で完結してしまうのです。

わだかまりや憎しみの感情にもなりません。

面倒な人物に出会ったとしても カルマがなくなっているため 反応する摩擦は起きないか、少しあったとしても瞬時にして消えてしまいます。

悟った人が生きる事が楽で悩みごとが無く日常を楽しんで生きる事ができる という理由はここにあります。

 

悩みや苦しみの多い人は それを続けていると同じ波動の者が集まってしまいますので、 そのような出来事を引き寄せないために 反応するカルマの感情を手放す作業をします。

それが 瞑想であり 感情解放のプログラムやセッションです。

感情は抜けてしまうと心がスッとして穏やかになれます。

こだわっていたことも 心が軽くなり もういいや と思えるようになる。

そして更に 抵抗の感情の下に隠れていた真我の観察力が発揮されます。

洞察力が現れ 多くの気づきをもたらすのです。

この結果 カルマがほとんど出てしまって内側に少ない状態が悟りの境地です。

 

 このお話は 少しながくなりそうなので 続きは後程 wink

 

カルマというもの

カルマは 過去のネガティブな感情の記憶です。普段は種のように体の中に入っていています。

これはDNAに残された感情の記憶なのです。

これらのカルマの種は 外側の刺激を待っていて、その刺激に誘発されて発動し、

感情の波を起こしながら外に出て行きます。

出ていくと 内側からカルマが一つ終わります。

 

でも抵抗したり、拒否すると出て行かなかったり、出しても新たなカルマを作ってなかなか終わることができません。

 

このカルマは一人一人担当する量が決まっているそうで、それを一生のうちで昇華させることになっているそうです。

ですから、担当分のカルマからは逃れることはできないのですが、

 

でも、落胆や心配はしなくていいのです。

カルマの感情を感じることに抵抗したり拒否するとなかなか出て行きにくいのですが、

抵抗をやめると かなり早々と出て行ってくれます。

 

もし 怒りや悲しみの感情が湧き上がってきたら、

慌てず、ただ、その感情を味わってください。

 

それは 人間にとってとても自然な感情なのです。

 

ただ、その感情を持て余すあまり、他人を傷つけたり、自分が不快なのを誰かのせいにしたり、八つ当たりなどしますと、 また新たなカルマをくっつけてしまうのです。

 

ですから、感情は自分で味わって終わりにすることが一番平和に解決してゆきます。

 

もし、とても大量のカルマを担当していたら

トラウマとかPTSDなどの辛い試練に見舞われるかもしれません。

もし、そんな運命を持っていたら、その人は

自分のカルマだけでなく一族のカルマを背負って 大きく浄化を行うのです。

きっと その人生で 悟りを得ようとしに来たのかもしれません。

そのような大きなカルマを終えると、人はすっかり 学んでしまうのです。

終えるまでは大変ですが、 その後の人生は大きく濯がれるのです。

 

カルマのエネルギーは発散され内側から出て行きます。

瞑想は 静の発散で、日々カルマを解放していきます。 

 

カルマの解放が終了すると、今までカルマに覆われていた真我の意識が現れてきます。

新たなる視線、気付きが起こり

そして あなたは啓発の意識を見るでしょう。

そこには 生きる という魂の輝きが見えます。

それは輝かしく 幸福な 愛に満ちたエネルギーがあります。

白タラ

世界を見守るホワイトターラの慈愛に満ちた眼差し

あなたもその波動を感じることができます。

 

 

 

 

 

あなたを成功させないものは何か?

人は 何かうまくいかなかったり失敗したりすると

そのことに苦手意識を持ちます。

そして過去 そのことを責められたりすると 自分はこれはダメだ できない と

苦手意識をインプットしてしまいます。

この思い込みはあなたに無駄にブレーキをかけてしまいます。

 

すぐに上手にできなかったら それは本当にあなたに向いていないことなのでしょうか?

 

私は若い頃からずっと美術を学び、美大を出て美術関係のお仕事をしてきました。

そして福岡に来て以降15年ほど前から 絵を教える仕事をしていますが、

本当に絵が上手になる方というのは 最初から上手かどうかは関係ないように思いました。

確かに手先が器用かそうでないかは表現に違いが出てきます。最初に器用かそうでないかは個人差があります。

手先の感覚が精密であればあるほど、繊細な表現ができます。

でも、表現は繊細なものばかり というわけではありません。

勢いや荒々しさの表現に 繊細さは邪魔になることもあります。

 

思ったイメージを思った通りに表現するには、素材(絵だと絵具のこと)を知らねば扱えません。

筆なら 筆の使い方を手が覚えてくれなければ筆を扱えません。

小さな子が最初からお箸を上手に持てないように

筆も最初からは上手に扱えません。

 

何度も繰り返し触り、素材に馴染んで素材の質感をフィーリングで掴んで 初めて自分の思う表現が可能になります。

小難しく言っちゃいけませんねw 要は慣れることが重要だ ということです。

 

