ホーム>スタッフブログ>2018年2月

2018年2月

贈り物

週末のボブさんのワークショップが終わりまして、

(月)仏画教室 と (火)本日のランチタイム瞑想会  時間は流れていきます。

 

ボブさんのワークショップでは 受け取ったものが沢山あり、

どう言葉にしようかと思いつつ 胸いっぱいの温かいものと新たな気づきを眺めております。

 

説明したい!話したい!と気が急くものの あふれかえる量に圧倒される今です(笑)

これはエネルギーが増幅している状態で 共鳴して増幅してる とでも申しましょうか。

ひとつづつゆっくり丁寧に伝えたい気がしています 

エネルギーが伝わるように 丁寧に お伝えしたいです。

 

まず再認識したことですが、

マスターに会いに行く というのは、話を頭で理解するのではなくて エネルギーを受け取ってくることなんだ ということです。

物事の理解の仕方はひとつだけではありません。

頭 = マインドだけが理解の方法ではないのです。

 

頭(マインド)の理解は、本質を上滑りするような感じで 本当は心に響いていないこともあり、わかってるつもりでも本質がわかっていない ということが起こるのですね。

今回はちょっと違う感覚を体感していました。 芯に響く 振動を感じる という感覚なのです。

しかもこれまでも感じていたと思われるそのエネルギーを 改めて強く感じていたのです。

 

ああ、なぜ もっとたくさんの生徒さんを連れてこなかったのだろう と 悔やまれていました。

 

私にはわかっていないことがまだまだあるのだろうと思います。

 

皆、まだ過渡期です。全部をわかりきるにはこの宇宙は広すぎます。(笑) 

わかったところまでしかわかっていなくて、わかったつもりでいることも多々ですから。

それはそれでいいんですね。

 

ゆっくりと 一つずつのキーワードを手掛かりに話してみたいと思っています。

今日のみなさまが幸せを感じられますように shineheart01

桜 ベビーピンク

ボブ・フィックス氏ワークショップ

2月24日 ボブ・フィックス氏のワークショップは20名ほどの参加者で始まりました

明日はもう少し増えるようです。

また終了しましたら体験した内容をすこしずつ文章にしてみなさまにもお伝えしたいと思っております。

今日は明日に備えて手短にご報告です。

一つ気付いたのは マスターに会う ということは 何か知識をゲットする というのとは質の違うことのように感じます。

空気、波動に触れる ということで、私たちは何か感じ取ります。

なので、頭で理解する以上のものを受け取るのです。

ですから、内容 というより、会いに行く ということが重要なのだ と気づきました。

とても 貴重な時間を過ごしております。

また月曜日にブログを上げたいと思います。

おやすみなさいませ happy01 night

意識が変わる 流れが変わる

先週あたりから 世界全体のエネルギーが変化しているようです。

 

最初は ふ~ん、そうなんだ と聞き流していました。

ですが、明らかに変わっているのです。

みなさまは何かお気づきになられましたでしょうか。

 

私は最初は変化とは認識していませんでしたが、なにやら えもいわれぬ幸福感がやってきました。heart02

お~っ、久々に来ました至福感!shineshine 

きっかけはあるものの、意識が先なのか 出来事が先なのかはわかりません。

 

で、その至福感が引き寄せを起こすのです。

分かりやすっ!! なんて分かりやすく起きるんだ!!!coldsweats02

 

もう笑うしかありません。

完全に流れがやってきたのを感じました。

まるで春が来たなぁ~ というような感覚なのです。cherryblossom cherryblossom cherryblossom

まだつぼみが膨らんできた 程度の感じですが、確実にそれは咲くのです。

 

ほとんど確信的にそう思っています。

楽しみだなぁ~~ happy02 heart04

 

