ホーム>スタッフブログ>2017年5月

2017年5月

熊本の仏画展終了

熊本の ヒーリングサロンさゆら での個展が終了しました。

 

限られた時間の中 会場にお越し下さった皆様 ありがとうございました。

 

お世話くださいましたサロンのオーナー 浅川路子さん 心より感謝申し上げます

 

いつも応援して下さるみなさま 本当にありがとうございます。

 

今月は5月23日より京都のグループ展に出品予定で 頑張って作品作りしています。

 

応援 本当にありがたいです。

 

これからも頑張ります!

 

瞑想の方も 伝授承ります ぜひお越しください。展覧会中も 会場に行かない日はセッション可能です。

 

 

京都のグループ展情報です

 

Seazons

会期  5月23日㈫~5月28日㈰ 12~19時 (最終日は17時まで)

会場  ギャラリーヒルゲート   http://www.hillgate.jp/

京都市立芸術大学美術学部で同時期にキャンパスで親しんだ学友のグループ展です。

日本画 西洋画 版画 工芸 など多彩なジャンルの専攻から 有志が集まっています。

今回のメンバーは17名 美術方面で活躍中の面々です

 

アトリエ霽月の場所

お客様にお聞きしてびっくりしたのですが、

Googleマップで アトリエ霽月の入口が違う場所の写真になっています。weep

 

アトリエ霽月は、城南線沿いにあります。

アトリエ霽月向かいからの写真

4階建ての建物の左側の方です。

 

七隈線桜坂駅からだと 薬院方面に徒歩4分

西松屋を通り過ぎて次の信号の手前

 

薬院や博多方面からバスに乗ってくると

雙葉学園入口で降りて

201751510166.jpg

前方右手に見えています

目の前にある信号を対角に渡ってください

 

東ビル

4階建ての東ビル

 

東ビル玄関

ビル右側に階段のある玄関を上がります

すみません、エレベーターがありません。

 

看板1

教室日に イーゼルで看板出します

 

グーグルに乗ってるストリートビューの白っぽい玄関の写真は裏の民家です。coldsweats02

なぜ? bearing

どうやって修正したらいいんだろう。crying

 

城南線(大きい通り)沿いにあります

どうぞお間違えのないように。

ほんと ごめんなさい。

 

 

 

 

目に映るもの

いろんな人がいて、いろんな状況があって、
いろんな感情があって、
 
人間は一喜一憂しつつ
毎日生きてますね。
 
よくお悩み相談事が持ち込まれます。
 
具体的な対策は あれこれ 考えるのは好きですが、
 
アプローチの余地がないもの
 
どうしようもありません。
 
愚痴なんかは ストレスの発散なので、ある程度、かなり?は聴きます。(笑)
 
いや、聞き流します が正解w
 
なぜ聞き流すかと言うと、
 
負のエネルギーの発散を拾う必要が無いからです。
 
起きることが起きて、 波が起こり、
 
ザワザワザワ~ っと騒ぎになり、
 
潮は引いて行くのです。
 
 
発散を解決する必要はありません。
 
そのうち、考える必要がないことに気づきます。
 
発散だけでいいのです。
 
 
発散のエネルギーを何に使いましょうか?
 
お掃除、 お料理、 仕事、 趣味、 運動、 ゲーム
 
なんでもいいけど、どれが一番効率がいいだろう?
 
あ、溢れかえって収拾がつかない量のエネルギーは、暴れます。叫びます。
クッションを投げます。
紙を破ります。 段ボールを蹴飛ばします。
 
落ち着いたら 散らかしたものを片付けましょう。
 
無駄な行動ではありません。 効率のよい発散です。
 
 
気を付けることは、
 
人をビビらさないこと。
 
 
知ってますか?
 
瞑想はストレスの発散なんです。
 
気分爽快!
 