練習段階で落ち込む人は 理想が高すぎることが多いです。

プロのような仕上がりをイメージしても それはすぐできてしまったら

プロがプロである必然性がなくなってしまいますね(笑)

ピカソのお父さんは息子が自分の絵を手直ししているのを見て

絵描きを続けることをやめたそうですが coldsweats02

そんなことは何十億人に一人の天才の話です。

 

絵の教室で 最初はおぼつかない筆使いだったのに

ずっと通い続けるうちに 素晴らしい作品を作り出すようになられるのです。

筆使いだけではありません。色使いもです。

細かいことは苦手なんですと言いながら、素晴らしい色彩を繰り広げてくださる。

見せてもらう私はとっても幸せな気持ちになります。

 

苦手意識は本当に邪魔にしかならないのです。

 

絵を描くことも人生を生きることも 共通しているのは

自分を封じるものが少ないほど 可能性と豊かさが拡がる ということです。

そして 本当に突き詰めて専門を追及する時

研ぎ澄まされ、要らないものが落ちてゆきます。

何かを極める というのは 欲を捨て 1点を見据えることかもしれません。

その時 あなたはワクワクされることでしょう。

それこそがあなたの得意分野です。

 

人生も絵を描くことも 他の何かをするときも

いつも楽しんで取り組まれてください。

苦手と引かないで 経験を楽しまれてください。

しているうちに上手になるのです。

人生も生きているうちにこなれてまろやかになっていきます。

欲張らないで手放してみてください。

裳

 

 

 

悲しみを体験する時

今月 大学時代の学友が火事で家を失う事件がありました。

隣家が火元で類焼して家は全焼、家族は難を逃れましたが、可愛がっていたペットが命を落としました。

丁度同じ年齢の同じ色の猫ちゃんだったので、互いによく似た愛猫の様子をFacebookの投稿で微笑ましく見てきて コメントなどもやりとりしていたので とてもショックでした。

どんなに悲しく困惑されていることだろうと思うと 切なくてたまりませんでした。

 

昨夜は、ニュースで幼い子供だけで留守番していた家庭で火が出て 二番目の5歳のお子さんが意識不明だというニュースを聞きながら 仕事で家を空けていた親御さんの苦しい心情を思い、胸が痛かったです。

本当にその方々の思いは察してあまりあることと思います

 

この世には とても辛いできごとが起きることがあります。

辛い出来事に遭遇した時、その痛みをどうしたらいいかわからなくなる時があります。

現実をどう受け止めていいのか ただただ辛いだけの日々が続いているかもしれません。

本当に切ないです。

 

観音菩薩は そのような人々の苦しみを見て涙を流されたそうです。

物質的援助は可能ですが、心の痛みは 代わってやることも取り除いてあげることもできないのです。

心の傷は 身体の傷と同じように 時間をかけて癒される必要があります。

そこまでは どうしても痛みがあります。

身体の傷には痛み止めがあるかもですが、心の傷の痛み止めはありません。

もしあるとしたら 周りの人々の愛 かもしれません。

 

人間には共感力というものがあります。 

それが観音様の慈悲の心でもあるのでしょうか。

 

辛い出来事に 誰も悪人はいない ただ、みんなが痛いのです。

 

意図して人を傷つける者がいたとしても その者は大変傷ついている者なのかもしれません。

どれも誰も 癒されるまで愛で包まれることが必要なのだと思います。

 

傷ついた経験が 共感力を作り、人を救う力を得ます。

去年同じように火事で家を失ったもう一人の学友が 今回家を失った友人のサポートに

奔走しています。

 

痛みを負う人を助けるのは 人の愛です。

支え合う世界は 悲しみの涙と同時に感動と感謝の涙をも流します。

その涙が苦悩を流して浄化するのです。

そして世界はキラキラと美しく光り始めます。

 

辛いことを一人で抱えず、周囲の愛と この世界の愛を感じながら癒されてくださることを 心から願っています。

全ての悲しい人へ

あなたの涙は美しいのです。

亡くなった人は光となり また 新たな人生への準備を始めています。

いなくなったのではありません。

ずっとこの世界に光となっているのです。肉体をいう形を得るまでは

光となってどこへでも現れるでしょう。

その存在を感じれば そこに居るも同じです。

手では触れずとも 心に生きて光りを感じさせてくれるでしょう。

生きている者は 愛に目覚めてください。光は喜ぶのです。あなたの愛に触れて。

2018322134524.jpg

試練はなぜ起こるのか

カルマというものには 時にひどく理不尽な思いをさせられることがあります。

生まれてこの方 何も悪いことをしていないのに

真面目に善良につつましやかに生きてきたにも関わらず、

突然 天災や不慮の事故などで命を奪われたり、家族を奪われたり、

生活が一変してしまうことなどが 起きることがあります。

 

カルマは因果応報 と言いますか、どこかにこの運命の 種 があると言われますが、

自分には何の落ち度もないのに なぜ そのような試練に見舞われるのでしょうか?