明日と明後日は ボブ・フィックス氏の博多ワークショップです。 

当日席 あるかもです。

フライヤー福岡2018.2のサムネイル画像

日々徒然

今週は制作ウィークです。アトリエでの仏画教室に続き表具に取り組んでいます。

このところ、瞑想と仏画の両方に興味をお持ちの方が続き、仏画教室の間も瞑想談義に花が咲いております。

人数が少ないときなどは お話もかなりカウンセリングのような感じになったりします。

教室中はあらゆるご質問にお答えしています。

来てくださる方のお心が浄化されて軽やかなお気持ちでお帰り頂くととても嬉しく思う今日この頃です。

相変わらず 制作中は夢中になってしまって 写真を撮ることを忘れてしまうのですが coldsweats01

皆さんとお会いする時間を楽しみにお待ちしております。

私にとって 人と関わる時間が一番楽しいように思います。

 

昔、対人恐怖症だったことなど 自分でも信じられないです。(笑)

どんな人も ちょっとした妻付きでどんなことになるかわからないものです。

追いつめられることも、解放されることも ちょっとした偶然から展開します。

それを運命 または宿命 と呼ぶのでしょうが、

全ての体験はあなたにとって無駄なことは何一つありません。

どの体験も自分の身になる学びを含んでいます。

最初はその意味が分からないことも多々ありますが、

心をクリアにできた時、その意味は一目瞭然となるのです。

 

いい人生だった 最後にそう言うのが私の未来の願いですが、

もうそれは叶っていると思います。

出会った人々との関係に 温かい思いしか残らないからです。

これからもそれ以外にないような気がしています。

皆 幸せになりたくて 幸せを望んで生きています

だったら、自分で幸せを作っていくのです。

こんな風に思うだけで これからのことがワクワクするのでした。

 

私と関わってくださったすべての人々にありがとうと言いたい気持ちです。

皆さんが幸せに毎日を過ごして下さるように いつも願っています。

能天気な瞑想者です(笑)

潤いのある日々を生きてゆきましょう。

みなさまのお越しを楽しみにお待ちしています。

水滴

EFT療法との 出会い

私がEFT療法のことを知ったのは 丁度2年前のことでした。

 

佐賀市のギャラリーシルクロでの個展の搬入の日でした。

前々日に大雪が降り積雪のために高速道路が封鎖。

通常1時間半で行ける距離ですが、道路はとんでもない混乱状態で道がほとんど動きません。

結局1時間半のドライブの予定は8時間に及びました。coldsweats01

歩くような速さの超低速渋滞の中、暇つぶしのラジオ代わりにスマホのYouTubeの動画をかけていました。

 

当時スピリチュアル界は、『非二元論ノンデュアリティ』 が話題のトップでした。

大和田菜穂さんという美しい覚者が悟りの境地を語る講演して全世界を回り、

スピリチュアル関係者の中ではノンデュアリティーというキーワードに関心が集まっていました。

私は大和田さんの動画を何本か聞き、次に、いろんなスピリチュアル系の対談などひらくうちにもう一人のノンデュアリティ(非二元論)の覚者溝口あゆかさんのインタビュー動画に行き当たりました。 

1本の動画に30分くらいかかるので、多忙だった日常の中ではゆっくり聞く機会がなかったものでした。

なんて充実した時間だろう!渋滞さまさま なんてことを思いながら(笑

 

そのトークの中で溝口さんがこう言いました。

悟りと心の傷の痛みが消えることは別の問題です。

悟ると 悩む苦しみは減りますが、傷の痛みは消えません。

それを消すには傷を癒すことが必要で、そのためには心理セラピーなどが有効なのです。

私は本業が心理セラピストでセラピーおたくですから、そのようなことにはとても興味を持って関わっています。

 

う~ん!そうか、痛みは別物か!