日常への瞑想の活用 ぜひお薦めします。

仏画教室

フルフィルメント瞑想と仏画の教室 アトリエ霽月
 
 
季節が変わり 暑いと感じる日が増えて参りました。
 
アトリエ霽月は4階建てのビルの最上階で、夏場はなかなかの日射です(^_^;
 
今年の夏はどうかな~ w
 
冷暖房完備なのでだいじょうぶですよ~wink
 
 
 
月曜日は仏画教室 福岡仏画の会 の日でした。
 
中央市民センターで月に2回開いています。
主に月曜日の午後です
福岡市立中央市民センター実習室にて。
 
それと、第3土曜日の午後は
アトリエ霽月の制作室にて13時半より
 
飛び入り参加も可能です。道具を貸出ししますので
参加ご希望の方はご連絡ください。
 
詳しくはこちら
 
 
 
 
生徒さんの仕上がった仏画をお預かりして額装に装丁して、
さっそく撮影いたしました。
 
もう7年のベテランさんの作品で、腕前はかなりの実力です。
 
最初にいらした時は、
絵を描くことは始めてだとおっしゃっておられたのに、
こんなに上達するなんて、、
 
教師冥利に尽きます。
 
ご覧ください。
 
 
 
宇宙の根本原理を象徴した仏の王 大日如来
曼荼羅の中心にいらっしゃいます。
 
 
 
 
文殊菩薩  釈迦のお弟子智恵第一の菩薩さま どんな問題についても、てきかくなご説明がなされるようです。
 
これは、騎獅子渡海文殊 のお姿ですね。
大海原を渡ります

天使の魂

最近 ずっと注目しているブログがあります。

闘病中の小林麻央さんのブログです

 

本日の投稿を受け  麻央さんの闘病中の 思いや描写に

 

慈愛を見て 感動しています。

 

 

http://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12270432767.html?frm_src=favoritemail

 

 

この方は 人生の試練において、余計なものを手放し 生きているうちに 輝く光の魂になられた方の一人だと感じています。

 

試練において 持っているものを奪われて行く時、

 

自我を握りしめていると 

 

苦悩や嘆き 絶望 などになりますが、

それらのものを手放そうと決意した魂は

 

摩擦のエネルギーを失い 洗練された光となるように思います。

 

自我が薄くなり ただ 愛と慈しみになるのです。

 

そういう時、 世界が祝福します。

 

 

仏教に  阿弥陀二十五菩薩来迎図 という仏画があります。

 

 

阿弥陀二十五菩薩来迎図 に対する画像結果

 

 

南無 = 帰依する = お任せする

 

南無阿弥陀仏 = 煩悩の自我を手放し、阿弥陀様にお任せいたします

 

 

阿弥陀さまに心を添わせ 一心に南無阿弥陀仏と念仏を唱えた者は、

この世にいかなる罪があろうとも 臨終の際に阿弥陀様が

極楽浄土からお迎えに来てくださって、次は苦しみのない極楽浄土の世界に生まれ変わることができる

という浄土真宗の教えです

 

阿弥陀如来が 25人のお供の菩薩を連れて極楽浄土から その魂を迎えに来るのです。

 

阿弥陀様は黄金色の光を放ち その光で世界を満たし、

陰になる場所がないほどの明るさ です。

 

阿弥陀さまの前に観音菩薩さまが 蓮台をお持ちになって、

 

この世での試練を終えた尊い魂を、その蓮台の上に載せて

見守る 勢至菩薩 や 阿弥陀如来、23菩薩と共に 極楽浄土に向かうのです

 

この場面のイメージは アニメーション映画のかぐや姫の月からのお迎えで表現されていましたね。

 

菩薩の楽団とともに にぎにぎしく 帰路の旅路に出発します。

 

 

六道輪廻を離れ、もう二度と思い悩み苦しむことのないように

明るく美しい世界にいることができる

 

 

それを体現された方 というのは このような方なのかもしれません。

 

人としての苦痛や苦悩は 肉体があるうちはまだあるかもしれませんが、

 

その魂はすでに救われている と言えるのでしょう。

 

 

もう 光にしかならないことは明白だと感じています。

 

美しい光を見せて下さって ありがとうございます。

 

生きているうちに そのようにありたいと 改めて思う昨今でございます。

 

ページ上部へ