 

カルマは 独りだけのものではないのです。

あるカルマを 一族は共有し、 同族は共有し、人類は共有します。

そのカルマは 避けられるものではないのです。

一人一人担当分のカルマがありまして、

それは生まれてくる時にその試練を通して 魂を成長させる と約束してチャレンジしにこの世に生まれてきます。

もちろん そんな約束は記憶からは消されています。

これから死ぬまでに何が起きるか どんなテーマの学びをするかを 決めてきているらしいのですが、

決めたことなどは覚えていないので いつも我々現世の人間は驚かされます。

いえ、ショックを受けるのです。

 

踏まれて傷ついても、そこから立ち上がり また真っ直ぐに

行くべき方向を目指して延びてゆく植物のように 

私たちの生命は輝こうとします。

 

ショックを受けた意識は 一時フリーズしてしまうかもしれません。

でも、そこから 新たに新しい芽を出すように

新しい生き方と新しい意識が芽生えて 新しい人生の始まりのチャンスがやって来るのです。

上を向いてください。

前を見据えてください。

いま、ここにしっかりと立っています。

立ち上がる足がなかったとしても、いま、確かにここに存在して命の灯が輝き続けているのです。

あなたの命が存在することに価値があるのです。

 

目覚めた意識は全てを包み込む懐の深さを持ちます。

魂の成長です。

雪原の樹

 

 

 

あなたの才能

あなたには どんな才能がありますか?

あなたは どんなことが好きですか?

 

もし、あなたがそれを好きなら それは才能です。

もし、あなたが それをいとも簡単にやってのけることができたら、それは才能です。

もし、あなたが それをうまくできなくても もっとやりたいと思ったら それは才能です。

もしあなたが それをしている時に楽しかったら、それは才能です。

 

自分の才能は 容易くできたりするので、ある人は できることよりもできないことを克服することに夢中になることもあります。

 

足らないことを埋めることが 人から認められることと思っていると、そちらを先にやりたくなるのです。

 

でも、実際は、できることを磨き、より高度なレベルに才能を磨くと、それを人が評価します。

 

できないことを責める文化はつまらない。

それは攻める側の人が責められることを恐れているに過ぎないのです。

人にはみな長所と短所があり、人は得意なことを人のためにも活かして

支え合うのが人間の本来の関係なのです。

集団で生きる生き物ですから。 孤立すると苦しくなります。

批判されることを恐れているかもしれません。

でも、実際は批判する人は 一番恐れているのです。

自分を護りたいがために 他人を批判します。

一皮剥けば、小さな赤子が泣いているのが見えます。

「私は間違ってないでしょ?」と叫んでいます

強さや正義を鎧にすることで 守っているつもりが、その鎧が(排他的に)自分自身を閉ざし、孤独へと追い込んでしまいます。

 

『怖れ』というカルマのなせる業です。

 

あなたはあなたらしく、生きてよいのです。

苦手なことを恥じることはありません。

できる人を賞賛し感謝してお任せしましょう。

あなたはあなたの得意分野で貢献します。

 

あなたが活きる場所で生きてください。

 

最初は ヨチヨチ歩きでも、次第に人より上手になります。

仕事にすれば どんな好きな事でも 辛いことも生じます。

逃げずに取り組むことも必要ですよ。

好きな事なら耐えられるのです。

あなたの人生のすべての出来事は あなたを育てています。

自信を持って あるがままを生きてください。

あなたはあなたでよいのです。 個性を光らせてください。

 

家事でも 歌うことでも 地味な作業でも 力仕事でも 本を読むことでも パソコンにずっと向かってることでも 旅をすることでも ありとあらゆる職業があります。

昨日見たTV番組で プロゲーマー (コンピューターゲームを試し続ける人、あるいはゲームコンテストで賞金稼ぎをする人)が 出ておられて、自分の職業に罪悪感がある とおっしゃっていたのがすごく切ない気持ちがしました。親御さんが真面目過ぎて ご本人も真面目なので、それを職業と認められないようなのです。

生活はできているのに、将来性とか保障が何もない と。

そんなの商売人や個人事業主はみんなそうです。

企業務めでもいつリストラが起きるかわかりません。

生きる道はまっすぐじゃなくてもいいじゃないですか。人生は旅のようなものです。

 

そして、変人が必ずしも人に迷惑をかけるわけではありません。

個性は誇りにしてください。

譲り合い、認め合いましょう。個性を尊重して協力しあえば

愛ある素敵な世界になります。

あなたのの能力や働きを人が喜ぶことにも使いはじめると

あなたの世界はすばらしく豊かになります。sun

 

自分の才能を大事に 愛してください。

あなたが喜ぶことで世界は喜ぶのですshine

自分や現実から逃げる必要なんてないのです。

一生懸命生きるのみ です

あなたらしく。あなたの花を咲かせましょう。

サボテンの花

 

 

ページ上部へ