瞑想に来る方の中にも心の痛みやトラウマの悩みを持たれる方も少なくありません。

もう気持ちはそのセラピーがどんなものか見たくてたまらなくなっていました。

その後、早速EFTのことを調べ 体験講座と初級講座を申し込んでいました。

 

EFTは深層心理に入り込んだネガティブなイメージをピックアップして抜き、

代わりにポジティブなイメージを入れていきます。

最初は自分が実験台だったのですが、

その効果の現れ方は目を見張るものがありました。

 

有効なものは使わない手はありません。

ご興味のある方はぜひ一度お試しください。

 

感情のお掃除でより爽やかな心に

ブルーポピー

 

1日瞑想会を終えて

本日は1日瞑想会でした。

午前の部は男性が多く、午後は女子のみ という珍しい日でした。

女性か増えるとお話に花が咲きますね。いろんな具体的な話題が出ます。

たぶん、私が女性なので 具体例を沢山話せるからかもです。

 

具体例は どれも一つの例にしかすぎません。

一つの例がすべてを決めるのではなく、いろんな要素や、いろんな選択肢で 現われは様々なバリエーションを持ちます。

話が自分とは違うと感じられることももちろんあるでしょう。

どんな認識もアリです。価値観や世界観は様々です 

物事に正解があるわけではないのです。

ではどう判断すればいいのか?と戸惑われる方もあるかもしれません。

私はどうしたらいいんでしょう?と尋ねたくなることもあるかもしれません。

 

その時、神様(高次元の意識)ならどう答えるかご存知でしょうか?

その答えは 「好きにしなさい」 です。

答えを持っているのは 自分のハートなのです。

 

本当は正しい生き方 というものはありません。

様々な生き方ができるようにデザインされた生き物が 私たち人間なのです。

 

ただ、宇宙の法則に逆らって生きると 流れとの軋轢が大きくなり、障害 とか やりにくさ、厳しさ、苦しさ、困難 を味わうことになります。

 

誰も逆らうつもりはない と思っているかもしれません。

ただ、カルマの感情は怖れや痛みから逃げたいと感じ 抵抗してしまうのです。

 

我々は、摩擦や刺激を見ながら エゴを緩め世界の大きなエネルギーの流れの方向を知るようになります。

ただ、最初はそれを認識していないのです。

 

この世で自分がエゴの出っ張り、トゲトゲを持っているとあちこちにぶつかって摩擦を起こします

その角を丸めることが 人間が丸くなる っていうことです。

 

自然にも磨かれますが、進む方向が見えれば回り道をせずにまっすぐ早く進化します。

 

丸く生きるのと、丸いふりをして生きるのは違うことだということは皆さまもお分かりかと思います。

本当に大事なのは どのような心、波動を持っているか に尽きるのです。

この世界ユニバースにごまかしは利きません。ただ在る通りの波動がダイレクトに作用します。

目先の刺激にぶれないでください。

 

あなたの心、魂 波動 に穏やかな微笑みをたたえてみましょう。

あなたのまわりを幸福が取り巻きます。

瞑想があなたを穏やかにし、あなたに幸福をもたらします。

白蓮

 

 

 

子供との関係

私たちの意識は真我の上に肉体にある自我という機能がくっついています。
これは自己防衛反応です。
 
この機能が増大しすぎますとワガママになったりエゴイスティックになります。
 
元々幼少期は意識が 本能的な反応と エゴの反応のみで感情が発動します。
でも、人間は集団で生活する性質の生き物ですので、集団の中で体験してかかわり方を学んでいきます。
ここで、どんな大人に関わるか で生き方が変わります。
どんな見本が来るかで身に付けるものが変わります。
 
大人は 教えるよりも見られている と思ってください。
その姿、立ち居振る舞い、反応を 彼らは身に付けるのです。
 
表面的なものではなく、根底に流れるエネルギーを受け取ります。
 
ただ、見本であってください。
 
優しさがあれば優しさを学び、
批判があれば、批判を学び、
反発があれば 反発を学びます。
エゴがあればエゴを学び、
悟りがあれば悟りを学びます。
 
子供は大人の鏡です。しかも、裏側を映し出す鏡なのです。
 
だから、子供は親を育てることになるのです。
 

親以外の影響、時代背景や流行のものが違うので

現われは異なって見えるでしょう。

そんなものに価値を置くなんて!と感じられるかもしれません。

でも、その行動パターンや思考のパターンは親御さんのパターンと同じになるのです。

 

中には親御さんより先に悟るお子さんもおられます。

親と子供の立場が逆転しているのですね。

親の気持ちが大人になりきれないまま わがままで子供に甘えると

子供は大人の役割をせざる得なくなってしまいます。

子供を体験することなく大人になるので、根っこが空虚になっていることが多いのです。そういう時に身体に不具合が現れたりします。

こういう場合、親御さんが自覚されて変わると一番いいのですが

それが難しいほど親御さんのエゴが強いと、

お子さんは自分で自分を育てなければなりません。

一から自分を愛する愛し方を学んでいきます。

 

誰しも愛される存在であることを自覚してください。

あなたは神から愛されています。 その存在を実感するには

意識を変える方法で確かめることができます。

その方法をお教えしています。

 

お子さんもお母さんも、お父さんも、おじいちゃんもおばあちゃんも

みんなが幸せでいたいのです。

心の中の不安や痛みを手放し

思いやりあって 互いを幸せにできれば どんなに幸福なことでしょうか。

 

すべては あなたが源です

 

楽しいねずみ

 

調和と抵抗

大自然とか 宇宙には 自然の法則 というものがありまして

地球に万有引力 というものがあって、水は高い場所から低い場所へと流れ、均一の水面を保つ という法則や

気体の圧力は分散し均一化しようとする とか

食物連鎖が生態系のバランスをとっていて、特定の種の生き物が増えすぎると バランスが崩れ、結局は増えすぎた種も淘汰されてある一定の範囲の数を保ちます

自然の生き物というのは 通常はそのDNAに組み込まれた生き方をして存続していくのですが、

人類のみが独自の性質を持たされています。自我です。

この自我は自然の流れではないものを試そうとしたり試したくなるようなプログラムなのです。

新たなものを探し出す能力があたえられているのです。

これによって文明が発生し、科学技術が進化し 高度なシステムを生み出してあらゆる可能性にチャレンジできるよう能力を持たされています。

この進化の過程で 自然の流れと共に調和を保てば何の問題もなく自然と共存できるのですが、この自我は全体を見渡すことが苦手なのか 調和というものを無視して独自の構想を展開してしまいます。

これが自然にとって無理な圧力をかけることになってしまったり、自然との軋轢を生じますと 最終的には圧倒的に自然のエネルギーの方が大きく無尽蔵なので負けてしまいます。

これが自然災害です。(時に人災と言われることもありますが)

 

自我は無理なことがやってみたい。

そして 無力さを痛感するのです。

痛い目に遭わないと なかなか懲りないようで

そのために犠牲は払われます。身を持って痛みと共に学ぶようです。

 

ですが、できるだけ犠牲は少ない方がいいのです。

早めに気付くほど犠牲は少なく済みます。

どうか、自然と調和することを前提に人類の繁栄を考えて頂きたいのです。

伐採しすぎた森林は再生させてください。

 

増えすぎは飢餓を生み、あらゆる食物を食べつくしてしまう

食物連鎖の崩壊が起きてしまいます。

人類のために何かを絶滅させるべきではありません。

 

ただ、なんでもコントロールできると思い込まないことです。

流れは無尽蔵のエネルギーを持っています。

侮ってはなりません。

地球のエネルギーと調和を。

思い通りでないものとも 調和してください。

調和こそ 平和であり 幸福 なのです。欲張らない生き方を。

苦労も分かち合えば幸福へと昇華します。

水色の木

神社

先日のお寺に続きまして、今日は神社について書いてみます。

神社についてはとても興味があるものの専門分野ではないので 私が持っている感覚だけで話をしますと、専門の方にお叱りを受けそうですが、どうかご容赦ください。

2年前まで長女が 大宰府天満宮に努めておりました。

当初はそういった方面に就職することは本人的にも予想していなかったので、

周りはまったく驚きでしたが、ご縁とは不思議なものです。

本来とても感受性が敏感で潔癖な性分の子でしたので とても向いている仕事だと

感じましたね。そこで彼女はとても良い人生経験を積んだようでした。

職場としては予想するより大変なことも多いようでしたが、さすが神に仕えるお仕事をされている方々はお心構えもすばらしいと思います。

若い巫女さんたちは女の子から 徐々に自覚を持った巫女さんへと成長されるようで とても微笑ましく拝見しておりました。娘もお世話になりありがとうございました。

 

お仕事を通して人生の学びは進みます。それはどの仕事でも変わらないかもしれません

神社のお仕事は神に仕えるという意識がより仕事に対する真摯な気持ちを持たせてくれると感じます。

 

私自身は仏教でなければ という考えはありませんで、神も仏も共に尊いように思っております。

どちらも存在的には同じ高次元の存在で 少し波動とかエネルギーの質が違う方たち

という認識です。仏は慈悲、神は浄化 という感覚を持っています。

私自身は 前者のエネルギーが自分自身に近いので そちらにより親近感があるのですが

神社の浄化されたあの空気は 本当に心がスキッとしますね。神社はとても好きな場所の一つです。

神社の神さまは自浄作用を持っているのですよ

ですから、神社は自分自身が禊に行く場所 なのでしょうね。

神は大自然ユニバースの意識でもあります。

 

仏は宇宙(空)、神は自然(ユニバース) ですね。

 

私たち生命体 人間も大自然の一部です。

意識をこの体から全体に浸透させて感じ取ってみてください。

そこには命のエネルギーが満たされています。

特に自然が拡がる広大な場所や 阿蘇や富士山のような大きなもの、 または空の様子を見て そのエネルギーを感じ取ってみてください。

あなたにも きっとわかると思います。

エネルギーは目で見るものではなく、 身体全体で感じ取るものですから。

感じ取るということが分かるようになってきますと、今までわからなかったことが

色々わかるようになってきます。

自然の中でお試しくださいね。

2018215224841.jpg

雪化粧の大宰府天満宮

 

 

 

愛する能力

今日は バレンタインデーですね。

チョコレートの甘い香りがしますか?

 

甘いのは 恋でしょうか。

 

愛と恋は エネルギーが異なりますがどう違うか お分かりになりますか?

 

恋は種の保存のためにある本能で 特定の異性に惹かれる衝動です。

人によっては特定でない場合もあるかもですが(笑)

胸がキュンとする反応がありますね。

甘く切ない感情です。

これは自分の願望を叶える事が目的となります。

 

愛は、相手の幸福を願い、相手を慈しむものです。

相手の幸福をのみ願います

 

ここで紛らわしいのが 依存と執着です。

これは愛のように見えて愛ではありません。

日本語で言うと執着の愛欲 ということになりますが、

相手を所有し支配したいと思うようになります。

愛がエゴに占領されてしまうと執着に変わります

また、相手に依存してしまうと 嫌悪しても離れられなくなります。

 

恨みは依存が叶わない場合に起こります。

自分のニーズを満たさない相手や事象に怒りを感じます。

これは愛が変質したものですので、根底には愛を求める気持ちがあります。

 

この自我の反応は肉体を持つ生き物としての性質です。

ただ、人間の根源にある真我の意識は 世界全体を観察する神の意識へと意識を拡大することが可能です。

その視点は 冷たい観察ではなく、温かい慈愛と世界全体全体が一体になる調和の波動に満ちています。

 

愛は外に求めると満たされないことが起きますが、

自分自身の愛に気付いたとき、愛を溢れさせ、人を愛するという喜びを見つけます。

この愛は源が自分自身であり、それを見つけた時、失うことがありません。

 

あなたの愛の波動は どんな波動でしょうか。shine

ラブリー

今日一日愛を満たしてくださいね。happy01heart04

 

 

 

ページ上部へ